トウシロの謎契約。甥が義務の養育費の支払いが姉。保証人のアタシに請求が来た


テレフォン人生相談 2020年1月15日 水曜日

タイトルのトウシロは素人のこと。この場合は法律の。

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 女60歳 姉67歳 甥っ子42歳バツ2 別れた妻に小学4年生の子どもがいる 現在3度目の結婚で家庭持

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いします。

ドリアン助川:
はい、よろしくお願いします。
今日どんなご相談でしょう?

相談者:
はい。あのお、わたしの甥が、離婚をした時に・・養育費の問題があって、

ドリアン助川:
はい

相談者:
姉が、あの、甥の母親が、

ドリアン助川:
はい

相談者:
養育費を払うっていうことで・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、離婚成立しました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
その時に、姉は
「一切、きちんと払うし、迷惑をかけないから」・・あの「念書に」わたしの、あの、わたし妹になるんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「保証人になって」・・「もらいたい」っていうことで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
わたし保証人になりました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
4年間くらいは、普通に払って行ったんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
今月、あのお・・払えないっていうことで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、あ・・「入金がない」っていうことで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
相手方から、連絡がありました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
きちんとした回答がもらえず、姉え、に、聞いてみたら・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
きちんとした、回答がもらえず・・本人から、甥の方から、連絡が来て、

ドリアン助川:
はい

相談者:
払「もう払わない」・・それで・・わたしが「払わなかったらわたしは困ります」・・てことを言いました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
そしたら・・「保証人になったから払えば?」っていうことで電話を切りました。

ドリアン助川:
うん

相談者:
わたし保証人になってるので・・払わなくてはいけないんですけど、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
払う能力がある、姉なのに・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
そのようなこと・・で、払わな、くて、わたしが払うっていうことは・・どうなんでしょうか?

ドリアン助川:
はい、はい、はい、はい、ねえ?、今ちょっと話聞いただけでもおかしな話ですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなた様おいくつですか?

相談者:
60歳です。

ドリアン助川:
60歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
お姉さまは?

相談者:
67歳です。

ドリアン助川:
67歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
そしてこの問題の、この人さえ、離婚しなければ問題起きなかった甥っ子さんはおいくつですか?

相談者:
40、2だと思います。

ドリアン助川:
42歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
42歳で、え、養育費ってのは、この甥っ子さんが・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
かつて結婚していた・・その、二人の間にお子さん何人いたんですか?

相談者:
一人です。

ドリアン助川:
一人?

相談者:
はい

ドリアン助川:
この子は、今いくつなんですかね?

相談者:
えーと4年生になります。

ドリアン助川:
小学校の?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい。ということはお金かかるのはこれからですよ。

相談者:
はい

ドリアン助川:
うん
それで、甥っ子さんの・・この人は・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
新しいまた家庭が出来たのかな?

相談者:
ええ、あのお、3回目の、結婚をして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
子どもが、います。

ドリアン助川:
3回目の結婚で・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
この人以外にもまた子どもがいるわけ?・・4年生・・

相談者:
はい・・はい

ドリアン助川:
うーん

相談者:
あの、わたしの想像なんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
家を・・2回目の結婚の時に家を建てて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その、売却したんですけど、残金が残ったんですね。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
それがあ、ま、5、600万残っているようです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで再度、今度また、家を買おうとして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ローンが当然組めないと思うんです。

ドリアン助川:
うん

相談者:
それで、元の、あの・・一軒目建てた時の、その、5、600万のお金を・・せびって、姉が出したんではないかなっていうことを、わたしは思ってるんです。

ドリアン助川:
え、いずれにしましても・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、その養育費に、当たって、あなたが保証、保証人になったと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
そして、えー・・お姉さんがもう、払わないと。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ね、それに対して甥っ子さんの言い方ってのも、なんかそれひどいですね?

相談者:
はい、あのお・・

ドリアン助川:
保証人になってくれたあなたに対する。

相談者:
そうです・・

ドリアン助川:
うん

相談者:
あのお、とってももう・・わたしもびっくりしました。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
でもそれを・・陰に回り、姉も・・わたしい、に対して・・甥と同じような感じじゃないかなと思います。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
わたしが・・保証人になったから、騒いでるというような内容を・・わたしの・・携帯の方に、送信間違いで入って来ました。

ドリアン助川:
うーん・・それまでは、問題ない・・姉妹だったんですか?、二人の関係は。

相談者:
とっても・・ん、周りの人から羨ましがられるようなきょうだいでした。

ドリアン助川:
うーん・・なのにこの問題がねえ?

