夫に内緒の年下上司との食事会。2年経ても発展せず2夫婦を破壊する54歳


テレフォン人生相談 2020年3月30日 月曜日

4年前から年下上司と食事する関係。
2年前にその上司がW社内不倫をしていることを知り、奥さんの耳に入れたところ、奥さんに求められるまま情報提供。
その後、その上司夫婦、不倫相手の夫婦ともに離婚。

要らぬ情報を送りつけられて精神的苦痛を与えられたという理由で、上司の奥さんから慰謝料を請求されている。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女56歳 夫55歳 長男35歳と次男33歳は家庭持ち 長女23歳 母76歳との4人暮らし

今日の一言: 自分の人生を生き生きする最も安易な方法は他人の人生を巻き込むことです。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いいたします。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください。

相談者:
56です。

加藤諦三:
56歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
え、ご主人何歳ですか?

相談者:
55歳です。

加藤諦三:
55歳、お子さんは?

相談者:
長男35歳・・

加藤諦三:

相談者:
次男33歳・・

加藤諦三:
はい

相談者:
が、もう、結婚で・・いない・・

加藤諦三:
外に出てる?そうすっと今お2人で暮らしてんですね?

相談者:
あん、一番下に、23歳の娘が、います。

加藤諦三:
あーそうですか。

相談者:
はい・・

加藤諦三:
はい、分かり・・

相談者:
と、あた・・わたしの母親と一緒に暮らしております。

加藤諦三:
あ、じゃ・・お母さん?・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さん何歳ですか?

相談者:
・・と76です。

加藤諦三:
76歳?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりまし、それで、どんな相談ですか?

相談者:
ちょ、男女間のお・・

加藤諦三:
はい

相談者:
トラブル・・から、

加藤諦三:
はい

相談者:
慰謝料を要求されていて、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、それえを、&#△%・・

加藤諦三:
その男女間のトラブルってのは誰が・・あなたがトラブってんの?

相談者:
え、わたし・・はい、わたしが要求されてるんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・うん、誰から・・かっていうと・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、わたし、とその・・交際、交際っていうか・・あの・・食事い、だけなんですけど・・

加藤諦三:
はい

相談者:
食事友達だった、A氏の・・

加藤諦三:
はい

相談者:
元奥さんから?

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
慰謝料を要求されて、いて。

加藤諦三:
はい。そのAさんの奥さんから・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あ、慰謝料を要求されていると。

相談者:
はい

加藤諦三:
どのぐらい要求されてんです?

相談者:
400万です。

加藤諦三:
400万?

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、このAさんとは、の付き合いっていうのはどのぐらい、つ、の長さなんですか?

相談者:
4年前ぐらい、から・・

加藤諦三:
4年前ぐらいから。

相談者:
からあ、ま、2年ぐらいです。

加藤諦三:
2人だけで、食事をするようになったきっかけっていうのはなんですか?

相談者:
職場あ、が、あ、同じだった・・

加藤諦三:
あ・・

相談者:
ていうことと・・

加藤諦三:
職場ですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
食事の趣味があったっていうことで。

加藤諦三:
それでこのAさんというは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
何歳ぐらいの人?

相談者:
40・・2です。

加藤諦三:
42歳

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、食事だけの、は、ことであって・・

相談者:
はい
あの、ほんっとに・・でも、周りはたぶん誤解をしてた・・と思います。
ま、それも・・あの、承知でした。

加藤諦三:
男の女の関係だ、恋愛関係だ#△%・・

相談者:
じゃないか?って噂されたりっていうことも・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
ありました。

加藤諦三:
・・で食事のときの内容・・話の内容ってのはどういう内容なの?

相談者:
・・あ、仕事のこととかあ・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
あの、家族のこととかあ、

加藤諦三:
うーん

相談者:
ま、食べ物の話とか(含み笑い)。

加藤諦三:
よ、要するに・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あれですね?好きの嫌いのといった類の話はまったくないということですね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
それで・・4年間ぐらい、4年ぐらい前ということですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
月に、何回ぐらい会ってたの?

相談者:
1回・・

加藤諦三:
月に1回ぐらい?

相談者:
んー・・

加藤諦三:
まあ、ね・・

相談者:
多くて2回ぐらいですね。はい

加藤諦三:
多いときで2回ぐらいね?

相談者:
はい

加藤諦三:
んー、それであなたのご主人は、これ知ってたわけ?

