入社した途端に自損事故で出勤停止。辞めたいけど修理費250万請求されそう

テレフォン人生相談 2020年2月8日 土曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 関西なまりの男59歳 妻55歳 二人暮らし 子ども4人は独立している

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、こんにちはあ

今井通子:
こんにちはあ・・今日はどういったご相談ですかあ?

相談者:
えーっとわたくし、あの・・トラックドライバーをしておってですね、

今井通子:
はい

相談者:
先だって、車を・・自損事故で当ててしまいまして、

今井通子:
あらあ!

相談者:
ええ
で、それに伴って、会社からあ、請求が、来るであろうと、いう風なことを・・そこの会社の、えー、番頭さんに言われてでして、
それで・・現在それが責任で・・えーっと、大体二週間の停職っていうことで言われておるんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
自宅待機で今おる状態なんですわ。はい

今井通子:
はい

相談者:
はい、それとお、あのお、会社入ってから、も、すぐにですね、も・・パワハラがすごいところでえ・・

今井通子:
はい

相談者:
なかなかそれももう、精神的にも・・キツいなと思うて・・辞めたいなとは考えておるんですけどもお、

今井通子:
はい

相談者:
その、お金のこともあって・・

今井通子:
はい

相談者:
ええ、どうしたらいいのかなと、思て・・あの、ご相談に、お電話させていただいたんですけど。

今井通子:
ん?、その「どうしたらいいな」っていうのは?
お金は、要するに・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたが払わなきゃならないっていうことね?

相談者:
ええ・・それが払う必要があるのかどうか・・

今井通子:
あ!

相談者:
ていうのと、

今井通子:
うん

相談者:
ええ
あの、一応、車の、保険は入っておるということで・・聞いておって、保険で全部修理代の方は賄っておる、らしんですけども。

今井通子:
はい

相談者:
ええ
えで、そのお、番頭さん曰く・・えー、「2、300万の請求、うちの会社から行くぞ」っていうようなことを、言われとるもんで・・ホントにそれがあった時に払わないかんのかなと。
保険、効いとるにも関わらず・・払う必要があるんかなと。

今井通子:
はい

相談者:
はい
それがちょっと今、一番心配なとこなんですけども。ええ

今井通子:
で、今、二週間は・・

相談者:
はい

今井通子:
会社には、じゃ、行ってないわけですか?

相談者:
ええ、あのお・・出、出社停止になってますね・・はい

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
えー、まずちょっとお年はおいくつですか?

相談者:
はい、59歳です。

今井通子:
59歳

相談者:
はい

今井通子:
奥さまいらっしゃる?

相談者:
はい、おります。

今井通子:
おいくつ?

相談者:
えー50う・・5ですね、はい

今井通子:
55歳

相談者:
はい

今井通子:
あの、お子さんは?

相談者:
え、4人いますけども、みな、ひ、独り立ちして・・はい

今井通子:
じゃあ、あの・・ご自宅にはあなたと奥さまとしかいらっしゃんない?

相談者:
そうです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
その通りです。はい

今井通子:
・・で・・トラックの運転手さんは、何年ぐらいやってらっしゃんですか?

相談者:
えーっとお・・もお、53からしてますから、約7年目に入ってますね。はい

今井通子:
その前は何をやってらしたの?

相談者:
その前はあのお・・普通の、大手企業の方に、行ってました。はい

今井通子:
あー、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
あの・・ドライバーをしてらしたわけではない?

相談者:
じゃないですね。まったく、違うとこですね。はい

今井通子:
うん、ふん、ふん、ふん、ふん

相談者:
はい。普通のサラリーマンを、

今井通子:
はい

相談者:
やってました、はい

今井通子:
これ・・事故は・・初めて?

相談者:
・・え、初めてですね、はい

今井通子:
自損事故っておっしゃいましたよね?

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
なんか塀にぶつかったみたいな?

