私とだけ7年口を利かないちゃんとした娘。無視される挨拶はもうやめようかと‥

テレフォン人生相談 2020年4月13日 月曜日

親子ケンカで一時口を利かなくなるというのはよくある話だが、驚くのがその期間の長さと、徹底さ。
父親(夫)と弟(長男)とはよく会話しながら相談者とは朝の挨拶や、いってらっしゃいも無視され、就職内定も弟(長男)経由で知る。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女53歳 夫53歳 娘22歳大学4年生 息子20歳 4人暮らし

今日の一言: なし

加藤諦三:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、はい、こんにちは、はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
あ、はい。えー、53歳です。

加藤諦三:
53歳

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、結婚してます?

相談者:
はい、してます。

加藤諦三:
え、ご主人何歳ですか?

相談者:
あ・・え、53歳です。

加藤諦三:
ん、同い年、お子さんは?

相談者:
えーと、2人で、長女が22歳で、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。長男が、二十歳です。

加藤諦三:
はい。じゃあ、4人で暮らしてんですね?

相談者:
あ、そうです。はい

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでどんな相談ですか?

相談者:
あ、はい。えーと長女の・・相談なんですけど。

加藤諦三:
この20・・

相談者:
えーと・・2歳・・

加藤諦三:
歳、はい

相談者:
今、22歳、はい。えーとお・・中学・・3年生の、終わった頃から・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっとあまり喋らなくなってしまって・・あの・・

加藤諦三:
要するにあなたとの・・会話がなくなったということね?

相談者:
あ・・そうですね・・そうです。

加藤諦三:
母と、娘との間だけで・・

相談者:
あ、そうです。

加藤諦三:
お父さんとは話してんの?

相談者:
そうなんです、とっても仲良く、過ごしてるんです。

加藤諦三:
じゃ、弟も・・話はしてるわけ?

相談者:
そうなんです。弟とは一番仲良く話しているんです。

加藤諦三:
弟とは仲がいいと。

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
ということは4人で暮らしていてですね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
このお嬢さんが、そうすると、も・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた以外・・

相談者:
はい

加藤諦三:
とは上手く行ってる?

相談者:
そうですね、上手く行ってると思います。
そして、あのお・・ただの反抗期かな?って思ってたんですが。

加藤諦三:
はい

相談者:
それが、ま、6年ぐらい経ち、22歳の今まで、

加藤諦三:
うん

相談者:
ずっと続いていて、

加藤諦三:
うん

相談者:
今、大学4年生なんです。

加藤諦三:
4年生で、はい

相談者:
はい、就う、職も、長男から、弟から聞いたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんか、内定、したらしくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、そういうことも、まったく一切話さないしい・・はい、そんな感じで、はい

加藤諦三:
あー、完全に話さないの、だってねえ・・

相談者:
そ、そうなんです。はい

加藤諦三:
就職まで内定してるのに、そのことも言わないわけだよね?

相談者:
そうなんです。はい

加藤諦三:
うーん

相談者:
ただ、あの・・主人のほうには・・

加藤諦三:
うん

相談者:
チラッとは言ったらしくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
詳しくは言ってないけれども・・

加藤諦三:
うん

相談者:
はい、そんな感じい、なんです。

加藤諦三:
ていうことはあ・・あの、情報は、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたあ・・弟を通じて入って来るって感じですか?

相談者:
そうですね、弟か主人か、どちらかから・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
そうなんです、それで・・ちょっと挨拶とかも、わた、「おはよう」とか話し掛けてはいるんですけどお・・

加藤諦三:
うん

相談者:
返事も来ないしい・・で、わたしが「おかえり」って言っても、黙って入って来て、

加藤諦三:
黙ってる。うん

相談者:
普通に、してます(ため息混じり)。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
ん、で、ご主人はそのことでえ・・

相談者:
はい・・&#△%

加藤諦三:
問題だなって思ってないんですか?

相談者:
高校、生の、頃は・・

加藤諦三:
うん

相談者:
主人、と娘が・・よく話してて、そのことも、話してってくれたみたいなんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
あの「お母さんと、話したほうがいい」とかそういうことは・・

加藤諦三:
うん

相談者:
こ、言ってたみたいなんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、全然?、「今は無理」みたいな感じの返事で、

加藤諦三:
「今は無理」ね。

相談者:
あの、返って来てて・・

加藤諦三:
はい

相談者:
それ高校のときですね。

加藤諦三:
あ、はい

相談者:
そうやってえ・・いろいろ、あの・・わたしに対する不満とかを父には、あの、主人には言ってたみたいでえ・・

加藤諦三:
あ、あなたに対する不満は言った?

