息子公認を間男扱いでフィリピン嫁に苦言。編集削除された暴言はこれだ!

テレフォン人生相談 2020年6月11日 木曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女79歳 夫82歳 別棟に住む息子54歳自営 フィリピン人の嫁34歳 孫息子8歳 孫娘4歳

今井通子:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いいたします。

今井通子:
はい・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あの、息子夫婦と孫の、ことで、相談したいんですけども。

今井通子:
はい
あなたはおいくつですか?

相談者:
79歳です。

今井通子:
ご主人いらっしゃいます?

相談者:
82歳です。

今井通子:
82歳・・え、今あの、お孫さんと息子さん夫婦っておっしゃったけど、

相談者:
はい

今井通子:
同居してらっしゃんの?

相談者:
いいえ・・おなし、敷地内に・・

今井通子:
あー、はい

相談者:
別棟を建ってます。

今井通子:
はい、分かりました。
で、えーっと、まず息子さんは?

相談者:
はい

今井通子:
何歳?

相談者:
54歳

今井通子:
お嫁さんはいくつ?

相談者:
34歳

今井通子:
で?、お孫さんは?

相談者:
男が、8歳・・女が4歳です。

今井通子:
はい・・で、どういったことなんでしょう?

相談者:
あの、実はあのお、1ヶ月前ほどから、男の方が、フィリピンの方ですけど、あの、朝来て、夕方まで、いるような、ことが、な、3回くらいあったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
それがわたしがちょっと、もう・・我慢できなかったんですね。

今井通子:
・・ん、ちょっと待・・

相談者:
息子が・・

今井通子:
ちょっと待って。

相談者:
息子がいないときに・・来るんですよ。

今井通子:
息子さんが何?どっか出張してるの?

相談者:
あの、息子はあの、仕事してます。
自営だもんですから。

今井通子:
あ、自営でらっしゃんのね?はい

相談者:
はい、そう

今井通子:
で、働いてらっしゃるう、場所は、お家か・・

相談者:
あの、離れてます。

今井通子:
お家から離れてるのね?

相談者:
はい、はい

今井通子:
はい、はい
で、男性が、はい、朝から晩までいると。

相談者:
ええ、5時頃までいます。

今井通子:
はい

相談者:
それが、わたしがちょっと我慢できなくなりまして、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、「それはやめてほしい」って、嫁に言いました。

今井通子:
はい

相談者:
それでも、やめれなかったんですね。

今井通子:
・・このお、いる理由はなんだか分かってんですか?

相談者:
分からないです。
訊いても言いません。

今井通子:
何してるかも分かんない?

相談者:
分からないです。

今井通子:
はい。これ・・

相談者:
こ・・

今井通子:
あの、例えば、何をしに来てるかも分からないのに「嫌だ」って言っちゃったんですか?

相談者:
・・食事の・・

今井通子:
例えばね?

相談者:
食事のね、材料を、

今井通子:
うん

相談者:
なんか持って来て、

今井通子:
うん

相談者:
あの、持ち込んでますね。

今井通子:
・・

相談者:
あたしもずっと見てるわけじゃありませんので、

今井通子:
はい

相談者:
その辺がちょっと分からないんですけども、

今井通子:
・・はい

相談者:
それで、息子にその、いくら言ったら、したら、嫁、嫁さんから、その最後にわたしが言ったときに、約束を・・お、「わたしと約束をしたのにどうして?」っていうお話をしましたら・・
「パパのいないときに」って、わたしが言ったんですね・・え「こうやって来る」って。
そしたら、息子にすぐ電話をしたみたいで、息子から今度電話がありまして、「友だちを呼んで何が悪い」っていう・・ことが、息子から来たんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
でもわたしとしたら、やっぱり・・「そりゃフィリピンは・・違うかもしれない」、「日本は」・・「&#人だから(*)、わたしが嫌だ」って・・宣言しちゃったんですね。

