寄生娘も同罪なのに夫への恨み先行で具体的な離婚へのアドバイスは上の空


テレフォン人生相談 2020年3月10日 火曜日

40年間夫の暴言・暴力に苦しめられて、定年後は経済的DVも加わる。
親をディスりながらも自宅に居る2人の30代の娘。

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女63歳 夫64歳 長女38歳独身 次女36歳独身

今井通子:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いいたします。

今井通子:
はい、こちらこそ
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
もう、63になるんですけども。結婚して40何年経つんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
自分の・・選んだ人が悪いのか?
自分が・・悪いのか?よく分から、ず・・

今井通子:
ご主人・・おいくつ?

相談者:
64です。

今井通子:
64歳、はい

相談者:
はい。暴力とか、暴言とか、嫌がらせ?・・あるんですよね。
5年前からの、生活費一銭も、入れていただかなくて。
で、今、あの、あたし60で社員終わって、あの、嘱託で働いてるんですけども、
あの、7万ぐらいの・・給料しかもらえないんですけども、それで、あの、ガソリン代だとか、食費・・とか、そういうのに、出して、と、もう、ほんとに一銭も、給料は残らないで・・
んで、年金を、前上りにして60からもらってるんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
それでも・・やってけな・・くて、もう・・どうしたらいいか分からなく、なってしまいまして・・

今井通子:
ご主人64歳。
会社かなんかにお勤め?、それとも自営?

相談者:
あの今は・・事務のほうの、仕事をやってるようなんですけども

今井通子:
あなた自身もなんか、ご結婚後も働いてらした?

相談者:
はい・・&#△%

今井通子:
正社員ですか?

相談者:
今は嘱託です。

今井通子:
お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
2人います。女の子なんですけども、38と30、6なんですけども、

今井通子:
あはい

相談者:
独身で・・

今井通子:
あ・・

相談者:
家にいるんですけども。

今井通子:
ご主人が、4年前までは、家計費を出してらしたわけね?、生活費。

相談者:
はい、そうです。あの夫が持ってる通帳の、キャッシュカードを作っていただいて、

今井通子:
うん

相談者:
そのキャッシュカードをわたしが持ってて・・

今井通子:
それ、月いくらぐらい・・

相談者:
あ、10万は、下ろしてました。

今井通子:
お嬢さんたちっていうのは、何か働いてらっしゃんの?

相談者:
働いてます。

今井通子:
と、お嬢さんたちの給料は?、家に入れてるの?

相談者:
あの、5千円しか入れ、入れていただかないんですけども。

今井通子:
そうすると、4年前に、退社をされてからは・・キャッシュカードを取り上げられちゃったの?

相談者:
突然、あの、銀行に夫が行って、

今井通子:
うん

相談者:
あたしも、そのカードを、取り消ししてくよ、っていうことにな、ったらしくて、

今井通子:
要するにだから今あなたが、カ、カードを持ってないっていうことね?

相談者:
そうです、そうです。

今井通子:
はい

相談者:
それで、1円も・・ここ5年間入れてもらえなくて。ええ

今井通子:
そういうことがあったのはなぜ?

相談者:
夫の、あの、60で、退職金だとか、いろいろこう入る、それを、昔から、あの、自分の給料は自分で使いたいっていう夫なんですよ。
そのときは、あの、キャッシュカード取り上げても、生活費入れるっていう条件だったんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
その月からもう、1円の金も、入、入れていただけなくて。

今井通子:
でも一緒に住んでんの?

相談者:
はい

今井通子:
で、食事も、あなた、たち・・

相談者:
ええ

今井通子:
と一緒に食べてんの?

相談者:
食べてるんですけども、あたしとか娘作ったやつは絶対食べないで、あの、お惣菜ばっかり食べて・・るんです。

今井通子:
それ何、自分で買って来て食べてんの?

相談者:
そうです。

今井通子:
要するにだから、食に対しては、じゃあ・・

相談者:
はい

今井通子:
お金が掛からない夫になったわけね?

相談者:
そうです。

今井通子:
はい。電気や水道や、ガスや、み、云々は・・

相談者:
それは、夫が払ってるんですけども。

今井通子:
はい

相談者:
思いつきでえ、自分の、あの・・ダイビングセットを50万とか60万だとか、そういうの買ったり。
この間は280万の車を買ったり。そういう・・

今井通子:
まあ、だから自分のか、お金を自分で使いたいということの・・

相談者:
そうです。

今井通子:
で、使ってるわけですね。

相談者:
そうです。そうです。ええ

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
そうすると税金なんかもご主人が払ってんのかな?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
うん、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
そのほかに何が起こってんですか?

相談者:
・・暴力ですね。

今井通子:
いつ頃から?、どんな?

