母の金を預かる妹。元に戻そうとすると逃げ回る。介護とバータを勧める弁護士


(回答者に交代)

大迫恵美子:
もしもし?

相談者:
はい

大迫恵美子:
(咳)

相談者:
はじめましてえ

大迫恵美子:
はあい、こんにちは

相談者:
よろし、こんにちは、よろしくお願いします。

大迫恵美子:
あの、お母さんはね?、まあ・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
それは、その、自分のお金だから・・あー、手元から・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
なくなっていることが・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
まあ、心配っていうか、なんていうか・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういう気持ちなのかもしれないですけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
この1千万を、どのように使おうとしてるんですか?

相談者:
何か、わたしが、聞くには・・あのお、ま、お母さんちょっと、1年に何回か遊び行ったりい、あのお・・
「遊びに使いたい」って、おっしゃっ・・言ってるんですけどもね・・

大迫恵美子:
遊びに使う・・のにね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あのお、最初から1千万、手元に置いておく必要はないんじゃないですか?

相談者:
ええ、そ(苦笑)、それはわたしも、分かるんです。はい

大迫恵美子:
はあい

相談者:
ですから妹は、最初は、こう、そういうふうに、言ってたんです。
「500万、渡すから、500万、あれば」まあ、あの、もちろん年金も毎月入りますからあ、「なんとかなるんじゃないの?」って、言い方で・・ただあ、急に変わって、態度が・・きて、あの、「あんたが」、「死んじゃったら」あの、「この家(うち)を、あれしたり」あの、「あなたの葬式、しなきゃ」、「なっちゃうと」、「わたしも」、なん、ん、「年が近いから」、「亡くなった場合に」妹、あ「娘のほうに行っちゃうから、娘が」あの・・「面倒看な、いけなくなるから」あ、そ、「だからそのお金」、「500万使う」って、言い方したもんで・・
母親が、急に怒っちゃったっていうか・・「わたしのお金なのに、なんで持ってっちゃうの」っていう感じで、「信用して」あの「あなたに、預けたのに」い、「どうして返してくれないの?」って、母さんは、怒ってるわけなんですけどね。

大迫恵美子:
・・うーん、あの、非常にね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あのお、厄介なことなんですよ。

相談者:
あー、あー

大迫恵美子:
ま、あのお、確かにね?・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
そのお金をあげたわけじゃないので、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
えー、名義は、妹さんの名義ですけど、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ま、お母さんの物だと思いますけどね。

相談者:
あー

大迫恵美子:
法律、上も、確か、たぶん、お母さんの物なんですけど、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ただ・・そのお、実際にはね?動かそうと思ったら・・

相談者:
はい・・はい

大迫恵美子:
その、名義の人の協力なしには動かしようがないわけですよ。

相談者:
あー、あー、あー

大迫恵美子:
妹さんの協力なしには現金化できないわけですよ。お母さんのとこ、戻すことはできないわけですよ。

相談者:
そうなんですねえ・・はい

大迫恵美子:
だからまあ、お母さんの代わりに、言いに、行ったりするのは、ま・・ただの・・

相談者:
ええ、あ、そうですね。

大迫恵美子:
はい

相談者:
あのお、最近連れて、車で・・何回か、あの、その、妹の家(うち)まで、何回か、3回ぐらい連れてってるんですけども、
やっぱり、行ってもお母さん、そのこと・・言おうと思っても、よう言わないんですよ、娘に(苦笑)。
で・・

大迫恵美子:
あ、そうなんですか。

相談者:
ええ、妹も逃げちゃって、あの・・

大迫恵美子:
うん

相談者:
洗い物しちゃったり、こっち来なくて。
&#△%が、呼んで、妹に「ちょっとこっち来て話が」、「母さん話があるみたいだよ」って、呼んで・・うん、そこでなんか、話せばいいのに、それでも、よう言わないって感じなんです。

大迫恵美子:
あ・・

相談者:
ほんで・・家(うち)・・

大迫恵美子:
ハッキリ言ってないんですか?

