入試避けて併設大学。息子の決断は私の過保護のせい「あなた可愛い声して暴力的」


テレフォン人生相談 2020年3月16日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女50歳 夫51歳外国人 娘20歳 息子18歳(高3)

今日の一言: 自分の人生を活性化する最も安易な方法は、他人を巻き込むことです。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、こんにちは、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい。最初に年齢教えてください。

相談者:
えっと50です。

加藤諦三:
50歳。結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えーご主人何歳ですか?

相談者:
51です。

加藤諦三:
ご、お子さんは?

相談者:
上が、えっと娘で二十歳。

加藤諦三:
はい

相談者:
下が18の男の子です。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでどんな相談ですか?

相談者:
えっと、下の子、今、高校、3年生の、息子の子育てで、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの割と不安が強くて、

加藤諦三:
うん

相談者:
こ、心配性お、のため、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、息子を過保護に育ててしまったっていう自覚、と反省が・・を、いつも持っています。

加藤諦三:
うん

相談者:
それで最近も、あの・・えっと息子の、成長とか向上心を、わたしい、が心配しすぎて、疎外してしまったんじゃないかっていう、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、不安になる出来事がありまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
自己嫌悪に陥ってしまいました。

加藤諦三:
うん

相談者:
今後、もう、あのお、大きくなったので、

加藤諦三:
うん

相談者:
息子が、ちゃんと自立した大人に?なるために・・

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、母親として、こう、どう気をつけて行ったら良いかっていう、点もアドバイスいただければと・・

加藤諦三:
はい

相談者:
思ってます。はい

加藤諦三:
あの、先ほどその、「不安な出来事があって」っていうのは、どういうことですか?

相談者:
あ・・えっとですね、具体的に言いますと、え、高校は、あの、上に、大学もある高校に通っておりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
進路をどうするかって言ったときにですね・・

加藤諦三:
ん、はい

相談者:
えーと、ま、そのまま上の大学に、行くか?

加藤諦三:
はい

相談者:
他の、大学を受験するかっていう・・ま、そういう選択肢があるんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
高3になる前ぐらいに、上に上がるう、のには、ま、推薦では行けそうなんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、ちょっと、もうちょっとレベルの?高いところに、ま大学も、受けてみたいな話があったんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、本当に、大丈夫なのか?(含み笑い)、みたいな感じで、こう、確認、してしまったんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、ただわたしも素人ですから、じゃちょっと、あの「塾にも相談に行ってみよう」っていうことで、2人で、行ったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、先生に、「大丈夫ですかね?」みたいな感じで、こう、やっぱ不安を口にしちゃったんですね・・

加藤諦三:
うん

相談者:
塾の・・

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
ところでも。
で、そ、この先生も割とその、厳し目の先生だったので、

加藤諦三:
うん

相談者:
受験はやっぱり気持ちが、一番だから、強い気持ちを・・持っていないと、

加藤諦三:
うん

相談者:
こ、上手く行かないし、

加藤諦三:
うん

相談者:
最悪、結局・どこにも受からなくて(含み笑い)浪人しちゃうとか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、ま、今の、付属の大学よりもレベルが下がるとかっていうことも、覚悟しながら、やらなきゃいけないって、そういう、ま、あの、現実的な話を、されて来て、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、そのあとなんか(含み笑い)、息子のほうから2日ぐらい、して・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、「お母さん」・・「も、決めたから」って言うんですよ。
もう、えっと、一応その、ほかの大学、行くう、のに、ま、推薦っていう・・制度もあるんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、その「推薦が、ダメだったら、一般受験はしないで」、えっと「併設の大学」?・・

加藤諦三:
うん

相談者:
「のほうに、行くよ」みたいな、「もう決めたから」とか言うんですね(苦笑)。

加藤諦三:
うん

相談者:
え?っと思って、そんな簡単に決めちゃうの?と思って。

加藤諦三:
うん

相談者:
あ、あたしやっちゃったかな?もしかしてと思ったんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
そのお、せっかく、息子がやる気になったのに・・なんか心配しすぎてしまって、
息子のお・・こう・やる気を削いでしまったんじゃないかっていう・・自分を責めるような気持ちがどんどん、どんどん湧いて来てしまって。

