離婚の元凶は分かってる?復縁を誘いながらハードル高い条件を出す姑抱えた元夫

テレフォン人生相談 2020年3月12日 木曜日

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女46歳 1年半前に離婚した夫55歳 遠方に住む一人息子20歳(大学生) 元夫の母85歳で健在

柴田理恵:
もしもし?テレフォン人生相談です。こんにちは

相談者:
こんにちは

柴田理恵:
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
1年半前に・・

柴田理恵:
はい

相談者:
離婚した夫がですね・・

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、た、あの、わたしと復縁・・をしたいということで、

柴田理恵:
ああー

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、あなたおいくつですか?

相談者:
46です。

柴田理恵:
はい。その、離婚した旦那さんは?

相談者:
55です。

柴田理恵:
はい。お子さんはいらっしゃるんですか?

相談者:
1人い、男で、二十歳です。

柴田理恵:
二十歳、あの・・

相談者:
はい

柴田理恵:
今はどうしてらっしゃるんですか?そのお子さんは。

相談者:
え、ちょっと遠方のほうに・・

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、大学に行っとります。

柴田理恵:
あーそうですか、じゃ・・

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、離れてらっしゃるんですね?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
はい
離婚ん、原因っていうのはなんだったんでしょうか?

相談者:
・・しゅうとお、め(姑)のことでえ、

柴田理恵:
はい

相談者:
ま・・揉めてですねえ、

柴田理恵:
はい

相談者:
あのお、夫婦喧嘩が、絶えなくなってしま・・って、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
あの、離婚したって形になります。

柴田理恵:
あーそうですか・・

相談者:
はい

柴田理恵:
今その、姑さんは、生きてらっしゃるんですか?

相談者:
はい・・生きてます。

柴田理恵:
あ、お元気で、おいくつですか?

相談者:
85になります。

柴田理恵:
はい。じゃ、その・・具体的にどんなような喧嘩だったんですか?

相談者:
なかなか、折り合いが悪いっていうか・・

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
子供お、のことに対しても口出して、

柴田理恵:
はい

相談者:
来る、方でえ、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
で、子育てに関しても、ほとんど、あのお、「わたしが看るから」・・

柴田理恵:

相談者:
「あなたは仕事に行きなさい」と・・

柴田理恵:
あーあー

相談者:
いう感じでえ・・

柴田理恵:
あの、あなたは、お勤め、を、ずっとなさってるわけですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
はい

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
分かりま、今、もちろんご主人もそうですもんね?

相談者:
そうです。

柴田理恵:
ね?、あー、は、じゃ・・

相談者:
はい

柴田理恵:
なんていうか、えー、共働きで、それで・・

相談者:
はい

柴田理恵:
その、息子さんを育ててらっしゃったってことなんですね?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
あの、お姑さんとは同居なさってたんですか?

相談者:
結婚して1年半ぐらいは、一緒に、同居してまし、たけれども、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
あの、やっぱり喧嘩が絶えなくて、

柴田理恵:
うん

相談者:
で、まあ・・隣りの敷地に、

柴田理恵:
うん

相談者:
離れを建てましてえ、

柴田理恵:
うん

相談者:
そちらの住んでい・・いたっていう形・・

柴田理恵:
あ、じゃ・・隣りの、敷地内なんですね?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
はあ、なるほど。
ん、じゃあ、その、ま、別々に住んでるとは言いながらも、

相談者:
はい

柴田理恵:
その、子育てえ・・に関しても、いろいろと、こう・・

相談者:
はい

柴田理恵:
口を出して来る、お姑さんだったわけですね?

相談者:
はい、そうですう。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
はい

柴田理恵:
で、その、お姑さん、とのことが原因で、

相談者:
はい

柴田理恵:
ご主人ともこう・・

相談者:
はい

柴田理恵:
あまりうまく行かなくなった・・

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
その・・具体的にその・・お、口出し・・して・・た、内容とか、子育ての内容・・ていうのは・・どういったような感じだったんですか?

相談者:
あの、出産し・・してからですね?

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
あの、い、「育児ノイローゼになっちゃダメだから」あ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あの「わたしに任せなさい」と。

柴田理恵:
あーあ

相談者:
いうふうで、ま・・取り上げられた感が、すごいあってえ・・

柴田理恵:
あ、取り上げ、じゃ・・あれですか?・・要するにお祖母ちゃんが・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
育てたみたいな感じってあるんですか?

