パート先の独身社員に恋心49歳主婦。この気持ちどうしたら


テレフォン人生相談 2020年2月10日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女49歳パート勤め 夫53歳 子どもは18歳と16歳 4人暮らし

今日の一言: なし

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、はい、よろしくお願いいたします。

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
あ、はい、49歳です。

加藤諦三:
49歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
あ、はい53歳です。

加藤諦三:
53歳。お子さんは?

相談者:
あ、はい二人おります。

加藤諦三:
この二人は今何歳ですか?

相談者:
・・はい、えっと18と16です。4人で生活しております。

加藤諦三:
4人ですか、はい分かりました。

相談者:
はい
はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
あ、はい
えっとですね、ちょっと恥ずかしい相談で、恐縮なんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。えっと、わたし1年、と数ヶ月前から、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと、ちょっと、パートに出ておりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、えーと、パート先の・・あの、社員の方を好きになってしまいまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、でも、あの、これはちょっと、迷惑な話なので、家族にとっても・・

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
相手の方にとっても?

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、ただ、その、いずれ・・移動される方なので、あの、お別れするのは決まってるんですけれども・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、自分の・・あの、心の持ちようというか。そういったことに関して、あの・・あのお、なんていうんでしょう?ご相談したくてお電話しました。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、パート先の社員っていう方は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
彼も、家族のいる方ですか?独身の方ですか?

相談者:
あ・・あ、家族のいらっしゃらない方です。

加藤諦三:
独身の方?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
はい。それで・・あなたは「好きになった」っておっしゃってましたけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
もう・・お互いに好きだということは・・

相談者:
あ・・

加藤諦三:
分かってるというか・・

相談者:
いえ

加藤諦三:
お互いに恋愛関係というのは、お互いが、承知してるってこと?

相談者:
あ・・いえ、それはないです、わたしが勝手に・・

加藤諦三:
あ・・

相談者:
思ってるだけで、あの・・

加藤諦三:
あ、か・・

相談者:
伝えたりとか・・

加藤諦三:
はいはい

相談者:
あの・・そういったことないですし、

加藤諦三:
そうすると・・

相談者:
心の中で・・

加藤諦三:
相手は、なんにも・・分かってないということですね?

相談者:
あ、はいそうです。
あの・・

加藤諦三:
これ・・

相談者:
伝え、たら迷惑になるのは分かってるので・・あの、自分の、心の・・整理というか・・あの・・

加藤諦三:
あ、はあは

相談者:
はい・・ま、正直、ちょっと今、こんな年で恥ずかしんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
あ、今まで、の人生で一番、好きになった人ですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
で、なんかこのパート先の社員を好きになったというのは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
その、今の生活ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
この4人の今の生活に・・

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか、あなたが・・生活に張りを感じないとか、生き甲斐を・・見つけられないとか、

相談者:
はい

加藤諦三:
50歳という・・目前にして・・

相談者:
はい

加藤諦三:
なんとなく自分の人生の、虚しさというか・・

相談者:
はい

加藤諦三:
先の希望を見失ってるとか、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんかそういう、こう・・心の空白みたいが、あったところに・・

相談者:
はい

加藤諦三:
パート先の社員がフッと現れたと。

相談者:
・・そうですね、あの・・どうして・・か?、っていいますと、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしは正直ちょっと今まで仕事して来て、そんなに・・好きと思える仕事が・・あまりなかったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと今の仕事は・・社員じゃないんですけれども、好きな仕事、で、
あと、若い時、は、結構その仕事先の・・上司とか、あの、か、同僚とかの人がいい加減な人が・・多かったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
すごく・・あの、その方は熱心に、教えてくださいますし、
わたしの、性格とかも分かって、あの、アドバイスしてくれたりとかするので・・

加藤諦三:
ああ

相談者:
そういったところ、で、ま、惹かれ、たといった感じ・・だと&#△

加藤諦三:
この方は何歳ぐらいの方ですか?

相談者:
・・ああ、同世代ですね。

加藤諦三:
同世代?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、先ほど、これ「独身」って言いましたよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたから見ると・・

相談者:
はい

加藤諦三:
その今の、ご主人との生活に張りがないということではなくて、

相談者:
・・あー、でも確かに・・生活う、は・・昔の方が大変ではありましたけど張りがあって、今は・・結構みんなバ、バラバラって感じ、がして、
その夫が・・なんていうか、あたし・・そういう人だと思ってなかったんですけど、結構・・依存心が強いっていうか、
も、一人じゃいられない、人とかで、
なかなか楽しみとかを見つけられないみたいで、そういうのが・・あの・・ちょっと冷たい言い方なんですけど・・鬱陶しいというか、もうちょっと・・自分の楽しみを見つけてくれればなっていうのはありますかね。
勝手な・・

加藤諦三:
今「鬱陶しい」って出ましたけれども・・

相談者:
はい

加藤諦三:
言葉が。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・だからあ・・この社員を好きになったというよりも・・

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか今の生活に・・

相談者:
うん

加藤諦三:
も、退屈したという、そっちの方・・ではないんですか?

相談者:
まあ、世間的に見ると、そうなるう・・のかもしれないですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
そうかって言われると・・そうじゃない、と・・

加藤諦三:
そうじゃないと?

相談者:
はい
答えは分かってて、そ・・

加藤諦三:

相談者:
波風立てちゃいけないので、
そういったことを伝えるつもりはないんですけども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの、自分の心の整理が・・つかないっていうか、ちょっと・・苦しいまま一生、終えてしまうっていうか・・
そういったのが辛い・・

加藤諦三:
あ、要するに自分の今のこの気持ちを・・

相談者:
はい

加藤諦三:
どうしたらいいでしょうか?ということですね?