相談者:
ま、特には言わなかったです。

加藤諦三:
特には・・

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃ、こういうふうに理解すればいいの?実はあ・・食事だけだったけれども・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの気持ちの中ではあ・・このAさんという人があ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
男として好きだったと。

相談者:
そうですね、家庭を、ちゃんと・・あの、してる人という意味で・・そこは、あの、一目置いてました。
なので・・なんか・・どういう・・こういうふうになりたいとか、向こうの家庭え、(含み笑い)を壊したいとか、そういったことはまったくなく、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま・・ちょっと不思議・・な感じかもしれないですけどお・・ま、そんな感じで・・

加藤諦三:
うん、で、今日の相談というのはあ・・

相談者:
はい・・その間に・・この、A氏が・・

加藤諦三:
うん

相談者:
実の不倫をしているということ・・が、

加藤諦三:
うん

相談者:
あって。

加藤諦三:
うん

相談者:
B子と不倫・・ま、ダブル不倫&#、B子と不倫をしているっていうことを・・

加藤諦三:
うん

相談者:
が・・ありまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、そのことをわたしも知ってたんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、食事友達の間、から知ってたんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
あることがあって、ちょっとわたし、のその・・腹の立つことがちょっとありまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
そのことを・・A氏の奥さんに・・

加藤諦三:
うん

相談者:
密告したんです。

加藤諦三:
・・うん

相談者:
わたしが。

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、B子と。

加藤諦三:
うん

相談者:
そういう関係にある、ゆ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あるっていうこと、

加藤諦三:
うん

相談者:
密告したんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
で・・A子さんは・・

加藤諦三:
うん

相談者:
その情報を・・どんどん知りたがって、

加藤諦三:
うん

相談者:
えー、「どういうことかもっと詳しく教えてくれ」とか・・
この「B子の旦那のことは」・・「詳しく知らないか?」とか。

加藤諦三:
うん

相談者:
あれやらこれやらいろいろ聞いて来て、
わたしは「分かることは、お伝えします」という形で・・伝えたんです。

加藤諦三:
うんん

相談者:
結局・・この・・Aさんと・・A子さんの夫婦は・・

加藤諦三:
うん

相談者:
最、近になって、離婚、したんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
それを、今になって、この、A、子、さんと・・不倫相手のB子?・・

加藤諦三:
うん

相談者:
が・・一緒になって・・わたしい、のせいで・・そういうふうになったっていうことを・・あのお・・

加藤諦三:
「わたしのせいでそういうことになった」、「そう」っていうのはどういうことですか?

相談者:
お、お互いの家庭が壊れた、離婚、することになった。

加藤諦三:
・・うん

相談者:
その不倫相手の、B子・・

加藤諦三:
うん

相談者:
も・・結局う・・ま、旦那さんとは離婚して、

加藤諦三:
うん

相談者:
お互いの家庭が、破綻したのは、わたしが・・その、要らん情報をどんどん送りつけて来て、
なんか・・こっちが精神的に、追い詰められて、

加藤諦三:
うん

相談者:
離婚することに至って・・

加藤諦三:
うん

相談者:
結局はそれは全部・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、わたしが・・情報を・・どんどん送りつけて来て、苦しめたからだっていう、ことで、

加藤諦三:
はい・・はい

相談者:
慰謝料を、

加藤諦三:
はい

相談者:
訴えられました。

加藤諦三:
要するに今日のあなたの相談というのは、わたしはこれ払う必要ないですよね?という、そういう相談ですか?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい。今日はあの、スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
よろしくお願いします。

(回答者に交代)


「夫に内緒の年下上司との食事会。2年経ても発展せず2夫婦を破壊する54歳」への15件のフィードバック

  1. リアルタイムで聞いていました。自信満々な嫌な女でした、年齢的にすごく大きな子どもがいて、上2人の子どもは、すでに結婚している。(もしかして、孫がいてるかも?)
    そんな歳なのに、周りからは、あやしまれるような関係の人と食事をして、いらんことをして、恨まれて、慰謝料を請求されていた。自分本位で、いかに自分が恵まれているか思ったこともないのかも?先週の小さいお子さんを抱え、実家の通われてる方に比べて、しあわせな方です。それにしても、相手の奥さんに、(別の人と不倫してるよ)なんて、良く連絡するなぁ。呆れました。

    1. 余計なおせっかいにより相談者が壊してしまった2つのご家族。お子様はいらっしゃったのだろうか。もし、いたとしたら、慰謝料どうのではなく、相談者は罪の意識を深く持たなければならないと思った。法を犯さずとも極悪人という者は存在する。例えばこの相談者がそうである。

  2. 間違いなく嫉妬心からですよね、連絡したのは。何が「家族を大切に・・」だよ。本当にそうなら、そんな定期的に食事だなんて紛らわしいことしないでしょうに。噂になるならやめましょうとなりそうなのに、相手には思わせぶりな態度で気を持たせといて、、やれやれ。30代で痛い目みて50代で「若気の至りだなぁ」ならわかる。400万払わないで済むようにがんばってください。

  3. まわりから、誤解されていたとわかっていたのに、食事をする意味がわかりません。食事の趣味が合う?なんですか?それ。
    みなさんが言われているように、嫉妬心から奥さんに連絡したのですね。もっともらしいことを言ってるけど、好きだったんですね。400万は無理だと思うけど、せいぜい、相手の方がんばってください。

