絶縁を文書化する母娘。母を許すべきか?裁判官と化す娘の本当のわだかまり


(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はいどうも、こんにちは

相談者:
よろしくお願いいたしますう。

マドモアゼル愛:
はい
お母さんの毒親ぶりっていうのが、不倫のことが一番大きかったと、いうふうには思うんだけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お母さんのほうから、「それだったら絶縁、したほうがいい」っていうのは・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
相当、あなたから・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「不倫をやめろ」っという、強要が、アハ(苦笑)、ま、強要してもいいんだけども、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
あったからなんじゃないの?

相談者:
確かにそれは、わたしは結構言いました。
「いけないことだよ」と。

マドモアゼル愛:
ん、うん

相談者:
それで、お金え、ね?

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
「訴えられたら、困るんじゃない?」みたいなことを・・言いました。

マドモアゼル愛:
ねえ?

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
そうじゃないとお母さんのほうから突然・・具体的なことで「これ絶対やめろ」って言われない限り・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
娘と絶縁しようなんていう・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
話は出るわけがないよね?

相談者:
・・はあ

マドモアゼル愛:
だからあなたがもう、強引に「不倫はやめろ」って言ったんだと思う。

相談者:
それはその通りですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
やめ、「やめろ」とは言いました。

マドモアゼル愛:
そいで、なぜそこまで強く言わねばならないのか?っていうところなのよ。

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
だって、お母さんやお父さんが、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なんか、変わったことやってる、特に、男女関係で、「なんか変だよ」っていうのを・・人によっては・・面白い話で終えちゃう人だっているよね?

相談者:
えー!?そうなんですか?

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
は、えー

マドモアゼル愛:
「参っちゃうよ、うちの」お・・「母は」・・

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
「70なのにまだ、不倫しちゃって」え・・

相談者:
あー、相手の方が・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
奥さんいない方だったら・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
わたしは、全然いいと思うんですけど・・

マドモアゼル愛:
でもそれって・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なんであなたが、関係する・・裁判官なる必要があんのかな?

相談者:
あーあ

マドモアゼル愛:
それこそお母さんの問題だよね?

相談者:
母の人生ってことですよね?

マドモアゼル愛:
うん・・
あなたの中に、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
何か不安がなければそこまでやらなかったと思うのよ、僕。

相談者:
うん、んー、きっと、たぶん・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
訴えられたら(ため息混じり)、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
お金払わなきゃいけないですよね?、で、うちの親、お金ないので、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
それも、うちに来るのかな?っていう、のがやっぱりあったと思います。

マドモアゼル愛:
だから守りに入ったんだよね?あなた自身がね?

相談者:
はあ、はい

マドモアゼル愛:
だって、こんなの拒否できるじゃない?
「お母さんのこと知りません」って言えばいいだけの話でないの?

相談者:
そうなんですか?

マドモアゼル愛:
だってそうじゃない?自分が浮気したわけじゃないんだから。

相談者:
いや、そうですけど。
なんとか、し、してあげなきゃいけないものなのかな?と・・思いました。

マドモアゼル愛:
なので、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お母さんはあなたから・・もう一回、仲直りしてもらうことを・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
求めていて。今ね?最近ね?

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
それは恐らく自分の老後を、心配した・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
金銭的な・・問題を・・が、心にあって、自分に・・和解を、言ってんだろうと、あなたは取ってるわけだよね?

相談者:
はい、そうです。

マドモアゼル愛:
ね?、そいで、それは嫌なんだよね?あなたとしてはね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね?、ということで・・それだったら・・ん、別に和解しなきゃいいんじゃないの?

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
お母さんは自由に生きて来たんだから。ね?

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
その、責任っていうのも自分で?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
取って行けば・・いいわけなんで。
「わたしは悪いけれども、不倫の件、で納得いかなかったから、そして、お母さんから、『絶縁をする』と言った以上」・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「わたしもそうして、今更、また『老後助けてくれ』と、言ってもちょっと虫がいいし」・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
「納得できないから嫌です」って言えばいいだけの話じゃないの?

相談者:
頭では分かってるんです・・そうだ、そうだなって、そうしたい自分もいるんですけどお・・

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
なんかこう、冷たい娘なのかな、とかあ・・

マドモアゼル愛:
だから・・そういう、建前論が好きな人なのよ。

相談者:
あー、そうなんですねえ・・

マドモアゼル愛:
ハッキリそれ言えばいいだけなのよ。

相談者:
「援助はできません」って。

マドモアゼル愛:
うん、援助、したくない、ってことよ。

相談者:
したくない?

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
あ、ああ

マドモアゼル愛:
でも・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
なぜそういう建前に走っちゃうのかは、本当はあなたは何かが不安だからだと僕は思ってるわけなのよ。

相談者:
きっと、母に対する・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
理想っていうのかな?

