販売に就く新卒女子の不安。コミュ障のきっかけは遊びで靴を隠してイジメ認定


テレフォン人生相談 2020年3月23日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 女23歳独身 一人暮らし

今日の一言: わたし達のすべての体験は対人関係の枠組みの中での体験です。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
・・

加藤諦三:
ん?、もしもし?

相談者:
よ、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください。

相談者:
23歳

加藤諦三:
23歳、はい
えー、で、まだ、独身ですか?

相談者:
はい・・独身です。

加藤諦三:
ご両親と一緒に暮らしてんの?

相談者:
あ、1人で、暮らしています。

加藤諦三:
え、1人です、はい。1人で働いてるんですか?

相談者:
大学を卒業して、4月から、社会人として働&#△%

加藤諦三:
これ、&#△%・・はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでどんな相談ですか?

相談者:
あの、これから・・社会人として、

加藤諦三:
うん

相談者:
働くのですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
と、わたしは、話すのが、苦手で。

加藤諦三:
うん

相談者:
今まで孤立、をしたり・・あの・・人間関係がうまく行かなかったんで

加藤諦三:
うん

相談者:
これから、が、不安で、ちょっとアドバイスをいただけたらと・・

加藤諦三:
うん

相談者:
思いまして。

加藤諦三:
「話が苦手」と・・あの、言いましたよね?で、「孤立してる」って言いましたけど、孤立って具体的に、あの、学生時代、の話でどんな・・ことですか?

相談者:
と、小学生のときに、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、クラスで友達が、いなかった、ことや・・と、高校でも・・クラスで1人の、ときが・・大学でも・・人と、仲良くなるのが、苦手、でした。

加藤諦三:
と、小学校から大学まで、お友達ができなかったというふうに、解釈していいの?

相談者:
あ、そうです。

加藤諦三:
友達ができなかった?

相談者:
はい

加藤諦三:
話すのが苦手というふうに、感じ出したのはいつ頃からですか?

相談者:
高校を卒業して、からです。

加藤諦三:
で・・大学のときには・・例えば、ゼミなんかで親しい人なんかはできなかった?

相談者:
は(わ)、たまに声を掛けてくれる人は、いたんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか話し掛けていいのだろうか?というような・・

加藤諦三:
うん

相談者:
気持ちになってしま、って・・

加藤諦三:
ん・・

相談者:
ちょっと・・

加藤諦三:
あなたにね?

相談者:
・・

加藤諦三:
自分を、こんな自分・・人に、話し掛けるなんて・・そんな、あの、人間じゃない、自分を、そういうふうに、すごく卑下する・・蔑視する。
その、こんな自分っていう・・ふうに、自分をの、自己イメージを物凄く、こう、わ、悪く、す・・なっていった過程っていうのはどういうことがあるんですか?

相談者:
と、小学生のときに、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと・・学校で問題を起こしてしまっ、まして、
親が呼び出されて、

加藤諦三:
うん

相談者:
そのあと・・家で、とても責められてしまうことがありまして、その、頃から性格がちょっと暗くな・・ったような気がしまして・・

加藤諦三:
うんうんうん
学校で問題を起こしたって、お、親が呼び出されたっていうのは、どういうことですか?

相談者:
と、友達同士で、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、靴を隠す遊びが流行っていたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
・・それを先生が・・いじめだと・・つか、捉えてしまりまして・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
それ、で・・親がちょっと呼び出されてしまって、

加藤諦三:
うん

相談者:
そのことを、な、毎日、「ダメだ」みたいなことを言われ・・

加藤諦三:
あー・・

相談者:
て、ちょっと・・そこから・・

加藤諦三:
うん

相談者:
暗くなってしまい・・

加藤諦三:
ま、悪い・・ことをしてるつもりなかったんだもんね?あなたね?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
だけど・・親が、こう・・そのことであなたのことを散々責めたわけですよね?

相談者:
・・そうです。

加藤諦三:
そうすっと、そのときにあなたはあ・・誰もわたしのことは、分かってくれないんだ。

相談者:
はい

加藤諦三:
その孤独感が・・

相談者:
はい

加藤諦三:
物凄くあなたの心に影響を、したっていうような感じは・・どうですか?

相談者:
・・

加藤諦三:
結局誰も、自分のこと助けてくれないんだと。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
自分は1人なんだと。

相談者:
辛かった、です。

加藤諦三:
辛かったよね、それは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
孤独感ってのは、もう一番辛いもんね。

相談者:
・・

加藤諦三:
ま、本当だったら・・あなたの話を聞いて、
「実は、うちの子、こういうことやったのは、こういう」・・「ことだったんです」と、あなたを守ってくれる側に回ると思ったところが、逆にあなたを責める側に回ったんだよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなたはひとりぼっちと思ったでしょ?

相談者:
・・そうですね。

加藤諦三:
辛かったよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
周りは敵だもんね?

相談者:
はい

加藤諦三:
でも23歳までよく頑張って来たじゃないですか?今まで。

相談者:
・・そうですかね?

加藤諦三:
たまたま靴を隠すということが・・

相談者:
はい

加藤諦三:
こんだけ大きな問題になったというのは・・靴を隠したときの、あなたの人間関係が問題だったんです。

相談者:
・・あ、そうなんですね・・はい

加藤諦三:
靴を隠したときの・・あなたの社会的枠組みが問題だったんです。

相談者:
・・環境お、ですか?

加藤諦三:
うん
靴を隠したときのお母さん、お父さん・・先生。
もしこのお父さんと、このお母さんと、この先生じゃなかったらもっと明るくなってたよね?

