姑が逝き暴言夫に躁うつ病を疑い家を出た女に刺さる大原敬子の涙の訴え


テレフォン人生相談 2020年1月16日 木曜日

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 東北なまりの女55歳 夫61歳 農家 二人暮らし 長女29歳 次女27歳 同居していた姑は2ヶ月前に他界

柴田理恵:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ・・

柴田理恵:
こんにちはあ

相談者:
ちはあ、よろしくお願いしますう。

柴田理恵:
はあい・・今日はどんなご相談ですか?

相談者:
あ、あの、夫のことなんですけれども

柴田理恵:
はい。えと、あなたおいくつですか?今。

相談者:
わたしは・・

柴田理恵:
はい

相談者:
55歳です。

柴田理恵:
はい、旦那さんは?

相談者:
61歳です。

柴田理恵:
はい
お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
はい、おります、二人、おります。

柴田理恵:
はい

相談者:
えーと、長女が29

柴田理恵:
はい

相談者:
はい、次女が、えー、27

柴田理恵:
27歳

相談者:
えーと皆、あの、家(うち)を離れてます。

柴田理恵:
あ、そうですか。はい

相談者:
はい

柴田理恵:
旦那さんのことってなんでしょうかね?

相談者:
あ・・あのお、ですね・・

柴田理恵:
はい

相談者:
え、2ヶ月ぐう、らい前に、

柴田理恵:
うん

相談者:
主人のお、あの、母が亡くなりまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
そのお、前から・・

柴田理恵:
うん

相談者:
なんか主人が、普通に会話して、わたしと会話していても、

柴田理恵:
うん

相談者:
急に、言葉尻を掴んで、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、暴言吐くように、なったんです。

柴田理恵:
え?、旦那さんが、

相談者:
はい

柴田理恵:
えっと・・ご自分のお母さんが亡くなられてから、急にですか?

相談者:
亡くなるう・・一週間ぐらい前、から・・

柴田理恵:
うん

相談者:
なんかそんな感じ、情緒不安定かな?って、は思ってたんですけども・・

柴田理恵:
うんうん、うん・・ふうん

相談者:
そのお・・

柴田理恵:
うん

相談者:
亡くなってから、そして特に、

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお・・そういう、暴言っていうか・・

柴田理恵:
え、

相談者:
ええ

柴田理恵:
暴言って具体的にどんな感じですか?・・例えば。

相談者:
う、「今のはなんだ?」・・て。
「何を言っているんだ」みたいな感じで・・あのお・・

柴田理恵:
お二人で話(はなし)してる最中に?

相談者:
すごく、目つきもキツくなり、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
「お前に何が分かる?」・・そしてあと・・

柴田理恵:
うん

相談者:
昔のですね、こと、例えば10年ぐらい前、のこととか、

柴田理恵:
うん

相談者:
えー20年、ぐらい前のことを持ち出して、

柴田理恵:
うーん

相談者:
そのことを、色々とわたしに責めて来るんです。
(ワン、ワン)

柴田理恵:
これまではそんなあ・・

相談者:
あ、あのお・・

柴田理恵:
ふうな方ではなかったんでしょう?

相談者:
まあ、あの、喧嘩することは・・

柴田理恵:
うん

相談者:
よく・・わたし達、あの、農家ですから・・

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
二人で、や、まずやってるんですけども、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
肉体的に疲れたりして・・

柴田理恵:
うん

相談者:
いると・・

柴田理恵:
うん

相談者:
やはりあのお、ちょっとしたあ、ことで・・

柴田理恵:
うん

相談者:
そのお、言い争いとかはあったんですけども、

柴田理恵:
うーん、うん

相談者:
今のような、

柴田理恵:
うん

相談者:
一週間とか10日口利かなかったり・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
例えばあの、「出て行け」っていうことも、言われまして、わたし。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
で、あのお、義理の、母が、

柴田理恵:
うん

相談者:
亡くな、って、二週間ぐらい経った時に、

柴田理恵:
うん

相談者:
えー「お前はもう出て行け」って言われまして、

柴田理恵:
突然?