相談者:
もう・・結婚してもう、2年目からもう、殴られ蹴られ。

今井通子:
これは、あなたに対してですか?お嬢さんたちにも?

相談者:
あ、子供たちにもです。

今井通子:
はい

相談者:
犬も、殴ったり蹴ったり、するんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
家の中のこといろいろ考えるとお・・

今井通子:
はい

相談者:
離婚、も、できないし(泣)・・

今井通子:
離婚できない理由は何?

相談者:
1年前に、お祖父ちゃんが亡くなったんですけども、

今井通子:
・・はい

相談者:
その、お祖父ちゃんを、もう、80過ぎてるお祖父ちゃん、馬乗りになって首絞めたり?

今井通子:
・・はい

相談者:
そういうところを・・見て来てるんですよね(涙声)。

今井通子:
だったら尚のこと離婚しそうだけど。

相談者:
・・え、そう思ってるんですけども(鼻をすする)。

今井通子:
はい

相談者:
でも・・今ほんとに通帳が・・ゼロっていう感じ?・・3年前に・・夫から離婚調停掛けられたんですけども、そのときは・・あたしは「離婚します」って調停の人に言ったんですけども。あたしは、あの「慰謝料として500万欲しい」って言ったんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
それでその調停員の方が、うちの夫に、伝えたら、

今井通子:
はい

相談者:
「取り消しします」つって、そのまんま帰ってしまったんですよね。
で、調停の人が・・「情けない男だよね」って、言われてて・・

今井通子:
ご主人のほうから離婚調停申し込まれたときの、ご主人側の理由はなんですか?

相談者:
あたしと生活が不一致だっていうことで・・

今井通子:
う、で、この場合あなたとしては・・お金は要らないから、もう・・こんなDV、あの・・

相談者:
うん

今井通子:
暴力には耐えられないから離婚しちゃおうっていう、気にはならなかったの?

相談者:
ありまし・・たけども、でもやっぱりお金がないと、やってけないしい・・

今井通子:
うん、ただ・・

相談者:
うん

今井通子:
そのときってまだあれでしょ?、ご主人からキャッシュカードで10万円、1ヶ月分もらってた頃でしょ?
あなたが働いたお金っていうのは・・

相談者:
ええ

今井通子:
ある程度貯金かなんかできたんじゃないの?

相談者:
借金とかそういうのに・・まわして。&#△%

今井通子:
借金はなんの借金なの?

相談者:
・・生活、費・・あの、子供が、あの教習所の車だとか・・高校の入学金だとかそういうのを、借りて入れたんです。夫が出さないから。

今井通子:
で、今は、借金は、あるんですか?

相談者:
あります。

今井通子:
この借金は何?あなたがしてるの?

相談者:
あたしがしてる借金です。

今井通子:
今日のご質問はなんでしょ?

相談者:
もし、離婚したときですね?慰謝料を、もらえるのかどうか?
こういう、あの、DVを受けててえ・・いくらまで、請求できるのかっていう・・ことを聞きたくて電話しました。

今井通子:
はい・・今日はですね、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「寄生娘も同罪なのに夫への恨み先行で具体的な離婚へのアドバイスは上の空」への18件のフィードバック

  1. 今日は聴いててスッキリしました。
    大迫先生はズバリ的確に指摘しましたね・・・
    旦那の事だけじゃなくて、二人の娘の事。
    娘は母親が苦しんでるのに見て見ぬふり?
    助けてくれない娘の異様さが怖い!
    普通の娘と母親の関係じゃないですよね。
    娘の幼少期何があったのか・・・
    もう一度、相談してこないかな~その後が気になりました。

  2. いい歳した娘2人が、たった5000円ずつしか家に入れていないことに驚いた。この方は、掃除も洗濯も、全部してあげているのではないでしょうか?わずかな金額で、生活できるのならよっぽどいい人がいなければ、家を出ていかないでしょう。ご主人もすごく嫌な人だけど、娘が2人もいて何も助けてくれないのも、同じぐらいつらいですね。

  3. クズの代名詞みたいな夫にすがり続け、娘からも蔑まれて、それでも離婚に向けて動こうともしないって、ストックホルムシンドロームのようなものなのか?奴隷根性からぬけだせないのは「殴られるから黙ってろ」っていう周りも相談者みたいな目にあってて我慢してる奴隷のような人ばかりなのか?
    他人に話す時に「~していただく」と家族に敬語を使っているのも腑に落ちない。
    娘たちは復讐してるのではないかな?自分だけ潤って家族にお金をいれないDV父親や、それに甘んじて変わろうともしない、出来ない母親に。
    ばからしくてお金なんかいれない、せいぜいむしり取ってやる、今までの慰謝料代わりに、って思ってるかも知れない。相談者さんはせっかく大迫先生、今井先生にハッパかけてもらえたのだから、自分を取り戻して離婚の準備を始めてほしい。