相談者:
駐車場を・・

今井通子:
はい

相談者:
会社の駐車場を出て・・

今井通子:
はい

相談者:
えー、道路へ出る時に・・

今井通子:
はい

相談者:
一緒のように、その会社の、車が、縦列駐車で停まっておるんですけども、
その、わたしの助手席側の・・車へ向いて、あの、擦ってしまったと。
え、ハンドルを切るのが早かったんですね、たぶん。ええ

今井通子:
ふうーん。あ、じゃあ、大した事故じゃないのね?

相談者:
じゃないけどもトラックは結構、はい

今井通子:
うん

相談者:
金額が・・掛かるもんですんでね、そのお、あの、修理屋さんに聞いたら、僕の車の、修理代だけでまず200万ぐらい・・はい

今井通子:
・・あ、そんなに掛かるんですか?

相談者:
え、あのお、ま、あのお・・・

今井通子:
だって擦っただけでしょ?

相談者:
じゅ・・10トンの、あのお、あれ横開け式の、ね?・・よく道路走っとる・・あの大型のトラックなんですけも。

今井通子:
はい

相談者:
その・・あの、羽の部分って僕らよく言うんですけども。
・・そこは、い、一枚ごっそり変えると・・大体・・部品だけで、百4、50万・・

今井通子:
うん、ふん

相談者:
工賃入れて、200万て・・言われてますね。はい

今井通子:
ふうん

相談者:
はい、これ、ま、その、当ててしまった同じ会社の同僚の車は大体、5、60万掛かるであろうと。

今井通子:
うーん

相談者:
はい

今井通子:
じゃ、全部で2百5、60万?

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
で、ま・・だけど、保険があるん、ですよね?

相談者:
ええ・・保険を、使うということで、そこの修理屋さんには・・聞いてます。保険会社がもうすでに確認・・したと・・

今井通子:
うん

相談者:
いうことで聞いとんですけども。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい、はい

今井通子:
で、結局、そうすると、あなたとしては・・

相談者:
はい

今井通子:
あの、一番心配なのは、その・・実際に自分が出さなければならないお金はいくらかっていうのと・・

相談者:
はい

今井通子:
そのお金を出す必要があるかっていうことなんですか?

相談者:
そうですね、ほ、それと・・あのお、退職を・・したいと。

今井通子:
うん

相談者:
え、あの・・パワハラも・・受けてますもんで。

今井通子:
はい

相談者:
ええ、もうなかなか、おれる(居られる)ようなとこじゃないなあて、いう、ので・・精神的にも、ずいぶん、今、うん、追い込まれとるちゅうか、うん・・そんな形ですね、はい・・はい

今井通子:
いや、その(含み笑い)・・退職をしたいっていうのは車ぶつけて・・た、ためっていうこと?、そうじゃなくて?、もうだって・・

相談者:
その、それ、うん

今井通子:
7年もいらしたわけでしょ?

相談者:
いや、あの、そこへ来るまでに・・トラックドライバーとして、3カ所ぐらいおったんですわ・・違うところに。

今井通子:
・・ん、じゃ、ここには7年いらしたわけじゃないんだ。

相談者:
違うですね、はい

今井通子:
えー、この・・会社には何年目?

相談者:
えー、1ヶ月ですね、1ヶ月経ったとこですね。

今井通子:
あ・・そういうことなんですね?(含み笑い)

相談者:
はい

今井通子:
はい・・

相談者:
はい

今井通子:
まだ1ヶ月っていうことなんですね?

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
うんうん・・なるほど。
でその前は、あん、じゃあ、どっかの、他の会社で、やってらっしゃったの?

相談者:
そうです。ええ、はい

今井通子:
でも、そうすっと、ほ、他の会社あ、でやってらして、そこを辞めたのは、なぜ?