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
はい分かりました。

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
今日はあのスタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてんので・・

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「パート先の独身社員に恋心49歳主婦。この気持ちどうしたら」への18件のフィードバック

  1. どんなオヤジさんも、真剣に仕事をしてる姿はカッコイイ。
    仕事先の彼もカッコイイし、自分の夫もカッコイイに違いない。
    私は、夫を見ながら、この人は仕事をしてる時が一番カッコイイんだろうなあ、そんな姿を見られなくて残念! と思うことにしている。
    相談者さんも、ぜひ、だんなさんをそういう目で、見てあげては?
    もう遅い?
    釣った魚を、大事に育て続けてみてはどうでしょう?

  2. 今日は、聴いていて良い内容だったなぁと思いました。中川先生も一生懸命、回答されていて、先日の(会社の車を破損させ、修理代金を請求されている)という内容に出ていた弁護士とえらい違いでした。私も、この質問者と同年代ですので、限られた出会いで、心ときめく事もあり、誰にでもこういうことは、起こることだと思いました。最後の加藤先生のお話も、よかったです。

  3. 良い出会いだと思いますよ。
    素敵な人はステキなんですっ!

    何でもかんでも不倫にする必要はないです。
    空想の世界で、ほろ苦甘い恋として楽しんで。
    そのくらいの自由は主婦にも許されると思います。

    そして ついでに自分をみがいて綺麗になっちゃいましょう‼

  4. 女性のこういう相談に男性の回答者がふたり、というのは可哀想。性的欲求不満とかわざわざ訊くなよ、学者ばかジジイ。
    相談者さん、彼氏が転勤するときにはぜひ手紙を書いて渡して下さい。
    「初めて好きな仕事に出会えて良かった」「あなたと働けて幸せだった」
    想いをどこまで込めるかは貴女次第ですが、せっかく見つけた美しい花です。花はきれいなまま、心に残せるようにして下さい。

    1. ふふ、いいアドバイスですね。
      寂しさで男女の関係で安易にくっついて大きなリスクをおかすよりも、社会人として、仕事を通じて互いに認め合える関係になって初めて、その社員さんと、独りよがりではない、対等で特別な関係性を持てるんだと思います。
      そんな関係を築けたら、自信がついて、虚しさや寂しさもなくなる気がします。

      世の中、素敵な人がたくさんいるけど、だからって安易に男女関係に流れず、社会人として認め合える関係がもっと必要だし大切だと思います。

  5. なかなか良いな、好きだなって思う人できないですよね。相談者と同年代。遠い目をしてしまいます。
    人生90年です。あと40年あるんです。
    素晴らしい一夜の思い出となる可能性がありますよね?
    相談者が友人だったら、その素直な気持ち打ち明けたら?ってアドバイスしたいです。何かもったいないです。打ち明けたら勝手に動くから。それからまた考えたらいいじゃない?

  6. うちの会社にも20代の社員を追いかけまわす40代のパートいる(笑)客観的に見てる周りは「この人社員さんの事好きなんだなぁ…」と皆気がついているよ。
    相談者はまだ相談しようと思うだけ冷静なんじゃないかな?と思いました。

    この人子犬でも飼ってお世話してはどうでしょう。ペット飼ってる熟年夫婦は仲良し多いですよ。

  7. キターーー!これぞ管理人さんの真骨頂💪

    こういうコメントが見たくて、つい訪れてしまいますぅ

    1. ど・・どこが「キターーー」なんだろう?
      な・・なにが真骨頂? 管理人さんのコメント普通やん。
      ゴメンね、ケチつけて。

  8. バレた時の、失うものの大きさを想像できる相談者さんは、賢明です。
    たった一度、一線を越えることはなんでもないことのように思えても、
    万が一バレた時、夫やこどもは相当なショックを受けます。関係修復は地獄のような日々です。
    すべてを捨てる覚悟がないなら、やめるべきです。

  9. 人生100年時代、と言われるようになってくると、不倫というものが絶対的に否定しなければいけない、というのもどうなのかなあ?と思うようになってきますよね。

    特に相談者の年齢(更年期が近い)からすると、女性的魅力が薄れていきますから、最後の恋のチャンス!というこの人の気持ちはよくわかります。

    お金の失敗は人生後半戦では取り返しがつかないですが、恋愛は似ているようで少し違うように思います。

    相談者の場合、ここに相談してくる時点で一線は超えないつもりなので、自分の気持ちを吐き出して、それでいて自分の行動(越えなかった)を認めてほしかったんでしょう。

  10. 中川先生おっしゃる「今後は次の彼が出てきます」。
    これに尽きるなと思います。

    これだけまじめな女性は
    実質問題になったなら、
    それがたとえ「告ってふられた」であっても
    「自責の念」で苦しむと思います。

    「ちょっとでもいいことないかしら、ふふん♪」
    なんて思ってる熟女は数多いますもんね。
    公開の電話相談するような悩み方はしないと思います(;’∀’)

    1. 女性の心理について何も分かってませんね…。

      分かってないなら無理して書かなくっていいっつーの。
      よく知らないけど男性向けの映画やマンガのキャラで満足してなさい。

      ネカマなりに匿名じゃないのは
      まだ
      可愛げがあるけど

  11. 職場で働いたことがある人なら解ると思うけど、このような状況は 掃いて捨てるほどあります。 “職場あるある”の上位ランクです。

    ある程度のアンテナやセンサーを持っている人ならば、彼女(彼)の想いにも気が付きますし。まさに、忍ぶれど色に出にけり・・です。

    それでも ほとんどの男女が おおごとにならないのは、やっぱり「節度」。
    えっ? 節度って、いまや死語? 

コメントはお気軽にどうぞ