相談者:
・・そうですね。

加藤諦三:
それで今日は、これから社会人として働くのにこう・・自信がないということで電話くれたんですけども、

相談者:
はい

加藤諦三:
恐らくあなたにい・・勇気を与えてくれる・・

相談者:
はい

加藤諦三:
シンクロの、銅メダリストで・・

相談者:
はい

加藤諦三:
メンタルトレーナーの、田中ウルヴェ京です。

相談者:
・・はい

(回答者に交代)


「販売に就く新卒女子の不安。コミュ障のきっかけは遊びで靴を隠してイジメ認定」への21件のフィードバック

  1. リアルタイムで聞きました。販売職?何を販売するのかわかりませんがこの相談者さんからは、何も買う気が起きません。こんな話し方でよく就職できたと思います。

          1. ごめんなさい❗
            この人種の意味は皮膚の色ではなく、同じ日本人でも社会的地位、職業、経済状態、性格、考え方などの違いを現したかったんです。分かりにくくてごめんなさいね!

  2. あ〰️あやっちまった!ウルベ。
    相談者さんには もう一度テレ人へ相談し直して来て欲しく思いました!O先生やM先生のアドバイスを受けるべきだと思う。
    私おばちゃんなので今日のウルベのアドバイス全くよくわかりませんでした。最後の加藤先生のお言葉一言でやっと理解できたけど。
    努力されて大学卒業できたんだもの自信持って、三輪明宏さんいわく悩むより考えろ!さらに悩む時間があったら、自分磨き。資格取ったり、お稽古ごとしたり知識を高めて、相談者さんのお仕事にはとにかく笑顔が必要、作り笑いでもいいようですよ。輝いている人には自然に人が寄って来るとのこと。一、二年は辛いかもしれないけど。詳しくは是非とも三輪明宏さんの本をお読みになって欲しく思いました。お薦めします。

  3. そうそう、一生懸命にやってる姿は誰もがエールを贈りたくなるものですよ💕
    大丈夫、世間は暖かいものです。
    お店がわかるなら、行きたいです🎶

    1. 本当にそうですよね!人間てたった一人のお客様からでも何気ない温かいお言葉をかけられただけでも勇気が出たりしますもの。頑張れ!

  4. 私は 若いころから対人恐怖症だったので、なるべく人と関わらない仕事を模索し、一人でできる職種(資格をとった)に就きました。

    緻密で根気のいる仕事だったけど、性に合っていたので成果も上がり、職場で活躍できました。
    それで自信がついたのか、今では対人恐怖症もずいぶん緩和しました。 ・・ 年の功かもしれませんけど。

    適材適所という事もあるので、自分の事をよく知り、自分の得意分野を開拓するのも手かと思います。

  5. 一生懸命な相談者さんから購入したいとも思いますが、そんなお客様ばかりではなく、疲弊してしまうのではないでしょうか。

    就活する前に適性検査などは受けられなかったのかと、放送を聴いていて思いました。

  6. 私が無力感に苛まれていたら、
    行動のコーチングされても理論の説明されても全然救われない。

  7. 相変わらずのウルベ😓
    で、結局相談者さんどうすればいいの?
    って感じ。
    自己満的な回答・・・もう勘弁して下さいよ。
    過去なんか思い出さなくていいよ、誰も今までの貴方は知らないんですから自分がこうありたいって人になっちゃえばいいんですよ。
    今までの自分が嫌なら捨てちゃえ、憧れの人イメージしてその人になっちゃいな。
    応援してるよ。

  8. 私も相談者と同じように友だち作りに悩みながら学生時代を過ごしました…。ウルべ先生からのアドバイスにあった聞く力が上手な人のようになると結局、自分から話をしたい時にいつもの習慣で話せなくなってしまいます。接客はむいていないと思います。いろんなお客さんがいるのでどうかストレスでうつ病などなりませんように…。

  9.  番組は回答者の世代交代を促すべく、メンタル分野において田中ウルヴェ京氏を起用したと思われるが、力量不足の感は否めない。
     他の回答者は、相談者とパーソナリティーとのやり取りの中で、既にある程度その人となりを見極めて、結論に向けた回答を出しているが、田中氏は自分にマイクが来てからも、あれやこれやと質問した挙げ句、結局、道筋を何ら示さないまま終わり、パーソナリティーにマイクを返す。相談者は言うに及ばず、我々リスナーも釈然としないことが多々ある。

  10. ごめんなさい❗
    この人種の意味は皮膚の色ではなく、同じ日本人でも社会的地位、職業、経済状態、性格、考え方などの違いを現したかったんです。分かりにくくてごめんなさいね!

    1. 同じ日本人ですか?買いませんとコメされた方は日本人ではないかも知れないですか?貴方と違う考え方だからと人種差別ともとれるコメントは如何なものかと思いますよ。

    2. 人種の意味、気になったので辞書で調べてみました。そういう意味もあったんですね。勉強になりました!!

  11. 今回のウルベはマトモだと自分は思ったが‥自分だけなのか。相談者は加害者意識を拗らせたんじゃないかな。更に被害者意識もあって、両方でブレている感じでした。ウルベは認知療法を噛み砕いて説明。「ご両親は相談者が嗜虐心理に目覚めないように必死だった」と示し、相談者に「様々な目線で物事を見るように」とコーチングした、と解釈しました。
    売り手市場の現在の就職事情なので、思うところあって販売業を選んだのだから頑張って頂きたい。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。