無気力な息子を過度に一般化して悩むシンママは無職


テレフォン人生相談 2020年1月27日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 女50歳 15年前に離婚 息子15歳(中3)と二人暮らし 他に一人暮らしの娘

今日の一言: どうであるか。どう見えるか。この二つの違いが大切です。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、お願いします。

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
はい、え、50歳です。

加藤諦三:
50歳、結婚してます?

相談者:
あ、えーと、以前は、はい。今は、シングルです。

加藤諦三:
えーとお、何年前ですか?離婚されたの。

相談者:
えっと、15年です。

加藤諦三:
15年ぐらい前?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今は、お一人で暮らしてんの?

相談者:
娘と、息子・・です。あ・・

加藤諦三:
娘と息子・・

相談者:
はい・・がいますが、今娘は一人暮らしをしています。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
と、息子さんと二人で暮らしてんの?

相談者:
そうですね。はい、&#△

加藤諦三:
はい息子さん何歳?

相談者:
えー中学3年生です。

加藤諦三:
はい分かりました・・

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
はい。息子お、が、えっと、それまでは、すごく、受験勉強にまっすぐ、なんか、こ、目標向かって頑張ってるような感じだったんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
3ヶ月ぐらい前から・・

加藤諦三:
うん

相談者:
急にい、ちょっと、こ、無気力なような状態になってえ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
と、えーっと途中、暴れたりとかもして・・えーと・・

加藤諦三:
暴れるってどの程度?

相談者:
わたしには当たらないですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
椅子をお、持ち上げ、あの、振り上げたりとか・・それはたぶん、わたしがこう、「何かをしろ」とかって言ったのに関して、こう、カチンと来てそういう状態が、あ・・ったんだと思うんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、わたしも、もうちょっと離れてというか、何も言わずに・・

加藤諦三:

相談者:
見てえ、いるようにしたら、そういう暴れるということはなくなったんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
えーと、無気力は続いてて、ゲームですね・・もうあの、一日中ベッドの上でえ、Padでゲームを、し始めたんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、それまではゲームっていうのは「何時までだよ」とか「1時間したら止める」とかって自分でこう、止めれてたんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
もう、手が離せなくなってしまって、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、「Pad、ちょうだい」ってこっちが手え出すと、

加藤諦三:

相談者:
「知らねえ」とか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
「なんでだよ」とか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
目つきが変わってしまって、なんか取り上げていいのかどうかも分からないでズルズル来てしまったんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
中学2年の後半ぐらいからすごく塾にも、こう、自習室を使って勉強するようになってどんどん成績も上がったんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
でえ、10月ぐらいに、疲れてるのかな?と、学校行事と・・こう、重なってたりしたので・・

加藤諦三:
うん

相談者:
疲れが出てるんだと思ってたんですけど、それからこうちょっとこう様子が変わって来て、

加藤諦三:
うん

相談者:
もう11月ぐらいからは塾にも行けなくなって、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、えーっと、もう12月、1月、はい、行けてない、くて、勉強も家でも一切しなくて・・ていうような状況で。何、こ・・

加藤諦三:
塾にも行ってないということはあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
学校には行ってんのね?

相談者:
それまで、ずっと学校には行ってて、せ、担任の先生にも話をしたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
学校では、か、様子は、な、変わりなくて、すごく真面目に生活、してる、ようなんです。

加藤諦三:
・・あ・・学校の様子は変わってない?

相談者:
変わっ、はい。3年間、無、遅刻だったんですけど。

加藤諦三:
うん

相談者:
無遅刻無欠席、で、ま、二日間だけ?

加藤諦三:
うん

相談者:
で・・もうそのまま、ふこ、不登校へとかなったら、いや、怖いなと思って・・

加藤諦三:
うん

相談者:
と子どもに、「どうすんの?」って言ったら、「3年間のうちの二日間だけなんだからいいだろ」って言われて。

加藤先生
うん

相談者:
ほんき、で、も、今日はでも、行けたんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、おかしいのが、その・・休みの日、土日にリズムを狂わせてしまってるわたしが悪いと思うんですけど、その・・寝るんですよね。ひたすら。

加藤諦三:
うん

相談者:
Padでゲームを、してるか、もう一日ホントに20時間とか寝る時もあって、

加藤諦三:
うん

相談者:
何がきっかけでそうなったかは分からなくて、今後、その高校受験がもう控えてて、その・・レベルを落とさずに、受験をするので、あまりいい結果にならなかった場合に、わたしは、どういう風な対応を取っていいのかっていうのが分からない・・

加藤諦三:
あーなるほどね。

相談者:
で、ではい

加藤諦三:
あなたは今あれですよ・・あなた、ご自身は今働いてるの?

