夫は月金は女んとこ。生活費40万の専業主婦が続けられる離婚がしたいです


テレフォン人生相談 2020年5月23日 土曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女43歳専業主婦 夫52歳会社員 息子中学1年生 娘小学3年生

今井通子:
もしもしい?、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ・・あ、もしもしい

今井通子:
はい・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:
はい、よろしくお願いします。
あ、えっとお・・夫の、浮気が、分かりまして、

今井通子:
はい

相談者:
この先、離婚をかん・・がえようとしているところなんですけれども、

今井通子:
あ、はい

相談者:
はい

今井通子:
まず、あなたはおいくつ?

相談者:
えーと、40う、2です。43です。

今井通子:
40・・

相談者:
はい

今井通子:
43?

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
・・52です。

今井通子:
52歳・・お子さんらっしゃいます?

相談者:
はい・・

今井通子:
よ・・

相談者:
中学1年生の息子と、

今井通子:
はい

相談者:
小学校3年生の娘がいます。

今井通子:
・・はい・・でえ・・この・・
「夫の浮気がバレまして」って(含み笑い)・・さっとおっしゃったんだけれども・・どういう状況だったんでしょ?

相談者:
・・4ヶ月う、ほど前に、

今井通子:
はい

相談者:
あのお・・わたしが、主人の部屋から手紙を見つけまして、

今井通子:
はい

相談者:
それが・・女の人からの手紙で、

今井通子:
はい

相談者:
付き合ってるような・・あの、内容が書いてあったので、

今井通子:
はい

相談者:
あ、浮気してるん、だろうなっていう、ことが初めに分かりまして、

今井通子:
はい・・はい

相談者:
そのあと、つい最近、

今井通子:
はい

相談者:
あの、ちょっと人に、頼ん、で、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、調べて、もらったところ、

今井通子:
はい

相談者:
ま、浮気をしているっていうことが・・確実になりまして、

今井通子:
あ、これはどういう状況だったんですか?

相談者:
あの、その女性の、

今井通子:
うん

相談者:
部屋に・・あの、宿泊して、いることが分かって・・

今井通子:
はい

相談者:
&#△%

今井通子:
ご主人は、

相談者:
はい

今井通子:
自営?それとも会社勤め?

相談者:
あ、会社員です。

今井通子:
でえ・・例えば、宿泊となると、夜いらっしゃらないんで・・

相談者:
はい

今井通子:
なんか理由は、どう、なんか・・

相談者:
え・・っとですね、もう結婚当初から、出張の多い人でしたので、

今井通子:
はい

相談者:
週に1、2回、家には帰って、来ますが、

今井通子:
はい

相談者:
仕事が忙しいんだろうなと、

今井通子:
うん

相談者:
ま、ずうっと考えてはいたんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
ここ、1、年くらいは、

今井通子:
はい

相談者:
月曜日に出て行ったら金曜日まで帰って来ない生活が続いていたので、

今井通子:
はい

相談者:
で、まあ、たまに・・「なんでこんなに帰って来ないの?」ってふうに聞いても、ま「仕事が忙しいから」って言うので、

今井通子:
あはい

相談者:
ま、そうなんだろうな(含み笑い)っていう・・ふうに思っていたんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
手紙が出て来たっていうことで、

今井通子:
はい

相談者:
ま、そういうことだったんだなと・・

今井通子:
でえ、どなたかが、じゃあ、つけて、行ってっていうか、ご主人の行動に、を、見張って、

相談者:
そうです、そうです。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
それで、女性の部屋に入って・・一泊した?

相談者:
一泊したところを、

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
これ一泊なの?

相談者:
・・分からないです。分からないですが、

今井通子:
うん

相談者:
あの・・ま、恐らく・・ま、そこに泊まってるんだろうなって・・いう・・ような感じですね。

今井通子:
ま、じゃ、その方には・・1日だけ見て来てもらったわけね?

相談者:
あそうです。

今井通子:
あ、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
この女性の方っていうのは、どういう方なのかは分かってますか?