相談者:
そうですね、半日は、預けてえ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、半日はわたしが看るっていう形い・・

柴田理恵:
うん、それ、でもお仕事してたら、かえって助かったんじゃないんですか?

相談者:
助かっ、たのは助かったんですけれどもお、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
言い方あ・・だと(含み笑い)・・

柴田理恵:
うん

相談者:
思うんですけども、

柴田理恵:
うん

相談者:
やっぱ・・その辺で・・すれ違っちゃったりとかあ、

柴田理恵:
あーあ

相談者:
はあいい
まあ、こ、とば(言葉)足らずっていうかあ・・そんな感じでえ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
はい

柴田理恵:
んで・・ま、それは、お子さんが小さいときですよね?

相談者:
はい

柴田理恵:
ね?、ある程度こう、中学校、高校になれば・・その、お祖母ちゃんの手も離れたりするんじゃないんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
離あ、れ、たりするけど、やっぱり、何かあるごとにい、わたしに・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、元主人に対して、

柴田理恵:
はい

相談者:
言って、わたしに・・言って来るっていう形でえ(含み笑い)。

柴田理恵:
んはい、うん、どんなこと?

相談者:
で・・夫・・取られたみたいな感じで、え・・

柴田理恵:
あーあ

相談者:
うん、あの、お祖父ちゃんが途中で、亡くなられたもんですから、

柴田理恵:
あはい

柴田理恵:
うちの主人が、う・・ま、夫みたいな感じになっちゃって・・

柴田理恵:
うん。あの・・

相談者:
うん

柴田理恵:
あれですか?
一人息子さんですか?

相談者:
そうです。はい

柴田理恵:
じゃあ、もう、自分の大事な大事な息子を・・

相談者:
はい

柴田理恵:
嫁に取られたみたいな気持ちになって、

相談者:
はい

柴田理恵:
それでこう・・いろいろ口出して来たわけですね?

相談者:
はい・・

柴田理恵:
うん

相談者:
そうです。

柴田理恵:
それでまあ・・そのことが原因で・・離婚したわけですよね?旦那さんも・・

相談者:
はい

柴田理恵:
普通、だったらね?こ、旦那さんが・・

相談者:
はい・・はい

柴田理恵:
間入って「お母さんそういうこと言っちゃいけない」とかね?

相談者:
はい

柴田理恵:
あー「お母さんも寂しいんだから我慢してくれよ」みたいな、とりなすじゃないですか?、間を。

相談者:
はい、はい

柴田理恵:
それは、旦那さんはしてくれなかったんですか?

相談者:
・・は、ほとんどなかったあ、です。

柴田理恵:
あー

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃもう・・お母さんの言いなりみたいな感じだったんですか?

相談者:
そうですね、はい

柴田理恵:
うん、ふん、ふん、ふん、ふん

相談者:
はい

柴田理恵:
うん。まあ、そういう、ふうにして離婚なさったのに・・

相談者:
はい

柴田理恵:
なんで・・その、まだ1年半・・しか経ってないのに・・

相談者:
はい

柴田理恵:
なんで復縁を・・言って来られたんでしょうかね?

相談者:
ま・・うちの、息子、があ・・

柴田理恵:
はい

相談者:
遠くから帰って来るう・・ときには、

柴田理恵:
うん

相談者:
会うようにな・・ってえ、いたんですよね。

柴田理恵:
そ・・

相談者:
一緒に・・一緒に、会う、会って・・

柴田理恵:
その・・

相談者:
食事したりとか、

柴田理恵:
あ、親子3人でね?

相談者:
ええ、そうです。

柴田理恵:
あーあー

相談者:
出掛けたりし、てて、

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、1人は寂しいねと・・

柴田理恵:
ああ、はあ、あ

相談者:
いうふうになってえ、

柴田理恵:
ふうん

相談者:
向こうが、ま、「寂しいね」と電話で言って来て、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしの誕生日の日に・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、「どっか、行かないか」と・・

柴田理恵:
うん

相談者:
いうふうに言って来たりとか・・

柴田理恵:
うん

相談者:
して、

柴田理恵:
うん

相談者:
「なんで誘うの?」という話になってからあ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「1人でいたら寂しいんで」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
うん・・「良かったら」あ、まあ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「もう1回」?「やり直さないか」みたいな・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
そういうふうになったんですけれども・・

柴田理恵:
うーん、ふん、うん、うん

相談者:
はい

柴田理恵:
あなたはどんな気持ちなんですか?

