4歳の嘘に追い詰められる。孫を孫の手で叩いた。真に受け虐待を疑う息子夫婦

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい、どうもこんにちは

相談者:
あ・・

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
よろしくお願いします。

マドモアゼル愛:
よろしくお願いします。
あの、ま、お祖母ちゃんとしては・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ショックだったわけだよね?

相談者:
はいそうです。

マドモアゼル愛:
ね、純粋な、お孫さん・・嘘もつかないような子が、まさか!と思うようなことを・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お母さんに言ったと。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?、ま、それは分かるけれども。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お孫さんの気持ちからしてみるとね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま、お父さん・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えーお母さん・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お祖母ちゃんのうち・・お祖母ちゃんを裏切ったんです。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いいですか?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
裏切れる、相手を・・子どもは?

相談者:
はい

マドモアゼル愛;
一番嫌ってんのかしら?

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
怖い人・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
恐れてる人は裏切れないよね?

相談者:
・・ああー

マドモアゼル愛:
ね?、お祖母ちゃんのこと一番・・近いから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
裏切れんのよ、簡単に。

相談者:
あーあー

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで・・とにかくう、一番の犠牲者が今、可哀想なのが二人の・・ん、お・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その、お孫さんで。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
嘘をついてまでえ・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
何か危機、この状況を変えようとしてるか?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
何か・・ストレスの結果、思わずそういう嘘が出てしまったか?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そこら辺、事情分かんないけども、そういう・・普通でない・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ストレス状態にあるわけじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だから、ここを・・も、もうちょっと楽に・・してあげる、話し合いが、ぼ、僕はやっぱり必要だって気がするんですよ。

相談者:
あーあ

マドモアゼル愛:
それで・・お祖母ちゃんとしてはあ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お嫁さんに・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あ、自分の孫が何言ったかあ、は、あ、は、聞いたけれども・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ハッキリ言って「それだけは、実際はしてないよ」と・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いうことやっぱり、こ、ちゃんと伝えといた方がいいと思うんですね。

相談者:
あの・・誰にですか?

マドモアゼル愛:
え、もちろんお嫁さんに。

相談者:
あ、それは、も、あの、ハッキリ、あの、全部否定しました。

マドモアゼル愛:
うん、そいで、信じてくれました?

相談者:
・・そこはちょっと分からないんですが。

マドモアゼル愛:
うん、息子さんにも言いました?それは。

相談者:
あ、それは、も、あの、二人を前にして・・

マドモアゼル愛:
あ、ちゃんと話した・・

相談者:
あの、ハッキリと、否定しました。

マドモアゼル愛:
話したわけね?

相談者:
「絶対にやってない」って。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そしたら旦那さん(息子)通してでもいいから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
例えばですよ?、旦那さん(息子)が、あなたの、ご実家に、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
え、家に来て。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そうすると・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま、分裂はするけれども、え、お孫さんは、ほら、会えるわけじゃない?

相談者:
あはい

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それで、なん、ま、それがいいかどうか分かんないけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
何か子ども、お孫さんの視点からの・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
安心感?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま・・ね?こういう状態は仕方ないとしても、こういう形で、ま精一杯やってる・・ていう、なんていうのかな?・・絵、絵が・・ないとね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
みんな自分の都合で・・孫が扱われて行っちゃって・・

相談者:
あ、ま・・

マドモアゼル愛:
一番心理的な苦しい部分を・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
・・泣くのも・・我慢せざるを得ない。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
嘘をつくまで追い込まれている。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
嘘をついたら今度・・「こんな孫」と、もし思われちゃったらね?(苦笑)

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
どこにもないじゃない?、い・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
怒りのぶつけようが。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
怒りっていうか・・やるせない気持ちの。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
だから、ま、お祖母ちゃんとしては・・何言われても・・あのお、「お前たち、のことを、お祖母ちゃんは面倒看るよ」っていうような安心感を・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ん、ま、与える役だよね?・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
今、今はね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ここで、ショックを受けて・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
・・「もう、怖くて看れません」って言っちゃ・・

相談者:
あ・・

マドモアゼル愛:
いけない立場だよね?