相談者:
・・ええ。それ、の理由も・・わたしもちょっと、分からな・・かったし、

柴田理恵:
うん

相談者:
それで、まず、その義理の母の、49日が過ぎるまで、わたしは絶対あのお、この、母のた、義理の母のために・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
供養し、すると思って、

柴田理恵:
うん

相談者:
まず、我慢してた、んですね。

柴田理恵:
うん、ふん、ふん

相談者:
ところがその49日前にも、

柴田理恵:
うん

相談者:
急に普通の会話をしてて、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、また、言い争いっていうか、その・・「今のことは」なんな、「なんなんだ」っていう言葉が、

柴田理恵:
うん

相談者:
ホントに、「わたし今、何を言った?」って、

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの、問い返しても、

柴田理恵:
うん

相談者:
何が、気に入らなかったんだか・・

柴田理恵:
うん

相談者:
もう、今度は「49日過ぎたら出て行け」って。

柴田理恵:
ああー

相談者:
また、言われまして・・

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
で、段々わたしも、母が亡くなって、

柴田理恵:
うん

相談者:
二人っきりになってしまったので、

柴田理恵:
うん

相談者:
なんか、夫の顔を見るのも、

柴田理恵:
うん

相談者:
やはり怖いような・・

柴田理恵:
ふん

相談者:
ええ

柴田理恵:
それまでは、あの、義理のお母さん、と一緒に、暮らしてらっしゃったんですか?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
あー、じゃ、一緒に義理のお母さんと、あの、あなた達ご夫婦で、

相談者:
はい

柴田理恵:
その農家やってらっしゃったんですね?

相談者:
そうですね。ええ

柴田理恵:
じゃあその義理のお母さんと、あなたは、ん、じゃ仲良かったんですね?

相談者:
あの、すごく、あの、仲がいいっていう・・わけ、わけではないって言ったらおかしいですけども、

柴田理恵:
ん、な、うん、うん

相談者:
でも病院連れて行ったりとか・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの、食事の面とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
は(わ)、ホントに、あのお、一応、気を使って、

柴田理恵:
ねえ?

相談者:
自分では、あのお、ちゃん、と、あの、面倒は、看た、つもりではいるんですけども、

柴田理恵:
ふうん

相談者:
夫にしたら、

柴田理恵:
うーん

相談者:
それもちょっと、不満だったようで・・

柴田理恵:
あーあー

相談者:
ええ

柴田理恵:
これあの・・旦那さん、がね?

相談者:
はい

柴田理恵:
急にこの・・「お前に何が分かる」みたいにこう、言うようになったっていうのは・・

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、娘さん達にはちょっと、お話なさいました?

相談者:
あ・・えーと、子ども達にもこの状況は・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ええ、話(はなし)してます。

柴田理恵:
たら、ん、なんて言ってます?

相談者:
そして実際、あの、娘たちも帰って来たので、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
その時に、夫と・・

柴田理恵:
うん

相談者:
娘たち、3人で、

柴田理恵:
うん

相談者:
話をしたようなんですけども、

柴田理恵:
うん・・うん

相談者:
あの、やっぱり娘たちの話は、聞かなかったっていうか・・ま「何が分かるんだ」みたいな感じい、だったと思うんですけども。

柴田理恵:
聞き、ああ、じゃ、全然娘さん達のことは聞き入れてくれない?

相談者:
ええ

柴田理恵:
ふうんん

相談者:
ですからあの、今は、あの、親戚の家(うち)に、おります。

柴田理恵:
あーあー、じゃお母さんだけもう出て来ちゃったんだ?

相談者:
はい

柴田理恵:
それはいつのことですか?、いつから出て・・

相談者:
一週間前です。

柴田理恵:
一週間前?、でも・・

相談者:
そしてですね、あと・・

柴田理恵:
うーん、うん

相談者:
あの、ちょうど、は、母が、義理の母が亡くなった時に、

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお、姉の・・

柴田理恵:
うん

相談者:
夫から・・

柴田理恵:
ん、姉の夫っていうのは、

相談者:
義理の兄ですね?、義理の兄から・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「今まで」あの「農業で、苦労して来たので」、

柴田理恵:
うん

相談者:
「欲しい物とかあったら」、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、「投資するから」、

柴田理恵:
うん

相談者:
「それを買いなさい」って言われたんですよ。それで、あのお、400万、する、あの、重機を買ったんですね。

柴田理恵:
あ、はい、はい、はい

相談者:
はい

柴田理恵:
はい

相談者:
そしたら、

柴田理恵:
うん

相談者:
そっからもう、なんか・・その、夫の、

柴田理恵:
うん

相談者:
気分がすごく高まって。この仕事をして、あれもして・・こっちもして、あっちもしてみたいな感じで、

柴田理恵:
うん

相談者:
「そんなに一回に出来ないよ」って周りが言っても・・

柴田理恵:
うん

相談者:
全然聞き入れずに、

柴田理恵:
うーん

相談者:
ええ・・あの、逆に、

柴田理恵:
うーん

相談者:
「なんで俺の気持ちが分からないんだ」みたいな感じで。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ええ、興奮して来て。