相談者:
ええ
で、家(うち)に帰って来ると僕に言うんですよ。あの・・

大迫恵美子:
あー、そうなんですか・・

相談者:
うーん、だ、「どうして本人に言わないの?」って、僕には、パッパ言って、あの・・当たって来るんですけど・・ま、当たって来るっていうか言うんですけど、
本人の前(苦笑)、よう言わないんですよ(含み笑い)、なんか、妹が怖いようなこと言ってるもんで・・

大迫恵美子:
あのね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
まあ、そのお・・厄介なのは、やっぱり・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
妹さんの協力なしにはお金動かないってことですよ。

相談者:
そうですね。

大迫恵美子:
ええ

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
で、しかも、それをね?、お母さんが、あのお・・頭に来たとかあ、も、「わたしのお金だ」って言ってるけれども、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
それも非常に観念的な話でね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、今日1千万使うのに足りないっていうんなら、そりゃ・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
あ、あの、大変ですけど、

相談者:
はい・・はい

大迫恵美子:
あの、手元に、持っててね?、実感して・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
自分のお金だっていう気持ちを持って、

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、心豊かになってね?・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
そう思ってるのは・・あの、一番幸せだっていうことなのかもしれないけど、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
差し迫って妹さんから500万取りあげなきゃいけない理由はないように思うんですよね。

相談者:
ええ、わたしもそれは、思うんですよね。

大迫恵美子:
うーん

相談者:
あのお、別に今、すぐ死んじゃうわけじゃないし(苦笑)・・

大迫恵美子:
うーん

相談者:
まだ、今からあ、5、10年でも、5年でも10年でも生きてもらわな、困るし。自分ではそう思ってますから、まあ・・

大迫恵美子:
ま、あの、お母さんはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
そんなにその1千万分も、旅行に行ったりね?・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
し、しようと思うと・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
それこそ、あー、身体壊すんじゃないかと(苦笑)、心配ですけどね、

相談者:
ハハハ(苦笑)、はい

大迫恵美子:
そんな83歳になって、年に・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、10回も旅行に行ってたら大変ですよ?

相談者:
す、そうですよね。はい、はい、分かります。

大迫恵美子:
だ、500万使うんだって、それは、そんなに、1年や2年では、使い切れないんじゃないですか?

相談者:
そ・・

大迫恵美子:
旅行ぐらい、だけでは。

相談者:
そうですね・・

大迫恵美子:
そんなに、

相談者:
だから

大迫恵美子:
無理矢理旅行ばっかりしてるとホントに・・

相談者:
(苦笑)

大迫恵美子:
もう、そんなには動けないですよ、80う、過ぎてねえ?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あのお、飛行機乗ったり・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
新幹線乗ったりするの大変ですからねえ。

相談者:
ええ・・ええ

大迫恵美子:
一応お母さんにはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、「今の500万使ったら」、

相談者:
はい

大迫恵美子:
妹さん「『戻す』って言ってるんだから」、

相談者:
ええ

大迫恵美子:
「まずはこの500万使ったらいいんじゃないの?」って言えばいいんじゃないですかあ?

相談者:
あー、なるほど。それ、その、ま、あとは、また、そのときにまた・・あれすればいいわけですよね?

大迫恵美子:
うん、そのときにね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
で、この500万使い切ったあとで、

相談者:
はい

大迫恵美子:
残りの500万でまた旅行に行こうって言ったって、それができるかどうかだって分からないじゃないですか。

相談者:
あ・・そうですね。その通りですね、はい

大迫恵美子:
ええ

相談者:
はい

大迫恵美子:
で、あの、ホントにそんな使い道のない・・お金をね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
額面だけ眺めていたいから、戻せだとか、裁判だとかってそれはできないでしょう?

相談者:
あー、倫、倫理的に、そうですよね。

大迫恵美子:
いや倫理的にっていうか・・

相談者:
&#△%

大迫恵美子:
そんなね?

