親に内緒がネックの元キャバ嬢。貢いだ既婚男「幾ら使ったと思ってんねん」


(回答者に交代)

塩谷崇之:
あなた・・本気で別れたいとは思っているのね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん。で、えー「別れたい」ということは彼にも言った?

相談者:
言ってます。

塩谷崇之:
それを言ったところ・・お、彼の方から・・
「お前に」ま「いくら使ったと思ってるんだ」とか・・
「俺の家族バラバラにしておいて」・・え「よくそんなことが言えるな」とか。

相談者:
はい

塩谷崇之:
「キャバクラのことを」、お「親にバラすぞ」とか。
で「別れることになったらお前にも慰謝料が行くからな」とか。

相談者:
・・はい

塩谷崇之:
そんな風に、ま、脅されてるわけですね?

相談者:
・・はい

塩谷崇之:
で、脅された・・結果あなたは・・えー別れるということを、真剣に彼に・・言えない状態になってしまってる。
相手のことを・・あなたはどう思ってるんですか?・・うん

相談者:
・・それえ、以外は、あの、すごい好きなんですけど。
も、そのことですごい信じれなくなって余計別れたくなりました。はい

塩谷崇之:
そんなことを言う男お・・のことをまだ好きなんですか?
だってあなたを脅してえ・・

相談者:
うん

塩谷崇之:
自分のとこに止(とど)めようとしてるんですよね?この人はね?

相談者:
うん

塩谷崇之:
であなたが「別れる」と、実際、本、本気で「別れる」と言ったら・・あなたに対してそういう害悪を加える、ことを・・匂わせてるわけですよね?

相談者:
うん

塩谷崇之:
お金を使ったのも・・
「金かけてやったんだから、俺の言うこと聞け」って言われてるのとおんなじような話じゃないですか?

相談者:
そうですね・・なんか・・

塩谷崇之:
で、お、「お前にも慰謝料行くからな」って・・それ彼が言・・言う立場にないですよね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたもそりゃあ、あの、共同不法行為といってね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
彼と一緒に奥さんを傷つけたということで、責任を負うことはあるかもしれないけれども、

相談者:
・・うん

塩谷崇之:
「別れたら」その「お前んとこにも慰謝料行くからな」っていう風に、彼はそういうこと言える立場じゃないですよね?

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
そ、んなこと言う彼のことが・・

相談者:
うん

塩谷崇之:
まだ「好き」というのがわたしは理解出来ないんだけど。うん

相談者:
なんかしてくれたこととかが、すごい・・多くて。

塩谷崇之:
あなたにとっては、その時は有難いと思ったかもしれないけれども、
要は囲い込まれていたわけですよね?

相談者:
・・

塩谷崇之:
自分のことを囲い込んで「俺の愛人になれ」と・・「そっから抜けるんだったら今まで、使った金を、返せ」とか・・

相談者:
うん、うん

塩谷崇之:
親に、え、「不都合なことバラすぞ」と・・

相談者:
・・うん

塩谷崇之:
言って、抜け出せないようにする。
男として、最低ですよね?

相談者:
最低だなっていうのは思ってるんですけど、

塩谷崇之:
うん

相談者:
色んな思い出が多くて、
やっぱり、ちょっと好きだなって思ってる気持ちい、はあります。

塩谷崇之:
うん、それは彼のそういう本性を知らなかった頃のあなたの思い出なんですよね?

相談者:
そうですね・・それ、この発言は、その、ずっといる彼から想像、想像出来ないっていうか・・それだけ別人みたいな感じなんですよ。それ言って・・

塩谷崇之:
いや別人なんじゃなくて、それが本性なんですよ。

相談者:
うーん、確かにそうですね。

塩谷崇之:
で今までそれをそういう本性を隠して・・美味いこと言って・・

相談者:
うん

塩谷崇之:
お金を出して・・あなたを囲い込んでたんじゃないんですか?この人は。
あ、ホントにあなたのこと好きでえ、あなたあ、の幸せを願ってるんだったら・・こんなこと言わないですよね?
だか、そこはちょっとあなたは、その、目を覚ました方がいいんじゃないんですか?
だからね?もうこれはあの、その家からは出る・・覚悟をしてね?

相談者:
・・

塩谷崇之:
荷物まとめて・・もう家に帰るしかないじゃないですか?