相談者:
わたしは、この秋で、えーと、パートは辞めて・・

加藤諦三:
はい

相談者:
今は、元主人からの養育費で生活してます。

加藤諦三:
・・と、今あなたは、時間はあるわけですよね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
そいで、その、そうすると、あなたの、自身の今の目標っていうの、ていうか、ま・・

相談者:
はい、そうなんです・・

加藤諦三:
生活の中の意味っていうのは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
中学校3年生のこの男の子ですね?

相談者:
もう先生ホントにわたし・・今回のことですごく息子に依存してる、なっていうのを・・はい。感じてます。

加藤諦三:
もう・・息子さんがすべてですよね?

相談者:
もう、そうなってしまってて、ホントに情けない、もう・・

加藤諦三:
それ息子さんの方からすると、重荷い、だっていう風に感じます?

相談者:
(鼻をすする)わたしはそれが原因じゃないかな?とは思ったんです、子どもの成績が上がった時に・・

加藤諦三:
うん

相談者:
子どもよりもわたしの目の色が変わったんだと思うんですよねえ。

加藤諦三:
嬉しいもんね。

相談者:
嬉しかったんです(涙声)

加藤諦三:
・・自分がないんだもんね、もう息子しかないもんね?

相談者:
そうなんです(泣)

加藤諦三:
うーん

相談者:
先生、もうすごく昔に、は、話が戻るんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
小学校3年生の頃にい、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの、もう、手が付けられない子で・・えっと、学校の方からあ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
その養育センターの方、を、勧められて、

加藤諦三:
うん

相談者:
病院にも、行ったんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、そこで、その、検査をして、ADHD、の・・そういう、診断を受けました。

加藤諦三:
うーん。その間(かん)はどうだったんですか?小学校3年生から中学校3年までは・・

相談者:
公立中学に入って・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、それと同時に、う、あの一般的な塾にも、行かせて、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、普通に特に変わりもなくただ塾に行ってるっていう子どもだったんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
2年生の終わり頃に・・

加藤諦三:
うん

相談者:
なぜかこう・・勉強し始めて。
で、ま、あんな、子があ、と思うと、嬉しくて(苦笑)

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
その、今日のあなたの相談というのはあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ゲームに依存して無気力になって、そしてその・・息子に依存してるわたしで、これをどうしたらいいだ、しょうか?という、ことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はあのスタジオに、シンクロの銅メダリストでメンタルトレーナーの田中ウルヴェ京先生がいらしてんので伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「無気力な息子を過度に一般化して悩むシンママは無職」への16件のフィードバック

  1. ほかの人もコメントするかと思いますが、今日のウルヴェ先生はいただけなかった。
    結論としては、放っておけばいい。しばらく様子見しろということだろうが、回りくどくて趣旨の分かりにくい質問をして相談者を攻撃。相談者が負けずに反撃してきたところで、加藤先生に丸投げ。
    思春期の中学生で反抗期でもあるのに、無職の母親に四六時中監視され、期待というより依存されているのでは、暴れたくなるでしょう。
    母親が働きに出るなどして、依存から脱却するよう心掛けて、しばらく様子見すればよいという結論は賛成です。
    ただ、「過度の一般化」(ネットにあることをそのまま信じるな)とか「自分が自分であることの義務」(働きに出ろ)などの言い方ではなく、わかりやすい回答をしていただきたい。

  2. ADHDのグレーゾーンの息子がいますが、過集中とやる気のないときの差があまりに激しいので、私の中で勝手に長期的な様子を平均化して、その平均を見て、がんばってるなーと思うことにしてます。

    息子さんの中では、本番に向けて、今、ゆるんでる時期で、直前になったら、また過集中になるような気がします。
    あと、反抗期もあるので、親にあれこれ言われたくない、でも、落ちるなんて恥ずかしいことには絶対ならない、っていうプライドもあると思います。
    息子さんを信じてあげてください。落ちるなんて、本人が一番嫌なことなんですから。