相談者:
ああ、そうです・・

マドモアゼル愛:
うん。同等の喧嘩じゃないんだから。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
ショックは分かるよ?もちろん。
でも、それは・・信用してるから・・言えるの。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
うん・・ま、重視してないからとも、か、あるかもしれないけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でも・・嫌いだとか・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、そういうことじゃないから・・

相談者:
あー、はい

マドモアゼル愛:
言えたわけよね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
少なくとも・・お母さんの方を恐れてんだよね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お孫さんはね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だからお祖母ちゃんがやっぱり守ってあげなくちゃいけない。
で、お祖母ちゃんとしても、守る限界があるから・・これは、相手の・・うん、ご両親・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それから、旦那さま(息子?)。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
みんなで・・さあ、って、これから、ホントに・・一番・・いい方法ってのはない。
え、いい方法なんかないんだから、すでに。
でも、今、取れる・・具体的な方法として・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
何がいいだろうか?
そしてそれも状況によってどんどん変わると思うんですよ、小学校入ったらまた変わるかもしれないかもしれないし。

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
それを常に・・んー、孫の視点から・・見続ける・・ていうことが、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、絶対に必要な・・状況だよね。

相談者:
ああー

マドモアゼル愛:
ね?、それがあると・・ま、多少ね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
え、そのお・・怒りの持って行きようも・・母や・・えー、父に・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お孫さんが、行くようになると思うのね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そうなると・・ん、あのお、病理がほら・・多少・・狭くなるじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
一番遠い人に、行って、ていうところから・・
「お母さん、なんでそんなことすんのよ!」って(孫が?)言えるようになれば・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その分・・お孫さんは救われるわけよね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「お父さん・・仕事ばっかりで」って(孫が?)言えるようになれば・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その分は救われる、わけじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それ、を、ま、そういう風に・・完璧なもんは出来なくても・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
常に見守り続ける責任がね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、向こうの親、あー、ごりょ、ご両親2人。それから、えー、ご夫婦う、が2人、4人、お祖母ちゃん入れて5人に・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
え、その責任が、僕はあるんじゃないかなと。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それで今は、この責任を、どういう・・立場でどういう、つもりでね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、行なっているのか?
そしてその話し合いの時には、絶対に感情的になったり・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
責任の擦(なす)り合いだけは・・やっちゃいけない。

相談者:
ああー

マドモアゼル愛:
逃げられない話だからね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それはね。そ、そこら辺で対処、んー、するの、以外ないかな?って気はすんのよねえ。

相談者:
あー(ため息混じり)

マドモアゼル愛:
うん。そい、それで段々信頼感が出て来たら・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
きっと、お孫さんも色んなこと話し出すと思うのね。

相談者:
はあ

マドモアゼル愛:
うん・・ま・・あのお、成長をぜひ、ゆっくり・・見守ってあげて、欲しいなと思うんですね。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
ま・・えー、月並な話になっちゃいましたけれども・・

相談者:
あ、いいえ

マドモアゼル愛:
えー、ちょっと心理面から、加藤先生にね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
もう一回ちょっと伺ってみたいなと思います。

相談者:
はい

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
えっと今あ、マドモアゼル愛先生がおっしゃられたことね?

相談者:

加藤諦三:
全体の構図としては僕も、もホントにその通りだと思います。

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、マドモアゼル、あ、愛先生が「信頼しているから」・・

相談者:
はい

加藤諦三:
という、信頼してるという言葉を使われて、

相談者:
はい

加藤諦三:
で「一番あなたが裏切られたんだ」と。

相談者:
はい

加藤諦三:
わたしその通りだと思います。
で、僕の言葉で言い直すとね?

相談者:
はい

加藤諦三:
一番、甘えてる人が・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お祖母ちゃんなんです。あなたなんです。

相談者:
・・え、あ・・そうなんですか・・

加藤諦三:
だって・・悩むこと、攻撃性は・・向けやすい人に向けますよ?

相談者:
・・

加藤諦三:
む・・む・・

相談者:
(泣)ああ

加藤諦三:
憎むことが危険な相手への憎しみは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
一番憎しみやすい人に向けるんです。

相談者:
(鼻をすする)はあ、そうなんですか?