相談者:
・・わたしは・・お姑さんのことがなかったりとかあ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
したら・・全然・・一緒にい、いる、老後過ごしてもいいかなと思うけども・・

柴田理恵:
あー・・お姑さんは85。まだ元気ですか?

相談者:
元気です。

柴田理恵:
元気?

相談者:
はい

柴田理恵:
んん、じゃあ、まだまだかもしれないですよ?

相談者:
まだまだです・・はい

柴田理恵:
フフフ(笑)

相談者:
ハハハ(苦笑)はい

柴田理恵:
でも、あなたの気持ちはなんか・・

相談者:
はい

柴田理恵:
・・もう1回という気持ちも・・あるわけですか?

相談者:
あります。はい

柴田理恵:
あー、そうですか。

相談者:
はい
・・えっとですね・・

柴田理恵:
うん・・はい

相談者:
あとですね・・

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、一緒に、やるんであれば・・

柴田理恵:
うん

相談者:
・・ま、条件ん・・を、出して来たんですけれどもお、

柴田理恵:
ん、え?どちらが?、うん

相談者:
わ、わたしい、にですね。

柴田理恵:
あ、は、は、は、あ、はい

相談者:
うん、わたし、タバコ吸うんで、

柴田理恵:
はい

相談者:
タバコをやめること?

柴田理恵:
あ、は、は、は

相談者:
で、「自分に条件が」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「あれば」、

柴田理恵:
うん

相談者:
「言ってくれ」と。

柴田理恵:
あーあー

相談者:
いうふうで、

柴田理恵:
うん

相談者:
言っては来てるんですけども、

柴田理恵:
うん

相談者:
「でも介護になったら」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「俺はできないから」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「やってほしい」っていうような・・

柴田理恵:
うーん、「やってほしい」?

相談者:
はい

柴田理恵:
ううーん

相談者:
「僕は仕事があるから」っていう&#

柴田理恵:
うーん

相談者:
ちょっと虫が良すぎるんじゃないかな(含み笑い)とか・・

柴田理恵:
あーあー

相談者:
いろいろは考えちゃったんですけれども。

柴田理恵:
そ、ですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
うーん

相談者:
うーん・・その辺は言って来たのでちょっと・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ん、どうしたら、いいのかなと、思ったですけども・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
はい

柴田理恵:
で、じゃ、迷ってらっしゃるんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
ふうーん、じゃあ・・

相談者:
はい

柴田理恵:
ちょっと回答者の先生に聞いてみましょうか?

相談者:
はい

柴田理恵:
ね?

相談者:
お願いいたします。

柴田理恵:
はい。今日の回答者の先生は、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生です。
先生お願いします。

(回答者に交代)

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい、よろしくお願いいたします。

相談者:
お願いいたしますう。

マドモアゼル愛:
はい
ちゃんとゆっくり、考える、でも、チャンスにはなってるよね?今ね?

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
(咳払い)うん。お互いに別れてるんだから。

相談者:
あー、はい

マドモアゼル愛:
ね?、だから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
最初結婚したときよりも、もっと、さらに・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
今度は、ま、どういう結論ね?出るに・・せよね?、ちゃんと、納得行く、形で、未来を選択できる、チャンスはあるなと・・

相談者:
あー、はい

マドモアゼル愛:
いう気がします。
いつまでに決めなくちゃいけないとか、そういう問題でも・・

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
ないわけ、じゃないですか?

相談者:
あー、はい

マドモアゼル愛:
ね?、それから・・お姑さんとあなたはもう、一切話す必要はないわけだから、

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
あくまでもお姑さんと・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、旦那様の関係と、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
具体的な生活のことについては、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
2人でまとめてもらうしかないよね?

相談者:
あー、はい

マドモアゼル愛:
うん。そいで・・2人は、再婚したとしたら、どういう、形にするのかと・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いう、ま・・向こうは今、む、あなたの、条件を待ってるわけだから。

相談者:
あー、はい

マドモアゼル愛:
タバコをやめろっていうのは相当嫌だったのかな?

相談者:
嫌だったみたいですね。

マドモアゼル愛:
あーあ、ま、でもそこら辺は本音で・・

相談者:
そ・・

マドモアゼル愛:
この、1年半の空間が・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
本音の話し合いができるところにまで育っているよね?2人共ね?

相談者:
あー・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だ、そん中で・・ハッキリ・・えー、結論、ちゃんと、後悔しない結論出すことできるんじゃないかなっていう期待が僕なんか・・

相談者:
あーあ

マドモアゼル愛:
話を聞いてて・・

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
感じます、まず。

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
なるほど・・

マドモアゼル愛:
はい、だから一時(いっとき)の感情で動かないほうが、もちろん、いいですよね?

