妻に当たるしかない夫の正体。叶うか?ただ穏やかな老後のための2つの選択肢


テレフォン人生相談 2020年5月22日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女69歳 夫73歳 2人暮らし 娘45歳 息子43歳

今日の一言: 人を批判するのは人を批判してるのではありません。「俺はこんなにすごいんだぞ」と叫んでいるだけです。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい、はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、お世話になります。

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
はい、わたくし69歳

加藤諦三:
69歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい、してます。

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
はい、73歳

加藤諦三:
73歳

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
長女が45で、長男が43歳です。

加藤諦三:
はい、そいで、2人で生活してんの

相談者:
そうです。はい

加藤諦三:
はい、分かりました、それでどんな・・

相談者:
主人との、関係で、悩んでるんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
非常に、あの・・攻撃的な言葉を(ため息混じり)投げつけて来たり、
高圧的な態度だったり、とかあるんですけど。
う、わた・・

加藤諦三:
その高圧的な・・

相談者:
うん

加藤諦三:
態度っていうのは、具体的にいうと例えばどんな態度ですか?

相談者:
うん。普通になんか話(はなし)してても、気に入らなくな、ると、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「お前は」あの、「下げまん」(*)だとか「うるさい」だとか「黙れ」とかって言、言い出したり、

(*)下げまん:
男性をもり立てる女性、出世させる女性、幸運をもたらす女性や伴侶のことを「上げまん」と言い、下げまんはその逆。

加藤諦三:
うん

相談者:
「俺の金で」ね?、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの「生きてるくせに」、

加藤諦三:
うん

相談者:
「俺に、逆らうのか!」って、こういうふうになっちゃうんですね。

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
うーん

加藤諦三:
まさに高圧的な態度と攻撃的な言葉が・・多いって言ったんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
具体的にいうと、どんな言葉ですか?

相談者:
あ、例えば・・主人の、ほかの人に対して・・
「あいつはこうだな」とか、「生意気だな」とか、言うと、わたしが「そんなことないんじゃない」なんて言うと、
「俺に対して意見するのか!」とかね?

加藤諦三:

相談者:
そういう感じで言ってくるわけですね。うん

加藤諦三:
で、なんでそんなに怒んなきゃなんないだ?と思います?

相談者:
分からないですね、なんかイライラして・・

加藤諦三:
だから、ま、ある、AならAをね?

相談者:
はい

加藤諦三:
加藤諦三なら加藤諦三をすごく批判して、

相談者:
はい

加藤諦三:
「あいつは愚かだ」まあ、「アホだ」って、批判し・・

相談者:
はい

加藤諦三:
してるのはね?・・何も加藤諦三がアホだ・・なんだって言ってるんじゃなくてえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
「俺はこんなに偉いんだぞ」、

相談者:
ああ

加藤諦三:
「俺はこんなにすごいんだぞ」・・

相談者:
はい

加藤諦三:
っていうことを言ってるわけですよ。

相談者:
あー、そうですね。&#△・・

加藤諦三:
そのときに、

相談者:
ええ、ええ、え

加藤諦三:
「そんなことないんじゃない?」って言われたらあ・・

相談者:
うん

加藤諦三:
自分のプライド、ズタズタに傷付けられるわけですよ。

相談者:
あー・・はい

加藤諦三:
だから、

相談者:
はい

加藤諦三:
劣等感の強い人っていうのは物凄い・・攻撃的で、

相談者:
あー

加藤諦三:
人を批判しますから。

相談者:
はい

加藤諦三:
人を批判してるときに、同調して乗って来ないで・・

相談者:
はい

加藤諦三:
「あの人にもいいとこあるんじゃない?」・・

相談者:
はい

加藤諦三:
なんて言ったらあ・・

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
物凄い傷ついちゃうんですよね。

相談者:
あーあー・・&#△%

加藤諦三:
だからすっごい怒っちゃうんです。

相談者:
そう・・

加藤諦三:
元々だから傷付きやすいわけでしょ?