相談者:
えーっとお・・独身ですね、手紙の内容からして、独身で、

今井通子:
はい

相談者:
ま「早く離婚して、わたしと一緒になってくれ」みたいな内容を見つけたので、

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい、独身ですね。

今井通子:
&#△

相談者:
で、写真も、知人から撮ってもらったんで、

今井通子:
ええ

相談者:
あの、見たところ30前後の、女性、のような気がします。

今井通子:
なるほど。
で、その後お・・御主人とは、話し合いました?、ていうか・・

相談者:
えーっとお・・

今井通子:
ご主人に・・

相談者:
ええ

今井通子:
「浮気をしてますね」ということを、知らせました?

相談者:
は(わ)、言ってないです。

今井通子:
あ・・

相談者:
今のところは、はい

今井通子:
言ってないんですね?はい

相談者:
はい

今井通子:
・・じゃあ、その、今回のご質問としては・・

相談者:
ええ

今井通子:
離婚するにはどうしたらい、いいですか?っていうことですか?

相談者:
・・えーとですね、離婚、をするのが・・得なのか?・・

今井通子:
はい

相談者:
今のまま我慢するのが得なのか?
ん、別居するのが一番いいのか?
という、ところで、

今井通子:
ま、でも、ご、ご主人ほとんど帰って来られてないから、

相談者:
うーん

今井通子:
別居するっていっても今も別居みたいなもんですよね?

相談者:
ん、そうですね。

今井通子:
うん

相談者:
週末・・ま・・

今井通子:
あ・・

相談者:
うん、週末う・・

今井通子:
そうなのよね。週末はちゃんと帰ってらしてんのね。

相談者:
う、そうなんですよね。

今井通子:
うん
そうするとご主人としては、なんか・・

相談者:
はい

今井通子:
家庭サービスはしてくれてるわけ?

相談者:
は(わ)、まったく・・もうないんですよね。&#△%

今井通子:
例えば、お子さんとは?

相談者:
は(わ)・・まったく・・コミュニケーションも取ろうとしてないですし・・

今井通子:
はい

相談者:
自分に部屋に閉じこもってばかりで。

今井通子:
あららら!

相談者:
はい

今井通子:
そうなんですか、はい
じゃあ、お子さん達は?、お父さんをどう思ってるわけ?

相談者:
えとお・・息子に関してはもう・・
「もうお父さん嫌い」、「嫌だ」っていうふうに・・も、日々言っていまして。

今井通子:
はい

相談者:
娘は、まあ・・好きですね、今のところ、「お父さん」「お父さん」て言って帰って来る、と、主人の部屋に行って・・

今井通子:
はい

相談者:
はい
あ、ま、主人も娘のこと大好きですから。

今井通子:
はい

相談者:
ま、ちょこちょこっと遊んだりなんかして。

今井通子:
あーじゃあ、娘さんとは遊んでんのね?

相談者:
うん

今井通子:
はい

相談者:
そうですね。

今井通子:
で、じゃ、経済的にはどうなんですか?、あなた自身は・・何かお仕事されてるの?

相談者:
あ、わたしは専業主婦です。

今井通子:
専業主婦でらっしゃる?

相談者:
はい

今井通子:
経済的にはどうなってますか?

相談者:
あ・・主人の、給料、から・・

今井通子:
はい

相談者:
ま、生活費として、

今井通子:
はい

相談者:
40万ぐらい・・

今井通子:
はい、40

相談者:
もらって、

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
・・それでえ・・離婚をしたほうがいいか、あ、しないほうがいいか、「どっちが得か?」っておっしゃいましたよね?

相談者:
そうなんです、あの・・

今井通子:
ていうことは、

相談者:
はい、はい

今井通子:
えーと、離婚をした場合は、な、どういう想定をしているわけ?

相談者:
ま、主人が悪いので慰謝料、を、もらってえ、

今井通子:
はい

相談者:
で、子供お、達の養育費を月々もらいながら、

今井通子:
はい

相談者:
あの・・成人するまでというか、はい

今井通子:
はい

相談者:
という形だとは思うんですけれども。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
それでやって行こうと?

