癌とウツの妻。家のカネを使い込む通信制高2長女と衝突。片や出来た中1次女

テレフォン人生相談 2020年3月11日 水曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男52歳 妻53歳 長女高2 次女中1

今日の一言: 悩みは昨日の出来事ではない。べラン・ウルフ

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、お世話になります。

加藤諦三:
最初に・・

相談者:
はい

加藤諦三:
年齢教えてください。

相談者:
えっと52歳です。

加藤諦三:
52歳、結婚してます?

相談者:
はい。妻が53歳です。

加藤諦三:
53歳

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
長女が高2で、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、次女が中1です。

加藤諦三:
はい、分かりました。それでどんな相談ですか?

相談者:
ま、ちょっと、うちの家庭のことを、説明しますと、あの・・

加藤諦三:
あはい

相談者:
妻が・・ガンの、肺ガンのステージ4で。

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、ま、6年ぐらい、あの、経ってるんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、治んないんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
な、治ることはないんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで・・ま、鬱が酷くて。
・・む、3年ぐらい前から、もうちょっと、外出とか、ちょっとできなくなって。

加藤諦三:
ん?何がすることできなかった?

相談者:
外出、外出・・

加藤諦三:
外出ができなくね?はい

相談者:
はい、外出う、とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、ま、家事とかもできないんですけど、

加藤諦三:
んはい

相談者:
あのお・・

加藤諦三:
家事はいつ頃からできなく・・もうだいぶ前から?

相談者:
えっと、3年ぐらい前です。はい
それでもう・・ま・・障害者年金・・をもらってるんですけど、2級なんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい・・それ、そういうのあって、
で・・長女が、あの・・

加藤諦三:
高2の子ね?

相談者:
高2の・・

加藤諦三:
はい

相談者:
長女のほうが、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、ちょっと・・中学のときからちょっと不登校気味で・・

加藤諦三:
だけど今、高校2年まで来てるわけですよね?

相談者:
・・え、で一旦、ふ、普通の学校に、高校入ったんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、そこでもあのお・・ちょっと・・行けなくなって。

加藤諦三:
はい

相談者:
今、通信制の学校に行ってるんですよね。

加藤諦三:
ああ、そうですか、はい、はい

相談者:
はい
それで、通信制の学校、ま、最初はあの・・楽しそうに行ってたんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
その、ま・・洋服とか・・あのお、メイクとかも自由っていうこともあるんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと、ま、繁華街の、ところにありまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、ちょっと、買い物・・本人が、あの、ファッションとか、洋服とか、

加藤諦三:
うん

相談者:
あと、メイクとか、好きなので、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、しょっちゅう、あの、買い物・・してまして。

加藤諦三:
うん

相談者:
んでえ・・最初は、なんでそんなお金あるんだろうな?というふうにちょっと思ってたんですけど・・

加藤諦三:
うん

相談者:
・・で、妻がですね?

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお・・まとまったお金、50万とか・・100万とかを、

加藤諦三:
うん

相談者:
手元に置く癖が・・あるんですよ。元・・前から。

加藤諦三:
・・ああ

相談者:
で、ま、それえ、を取ってるっていうことが分かって。
・・んで、ちょっと、ザッと計算するとお・・

加藤諦三:
はい

相談者:
年間で、あの・・ちょっとハッキリしないんですけど150万から200万近く・・ちょっと、不明なお金が・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ありまして。

加藤諦三:
要するに・・

相談者:
でえ・・

加藤諦三:
繁華街で使ったお金っていうことですね?

相談者:
まあ、ちょっとお・・なんか友達にも貸したりとかしてたみたいなんですけど。

加藤諦三:
うん

相談者:
はい
それでえ・・ま、妻はなんか、その、なんかちょっと鬱で・・なんかもう・・よく分かってないんですよ。あの、取られたこともちょっと気づいてなくて。

加藤諦三:
ふうーん

相談者:
あのお、それで・・ま、わたしのほうで、あの・・お金管理すると・・

加藤諦三:
うん

相談者:
いうことで。妻には、あの、最低限のお金・・しか渡さないように・・

加藤諦三:
さっき鬱って・・あの、あ・・言ってますけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
それは病院で診断されて・・うつ

相談者:
そ、そうです、病院に・・通院してます。

加藤諦三:
通院して、鬱と、いうふうに、病院から言われてるわけですね?

相談者:
そう、そうです。

加藤諦三:
うん。あなたは今、働いてんの?

相談者:
あ、働いてます。

加藤諦三:
家の中はどうなっ・・

相談者:
あ、家事は、あの、介護・・保険を使って、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、ヘルパーさんに、あの、平日う、は、来てもらって。

加藤諦三:
あー、ヘルパーさんがやってくれてるわけね?

相談者:
はい、はい。料理とか、あの、掃除とか・・

加藤諦三:
うん、うん、うん

相談者:
してもらってます。

加藤諦三:
うん

相談者:
土日は、家族でしますけど。

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
それでえ・・そしたら・・昨日か一昨日?

加藤諦三:
うん

相談者:
・・分かったんですけど・・長女のために、長女と次女のために積立ててた・・

加藤諦三:
うん

相談者:
預金通帳があって、

加藤諦三:
うん

相談者:
えー、それからも320万、引き落としてたんです。

加藤諦三:
・・長女が引き落としてた?