  4. この人、ひとりになるのが怖くてしょうがないんじゃないでしょうか。憎む相手が居なくなるから。だから夫も娘達も相談者の足元を見て好き放題しているのでしょう。
    自分を縛る鎖は自分で外さなければ本当の自由は得られない。

    1. なるほどです。
      憎しみさえも、ないよりはマシ。それがなくなったら、からっぽな自分だけが残ってしまう。そんな現実を直視するのに耐えられない。

      だからアドバイスは受け入れる気などなくて、苦労を周囲に話して、可哀想な自分に酔っているのが一番気持ちいいのでしょうか。

      なんか、空しいですね。

  5. ところで、こちらのサイトは悩み相談の内容をいつも象徴的なビジュアルで表現されていて感心します。今回のなんかは、もしかしてオーナーが制作されたりしているのでしょうか?

  6. 痛烈な大迫先生の「うわの空ね」がまさに図星。
    解決策を本気で聞きたいというより、「大変ね、よくやってるわね」ってただ言ってほしいのか。
    娘さん達も言ってくれないみたいだし。お金も入れて“いただけない”らしいし。

    そして、最後まで強烈なデモデモダッテに対してラスト、今井先生の「戦ってない。頑張ってないのよ」が炸裂。
    これまたその通りだと思いました!
    そう、間違った方向にばかり頑張って、
    「頑張ってるのに!」
    「私ばっかり!」。

    人生一度きりなのに、こんな人生もあるんですね…。

  7. なるほど、普通の母娘関係だったら母親の苦労を見て見ぬふりなんか出来ない。
    姉妹揃ってそんな薄情だって事は、子供時代からこの両親を恨んでるって事なのか。
    月5000円で家事・食事提供の格安な下宿って感覚なんだろう。
    そんな下宿人は追い出した方がましと思うが、一人で生きていく自信が無いのだろうな、この相談者は。

  8. 被害者意識って気持ちよくて、中毒してしまうのですね。周りの人は、「この人、意識低いなぁ」で、優越感に浸れるし、うまく需要がまわってるわ

  9. 相談された内容にビックリ! 娘さんに!

    私が働き始めたのは50年も前のことですが、その頃の給料はせいぜい3万円もあったか無いかの頃でした。
    しかし、母は毅然として「半分は家に入れなさい」と言ってきました。
    「あなたは、ご飯も食べるし電気も水もガスも使うし、お部屋も一部屋使ってるわよね」とのこと。
    私は不満たらたらでしたが、納得し了承しました。
    6年後、結婚のため自宅を出る時、母が私名義の通帳を渡してきました。それは、今まで渡してきた給料の一部でしたが、けっこうな金額となっていて思わず涙したことを思い出しました。母が全額を自由に使っても良かったはずです。
    今はもう亡くなった母のことを思い出しました。
    相談者さんは娘さんに言えなかったのですね。
    それは何故ですか?。

    1. よいお話を教えていただきありがとうございます。お母様の愛情を感じますね。嫌がられることでも、はじめに毅然として言ってあとで、感謝されるなんて今はこういう対応はなかなかできませんね。

      1. コメントありがとうございます。
        「学業までは親の責任、そのあとはあなたの責任」と言う我が家の不文律のようなものを母は持っていたのでしょうね。「嫌ならお一人暮らしをどうぞ」という事でしょう。
        母は子離れをしようとしたのと、ケジメは必要と考えた。
        やはり、一本筋が通っていた人でしたね。
        でも、私はダメダメな子供で母のようにはできなかったです。

  10. 恩とか、感謝を一切感じない人間っているんです。
    ここの娘たちもそういう人間なんでしょう。
    こんなに、世話してるのに。私がこれだけがんばってるのに。
    心の中では、恩を感じているはずだ。親子だもの。そう思いたいのでしょう。
    暴力夫の娘です。遺伝子って怖いです。

  11. 只々夫への恨みつらみをそうですかそうですかと聞いて可哀想に大変ですねと労って貰いたいだけなのかも。
    おそらく明日からもこの人は同じ日常を繰り返すんだろうなぁ…と思ってしまいました。
    先生方のアドバイス、少しでも行動に移せるといいけど。

  12. 大迫先生のお話は、本当によかったです。普通の人が思っているところをぐいぐい、意見しておられました。同じ弁護士でも、野島先生だと、的外れな上から目線で偉そうに話していたのでしょう。質問者さんが、少しでも、行動に移してくれたら良いのですが、なんとなくそのままな感じがします。

  13. 大迫先生の回答(快刀)には、いつも感心させられます。夫婦間の問題を様々見てこられた経験があり、その知見をもとにアドバイスされ、時として相談者の無意識の闇をえぐり出すところが、痛快です。

    いつも楽しみにしています。

コメントはお気軽にどうぞ