相談者:
やって・・行くんだろうなっていう気はするんですけども。&#

今井通子:
あなたが働くわけではなく?

相談者:
そこも分からないんですよね。どれくらいの、慰謝料をもらえるか?とか・・

今井通子:
うん

相談者:
どれぐらいの養育費が・・もらえるのか?っていうのも、ちょっと分からないものですから・・

今井通子:
ただ・・

相談者:
ま・・

今井通子:
うん、それ分からないけれども、離婚しようかなあなんて、い、思ってるっていうことは・・

相談者:
うん

今井通子:
それにチャレンジする、気はないではないわけね?

相談者:
ま、金額によっては、

今井通子:
はい

相談者:
じゃあ・・それだけもらえるんだったら離婚したいんですよね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
でも、うーん・・

今井通子:
で、その金額っていうのに、大、大体目処があるわけでしょ?そうすっと。

相談者:
ま、今と変わらないぐらいの、せ、生活ができるんであれば、

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい
もう、いなくなってほしいっていう(苦笑)気持ちのほうが大きくて。

今井通子:
フフ(苦笑)・・はい

相談者:
はい
できれば、ま、離婚はするけれども、今の環境を変えずに、今の生活レベルも、ちょっと保ってっていうことはできるのかな?っていう?・・

今井通子:
うーん

相談者:
ことを教えてほしかっ・・

今井通子:
あ・・

相談者:
たっていうのが・・

今井通子:
なるほどねえ。

相談者:
はい

今井通子:
大体分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですねえ、弁護士の・・坂井眞先生がいらしてますので・・

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
あ・・

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)


「夫は月金は女んとこ。生活費40万の専業主婦が続けられる離婚がしたいです」への12件のフィードバック

  1. 生活費40万!すごいぞ、ご主人。今時なかなか、その額をポーンと奥さんに渡せる御仁がおいでるかね?
    まぁ私だったら、浮気のことは気づかぬふりでひたすらヘソクリ貯めるな。だって早々に御主人、離婚を切り出して来そうだもの。その時になって初めて、うぇーん、知らなかったわって慰謝料、養育費がっぽりもらって可哀想な妻を演じて別れるのが一番お得じゃないですか。申し訳ないけど、ご主人の気持ちはもう相談者さんから離れてるし、その30代の女性は随分と魅力がありそうですね。

  2. 今の状態って、浮気してることが分かって、腹は立つだろうけど、夫が家に帰ってこないのは、ある意味楽と考えることとできるし、生活費40万も入れてくれてるんだから、実害はないじゃない?
    浮気に気づいてないフリしてさ、生活費の中から貯金しつつ、証拠を集めつつ、いざ旦那が離婚を言い出してから、浮気の証拠突きつけて、慰謝料とって別れればいいよ。

    ただ、相談者は、離婚しても、働く気がないのか、慰謝料と養育費で、専業主婦(無職)状態で生活できる、と思ってるところが、なんとも今まで苦労せずに生きてきた、甘ったれ感がでてる。

    私も素人だし、詳しくは分からないけど、このテレ人ヘビーリスナーとしては、慰謝料なんて、いくらもとれないのは想像つく。

    その辺のところ、回答者は何も触れてなかった。

    私の結論、浮気に気づいてない振りで、現状維持、普通に暮らす、に1票。仕事と言って、家に帰ってこなきゃ、帰ってきたときに「お仕事大変ね、体に気を付けてね」とか、夫な好きな献立作って、機嫌をとっておけばいい。子どもには「お父さん、お仕事大変なんだって」って、言っておけばいい。夫だって、後ろめたさがあるだろうから、相談者の生活に口だしてこないだろうし、子どもが学校行ってる間、ランチ行ったり、気楽に過ごせばいいのさ。