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
ど、どんなことに不満・・ん?

相談者:
えーとお、なんかこう、わたしがちょっと高圧的で、ちょっと機嫌が悪いときとか、仕事で疲れて帰って来てるときとかの、

加藤諦三:
うん

相談者:
イライラを・・えーと、わたし達にぶつける?、む、あの、子供にぶつけて、

加藤諦三:
はい

相談者:
それで・・「中学のときとかまではすごく」・・「嫌だった」っていうことを言ってるそうなんですね。

加藤諦三:
あー

相談者:
振り返ってみれば、確かに、わたしちょっとイライラしたりい、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、ちょっと、やることがいっぱいあったときとかはあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
確かに、優しくはなかったなってすごく自分でも思うんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
あと、主人が・・子供のこととかを、ちょっと、や、あの、やる時間がなくてえ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
すべてわたしがちょっとやってたのでえ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、子供がちょっとサッカーとか野球とかをやってる、のも全部、普通はお父さんがちょっとこう現れて来て、手伝って、ほかの家庭はしてるのに、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、わたしがぜーんぶ1人でやってたのでえ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
そのこともちょっとイライラして・・当たってしまったりとかも・・ありました。

加藤諦三:
常識的に考えるとね?

相談者:
はい

加藤諦三:
ホントはお父さんがやるのに、

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんやってくれたって感謝されていいことだよね?

相談者:
ただ・・そのお・・スポーツを辞めるときにい・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あの・・「わたしは」あ、「『お母さんありがとう』とはちょっと言いたくないんだよねえ」みたいな感じの、ことを(含み笑い)言ってたんですね。

加藤諦三:
ああ、「お母さんありがとう」と言、え・・

相談者:
で、あー、なん・・

加藤諦三:
言いたくない。

相談者:
なんでかな?ってちょっと・・そのときはちょっとショックに思ったり、し、たことは・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
記憶にあるんですけど・・

加藤諦三:
はい

相談者:
はい
このまま・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの、挨拶、とか、わたし声かけてるんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
続けて行ったほうがいいのかあ?・・

加藤諦三:
はい

相談者:
そのもう、返って来ないって分かってるからあ・・

加藤諦三:
あ・・うん

相談者:
もう挨拶もしないで(ため息混じりで苦笑)・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
そのまま黙ってたほうが、ま、楽は楽なんですね、わたしの気持ち的にはもう。

加藤諦三:
うん

相談者:
ていう、どっちがいいのかなあ?っていう・・

加藤諦三:
ふうん・・ま・・

相談者:
ことでも悩んでます。

加藤諦三:
これらの基本的に、この・・関係の問題?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、ど、具体的には・・「おはよう」から始まる・・

相談者:
はい

加藤諦三:
挨拶の言葉を・・

相談者:
はい

加藤諦三:
このまま相手が・・

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、反応して来ないのに、

相談者:
はい

加藤諦三:
続けたほうがいいかどうかっていうことね?

相談者:
はい、そうです。はい

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあのスタジオに幼児教育研究の・・

相談者:
はい

加藤諦三:
大原敬子先生がいらしてんので、

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「私とだけ7年口を利かないちゃんとした娘。無視される挨拶はもうやめようかと‥」への26件のフィードバック

  1. 他のみんながどう思うかは置いといて、私はこの娘さんの気持ちの方がわかる気がする。
    徹底して母親を無視し続けられるくらい、この娘にとって母親はその程度の存在なのよ。
    自分の人生なんだもの、自分の好きなように生きればよろしい。相談者の母親も、自分の人生なんだから自分で決めて生きていけばよろしい。そういうことなんじゃないの?

    1. 意味不明な人が意味不明な誰かの猿まね文章書いて訳わかんねー
      途中すっぽぬかして「そういうことなんじゃないのっ」て
      なに突然受け売りの結論だしてんのさあ~
      内容がないよう~
      どーせ
      初めて書いたんだけどとかぬかすんだろうけど

      1. 「誰かの受け売り」なら原文引っ張ってきなさいよ。煽る程に自信が無いなら最初から黙れ。

  2. ガキどもは将来は家を出て行くのだからそれまでは親の義務を淡々とこなせばいい。
    若しくはその時になれば追い出せば良いだろう。
    子育てを妻に丸投げしたくせに感謝と敬意を表さない夫が隠れた敵かも。

      1. 匿名掲示板で「あなたのことなんてアウトオブ眼中さっ」と粋がって言って何してんの?匿名の場だから当たり前でしょ。

  3. 娘さん、社会人になるんだもの、家から出せば!二十歳過ぎたら自立した方が良い。少し母親の大変さ、ありがたさがわかるかも。ついでに弟さんも学生なら下宿させて。お金がもったいないけど。そして念願の大好きな旦那さんと二人きりの生活ができる。だけどこの相談者さんまた新たな悩みが生まれそうな気がするけど 