加藤諦三:
今、だから・・

相談者:
はい

加藤諦三:
この・・4歳の・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
一番あなたに甘えてんです。

相談者:
(鼻をすする)ああ

加藤諦三:
と、他の人に甘えるのは非常に危険なんです、これ。

相談者:
・・

加藤諦三:
欲求不満がいる家にはもう全員で弱い人いじめんです。

相談者:
・・ああ

加藤諦三:
この弱さがある限り・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたはスケープゴート(*)なんですよ。

(*)スケープゴート:scapegoat
escape(逃げる、免れる)+goat(やぎ)。
民の罪を負わせて野に放たれるヤギ。
転じて、いけにえ、身代わり。

相談者:
うーん

加藤諦三:
だからいくらもう・・まったく・・思い当たらない、ビックリしたっていうことは次々起きます。

相談者:
あ・・ああ、もう・・わ、わたしはもうこのことが起きてから、もう、ずっ・・ともう・・もう、うちのめされても、ホン、トに苦しい・・苦しかったんです。

加藤諦三:
うん・・さっき言ったように一番甘えてんです・・4歳の女の子は。あの、お孫さん。

相談者:
ああー

加藤諦三:
さっきも言いましたよう・・憎むことが危険な相手への憎しみは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
一番、憎しみやすい人に向けるんです。

相談者:
ああ、はあ・・分かりました。

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
今日は、も、ホン、トに、あの、聞いてもらえて楽になりました。

加藤諦三:
あー、そうですか。
じ、

相談者:
ありがとうございました。

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
ありがとうございました。

加藤諦三:
怒りと攻撃性は、安全なところに、向けられます。




「4歳の嘘に追い詰められる。孫を孫の手で叩いた。真に受け虐待を疑う息子夫婦」への6件のフィードバック

  1. お孫さんへのお嫁さんからの有形無形のプレッシャーが凄そう。お嫁さんの本心は孫を姑に預けたくない だろうな。

  2. 同じ4歳の娘がいるので何となく状況が想像できました。子供からすると、たとえおばあちゃんのことが大好きでも、親にかまってもらえず預けられるのは寂しいんですよね。ママと離れたくなくて、あることないこと色々言ってみたんじゃないかな。お嫁さんももっと言い方あるだろうに、普段から助けてくれている姑に、ショック与えるような言い方しなくても、、と思いました。

  3. 話し合いは実現しないだろうね。
    しかし、4歳でこういう嘘をつくことができるってのは・・・
    非常に危険なものをこの家族たちから感じます。

  4. そんなこと言ってくるなら、預からなければいいじゃーん、困るのは、孫自身と嫁。嫁はどこか他人に預けて、他人に預けられた孫は、それなら、ばーちゃんのとこがいい、ってなる。
    嫁が問い詰めて、嘘ってばれる。
    あるいは、嫁が孫を見る。これは当然のこと。孫のさみしさが癒されるかも。
    うまくそうならなくても、相談者さんは、預かってあげないよ~んって思ってればいい。
    だめ?

    相談者さんがやさしすぎて、お気の毒、と思いました。

  5. おばあちゃんがお気の毒。
    この状況 随分と心を削られ、苦しく思っていらっしゃることでしょう。

    話し合いはきっとなさらない 又は上手く成立しないように思います。
    色々思うことはあっても もう預からなくていいと思います。
    お嫁さんはいつかはお子さんの嘘に気づくでしょうが、その時に 嘘をつく理由が理解できるか。
    嘘をついたことを咎めるより先に、淋しい気持ちを分かってあげられる母であることを願います。
    でないとこの子の将来 ちょっと心配になってしまいます。

  6. 自分たちの都合で、今まで面倒を見てもらっていたのに、4歳の子の言うことを鵜呑みにして、相手を責めるんですね。普通に考えて、虐待なんてしますか?信頼関係が全くなかったのですね。もう預かることはなく、淋しいかもしれませんが、遅かれ早かれ、別の案件ででも仲が壊れていたのではないでしょうか?頼れるものは、やはり自分自身です。もう、かまわずに、生きていったほうがいいです。相手に期待していても何もいいことはないです。去る者は追わず。です。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。