相談者:
あのお、給料が、

今井通子:
うん

相談者:
思たより、あの、安かって、

今井通子:
うん

相談者:
ほいであのお・・以前・・おった運送屋の知り合いの方が・・

今井通子:
はい

相談者:
「ここの会社は、こうこうこうで給料はいいよ」と、

今井通子:
うん

相談者:
「どうや、一度行ってみいひんか?」っていうその・・知り合いの紹介で、行かしていただいたのが、

今井通子:
うん

相談者:
今の会社ですわ。はい

今井通子:
あ、じゃ、その前はずっとその、給料が安い会社にいらしたの?

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
ああ
で・・ちょっと会社移ってみたら・・パワハラ、が、ひどいっていうことになっちゃった?

相談者:
あ、そうですね。ええ、もう、初、初日からびっくりしましたね。ええ

今井通子:
それどういう風に?

相談者:
あの、例えばですね、あのお・・そこの事業の方、で・・事務の・・総括の女の方、なんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
え、わたしの・・履、履歴書の写真を見て・・

今井通子:
はい

相談者:
この人やったら間違いないっていうことで、わたしが一押しをさせていただいたのにも関わらず、
「あなたはペテン師ですね」ということを言、言われましたね。はい

今井通子:
え?ちょっと待って!・・最初に・・

相談者:
はい

今井通子:
ん、ん、事務方の・・

相談者:
はい

今井通子:
ま、一番偉い人?

相談者:
そうですね。はい

今井通子:
あ、が、偉い女性の方?・・

相談者:
ええ、はい、はい

今井通子:
から・・

相談者:
はい
「写真見とる限りでは」・・あのお、「何も問題なさそうな人やったのに」・・

今井通子:
うん

相談者:
「うちのシステムに、も、連絡もなかなかしてけいへんし」、

今井通子:
うん

相談者:
ええ、あのお、「いろいろ目に」あ、「余ることが」、

今井通子:
うん

相談者:
あの「あなたには、発生しとるもんで」、も、「あなたには騙された」と。

今井通子:
うん

相談者:
ほいで・・「あなたみたいな人は」も「ホントにペテン師や」っていうようなことをみんなの前で言われましたね。はい

今井通子:
今の話って・・

相談者:
はい

今井通子:
事実無根なんですか?

相談者:
・・事実無根と思いますよ。全然、ほんなん、僕・・あの、嘘、嘘ついてしたこともないし。ええ

今井通子:
いやいや・・

相談者:
全然・・

今井通子:
連絡が、ちゃんとして・・

相談者:
あ・・

今井通子:
連絡して来なかったって・・

相談者:
あのねえ・・あのね、えっとお・・い、いろんなことがあるごとに・・タイミングで電話もするようになっとる会社なんですわ。

今井通子:
はい

相談者:
ええ
もうそれがあ、あのお・・一回二回と、あの連絡が・・遅れた・・時に・・そういう風なことを会社に戻って来て・・言われたんですね。ええ
んで、あのお・・

今井通子:
あ、じゃ、事、事実があるのね?

相談者:
あります。

今井通子:
はい

相談者:
あります。ええ

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
でえ・・そうすると、今までのお話の中から、もう一度伺いますけれども、

相談者:
はいどうぞ

今井通子:
今日の・・このご質問はなんですか?

相談者:
はい。正直もうこの会社を辞めたい。

今井通子:
はい

相談者:
そして、えー、辞める時に対して、その車の修理代どうなんだろう、請求があった時には・・それは、払わなくてはいけないのかなと・・いうのが・・あって、それの相談です。はい

今井通子:
分かりました。
今日はですね・・

相談者:
はい

今井通子:
弁護士の野島梨恵先生がいらしてますので・・

相談者:
はい・・はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

相談者:
お願いします。
すいません。

(回答者に交代)


「入社した途端に自損事故で出勤停止。辞めたいけど修理費250万請求されそう」への9件のフィードバック

  1. 会社側からすると、業務報告を怠る上に商売道具の車を傷つける従業員と見るだろうし、
    相談者からすると、保険金で賄える修理代を請求するパワハラ会社だと考えるだろう。
    どの道スンナリ退職させてもらえないと思うので、自宅待機の期間中に弁護士に相談した方がよいとおもう。