相談者:
それは・・はい

大迫恵美子:
だって、裁判なんかになっちゃったらね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
もうそれこそ、あのお、「顔も見たくない」、だの・・

相談者:
ええ

大迫恵美子:
「付き合いは断つ」だのね?

相談者:

大迫恵美子:
「葬式にも行かない」だのって話になったら・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
それこそお母さん耐えられないんじゃないですかね?

相談者:
そうですねえ。あー、なるほどね、はい

大迫恵美子:
ん、で、あなただってそんなことに巻き込まれて、ひ、1つもいいことないですよ(含み笑い)。

相談者:
あー(苦笑)、まあ、わたしの・・たぶん言う、け、権利はなんもないんですけど・・ええ

大迫恵美子:
結局ね?、その、お母さんのところへ妹さんが、お金を戻すか戻さないかは、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ホントに妹さんの、あの、協力なしにできないことなのでね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
「協力しない」と言っている人を無理矢理にさせるためには、もう裁判とかなんとかってことになっちゃうんだけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
そんなことはしないでなんとか、っていうことを考えたときにはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
お母さんには、それは「500万使ったら」、妹は「戻す」って言ってんだから・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
今は、その、妹の名義だけど、そ、あれはお母さんのお金だってことは妹も認めてるのでね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
まあ・・あの、「いいじゃないか」と、

相談者:
はい

大迫恵美子:
「500万まずは使いなよ」と・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
言っておいたらどうですかあ?

相談者:
・・そうですね・・

大迫恵美子:
でホントにね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
その500万、なくなって、あと、またその500万ホントに持って来いっていう・・話になったときに、

相談者:
はい

大迫恵美子:
また妹さんは抵抗するかもしれませんけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
そうは言っても今の段階では・・まだ、そのお金がお母さんの物であることは認めてるわけでしょ?

相談者:
そうです。はい

大迫恵美子:
うん
で・・これから例えば5年ぐらい経ってね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
「やっぱりあの500万みんな使っちゃったから」・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
「あと500万持って来い」ってお母さんが言って。

相談者:
ええ

大迫恵美子:
80う、5、6、7だのって年頃になってね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
「その500万を持って来ないと」・・「許さんぞ」なんていうほどの元気がお母さん、あるかどうかも分からないじゃないですか。

相談者:
そうですね・・

大迫恵美子:
うん

相談者:
ええ

大迫恵美子:
持って来られても使い道もないかもしれないし、

相談者:
はい

大迫恵美子:
でまあ、持って来なかったら持って来ないで、でもね、じゃあ、その・・妹さんに、「お母さんは」だから今、「一銭もなくなっちゃったんだから」ね?

相談者:
ええ

大迫恵美子:
「じゃあ、都度」・・「面倒看てよ」って・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
「介護もしてよ」と。

相談者:
・・

大迫恵美子:
まあ、そういうことを引き換えにね?妹さんにしてもらうほうが・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
今、500万を戻すことよりも、よっぽど、お母さんのためになるんじゃないですかね?

相談者:
はあ、なるほどね・・

大迫恵美子:
・・ん

相談者:
そう、言い聞かしたほう、いいですかね?、おか、母親に。

大迫恵美子:
うん、そう言ってお母さんに、「今そんな」、めじゃ・・ね、「ただ1千万という数字を」、な、「並べてみて」ね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
「満足感を味わうためだけにそんなことをするのは無意味だ」と・・言って・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
説得するほうがいいんじゃないでしょうか?