  3. 今日は加藤先生がいた、いなかったら?人生相談になってなかった。大原さんに加藤先生はやっぱり違う。

  4. 自分自身であること・・・。
    難しいな。反社会的行動を伴ってしまいそうな。

    まずは養育費だけで生活できてる母子に乾杯。

  5. 乗り越えるべき父親を知らない息子。
    ゲームの中で解消しようとしているのだろうか。

  6. この阿呆が。毎度毎度わかったような事を言うな。
    父親を知らないとは言ってない。
    息子は父親を乗り越えなきゃならない訳でもない。
    ゲームに没頭することは単なる娯楽かもしれない。

  7. 息子さんがADHDの診断を受けて、これまでも自分なりに勉強して子育てしてきたお母さんだと思います。
    今の状況を乗り越えようと、自分を見つめて分析し相談してきた人の「依存」と言う言葉に、ウルヴェさんは反応したのでしょうか。
    次々と質問を投げかけたのはとても意地悪に感じました。
    難しい言葉で追い詰めて、傷に塩を塗り込む様でした。それでも、相談者さんが理解しようとしていましたよね。
    毎回思いますが、電話相談の回答者にウルヴェさんはどうなのでしょうか。

    1. 電話相談の回答者としてウルヴェさんが外されないのは本当になんなんでしょうね…..。勇気をもって電話を掛けた相談者が可哀想です。。

      1. 加藤先生の秘蔵っ子かなぁっなんてて思った時もありました。加藤先生はいつもウルベを誉めちぎっていますから。ご自身の跡継ぎになって欲しいとお考えなのでしょうか?嫌だワ~そんなの。

  8. ウルヴェさんの無気力になる時ってテレ人の仕事している時ですか?だとしたら、相談者やリスナーの為に辞めて下さい。ウルヴェさんいなくて困る人たぶん、いませんから。今日の相談者気の毒でした。

  9. ウルゥベ先生の、分からないならどうして本人に聞かないのか、彼の気持ちをちゃんと受け止めるのは大事だ。という事は非常に同意します。
    話を聞く前から、どうせこう答えだろうと勝手に邪推する人とまともに話などしたくないのは、息子だろうと誰しも嫌ではないでしょうか。
    この相談者は自分の「私は頑張っている、子どもの為には何でもできる母だ」というイメージを崩したく無い為に、息子の本当の気持ちを聞かない、聞いてもうやむやにしてしまう。実際ウルゥベ先生の指摘も言い訳がましくうやむやにしていました。

    子どもが全て、子どもの為なら何でもできる!のなら、どうして仕事をしないのか、子どもの為に支払われる養育費で生活をしているのか、障害のある息子にお母さんだって辛いなどと言う泣き事を聞かせるのか。

    長らくテレフォン人生相談を聞いていて、一番ゾッとする人だなと思いました。

  10. 全国放送されるラジオ番組にわざわざ電話で相談してくる人は、
    生き方が解らなくなって苦しんでいる迷い人であって、
    ポイントゲットしずらくなったからパフォーマンス上げたいプレイヤーじゃないんですよ。

  11. こういう子供を溺愛する親たくさんいると思う。(働かないかどうかは別にして)
    (核家族と少子化に要因があると思う。)
    そういう親に育てられると、社会に出たときハードルが高すぎてなじめなくて、結局社会からはじかれる人が多いと思う。

    でも、この相談者の解決策は?ってなると難しいだろうなあ。
    育てる側が社会で頭打ってそれでも頑張った人なら、子供にもうまく伝えることが出来るだろうけど。
    この相談者は頭は打ったけれど、はじかれた人だと思うから。

  12. KBCの「テレフォン人生相談でした」の中島つぐまさの発言はいただけなかった。「彼氏作れば無気力無くなりますよ」とか、まさかウルベの下を行く回答があるなんて思わなかった。

  13. 毎回毎回ウルべ先生の回答には始終疑問点しか残りません…。毎回聞いたあとでモヤモヤが残るだけ…。。。ラジオ局の偉い方は早くにウルべ先生を辞めさせてください!!

コメントはお気軽にどうぞ