相談者:
・・

塩谷崇之:
彼には「もう別れます」という風に告げて。

相談者:
・・

塩谷崇之:
「ああたとは付き合いません」と。

相談者:
&#△%

塩谷崇之:
それでも、もし彼が、追いかけて来て・・

相談者:
うん

塩谷崇之:
何か嫌がらせをするとかね?

相談者:
・・うん

塩谷崇之:
で、そういうことをするようであれば、それはもう、立派なストーカーですよね?

相談者:
・・うん

塩谷崇之:
もっとエスカレートするかもしれないですよね?
よくある話じゃないですか?
「写真をばら撒くぞ」とかね?色々言ってね・・つなぎ止めようとする。
でもそれ立派な犯罪行為ですから。

相談者:
・・

塩谷崇之:
もし彼がそういうことをして来た場合には・・それは、場合によってはこれ警察に相談しなくちゃいけないでしょうし。

相談者:
あの、彼を逆上させずに、なんか別れる方法っていうのは・・ないですかね?

塩谷崇之:
逆上するのはあなたをつなぎ止めるための手段なんだから・・

相談者:
うん

塩谷崇之:
あなたが、もう「自分の意思は固いんだ」と、「もうあなたのことは好きじゃないんだ」と・・お「付き合い出来ないんだ」ということを・・
ハッキリさせれば逆上するもしないもないでしょ?

相談者:
ふうん、そっか。

塩谷崇之:
でね?

相談者:
うん

塩谷崇之:
たぶんあなたが一番気にしてるのは、その「前の仕事のことバラすぞ」と、「親にバラすぞ」とかね?
あなたと一緒に住んでたことも、色々バラすぞとか。
親にし、いー、言われてしまうのが、怖いということかもしれないけれども。
そこが気になって・・ホントは別れたい彼と別れられないと・・いう・・ぐらいだったらね?

相談者:
・・うん

塩谷崇之:
自分から親に話しちゃった方がいいかもしれないですよね。

相談者:
・・

塩谷崇之:
親に怒られるかもしれないけれども、その親に怒られるのと・・彼がストーカー化してね?
・・え、あなたそれに、いビクビクしながら・・親に知れたらどうしようと思いながら不本意なお付き合いを続けるのとどっちがいいかですよ。

相談者:
そうですね。

塩谷崇之:
も、あなた自分の口で親に話をしてしまえば・・あなたはもう彼に対して恐れるものはなくなりますよね?

相談者:
そのキャバクラとかは、たぶん親からしたら一番働いて欲しくないところなので。それを言うのはもう自殺行為ぐらいホントにい・・怖いことで。

塩谷崇之:
うん、だけどあなた働いちゃったんでしょ?

相談者:
そうなんですよ。

塩谷崇之:
うん
も働いちゃったっていう事実があるんですから。

相談者:
言った方がいい・・ですかね?

塩谷崇之:
そこが気になって彼と別れられないっていうんだったら、自分から話してしまった方がいいですよ。うん

相談者:
その彼は、どういう、その男の人目線でどういう、どういう気持ちがあるとかっていうのは分かりますか?

塩谷崇之:
あなたの・・幸せを願ってるとか、そういうことよりもとにかく自分の物にしておきたいわけですよ。
まず経済的に困ってるんだから経済的に支援をしてあげる。
自分の奥さんがいるから、「奥さんとは、離婚調停中だよ」という風に説明をする。

相談者:
うん

塩谷崇之:
えー「将来は」、えー、「君と一緒になるんだよ」と言って、え期待を持たせる。うん

相談者:
え?その彼に「別れる」って話するのは、その何か・・LINEとかで送った方がいいですかね?

塩谷崇之:
電話でもなんでもいいと思いますけれどもね?

相談者:
電話とかは着信拒否とかにした方がいいですか?それから。

塩谷崇之:
拒絶の意思表示をちゃんと伝えた方がいいですよね。結局着信拒否をするとお・・出な、「電話に出ないから」って言って訪ねて来たりとか。
そういう方向にどんどん、どんどん流れてくんで。

相談者:
うん、◆#$

塩谷崇之:
そうじゃなくて、「あなたと、別れたいんだ」と。
「もう連絡をしないでほしいんだ」と・・いうことをハッキリ伝えて。
で、そこで何か、彼がもし脅すようなことを言って来て・・で、つきまとって、来たり、嫌がらせをして来たり・・ていうこと、であれば、場合によっては警察に相談をしなくちゃいけない場面も出て来るかもしれないし。弁護士に頼んで、「そういうことすると」、お「法に触れますよ」っていうような・・

相談者:
うん、うん

塩谷崇之:
そういう警告状出してもらうってことが必要になるかもしれないし。

相談者:
分かりました・・

塩谷崇之:
うん

相談者:
ありがとうございます。

(再びパーソナリティ)

今井通子:
やっぱり、こういう時に・・彼と上手く、円満に別れようとかって考えずに・・

相談者:
うん

今井通子:
やっぱり頼りのなるのは家族?