相談者:
あー、なるほどね・・

(再びパーソナリティ)


母の金を預かる妹。元に戻そうとすると逃げ回る。介護とバータを勧める弁護士」への10件のフィードバック

  1. 残りの500万円は使われてしまってもう残っていないと思う。
    ズル賢い娘と頼りない息子、どちらも信用できない。

  2. 今回の大迫先生の回答は、極めて意外なものだった。
    相談者の母親が、成年後見人が必要なくらいに認知症を発症しているなど、特別な事情でもない限り、母親がお金返せと言えば、妹は言う通りに返すのが筋。至ってシンプルな話であるので、そこに着目したアドバイスが聴きたかった。何だかんだと言って返さない理由をつけてくるということは、何かあると勘ぐりたくなる。

  3. この母は兄妹の仲をどんだけ悪くしたいのかね。一緒に住んでる息子を信頼できずに妹に預け、今度は妹に返してもらえず。しかも「お金返して」って、自分からは言わない。これだと、まるで兄の意思でお金を戻せと母に言わせようとしてる構図になって、妹はますます疑り深くなってるんだと思うんだけど?
    イライラする!自業自得だよ!

  4. 姑がスーパーで万引きする、っていう相談を思い出しました。
    大迫先生の回答ワースト3に入るのでは?
    まあ、今日の相談者ならしょうがないか(笑)

  5. 自分にはそれほど悪い回答には思えなかった。
    確かに500万の保全が最重要なら取り戻すことを考えた方がいいのは間違いない。が、その場合は家族の関係は壊れてしまうかもしれない。大迫先生の言うように妹に500万を握らせてその分面倒を見させる方向に仕向けた方が「この頼りない相談者にとっては」妹と交渉するいい材料になるのではないかと思う。
    母にそんな大金がすぐ必要でないのは回答で言われている通りだし、あとは残高確認させてもらえるようにするなり、500万の帰属について一筆書いてもらうなりすれば無理に取り戻さなくてもよいのでは?

  6. 私もそんなに悪い回答だとは思わなかった。

    大迫先生もこの相談者だからこの回答だった気がする。

    この相談者の手元に大金が入れば、 母のために使うかどうかは解らないと思う。
    今も働いていないのだし、年金も月額7万ちょいでは母の助け無しでは生活できないでしょう。

    多分今まで家事は元気な母がやってただろうし、生活費も主に母が出してたんだろう。(1000万のほかに300万あるって言ってたから。 もう底をついてきたのかな?)

    手元の500万は母と二人で使うなり 相談者が貰っちゃうなりしたら?

    元気な母がいずれ介護が必要になった時 この相談者が役に立つとも思えないので、妹に預けた500万は 施設入居代その他の介護費用及び葬儀費用として使うむね 妹に話を通しておけば?

  7. 管理人さんのコメントの鋭さに脱帽しました。衝撃的で読み物としても面白かったです。
    妹さんの着服の可能性も多分にありますね。 いろんなパターンが浮かんでくる興味深い相談ですね。
    実のところ私は、この頼りなさそうな相談者さんが本人ももしかすると、無自覚(?)の
    黒幕ではないか?
    と感じてしまうのです。
    恍惚気味かもしれないおばあさんに、一緒に住んでるから、
    いろいろなことを無意識(?)に吹き込んで不安をあおってしまった。
    だからおばあさんは金を返せと言い出した。
    兄の企み(?)を察知した妹さんは守りに入った。兄の無意識の裏の顔を読みとった大迫先生はあえてのなまくら刀を相談者さんに与えた。こんなシナリオなんですが、いかがでしょうか?

    1. 管理人さんに向けたブルームーンさんのコメント、同感です。
      私も、僅か15分間番組の限られた情報で、ここまで深堀した見方が導き出せる管理人さんの洞察力、誠に恐れ入りました。
      事実は確認のしようがありませんが、少なくとあたらずと雖も遠からずの域にあるのではないでしょうか。

      1. テレ人ファンさん、同意コメント
        ありがとうございます!
        読むテレ人や、魂のこもった皆さんの
        しっかりとしたコメントを読みながら、
        私はまだまた何もわかってないなあ
        ・・と、
        思っていたところを励まされました!

        1. ブルームーンさん始め、皆さんのコメント興味深いものばかりです。
          こちらこそありがとうございました。

コメントはお気軽にどうぞ