柴田理恵:
うん

相談者:
え、泣き出したり、あと、机叩いたり、みたいな。
今まではもう全然ホントにおとなしく・・あの、どっちかっていうと人見知りもするタイプですし・・

柴田理恵:
あーあー

相談者:
おとなしく真面目に、ホント仕事だけして来た人なんで。

柴田理恵:
うん・・うーん

相談者:
ええ。親戚のお、人も、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、夫と会って話(はなし)して・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「今までとは違うから」、

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっと・・「病気、じゃないか?」ってことで、

柴田理恵:
うーん

相談者:
精神科の先生に、

柴田理恵:
うーん

相談者:
相談してみたんです。

柴田理恵:
あはい、はい、はい、うん、うん

相談者:
ええ
そしたら、実際診察はしてないから分からないんですけども、

柴田理恵:
うん・・うん、うん

相談者:
聞いた限りでは・・躁鬱病・・なんか・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
今は躁鬱病とは言わないみたいなんですけども、(*)

(*)双極性障害: 旧躁うつ病
うつ状態と躁状態(ハイな状態)を交互に繰り返す。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
それに近いんじゃないかっていうことで、

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、出来るだけ早く、あのお・・精神科あ、の方を受診するようにってことは、ええ、言われて来ました。

柴田理恵:
あーあ、じゃちょっと・・先生に聞いてみましょうかね?
今日の回答者の先生は、幼児教育研究の大原敬子先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
先生よろしくお願いします。

(回答者に交代)


「姑が逝き暴言夫に躁うつ病を疑い家を出た女に刺さる大原敬子の涙の訴え」への19件のフィードバック

  1. この旦那、情けないね。
    自分の気持ちくらい素直に言えよ。それもしないで「出てけ」とは…。大原先生のいい話で終わったみたいだけど、いい年した駄々っ子の気持ちを考えていかなきゃなならないなんて、相談者は苦労するよね。
    まわりに支援者がいるからいいというけれど、まともに生きてきた相談者だから助けてくれる人がいるのは当然。
    この旦那が電話してきたら、大原先生はなんて言うのだろう。
    「奥さんに素直に甘えなさい」か、「いい年して甘えるな」かな。

  2. 相談者の旦那さんはまるで 子供。
    61歳児。
    母親の世話を妻に丸投げしておいて、母親が亡くなったのはお前のせいと言わんばかりの暴言。

    そして男に優しく女に厳しい回答者。

  3. 男の子は、母親が好きすぎて、照れて距離を置く。
    女の子は、わりと素直に甘えて、くっついてくる。
    育っていく過程で、そんな違いもあるような気がします。
    昔の男の子なら、なおさら、お母さん大好きなんて言わなかっただろうし。
    好きなのに、それを母親に表現してこなかったことが、大きな後悔につながってるんでしょうね。

  4. 春になったら、農作業が忙しくなるから、今すぐ精神科に通って治療始めたほうが良いよ。相談者一人で農作業するって大変そう。

  5. 相談者の旦那の気持ちを見事に汲み取った回答なのだろう。旦那が聞いたら泣いて喜ぶと思う。相談者も得心がいったようだし、文句はない。
    しかし、久しぶりに大原さんの胡散臭さが全開ですな。「分かりませんよ?」「当たってるか分かりませんよ?」と言いつつの泣きながらの回答。
    お母さんは「突然」亡くなったんだっけ!?

    1. 大原先生はステキな回答だったと思います。
      でも柴田理恵さんはテレビの涙イメージと違っていつも冷たい気がする。

      1. 失礼ながら、私への返信タブを使っておられるので言うけど、あなた振り込め詐欺に気をつけなはれ。
        柴田さんについて言えば、テレビでこういう役割に回ることはないし。印象を単純に比較するのは無理がある。

      2. そりゃ柴田さんパーソナリティだからね。
        真剣に向き合おうとするから自ずと冷静になるでしょうよ。
        他のパーソナリティもそう変わらないよ。