  4. 義憤を燃料にして正義のエンジンを暴走させたら2つの家庭が木っ端微塵になりました。
    相談者のような人は恐ろしいですね。

  5. なんだろうこの違和感…。自分にかなり嘘をついてる。言ってることとやってることがかけ離れてますよね。
    家庭がありながら食事に誘ってくる男性を、「家庭を大切にしてるから人として好き」すごい矛盾。
    いやいや、異性として好きで、だから嫉妬したんでしょ?
    この期に及んで自分のプライドを必死で守ろうとしていて、正直じゃないところがダダ漏れで、聞いていて嫌でした。
    自信満々のようで、自信ないんでしょうね、本当は。こじらせてる。

    あくまでこの相談者に関してはですがわりと若くして結婚して母親になっているので、語弊があるかもしれませんがこの方の場合は遊んで来なかったのかな?モテる私を初めて味わってるというか、夫には内緒で…とか、同僚には付き合ってると思われててフフとか、若いコの恋愛話みたいであまりに子どもっぽい。若気の至りとかドキドキを今頃になってやっとかみしめてるような。

    男性さぞかし魅力的なんでしょうね~
    はたから見れば、都合よく遊ばれてますよ、見る目ないですね、おめでたいですね、といった感じか。
    しかしあちらの女性同士も、結託して言ってきたなんて、まともな登場人物は一人もいないのか。

    坂井先生も的確にほどよくお灸を据えてましたね。

  6. 私もリアルタイムで聴いていましたが、とにかく腹が立って腹が立ってしょうがなかったです。
    用はA氏と付き合いたかったのは自分で、若いB子と不倫していたのが面白くなかった。そもそも結婚しているA子に対しても(自分はこのように食事を楽しむ仲なのよ。うふふ)とか思っていたのかもしれないと思いました。
    とにかく(自分、正しい)と言う話し方が生理的に無理。
    女帝にガツンと説教されたら良かったのに。

  7. 自分の旦那に離婚されないように、明日は我が身です。ある程度納得する金を払わないなら、二つの離婚した夫婦があなた方夫婦に仕返しないかな?自分で種をまいたから仕方ない?法律上の解答より私も解答者にガツンと説教して欲しかった。

  8. 不倫というのはリスクが高いね~。
    紛らわしかったとはいえ不倫はしてない相談者も、相手の奥さんに離婚になった八つ当たりでここまでされたらもう何でもアリじゃないかと思う。
    相談者も強気で「この男とB子が不倫なんかするから公序良俗違反だと、私は善良な一般市民として奥さんに伝えただけなのに
    逆に奥さんに訴えられて社会正義を
    否定されるような精神的苦痛を負った~」とか、「興信所代わりに利用された~興信所利用相当額払え~」とか。
    不倫した奴の身から出たサビ。人のせいにすんじゃない。イケイケ相談者!!
    なんて人が一人くらいいてもいいんじゃない?でなきゃ未来はとてもくら~いBABY
    oh,..

  9. 今回のことが、相談者の家族に知られたら
    どうするつもりなのか?
    家族に不快な思いをさせて、何が家族を大切にする所に一目置いているなのか?
    支離滅裂の他ならない。
    友人として好意を持っている建前は要らない。
    異性として好意を持っているのは明白。
    だから復讐した。
    しかし、本当に一線は超えていないのだろうか…。

  10. この相談者は、自ら「W不倫」と口走ったことで、A氏との関係が単なる食事を共にするだけの友達関係でないことを、図らずも暴露してしまった。自分の事は棚に上げて、A氏のB子との不倫に対する憎悪の為せる業だったが、代償は極めて大きいものになった。
    何年か前に男性相談者が、かつての不倫相手が次々に不倫を繰り返す事に憤り、その夫に密告すべきか否かの相談があったが、自分のかつての不倫相手を泥棒に例えて、「泥棒を繰り返す人をこのまま放置してよいものか?」との問に、大迫先生から「あなたも一緒に泥棒してたんでしょ💢」などと、ケチョンケチョンに言われていた人がいた。
    その人は密告する前の相談だったが、今回は後の祭りである。

    1. “W不倫”は、A氏とその相手B子が共に家庭を持っている・・という意味のW不倫ではないでしょうか?

      私も最初はテレ人ファンさんと同じ様に、相談者が思わず口を滑らせたのかと思いました。
      ・・フフッ・・実はトリプル不倫。

  11. 余計なおせっかいにより相談者が壊してしまった2つのご家族。お子様はいらっしゃったのだろうか。もし、いたとしたら、慰謝料どうのではなく、相談者は罪の意識を深く持たなければならないと思った。法を犯さずとも極悪人という者は存在する。例えばこの相談者がそうである。

  12. 2年間も友達を演じていつかはモノにしようと思った年下君が、若い女とデキちゃったから、腹立ちまぎれに本妻にブチまけるとか、凄過ぎ!
    自分を客観的に見れないと、とんでもない事をしちゃうんですね。

    自分の結婚生活まで壊さないようにして下さい。

コメントはお気軽にどうぞ