相談者:
はい。で、最初は否定してたんです、&#△してたんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
最初はあの「わたしじゃない」って言ってたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
昨日部屋を見てたら・・

加藤諦三:
はい

相談者:
プチ整形みたいのしてました。なんかちょっと、鼻をちょっと高くするような。

加藤諦三:
ああー

相談者:
それで40万ぐらい・・あの・・見積書ありました。

加藤諦三:
あはあ

相談者:
ま、かい、ま・・だからちょっと、ちょっとわたしも・・普通にちょっと話せなくて、本人とは。
も、感情的なっちゃうので。

加藤諦三:
うん、うんうん、ん

相談者:
どうしても・・どうしてもちょっと怒ってしまうので。
あのお、わたしとしては、そうですね、あの・・んなんか・・詳細を知りたいんですよ。
使ったなら使ったで。

加藤諦三:
うん

相談者:
&#△%◆

加藤諦三:
詳細を知りたいって、それはよく分かりますよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど・・詳細を知りたいって言ったって・・

相談者:
はい

加藤諦三:
今・・知りようがないわけでしょ?

相談者:
・・ま、本人と話するしか・・

加藤諦三:
お嬢さん、話、話をすると、怒っちゃう。

相談者:
ふうん

加藤諦三:
そいでこの、じょ、じょ・・

相談者:
なんで、なんでこうなっちゃったんだろうと・・&#△%

加藤諦三:
そうです・・そこです。

相談者:
はい

加藤諦三:
「なんでこうなっちゃったんだ?」って今あなた言ったね?

相談者:
はい

加藤諦三:
ここが一番キーポイントなんですよ。

相談者:
ああ

加藤諦三:
あなたの気持ちの中になんでこうなっちゃったんだっていうことが・・

相談者:
はい

加藤諦三:
分かんないと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
・・この人生、あなた・・一生懸命、生きて来たわけでしょ?今まで。

相談者:
・・んー、あの、一生懸命・・やってき、も、ちょっとわたしもちょっと途中、鬱になったときもあったんですけど。

加藤諦三:
うん

相談者:
実は。

加藤諦三:
うん
いつ、いつ・・

相談者:
が・・

加藤諦三:
何歳ぐらいのときですか?

相談者:
いや・・妻がちょっと病気になって・・よ、ま、4年か5年ぐらい前ですね。

加藤諦三:
4、5年前に・・

相談者:
4、5年・・

加藤諦三:
あなた自身が鬱になったことが、あると。

相談者:
あ、ま、今でもちょっと・・あの、睡眠薬と・・抗うつ剤は・・飲ん、少しですけど飲んでます。

加藤諦三:
今でも抗うつ剤と睡眠剤は飲んでる?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい
そうですね、そうすると・・あの今、僕がちょっと・・言ったことがキツ過ぎたかな?・・だけど・・なんとかしてくださいよと。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・で、そんないい手、い、いい魔法の杖はないということも分かってるわけですよね?

相談者:
・・うーん(ため息)・・そうですね。

加藤諦三:
・・だからそこをなんとかと・・ということですね?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
非常に難しい問題だと思いますが、今日はスタジオに・・

相談者:
はい

加藤諦三:
弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
すいません。よろしくお願いします。

(回答者に交代)


「癌とウツの妻。家のカネを使い込む通信制高2長女と衝突。片や出来た中1次女」への9件のフィードバック

  1. 家族がそれぞれ苦しんでいるのが伝わってきます。
    加藤先生のお話が難しくて、私には理解できず…。
    弱りきっている相談者さんに、もう少し丁寧に分かりやすく説明して欲しかったと思います。

  2. そこから先は、自分で「あ、このことか!」と気づかないと、意味のないことなのかなぁと思いました。
    他人に具体的にこうしなさいと諭されても、法律相談以外では無意味と思いました。
    頭の中に、電球がピカッと光るイメージですね。

  3. 私は昔の人間なんで、長女に「この大変な時に何してるんだ!」と一喝して、いう事きかなければ、「出ていけ!」だろうな。

    昔を振り返り、家族がしんどいときに子供がトラブルを増やして、やはり怒った。
    その場面だけ切り取れば、言い過ぎだったかもしれない、と思うけど、その時の自分には全体をコントロールする余裕がなかったと思う。

    先生の仰る通り、相談者本人にパワーが無いからそうなってしまうんだけど、仕事場でも家でも日々しんどい中で急にパワーがつく魔法もないし、ある意味しょうがないんじゃないかな。

  4. 「甘えてる」⁉️
    今まで随分我慢してきた子どもに何を言ってる❗️
    行動より心をわかってやれよ、過酷な環境だよ。
    先生が仰るように抱えさせるには幼すぎるだろが❗️
    こんな家庭環境想像したら、甘えてるとか言えないよ。
    貴方は、もっと酷い家庭環境にいらっしゃったんですか?だから甘えてるとおもわれたんでしょうね、上記の匿名さん。

    1. 長女さんも辛くて仕方ないのでしょう。もっと酷い事、売春とか麻薬に手を染めないのが幸いです。
      次女さんが無理しているのです。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。