  6. 読んでいて涙が出ました。
    今32歳児の旦那の行動が頭をよぎります。
    ウチの旦那にも少しずつ通じるものがあります。2歳児の子供にヤキモチ?焼いてきてわたしに構って欲しい!と絶叫してきます。
    正直アホらしくてくだらなくてなんでこんな奴と結婚してしたんだろう?と、思いますが、この話を読んだら1ミリくらい旦那に優しい気持ちを持てました。ありがとうございます。

  7. 今日は大原先生で本当にラッキーだった。私も思わずもらい泣きしてしまった。相談者さんも視点を変えて旦那様を見れることによって改善にむかえそう!回答者がウルベだったらって思うとゾッとする。

  8. 今日は大原先生で本当にラッキーだったと思った。思わず私ももらい泣きした。相談者さんは視点を変えて旦那様を見れることができるようにアドレスされて今後旦那様とうまくいくようになれそう!
    旦那様も感情をおもいっきり爆発させることができたから、周りの人たちに迷惑かけるほど 意外に早くスッキリされるのではないかと思った。妻が相談者さんのような懐の大きな方で良かったのでは?
    もし今日の回答者がウルベだったらって思うとゾっとする。

  9. 回答者の視点を変えてみるべき、という指導により、相談者はいくばくか心が軽くなったように思う。
    回答者の推理は間違ってるかもしれないけど、相談者が心の谷底から這い上がって、少し穏やかな気持ちで旦那さんと向き合えるきっかけになれば、推理は間違っていても全体として相談は成功したと思える。

  10. 数年前、私が相談者さんのご主人と同じ位の年齢の時、同居の母が亡くなりました。
    生前の居室や遺品の整理をする際、家人と気まずいことになってしまったことがありました。その時、口には出しませんでしたが、心の中で「お前に、何がわかるんだ!」と叫んでしまったことを思い出しました。なぜ、そんな気持ちになってしまったのか深くは考えずに今日まで来ました。
    本日、大原先生の回答を拝聴し、その時の自分の気持ちがようやく理解できた気がしました。
    ありがとうございました。

  11. コメントする人は言葉遣いに気をつけよう!よそ様の方に対して、上目線で ばばあ とか 旦那 とか 父ちゃん ばあちゃん お前 とか、さらに(笑)とか 第三者の私でもとても嫌な気分になる。こういう言葉遣いを書き込む人たちって、きっと さぞ裕福で優秀な子供、自慢の伴侶といった家族に恵まれていて幸せな人たちで人も羨むほどの人たちだからこそ、テレフォン人生相談室に臨む方々に対してつい上目線で小馬鹿にしたくなって、汚い言葉遣いをしてしまうのだろうけど、後で自身のコメントを読み返して恥ずかしく思わないのだろうか?
    ドリアン助川さんは、相談者さんに対して、《あなた様》って言ってくださって、私も人様に対して《お宅さま》とか《あなた様》って言えるようになった。この場にコメントする皆さん、 綺麗な言霊でコメントしましょうよ!他人様に対して、自分自身の家族なら問題ない ばあちゃん 父ちゃん 旦那 (笑)等等、でも他人様に対する言葉遣いではない。本当に失礼だと思う。

  12. この回答聴いて良かった。私も割と早めに後片付けしてしまうようなガサツ者。
    気をつけよう。人が悼みたい期間はそれぞれだもんね。

  13. 一般的に最もよいとされる方法で
    「あの世に行った」義母を毎日欠かさず弔いしようとする妻(相談者)と
    「母の魂はまだここにいるかもしれない」と心惑う夫
    死の床の枕辺で、死後の相談をされているときと似た感情と
    生前に孝行しきれなかったという後悔が入り交じって
    夫は「母を守りたい」と、理屈では説明できない感情に翻弄されているのだろう
    妻がしてくれていることは、誠実で礼を尽くしたことだと気付いてくれればよいのだが。

  14. 動画の方で聴かせていただきました。これ。
    大原先生の温かい眼差し、心の底からのお言葉にじ~んと来ました。本当に昨今はなんでも「個人の精神やら発達やらとしてしまいがち。一番の薬は化学合成物質ではなくて人の心のぬくもりですからね~。

    しかし「1年くらい」というお言葉もあったはずですからね。しっかりと見失わずです

    この回は本当に心底感激致しました。

  15. 私も母親がなくなってるけど、うちの兄はこんなじゃなかったよ
    やっぱり病気は病気だと思う
    特に躁状態が心配
    奥さんが見守るだけで改善さてていくのか心細い
    躁状態には借金浮気事故起こしやすいよね…
    専門家に任せた方がいいと思うのだけど

コメントはお気軽にどうぞ