  4. 気分で怒る親、八つ当たりする親はなんで怒るのか、いつ怒るのかに一貫性がなく、検討つかなくて地雷。ビクビクするのに疲れたら、距離を取ろうとするのは自然な気がする。

    そしてこの親はどこか子供のことを運任せ、他人任せにしていてちゃんと向き合っていない。気になるのは世間の目であって娘の心ではない。子供のため、わたしは子供を大事にしているわ、という世間へのアピールでしかない行いは、娘の心を無視しているのと同じだったのでは…
    習い事の件も…娘にしたらありがとうなんてそりゃ言いたくない…私のためでもなんでもないのに…

    自分を愛してくれるはずの母親から10年以上心を無視され続けた上、ストレス故にわけわけらんことで怒られて辛い成長期を過ごしてきたんじゃないだろうか、娘は。

    母親と思うの、もうやめたんじゃない?母親に母親を期待するのを、愛情と関心を期待するやめて。母親は居なかったんだ、この人は自分の期待する母親じゃないんだと…そうすることで期待を裏切られて傷つくことから自分の心を守った…とか?
    なんにせよ、距離を取ることが娘にとっての防衛術なんじゃないかなと思った。

    皆さんの言うとおり、実家を出て物理的に距離が開けば、危機感が薄れて多少会話してくれるかもね…?

    1. その通りだと思います。
      娘という存在は同性である母親の本質を見抜く、母親は娘の前ではごまかしがきかないのです。
      それにしてもひとつ屋根の下で住んでいながら何年も口をきかないってすごいね···。

      1. ほんとですよね…
        わたしなら気まずさに耐えきれず貫けない…
        父親とか弟の立場でも、空気悪くて辛いかも。

        それか一週間くらい話さずにいたら、逆に話し始めるのも恥ずかしいような、負けたような気がしてもう戻れなくなって…そのうち話さないのに慣れた…とか?
        家族も慣れてくるのかなぁ… 

        経験なくて想像するしかない…笑

  5. こんな母親なんてたくさんいるでしょ。
    ごはんつくってもらって
    洗濯してもらってありがとうがいえないの?
    就職して上司や同僚
    結婚して旦那にも子供にもきにいらなければ同じような対応をするのか?
    私にはこの娘の一貫性が怖い

  6. 自分の産んだ子でも相性ってあると思うよ。

    無視されてるんなら、早く自立してもらえば良いだけじゃない?

    この母親も一人の人間として自立しないとね。

  7. この女性と似たような家族が前の職場の上司でした。そしてこの女性、上司に話し方も考え方も似ていて本人かと思いました。自己肯定が半端じゃなく、頑固で気分屋、本人は隠しているつもりでも不機嫌が漏れ漏れで、自分の仕事までこっちが空気を読んで動きなさいよってオーラを出して、いつもいつも自分が楽な方を取る。
    娘と数年話をしていないのよね〜と言う話を、当時はどっちもどっちだよ!と内心思いながら聞いていましたが。毎日毎日母親があんな感じじゃ同性だと尚更息が詰まったろうと思います。
    唯一違うのはここの娘さんは就職して自立しょうとしてるところ。
    元上司の娘は三十路の今もニートのままらしいですから。同じように根拠のない気の強さと自己肯定でバカ母親のスネをかじっているのでしょう。
    このまま早く自立してもらうのが互いの為じゃないでしょうか。

    1. 元上司なのに、しかも他人の家族なのに三十路の娘だのニートだの根拠のない気の強さの自己肯定でバカ母親のスネをかじってるだのそんなに詳しいのですか?
      ひょっとして鏡見ながら、自分とお話ししてるのかな?

      1. 離職してもそれなりに元職場の情報は入ってくることもある。それが想像できないのは、あなたが社会経験無いか、あっても人間関係維持できる程の人徳が無いだけ。あなた=マイコーじゃない?コロナ騒動でカリカリしてるか、相談者または娘本人か似た立場かは知らないが、書けば書くほど品格下げるだけだから止めとけ。知識、想像力、経験値‥いろいろ無さすぎる。相談者もその娘も問題点はあっても着地点模索している分だけあなたよりマトモ。

        1. マイコーさんじゃないと思います。
          だってマイコーさんは もっと文章がデタラメだもの。

        2. これが外化か。勉強になるなあ。
          それにしてもお前がいうな。
          すげえ器ちっちぇー。
          漂う小者臭。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。