相談者:
はい

ドリアン助川:
年、ある程度行ってから起きると思わなかったですねえ?

相談者:
はい

ドリアン助川:
うーん

相談者:
きょうだい間だからあ、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ま、口約束で、書面にはしてなかったんです。一切あのお・・

ドリアン助川:
ええ

相談者:
迷惑をかけないってことを・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
あのお・・書いてもらえば、良かったと、今になって思うんですけど・・

ドリアン助川:
うーん
この養育費ってのは毎月いくらぐらいなんですか?

相談者:
4万です。

ドリアン助川:
4万?

相談者:
はい

ドリアン助川:
毎月4万。
あの・・その毎月4万が払えない、ようには見えないわけでしょ?あなたから見て。

相談者:
見えないです。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
公務員で働いていたし、

ドリアン助川:
はい

相談者:
年金も、あのお・・普通の、女性よりも・・いいと思うんですね。

ドリアン助川:
それはお姉さんがね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
だから、出せない、ことは・・ないと、わたしは思います。

ドリアン助川:
ま、そもそもその甥っ子が払わなきゃいけないんですけどね。何があっても。

相談者:
・・その・・

ドリアン助川:
ま、筋でいうと。

相談者:
世間一般の・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
普通の男の人だったら・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
姉も苦労してなかったです。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
・・いつもたかりに来て、お金をたかりに来て、

ドリアン助川:
うん

相談者:
もうどうしようもない・・息子なんです。

ドリアン助川:
この息子さんは仕事何してんですか?

相談者:
大手の会社に、で働いてます。

ドリアン助川:
あ・・なんか、お金たかりに来るんだけど大手の会社員なの?

相談者:
はい
自分の収入と、

ドリアン助川:
うん

相談者:
合わない生活をしていると思います。

ドリアン助川:
うーん・・じゃあ、なんかあ・・もう・・縁切りたいっすね?

相談者:
・・(ため息)ホントにい、もう・・そうなります。

ドリアン助川:
ねえ?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、分かりました。ま、今、あなたが・・なんか随分、筋違いなことに陥ってるというのが分かりました。

相談者:
はい、お願いします。

ドリアン助川:
で、えー・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
これから、ま、どうすべきかということですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい、えー、今日の回答者、紹介いたします。

相談者:
よろしく・・

ドリアン助川:
弁護士の野島梨恵先生です。よろしくお願いします。

(回答者に交代)


トウシロの謎契約。甥が義務の養育費の支払いが姉。保証人のアタシに請求が来た」への7件のフィードバック

  1. 弁護士先生の、人を甚振る様な回答の仕方。
    依頼者の 目を見て お話しをなさることが、お出来になるのてしょうか。

    1. なんで保証人になったんだろう?
      そして本当にまわりの人が羨ましがるような姉妹だったんだろうか?
      この相談者の現実認識に疑問

  2. 野島さんの話し方
    回答者の中で一番上から目線に聞こえる。
    元々の話し方だろうけど・・・。
    回答者の若返り図ろうと入れたウルヴェさんも野島さんも
    イマイチな感じ。

    1. 同感です。
      親切でもないし、おもしろくもなく、なんとなく偉そうな感じがする。特にウルヴェさんの時は、途中まで聞いてやめておきます。

      1. このサイトの予告で ウルベ、野島って見たら
        聴くのやめる。
        どの回答者も当たり外れの回はあるけど
        このお二人は最初から聴く気になれない。

  3. この場合、お金を払わず放っておけばいいんじゃないのでは?
    子供の母親が支払の訴えを家庭裁判所に持ち込めば、支払命令は義務者(子供の父親)に行く。
    大手の会社に勤めていたら、会社の給料を差し押さえられるよ。
    もし念書がちゃんとしたものであり、相談者に被害が及ぶパターンは、子供の父親が転職をし、住所も移転し、請求する先が不明な時。

コメントはお気軽にどうぞ