相談者:
あー、そうですね。

マドモアゼル愛:
はい。それからあと・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
二十歳の、お子さんもたまに帰って来るとはいうものの・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま、もう、よく分かってる、ことだから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
今度帰って来たときはどこで、暮らすんですか?・・息子さんは。

相談者:
あー、ん

マドモアゼル愛:
それもハッキリしてないよね?

相談者:
そうです。はい

マドモアゼル愛:
となると、これも息子さんとも・・話さなくちゃいけないでしょ?

相談者:
あーあ、そうですね。

マドモアゼル愛:
うん、それでね、ちょっと聞き忘れたんだけども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
離婚は、どちらが、言い出して、どう・・結論、づいたのかしら?

相談者:
・・わたしい、があ・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
離婚申し、出て、

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
あの、調停で別れました。

マドモアゼル愛:
あー、なるほどね。
そしたらあ、やっぱりそこの・・あの、お祖母ちゃんの問題が一番の・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ことだったので、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
新婚当初から、折り合いが悪かったわけだもんね?だって。

相談者:
そうです。はい

マドモアゼル愛:
うん、だからわたしは、お祖母ちゃんとは、悪いけれどもお・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その、どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、とにかくやって行けないんだということでいいと思うんですよ。

相談者:
ああー、はい、はい

マドモアゼル愛:
だから介護も・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
大変申し訳ないけれども・・

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
これできないよね?、やっぱり嫁の勤めって言われたって、もう、今は。

相談者:
そうで、そうです。

マドモアゼル愛:
したくないわけでしょ?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?、その、どれが理想とかなんとかじゃなくても、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
正直じゃないと、話って・・こじれる一方なんですよね。

相談者:
あー、はい

マドモアゼル愛:
だから、うん、あなたはしたくないと、で、いいと思うんですよ、それはそいで。

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
そいで、ただお祖母ちゃんに対する、あのお、責任っていうのは、旦那さんにも、旦那さんはあるわけだし。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
また旦那さんと、もし、復縁したら・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、嫁としても、一応、家族なんだから、責任はあるけれども一緒、えー、一緒にはやりたくないっていうこと、で、ふ、復縁するわけだから。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
どっかの介護施設に入れるとか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
夫に、面倒看てもらうとかっていう、ことの確約を取ればいいわけでしょ?まず。

相談者:
ああー、そうですよね。

マドモアゼル愛:
うん、うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あと、ほかに条件ってあるのかな?

相談者:
本当は、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
その、お家に・・帰るんじゃなくてえ、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
他所のお、えーと、アパートなり、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
なんなり・・

マドモアゼル愛:
はい、はい、分かります。

相談者:
借りてえ・・

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
2人で住みたいですけども・・

マドモアゼル愛:
はい、はい、分かりました。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
この本当は・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ていうところが大事なのよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
本当はじゃないとこれから、話、えー、あ、あの・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
拗れて来ちゃうと思うのね?

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
だからそれでなければ嫌だってことが、にすればいいんですよ。

相談者:
あーあー

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
分かりました。

マドモアゼル愛:
そうすると、85歳、の、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お祖母ちゃん・・(苦笑)ちょっと気の毒な気もするけども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でも、憎い嫁と一緒にいても気の毒なんでね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
どっち、お祖母ちゃんとしてもね?、やっぱりね。

相談者:
そうです。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで、85歳だから、今、だから・・もう・・ま、一人暮らしを選択するか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、その場合は近くになるよね?どうしてもね?それはね。

相談者:
そうです。

マドモアゼル愛:
それから・・

相談者:
わたしは・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それは、あと、施設に入るか、の・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
選択を・・お、旦那さんとお祖母ちゃんの間で、決めてもらうと。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そうすっと、お姑さんは、「そんな、復縁するんじゃない」っていうことを・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
言い出すよね?きっとね?