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん
なので。

相談者:
うーん

今井通子:
親御さんに・・相談をして、自分の過ちも・・しっかりと言って。
その前に・・家にいる時の、あなたのさっき言ってた思いも・・しっかり言って。
親御さんとよく、理解し合うのが最初だと思う。

相談者:
分かりました。

今井通子:
うん

相談者:
ありがとうございました。

今井通子:
はい、じゃ失礼しまあす。

相談者:
はい、失礼します。




「親に内緒がネックの元キャバ嬢。貢いだ既婚男「幾ら使ったと思ってんねん」」への16件のフィードバック

  1. アタシに「なるほど」を一度も言わせないなんて、大した小娘ですよ、まったく。
    得意の「ちょっと待って」も言う隙がなくて。
    あの夜は悔しくて眠れなかったんですよ。
    それにしても、「みたいな」が多い相談者でした。ずっとアタシのトーンが低かったの、モロバレでしたね。

  2. え!?今井先生御本人ですか?

    …いやまさかね、相談者を「小娘」呼ばわりしたり、そのこむ…もとい、相談者の口調の幼さくらいで不眠を患うほど悔しがったり、「モロバレ」なんて造語使ったり、ベテランドクターなのに…(笑)。

    まあ何に着け今回の相談者さんはおそらく、小学生のある時期から作文の授業は受けなかったと思われる方ですかね。

    1. ベテランとはいっても山登りばかりしてましたから(笑)。
      一昨日の相談者さんと同じく、主語が欠落しがちな娘さんでしたので、得意の「なるほど」「ちょっと待って」で制止を効かせたかったんですが、上手くいきませんでした。

  3. 親にキャバレークラブで働いてた過去をバラされるより
    家庭のある男と付き合ってしかも慰謝料の要求(恐喝)されている現状のほうがよっぽどマズイと思うんですが…😥

    1. キャバレークラブ!?
      もしかして昭和50年代に水商売をしておられました?
      恐喝に関しては、男の方から親には言えないでしょうがね。

  4. 親の束縛から逃れる為に独立したのなら、多少の貧乏は覚悟しなきゃ。
    親の干渉もイヤ 貧乏もイヤ 
    で挙げ句の果てに更に大変な事になっている。

  5. こういう人は、一度散々な目にあってどん底の苦労を経験しないと、いつまで経っても子供のまま成長しないだろうな

  6. 男も男だか、相談者も身勝手すぎる。
    最初から真剣に付き合う気がないのに、家借りてもらって、家具調度品も揃えてもらっておいて、相手の家庭が離婚騒ぎになったら、逆上されずに、両親にも知られず、何事もなかったように別れたいなんて、、、。
    まぁ、そこいらへんが甘ちゃんなんでしょうね、
    今日の結論は、塩谷弁護士のとおりいっぺんの話しなんかより、今井先生のアドバイスどおり、まずは、両親に本当のこと話して、今後の対応を相談するのが一番って、とこでしょうか、

  7. 相談者の女、会話のレベルが中学生以下…。こういうタイプの女 クラスに4〜5人いて年中うるさかった…。

  8. 27にもなって「自分」のない人。
    親やクズ男のいいなりに浮草のように生きてる。
    加藤先生のいういわゆる修羅場を避けては解決しない、を実行できたらいいけど臆病なままだとずっと浮草だろうね。
    他人のいいなりだけどこういう人は実は欲張りで小ズルいんだよ。しっかりしな。

  9. 27歳、実家に帰ったら帰ったで無理、人を見る目がないのでしょうか?自分がわからないのでしょうか、「実家に言えるものなら言ってみろ」開き直って言って見たら、彼氏は何も言えない、ひどい奴もいたもんだ!

  10. 逆上されずに、ストーカー化もさせずに別れる方法。
    お風呂に入らず不潔にして、納豆を食べて歯磨きをしない。
    男の方から離れていきます。

コメントはお気軽にどうぞ