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
そういうのが、人よりちょっと・・大きかったのかなとは思うんです。

マドモアゼル愛:
じゃ、お母さんを理想に思うほど、お母さんって変な人じゃなかったんじゃない、じゃ。

相談者:
いや、わたしの理想像とお・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
実際、母の・・人となりっていうのかがあ・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ちょっと、カッチリ合わないなって、思って、厳しい目で見たところは・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
あったかもしれない。

マドモアゼル愛:
うん
じゃ、どっかでお姉さんほど自分は大事にされてなかったんだっていうような絶望感がどっかにあんじゃないの?

相談者:
どう・・そう・・思わない、けど・・自分で言うのもあれですけど、

マドモアゼル愛:
うん、うん

相談者:
わ、やっぱりわたしが一番・・親孝行・・

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
して来た・・

マドモアゼル愛:
したんだよね?

相談者:
ですよ。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
お姉ちゃん達はもっと自由だったんだよね?きっと、じゃあ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
弟も。

相談者:
そうです。

マドモアゼル愛:
でも、あなたが一番家のことを思って来たんだよね?きっと。

相談者:
そうです。

マドモアゼル愛:
でも、親はそれは思ってないんだよね?、きっとね?

相談者:
あ、そうです。そうです。

マドモアゼル愛:
ね?、やっぱりそういう・・

相談者:
あ、そうですね。

マドモアゼル愛:
納得行かない気持ちがどっかにあんだと思うよ?

相談者:
あー、そうですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
かも

マドモアゼル愛:
そいじゃないとこういう・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
出来事、で、わだかまりができることはあり得ないと思うのよ、僕も。

相談者:
そうです。父が、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
なんも亡くなったんですけど、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ま、病気になったときにい、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
ほかの病院探してさまよって、

マドモアゼル愛:
なるほど。

相談者:
い、こう足を、飛行機乗って、

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
足を運んだのも全部わたしですしい、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
病院に泊まり込んで?

マドモアゼル愛:
なるほど、お姉ちゃんや弟はあ・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あれだったけれども、ホントに大変なときに一番親身になってやったのはわたしだってことだよね?

相談者:
・・そうです。

マドモアゼル愛:
ね?、それをお母さんに言ってやんなよ。

相談者:
それなのに、

マドモアゼル愛:
うん、ね?

相談者:
なんか「縁切るかい?」って、その相手の男の人のほうが大事なんだって・・

マドモアゼル愛:
うん。お母さんにあなたの気持ち・・いつか何かで、伝えとると、いいと思うよ?
「わたしはこうだったんだ」と。ね?

相談者:
うん、うん

マドモアゼル愛:
そしたら話、全部分かる、ます。うん

相談者:
あー、なんか今、先生にそういうふうに言われて、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
わたし・・なんか、全部言えたような、吐き出せたような気持ちになりました。

マドモアゼル愛:
うーん、そうだね。
そしたらもう、ある意味で問題解決のほうにすぐ向かうもんね?

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
ん、だから、そこが、もうね?、クリア、だんだんしていけば・・見方も変わって来るし、
絶縁するのがいいのか?、悪いのか?、というよりも、あなたと、お母さんとの、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
中にある、1つの問題、心の、え、ま・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
しこりについて、やっとスポットライトが当たるっていう段階に来たのでね?

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
それをまず、どうこうしようとする前にちゃんと見つめて・・行って、ちょっと考える時間が・・あるといいかな?なんていうふうに思うんだよね。

相談者:
ありがとうございます。

マドモアゼル愛:
うーん、ね?

相談者:
ホントにそういうこと言ったことなかったので。

マドモアゼル愛:
うん、そうだよね?、うん

相談者:
今、初めて言った気がします。

マドモアゼル愛:
うん、うん

相談者:
「わたしが一番親孝行でした」って(含み笑い)。

マドモアゼル愛:
うん。心の中に光がパーっと入ったような気がしましたもん。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
じゃ、今井先生にもう一回ね?聞いてみましょうね?

今井通子:
うん

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
はい、ありがとうございます。

(再びパーソナリティ)

今井通子:
はい、お分かりいただけましたでしょうか?

相談者:
はい。ありがとうございました。

今井通子:
そうすると、あとの、結論はご自身でつけられますよね?

相談者:
まず、自分の、思いを伝えてみようかなっていう気持ちになりました。

今井通子:
はあい

相談者:
はい、ありがとうございます。

今井通子:
じゃ、そういうことで。

相談者:
はい・・ありがとうございました。

今井通子:
失礼しまあす。

相談者:
はい、ありがとうございました。

今井通子:
はい、どうもお。



「絶縁を文書化する母娘。母を許すべきか?裁判官と化す娘の本当のわだかまり」への11件のフィードバック

  1. 母親は自業自得なので、ほっとけば?
    母親本人から反省や謝罪が感じられてから
    答えを出せば良いのでは?