相談者:
あーあー、そうかもしれないですねえ・・

加藤諦三:
最初のうちからそうだったの?それとも・・

相談者:
いやあ、だいぶ経ってからですね、20年ぐらい経ってから・・なんかちょっとなんか、会社あ、でも大変な位置にいて、

加藤諦三:
うん

相談者:
仕事もバリバリしなきゃいけなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、そういうのストレスもあったのかもしれないですけど・・

加藤諦三:
うん

相談者:
そのときにい・・殴られたりしましたけどね。

加藤諦三:
どの程度ですか?その暴力。

相談者:
あ・・顔面殴られて鼻の、真ん中の筋ですかね、あの、なん、鼻骨っていうんですかね?

加藤諦三:
うん

相談者:
それを、あの、アハ(苦笑)、折れたというか・・

加藤諦三:
鼻骨が折れるほど?

相談者:
ええ、え、すごかったんですけどね。そういうので(苦笑)・・ちょっと・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
うん

加藤諦三:
そいで、あなたの解釈だと、その、会社でストレスが強くなってということですか?

相談者:
それもあると思いますねえ。たぶん。

加藤諦三:
うーん、あなたは、大体、人を良く解釈するほうですよね?

相談者:
そうです。どっちかっていうとわたしは・・みんなと仲良くしていきたいんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
主人はそうでもないですねえ。人に対して非常に厳しく、批判したりします。
だから・・

加藤諦三:
厳しいというよりも・・

相談者:
ええ、思うようにさせたい

加藤諦三:
怒りの対象ですからね?

相談者:
あ・・そうですねえ。

加藤諦三:
うーん

相談者:
だから子供たちも、もう全然あの、寄り付かないていうかね?・・来ないんですよ、家(うち)には。
で、わたしにはメールして来たりとか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
写真送って来たりとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
あるんですけど。一切ないんです、も、子供との接触がね。

加藤諦三:
で、その最初にうちは、ま、そうでもなかったんだけども、後半に、攻撃的になったということですけれども。

相談者:
はい

加藤諦三:
父親であることが、ま、ある時期から非常に負担になったっていうことは、ないんですか?

相談者:
ああー・・そうでしょうかね?やっぱり・・
「俺が食わしてやってる」っていう気持ちはすごく、強かった、みたいですねえ。

加藤諦三:
うーん

相談者:
うーん

加藤諦三:
というように感じて、それで・・

相談者:
はい

加藤諦三:
今日のあなたの相談というのは、

相談者:
ええ
もうちょっと穏やかにね?もう、今更、別れるっていうのもなんですから(苦笑)・・穏やかに過ごしたいんですけれども・・あの・・

加藤諦三:
で、その穏やかに過ごすにはどうしたらいいかと。

相談者:
はい・・

加藤諦三:
ただ、も、73歳ですからあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
会社は定年・・

相談者:
はい。もちろん、もう・・

加藤諦三:
ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、定年後は、不機嫌なんですか?

相談者:
そうですね。も、やることがないっていうか、&#△%(含み笑い)・・

加藤諦三:
ないからね。うん

相談者:
「なんも面白くない」って、「毎日何したらいいんだ」って・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
いう感じですね・・

加藤諦三:
それはあのお、

相談者:
うん

加藤諦三:
面白くないでしょうね。社会的立場がなくなって来て・・

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
子供もいなくなってしまって、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたが・・ご主人と一緒になって、「世の中アホばっかりだねえ」つってこう・・嘆いてくれてればいいんだけれども、

相談者:
(苦笑)

加藤諦三:
「あの人そんなことないわよ」って言われて、

相談者:
ええ

加藤諦三:
カーっと来るというような・・ま、そんな、毎日を・・なんとか穏やかに過ごしたいということですね?