  2. 保険が下りない場合はともかく、保険で補填されるはずの修理代を、一部とはいえ負担させる根拠はあるのだろうか。自分を「法律家」と称するかた、そこを明確に答えてほしい。

    1. 同感です。
      私も聞いていて野島弁護士の釈然としない回答にイライラしました。
      なんとも回りくどい説明でした。
      支払いの必要は従業員にはないと思います。

      パワハラと語る相談者にも途中採用の年配者の扱いづらさが、何となく出ていたように感じましたので、会社では早く退職して欲しいとの思惑があるのではないでしょうか。
      だからと言って解雇ですという事は出来ないですからね。
      自分の口から「退職します」と会社が言わせたいとするならば、このような無理難題を吹っ掛けてきている理由なのかもしれませんね。許されることではないですけれど。

  3. なにかの理由があり、転職されてトラックドライバーになったようですが、何回も会社を移り、あまり向いていない仕事なんでしょうね。幸い、子どもさんたちが、みな独立されているようですが、まだまだ働きたい年齢です。ですが、自称(パワハラ)の勤めてまもない職場ですし、早く辞めたいところですが、本当に個人が払わなくてはいけないのでしょうか?個人的には、そこに勤めているわけだから、一円も払わなくていいと思っていたので、解答がはっきりしなくて残念でした。

  4. 私が働いた会社では故意ではない限り、「商品を破損して自腹を切ることはありえません」自腹を切ってはならないと習いました。何故なら、自腹を切ると損したから人は元をとろうとする、これくらいなら、と不正をおこす、不正になりやすい。「ただ上司により破損したら自腹を切り弁償させるからと」言う上司はひとりいました。自腹を切り弁償させるからとマジで言われたら私は会社は辞めず、上司を訴えます。(会社のモラル110番があります。ない会社があるば他に相談したら自腹を切るとかはないと思いますが、、、)

  5. 片方だけの言い分だと中々言い切れないのでしょうね、全額払えということにはならないけど相談者に何かしらの落ち度があれば一部の損害賠償請求は認められる可能性があるということかな。その場合会社は保険会社から全額支払われて代わりに保険会社から相談者に請求がくるのかもね。

  6. 何だか変な話
    会社は保険に入っているはずだ
    (車両の修理・車両が使えない間のドライバーの休業補償など)
    雇用側が何を目指しているか?と考えると
    ・保険の等級維持(業務上の保険で、等級があるのかは知らないが)
    ・免責額未満で保険が使えず、個人に弁済させようとしている
    ・会社都合で辞めさせると退職金が高くなる、会社にケチつくので
     自己都合に追い込み第一歩

    まず弁護士(法テラスなら、収入が一定以下の人が利用可能)か
    自治体の労働相談(初回電話相談は無料だった)に相談して
    ・法律的に支払義務の有無
    ・保険で弁済されるとして、その条件(金額・退職タイミングなど)
    ・会社に手のひら返しさせないためにどこをおさえるか?
    ・支払割合、退職条件(タイミング・退職金)ついて
       折り合えない場合の、次の手
     (弁済までが長引いた、と利息まで吹っ掛けてくる可能性すらある)
     
    少なくとも、以上は必ず確認してから動いたほうがいいと思う
    どうせ辞める覚悟の会社なら、あとの人間関係とか知らんがなだし
    (というか、相談者は上記を知りたかったんでないかなーと思う)
    あと条件諸々について文書化は必須。
    弁済義務があったとして、金額の根拠となる保険屋and/or業者の
    見積もりは割印つきで必ず取ったほうがいい

  7. 相談者が使えないから嫌がらせされてるんじゃない?

    そもそもなんで大手企業を53で辞めたのよ。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。