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
ま、それも、こっちは関係ないよね?だって夫から・・も、「もう一回復縁したい」って言い出したわけだから。

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
ね?、それで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
妻のほうから別れたいって言って来て、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、別れたんだし。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
向こうから、「復縁したい」と言ってんだから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたは・・心理的に強い立場にあるはずなんですよ、今。

相談者:
あー、はい

マドモアゼル愛:
ね?だからここは、えー、優しく・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
温かに、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
愛情を持って・・ハッキリとしたことを言ったほうがいいと思う。

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
あ、分かりましたあ。

マドモアゼル愛:
ね?、ま、一応、常識的なことしか言えな、い、かったと思いますけども。

相談者:
あ、いえいえいえいえ

マドモアゼル愛:
はい、えー、柴田さん・・

相談者:
ありがとうございます。

マドモアゼル愛:
いえ、とんでもない、柴田先生にもう1回、聞いてみましょうね?はい

相談者:
はい、ありがとうございます。

(再びパーソナリティ)

柴田理恵:
あたし思うんですけど、

相談者:
はい

柴田理恵:
結婚・・ていうのを、

相談者:
はい

柴田理恵:
もう、復縁っていうことを・・

相談者:
はい

柴田理恵:
しなくても・・

相談者:
はい

柴田理恵:
結構、たまにデートしたらどうですか?

相談者:
あー、なるほど。

柴田理恵:
元旦那さんだって・・1人で夕飯食べんの嫌なんだし、

相談者:
はい

柴田理恵:
で・・あなたも1人で夕飯食べるよりは2人で食べたほうがいいわけだから、

相談者:
あ、はい

柴田理恵:
じゃあ、「ご飯食べに行きましょうよ」とか。

相談者:
はい

柴田理恵:
2人がそういう思いがあるんだったら、「やっぱ」・・

相談者:
はい

柴田理恵:
「いて、楽しいよね」って・・

相談者:
はい

柴田理恵:
いう、その、今、本音で話できる・・

相談者:
はい

柴田理恵:
生活が・・側にあるわけじゃなくって、

相談者:
はい

柴田理恵:
ホントに2人で話できる状況・・を・・積み重ね・・ってったら・・

相談者:
はい

柴田理恵:
自然に答えが出て来るんじゃないんですかね?

相談者:
あー、なるほど。

柴田理恵:
うん

相談者:
はい

柴田理恵:
はい

相談者:
ありがとうございますう。

柴田理恵:
やっぱり・・1人より2人がいいですよ?、フフフ(笑)

相談者:
そう・・そうですよねえ・・

柴田理恵:
ねえ

相談者:
やっぱりい・・

柴田理恵:
そうですよね。

相談者:
はあい

柴田理恵:
うーん

相談者:
分かりました。

柴田理恵:
はあい

相談者:
ありがとうございましたあ。

柴田理恵:
はあい、失礼しまあす。

相談者:
はい、失礼いたしますう。

柴田理恵:
はあい




「離婚の元凶は分かってる?復縁を誘いながらハードル高い条件を出す姑抱えた元夫」への15件のフィードバック

  1. 元ご主人は、はっきりと介護をお願いしたいと言っています。
    それなのに、一緒に食事する相手が欲しいから、寂しいからと再婚しようと迷うのは、どうでしょう。
    たとえ、介護はしないと約束しても、ご主人が一人で負担を負うのを見ていられるでしょうか。
    再婚後のトラブルが安易に想像できるのは、私だけでしょうか。

  2. 復縁なんてやめちまいな。
    デートなんてのもおかしいやろう。
    ばぁばぁの介護だけが目的やから。
    元旦那に女がいたらどうする?
    ばぁばぁが死んだとたん、今度は旦那の方から離婚言い渡されるから。
    離婚言い出された女に恨みあっても未練はないから。
    なに復縁求められてデレデレしてモテ女になってるのか、嬉しそうに話す声が気持ちわる。

  3. 男は家族の温もりをエサにして、女を奴隷にしようとしている。
    男は55歳でもうすぐ還暦だけど、女は46歳もう一踏ん張りできるギリギリの年齢。

  4. 姑の介護要員が必要なだけじゃないですかねぇ?

    復縁なんてNOだと思ひます。

  5. たった1年半で復縁を考える位なら何故に離婚したんでしょう?
    夫も復縁にあたりの条件が離婚理由でもある姑の介護丸投げってどんな神経なんですか?で、それなのに相談者も迷う理由がわかりません。

  6. 元旦那さん、甘え上手ですね。ちょっとずるいくらいに。「寂しいね」なんてくすぐる言葉かけてきて、しかも誕生日に誘ってきて嬉しい気持ちにさせながら、でも結局は介護要員がほしいと。