    1. ねむこさんの結論、よいアイデアだと思います。
      相談者は日常生活で、いかにも不機嫌で無愛想に過ごすのではく、逆に献身的で朗らかな妻を演じ、夫から「こんなによくしてくれる妻を裏切って申し訳ないなぁ」とに思わせて、夫が相手と別れれば儲けものだと思います。浮気相手は本気でも、案外夫の本気度は低いかも知れません。
      但し、坂井先生がおっしゃられた準備はしっかりしておいて、急転直下の離婚話には、対応できるようにしておくべきでしょう。

  3. 月40万ってステキな旦那じゃないか、
    このまま定年まで頑張って退職金もらった頃に離婚すれば良いんじゃないかな、土日だけの仕事だと思って。

  4. なんかすごい内容でしたね。
    独身になって、働かないで、毎月40万の金ゲットする方法教えて。って話でしょ。
    旦那のしている事も褒められたことではないが、二人の女が彼の財力だけを狙って、鬩ぎ合ってる?大企業に勤めているだけが取り柄の男って感じ。相談者も、最初はそれが良くって結婚したんじゃないの?と思った。なんかあまりにも愛が無いんだもん。
    強欲女へ余計な知恵をつけず、離婚を勧めた回答者さんたちグッジョブと私は思ったよ。

  5. 相談者の「得」って言う点で見ると現実は
    生活を優先的に思うと…
    経済的に子供達を育てていくからね~
    坂井先生の言う…心の豊かさって言う観点
    から見るとその通りだと思う
    相談者の悩みの原因は打算的な思考が
    あるのでわないかな?
    つまり…欲張りなんでないのかね
    「経済的な豊かさ、心の豊かさ」
    選択は2つに1つだし
    世の中そんな自分の都合で虫の良い人生ってあるのかね…
    最出発して前を向いて欲しいです

  6. 自分を女王蜂、夫を働き蜂と考えて、自分は巣にいて子供産んで、夫はせっせと蜜を取ってくる(40万円)。
    そう割り切って子供二人大学卒業させるまで頑張ったらどうでしょう。

  7. 息子が父親の正体に気付いているのだから早く準備をしたほうがいい。
    ヘソクリ貯めて仕事見つけて自立の準備。
    遅くても5年計画で。

  8. 絶対離婚なんてしちゃダメだよ。こんなひどい夫でも、不倫相手の30女にくれてやらず、旦那さんがこの30女に棄てられたら離婚してあげたって良いと思う。辛いけど大迫先生の口癖、コツコツへそくり貯めてタップリと慰謝料貰って離婚した方が良いと思う。亭主元気で留守が良い!土日帰宅したら手厚く迎えて感謝して、20も年離れている30女に棄てられるかもしれないのだから。
    でも子供生まれたら辛いよね!この婚外子にも夫の財産あげなきゃならないのだから。ひどい話。
    不倫で子供を生む人は、よくよく考えないと。多くの人を傷つけるのだから。それにしても、芸術家、作家、芸能人等は昔から略奪婚が意外に多くてびっくりしているところです。

  9. どっちが得か?とか何か聞いてるだけで、嫌な相談者。
    旦那にとっても相談者は、魅力がない女性なのでしょう。
    そんな打算的な相談者に旦那が嫌気がさすのも当然だわ。
    ま、離婚してもしなくても、幸せにはなれないでしょう。

  10. 既婚者というカードを旦那が月40万でで維持していて、妻(相談者)がその価値に気づかずに女のプライドと天秤にかけている、という印象。公務員は離婚することで出世街道から外されるとは聞く。相談者旦那も会社員とはいえ離婚が出世に響く立場なのかも。でないと月40万も愛していない女に出さない。家を守って月40万の生活費をやりくりして、貞淑で殊勝な妻を演じ続ければ大企業社員だった妻として世間も一目置きそうなんだけどね。婚姻関係が続く限り、相続の半分は権利を有するし、枕元に駆け付けられるのも浮気相手ではなくて相談者。浮気相手は所詮二番手。浮気相手の女の一番良い期間を間接的に溝へ捨てている、と思えば多少は溜飲下がりそうだけど、どうだろうか。

コメントはお気軽にどうぞ