加藤諦三:
ふん

相談者:
ま、そのあとも、何回か確認はしたんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
あの「ホントに、いいの?やらないで」って、その、塾に入るんだったら早いほうがいいし。
やるんだったら、「ホントにやる気があるんだったら、応援する」ん・・「よ」っていう話は何回かしたんですけど。

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、なんか、「お母さん」・・「もう言わないでくれる?」ってその・・「苦しめたいの?」みたいなこと言、言われたので、

加藤諦三:
うん

相談者:
これで良かったのかな?っていうのと、あとは、ま、今後どうしてったらいいのかっていう・・

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
はい、いろいろな気持ちが混ざってる感じなんですけど。

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
それでその・・ご主人のほうはどう言ってんの?

相談者:
お、っとはですね・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、外国の人なんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
え、それで、えーと、やっぱり日本の受験制度とかを全然分からないので、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたし、が結局、全部・・

加藤諦三:
うん

相談者:
考えて、

加藤諦三:
うん

相談者:
やってるって感じなので、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、ま、一応は説明はするんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
積極的なアドバイスっていうのはないんですよ。

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

加藤諦三:
・・あなた今・・夫との関係は、上手く行ってんの?

相談者:
・・えーと、喧嘩はしてない、です。
喧嘩をした時期も・・えーと、かなりありましたけれども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ま、どっちかっていうと、最近は、あの、諦めの境地から(含み笑い)っていう・・

加藤諦三:
あ、諦めのほうね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
はい、はい
「このまま上の、学校に、行く」と。

相談者:
はい

加藤諦三:
このお子さんは「決めた」というふうに言ってる。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけどそれに対して・・「そんな簡単に決めちゃうのか」と。

相談者:
はい

加藤諦三:
もう、あなたの人生、今、子供になっちゃってるわけですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・だからあなた・・子供のことで相談し・・て電話くださったんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
今、自分の人生どうしていいか分かんないんじゃないの?

相談者:
・・そうですね、あのお、実はわたしが、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、ずっと仕事はしてたんですけれども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ちょっとこう、5、6年前にその・・体を、壊しちゃいまして、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの、あまり仕事お、も、できなく、

加藤諦三:
うん

相談者:
こう、あ、自分の・・こうなんていうんでしょうね?やりたいことができなくなっちゃったっていうのも(含み笑い)あるんですよね。

加藤諦三:
あーあ、うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の仕事ができなくなったという、自分が今、絶望・・夫への諦め、

相談者:
はい

加藤諦三:
その自分の人生への問題を全部い・・18歳の息子にドッカァと乗っけたんだよね。

相談者:
ああ・・そうですね。

加藤諦三:
本当の問題は・・自分の好きだった仕事ができなくなってること。

相談者:
はい

加藤諦三:
夫に対する諦め。
この自分の人生に対する諦め。

相談者:
はい

加藤諦三:
これをどうしますか?っていうのが今日の相談じゃないの?

相談者:
・・そうだと思います。

加藤諦三:
いや、「そうだと思います」って言ってくれたら、もう、ほん・・とにもう・・素晴らしい先生が回答いただいてきます。
今日はあの、こ、スタジオに心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「入試避けて併設大学。息子の決断は私の過保護のせい「あなた可愛い声して暴力的」」への2件のフィードバック

  1. 18歳の男性の人生をコントロールしようとすることが間違い。たとえ彼が成功、失敗したとしても此方は見届けることしか出来ない。

  2. 自分のこうでありたい、こうでなきゃのイメージを介してしか、子どもをみてない。ひとり目は勢いと、娘の器量さで表面上はうまくいったかもしれない。いつも子どもは母が幸せになるようにしか動かないね。泣けてくるわ
    頼むから長男の進路、人生を頭から追い出せる何かをみつけて欲しいです。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。