    介護も、「俺はできないから」っていう割り切り方、というかアッサリ人任せ感にびっくり。

    相談者さん、うまく乗せられてる気がします。
    嬉しくなっちゃうのもわかるし、人それぞれですからそれでも幸せならいいですけど…大変そうです…。

  7. この夫、家事・身の回りのことが全くできない。

    離婚後は 80代とはいえバリバリ元気な母親が 何でもかんでもやってくれていた。
    母はほくそ笑む。憎い嫁は追い出したし、一人息子と水入らず。

    ところが元気な老人にも限界があり、衰えが加速しておそいかかってくる。いつまでも元気で家事をやってくれるはずの母親が、この頃 何だかおかしい。物忘れもはげしくなり、歩くのもおぼつかず 病院通いも始まった・・・
    このままだとボクちゃんの生活はど~なるの?!
    付き合ってる女が、介護などするはずないしナ・・。100%無いナ・・。

    やっぱ、頼むならあの元嫁しかないか~

  8. よく言われるでしょうが、こんな男のどこが良くて結婚…ってやつですね。
    百歩譲って(私なら一度別れたら復縁はないが)、復縁するなら、母は施設に入れたから
    、今後一切関わらなくていいから、復縁してくれ!って言われたら考えるくらい。

    最初から、介護要員って言ってますよね、この元夫。
    必要とされてる…とか思ってるんでしょうか、幻想ですよー。元夫は、愛されてるのを利用しようとしてるだけです。
    自尊心を持ってー!そんなに自分を安売りしない!!

    それとも、離婚して!って試しに相談者が言ったら、離婚になっちゃったとかなんですかね。それで未練があるとか??

  9. 他の方の言う通りに介護要員が欲しいだけだよね、この元旦那。相談者がそれを薄々分かっていて、それでも奴隷に戻りたいのなら、お好きなように。所詮は破れ鍋綴じ蓋夫婦だった、ってことで。
    小倉優子旦那の劣化版という感じの元旦那。女の弱みに付け入り、条件でがんじがらめにする。小倉優子旦那は好条件の中に落とし穴を含ませる程に狡猾だけど、元旦那は復縁する前に早々に手の内明かしているだけ、相談者には幸運のはず。それでも相談者が揺らいでいる始末。ある意味お似合いなんかね。
    モラハラ旦那は(元)妻の幸せを8割掛で願う。離婚されたモラ男が復縁願うのは、元妻が自分よりもスペック高い男と再婚するのを阻止したいだけ。モラ男はたとえ離婚されてもなお元妻を財布と家事と介護要員として見なしつつ元妻が独身のままかを気にする、そんなしょーもない存在。

  10. 親離れ出来ない元夫ですね。
    復縁はやめた方がいいと思います。

    しかし、相談者さんも煙草はやめた方がいいです。
    声を聞いて喫煙者だってすぐにわかりました。
    それほど煙草で喉がやられているんですね。
    癌になって一人で苦しむことになりかねないので、自分が大事だと思うなら即刻禁煙することをおすすめします。
    そういう意味で、禁煙に関しては元夫の言う事を聞いた方がいいですね。

  11. 相談者さん実は戻る気なんてさらさらなくて「元旦那がこんなこと言ってくるんですよ~何を今さら、フフ…ちゃんちゃらおかしいでしょう?」てな具合で全国ネットで内輪話してる状態かも。「戻ろっかなー、どうしよっかなー?」とかいって、美味しいとこだけこのままかっさらって時間稼ぎして姑が亡くなった後が見ものですね。という展開かも。相談者さんも悪女(わる)よのう…

  12. 喫煙女性の相談者さん、お姑さんは最初から嫌だったのだと思う。お姑さんだって離縁した相談者さんに自身の介護をお願いしたいとは思わないと思います。早々に再婚せず、付き合っていったらいいのかも❗最初から合わない嫁と姑だもの。お互いに優しさや寛容さがあったら介護もうまくいくけどこのケースは無理。

  13. なんだかんだで、この元旦那がフニャフニャしてて筋も通ってなくてタチ悪いよね。
    元嫁より姑をとったんだから元嫁からどう扱われようがどう思われようがトーゼンの報い。姑は最初から全くの他人。
    すりよって来ないで!
    他あたって!

  14. そもそも復縁を申し出てる方が、条件を出してくることに違和感感じました。
    「たばこ辞めて」「姑の介護して」「夫の世話」なんて、何のメリットがある???
     絶対、復縁(入籍)しないほうがいい!
    利用されるだけ。
    実際に放送聞いてたけど、相談者のなんだか煮え切らない話し方、曖昧な相づち、返事に、もっとしっかりして!と思いました。
    相談するもしないもない、相談内容だと思いました。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。