相談者:
そうです。はい

加藤諦三:
はい。分かりました。
今日はあの、スタジオに弁護士の大迫恵美子先生がいらっしゃってるので、

相談者:
あ、はい・・はい

加藤諦三:
いろんないいアドバイスいただけると思います。

相談者:
はい、はい

(回答者に交代)


「妻に当たるしかない夫の正体。叶うか?ただ穏やかな老後のための2つの選択肢」への8件のフィードバック

  1. よくいる劣等感の強い年配者タイプです
    心理的に動機は「認めて欲しい、評価されたい」
    他者を批判することで劣等感を解消したく
    無意識化の中で
    意識化では怒り感情←暴力、暴言がでる
    これなら相談者も堪らないよね
    依存心も有るから…大変だゎ相談者も依存心
    あったら別れられないんだけど…
    加藤さんの得意分野だからね~心理的観点
    からのアドバイスだけど
    相談者の旦那は褒められ育って無いから
    当然、愛情欲求も無く育って成人したから
    相談者を母親的に無意識化で写って
    いるんだね
    相談者は残り少ない人生だからこそ
    決断して欲しいです

  2. スーパーの買い物は世帯代表者お一人で、という時期にもかかわらず夫婦で来ているのをよく見ます。

    相談にあるようなDV夫が混じっているのかと思うと気持ち悪いです。

    1. 同感です。自粛要請されている最中でも夫婦二人連れは良く見かけました。旦那とおぼしき男性は買い物慣れしていない人が目立つ。積極的に物色するわけでもなく、出入口や通路をウロウロして通せんぼ状態。

  3. 相談者も大変だが、こういう類の人がもし勤務先の上司でだったら、周りはたまらない。それとも勤務先では、案外外面が良く、ものわかりがよいふりを演じているかも知れない。その反動で、家では人間嫌いの利己主義でどうしようもない、依存的敵対関係にある配偶者に変貌するのだろう。

  4. 諦三さんが言ってるように「世の中みんなアホばっかりだねぇ」って夫に同調できるかどうか?
    夫が本気で人のことアホって言うと思ってるんだ、相談者は。
    別に本人に面と向かって言ってる訳じゃなし。。
    このふたりの間に誰も入れないよ、お似合いだ

  5. この相談者さんみたいな人結構いるよね。
    人の悪口とか言わなくて、とってもいい人って。
    でも、こういう人って結構人傷つけているのに気づいていないんだよね。
    加藤先生から「あなた、人を良く解釈するほうですよね?」って聞かれ、すぐに「はい、みんなと仲良くしていきたいので」
    いるんだよね、空気読まずにいい人ぶるの。
    「そんなこと言っちゃダメ、仲良くしないと」
    仲良くするしないは当人が決めることだよ、いい大人がなにごっこやってるのかって思う人の一人だねこの相談者。
    あまり好きじゃない。

    1. 相談者も生きる方法として、みんなと仲良くしてきたのでしょうか。
      でも、実際に家庭内暴力が例え数回でもあったと言うのに、その事に怒りの感情を込めずに話す様子に疑問を感じました。
      しっかり、自分の考えを持ち、それでも他者を受け入れるのと、彼女のように無かったことにしてやり過ごすのでは、同じように見えても違うと思います。
      ??さんの気持ち、分かります。

  6. 大迫先生の大根のくだり、以前もおっしゃってたことがあって、印象的なアドバイスだったので懐かしかったです。
    そのときの相談も夫が横暴で妻が離婚したいという内容で、大迫先生のいつもの一見冷たく感じる冷静な口調の中に、具体的でほんとに親身になって語っているなと感じるアドバイス、途中で今回のような大根の話をした時に大迫先生の暖かさを感じて涙が出そうになった記憶が。

    今回の相談、ご主人に殴られたとき相談者はどういう態度を取ったんだろう。
    子供たちはDVがあることを知っているんだろうか。
    ご主人は殴ったことを謝ったりしたのだろうか。
    でも何回か手をあげているようだから反省してないよね。
    穏やかに過ごしたいと言っているけど、何をのんきに、と思ってしまう。
    一生添い遂げようと思うなら、穏やかに過ごすことは無理なことで、相当な覚悟が必要だよ、そんな苦労しなくてもいいじゃないか。

コメントはお気軽にどうぞ