  2. 老いて弱って、かわいそうに思って胸が痛んで、自分が幸せになれなかったり、優しく接することをせずに、死を迎えて、後で罪悪感からうつ状態になったり、まあとにかく子供を一生苦しめるのが毒親ですよね。

  3. 母親が不倫して、ましてや相手の妻にも知られて自殺未遂や裁判話までいってたら阻止するのは普通だと思うけど…
    なんで相談者が裁判官扱いされてるのか?
    今回の回答は少し納得出来ませんでしたね

    毒親は子を洗脳して自分の都合のいいようにコントロールします
    親孝行も恐らく子供の中でも金がある相談者が「した」のではなく「させられた」のでは?

    1. 自分も愛先生が相談者さんを責めるのは、おかしいと思いました。不倫をしておもしろおかしく済ませる神経がわかりません。他人ならまだしも実の母親がそんな事してたらいさめるのが普通だと思います。こう言う母親って一回は謝っても喉元過ぎればなんとやらで死ぬまで相談者さんを傷つけ続けると思います。返信失礼しました。

  4. 親って何人か子供がいると、頼りやすい子とか、愚痴りやすい子とか、甘えさせる子とか、それぞれ使い分けてると思います。
    私は、3人兄弟の長女で10代の頃から、母の父に対する不満の愚痴を聞かされて、私が何とかしなければと思い、子供だから何も出来ないんだけど、心を痛め色々考えたり精神的に辛かったです。
    そのくせ他の兄弟には、カッコつけて良い顔をしてたりで、何で私ばかり頼られてと腹が立ちました。
    でも母は、私が助けたからと言って、別に私に感謝してるわけでもなかったです。
    自分が親の立場になり、年老いたらわかりませんが、親は子供に助けてもらいたいとは、思っていないと思いました。
    私もなるべく母と距離を置いて、自分が嫌な事は、はっきり断わるように付き合うようになりました。
    相談者さんがお金の援助をするのが嫌なら、はっきり断わった方がいいと思います。
    母親の問題は、母親の責任だと割り切っていいです。

    1. 貴方の境遇があまりに自分と似ているので、思わず返信してしまいました。
      本当にそうですよね。毒親は、自分の都合のよいように、こどもを利用します。この子は愚痴のはけ口、この子はかわいがる対象、この子は助けてあげなくちゃいけない、などと、使い分けて、愚痴のはけ口のこどもが心を痛めていてもお構いなしです。
      一見、親がかわいそうに見えても、おっしゃる通り、母親は自分で自分の人生の責任をとるべきです。甘やかしてはいけません。

  5. 優しくて働き者だから今の幸せを築くことが出来ました。この幸せを誰かに盗まれないように気をつけてください。
    寂しさや後ろめたさに付け入る人達からご自身を守りましょう。

  6. 本当に不倫て多いですよね。不倫ていうか婚外性交相手を持ってる人たち。精神的なものより性愛目的として。

    管理人さんのコメントに主婦が性愛を求めるなら
    不倫しかないって書いてらしたけどそのとおりだなって。
    子供の習い事が一緒とか、パートの取り引き先の人とか、仕事の上司とか、何十年ぶりに会った元彼とか…

    子供が知ったらそりゃ色んな意味でゾッとしますよ。

    皆さん絶対知られないようにしてください。

  7. マドモアゼル愛先生は、「不倫話は過去のカミングアウトぽいことだし、毒親が娘の忠告など聞く耳持たないから、こんな毒親を裁くな、関わるな!」と、相談者を裁判官に例えて強調したのだろう。相談者の連帯責任に対する不安には及ばないことも付け加えながら。
    また、愛先生の回答はここで終わらず、そこから相談者の心の奥底にある思いを引き出させて、解決に至る糸口をアドバイスするところはさすがだと思う。因って今回は、今井先生も付け加えることがほとんどなく終了した。

  8. うちの母(70代)は、不倫ではありませんが付き合ってる男性に失礼な事をしてるので、私が注意をしますが、自分勝手な言い訳ばかりで聞きません。私には、妹と弟がいますが、その事を知ってるか知らないかわかりませんが、私しか注意する人はいません。憎まれ役ですが、非常識な事をしてたら子供として、母に注意します。
    相談者さんが、お母さんに注意するのは、当然だと思います。
    私の母は、躁鬱(そううつ)病で躁病の時は、自己中で人に失礼なだったり、非常識な事をします。
    私も以前は、母が躁病だと気付きませんでした。
    それで、毒親の人の中には、躁病の人もいるのではないかと思い投稿しました。

  9. 相談者の父親を巡る価値観のズレが家族の間で生じていたこと。ここをマド愛先生が上手に引き出していたのが良かった。裁判官云々も「価値観の違う相手には家族であれど関わるな」という意味合いかな。むしろ相談者の兄弟が「金も労力も出さないけど口だけ出す」という感じ。相談者も家庭持ちなので、実家は実家と割りきって、自分の家庭を大事にすれば良いと思う。
    KBCラジオのテレ人後付けコーナーでは「許して上げたら?」という保守的意見が多かったので自分の感覚がおかしいのか、と思っていたが、ここのコメント欄読んでホッとした。

コメントはお気軽にどうぞ