(*)編集削除されたもよう。
この後の今井、大迫、両女史の言動から、「フィリピン人だから」と言ったと思われる。

今井通子:
はい

相談者:
そしたら・・それから・・もう、孫も寄越さない、行っちゃいけない、向こうも一切来ない・・ていう感じです。

今井通子:
・・はい

相談者:
それで息子・・孫は・・とにかく学校へ入ってからは、毎日、あたしのところへ「ただいま」って帰って来て、
うちで、勉強をして・・いたんですけども、それも一切・・なくなったんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
で、それはわたしが、あの、カラダ的にもすごい・・楽になったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
だからいいんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
やっぱりなんとなく、あの、主人は、寂しいところもあったり、なんとなく、子供たちがそのまんまで・・いいんだかどうか?っていう・・心配があるんですよ。

今井通子:
なるほど。
あなたは・・

相談者:
はい

今井通子:
男性が、

相談者:
はい

今井通子:
ま、ママあ、を目当てみたいに、

相談者:
はい

今井通子:
思ってるのかもしれないけど、

相談者:
はい

今井通子:
・・ま、息子さん達の家に来ると。

相談者:
はい

今井通子:
はい
で、それは「わたしは嫌だ」と。

相談者:
はい

今井通子:
・・ま、で、何してるか分かんない(含み笑い)のに、

相談者:
はい

今井通子:
もう、「嫌だ」の一点張りなんですね?あなたはね?

相談者:
はい、はい

今井通子:
で、そのことを・・

相談者:
はい

今井通子:
息子さんに言ったら、

相談者:
はい

今井通子:
息子さんから「友だち呼んで何が悪い」と。

相談者:
はい

今井通子:
ていうことで、息子さんからも反対されたわけよね?

相談者:
はい

今井通子:
うん
でも・・

相談者:
はい

今井通子:
ここは日本だから・・

相談者:
うん

今井通子:
自分が「嫌だ」って言えば嫌なんだと。

相談者:
へへ(苦笑)、あたしも頑固なもんですから。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
ですね?

相談者:
はい

今井通子:
えー、お孫さんが来なくなって・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたは、

相談者:
はい

今井通子:
気が楽なったったり、身体が楽になったが・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたの、ご主人・・

相談者:
はい

今井通子:
のほうは寂しそうだと。

相談者:
はい

今井通子:
・・故に、のとこから先ちょっと、ま、話してください。

相談者:
・・いや・・

今井通子:
どうしたいの?

相談者:
いや、どうしたいっていうか、そのまんまで、孫たちが・・う、別にわたしそれをね?、楽になっていいやと思うけど、孫のためにそれでいいのかどうか?と思って・・ご相談したかったんです。

今井通子:
分かりました。
今日はですね・・

相談者:
はい

今井通子:
弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので・・

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。先生よろしくお願いします。

相談者:
はい、よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)


「息子公認を間男扱いでフィリピン嫁に苦言。編集削除された暴言はこれだ!」への14件のフィードバック

  1. 相談者の気持ちもわかるけど、息子さんの年齢や敷地内同居を考えても、フィリピン人のお嫁さんが孫を生んでくれたのはありがたい事じゃ無いかしら。

    大切な母親を邪険にする人を、子どもは認めませんよ。

  2. 「息子の留守中に嫁が長時間、男を家に上げるのが嫌だ」この一点は同調できる。フィリピン人蔑視を回答者たちに悟られないようにすればもうちょっと相談者寄りの回答が貰えたかも。

  3. 初老の息子は嫁にセックスを充分に与えることができなくなったから間男を当てがってるのかね。
    親子ほどの歳の差やん。

  4. ラジオをきいていて、相談者の、自分は悪くない、嫁が悪いという思いが強すぎて先生方のアドバイスも耳に入らなかったようにみえた。普段もこのような言い方をされるのは辛い。孫たちにもこの押し付けるような言い方をするのなら孫たちもキツかったと思う。気が楽と言うが寂しいのではないかしら。今井先生のきつい言い方に驚きました。

  5. 目に映る、全てが不満
    問題は自分の事ではない、、そう言います
    なるようにしかならない
    自覚なき嫌われ者の不安は
    なるようにしかならない
    素直に”寂しい”と言えるなら言えたなら
    初めから終わりまで、怒りの声が鳴り響く

  6. 「夫が寂しそうなのでね!私はもう吹っ切れましたけど!(怒)」
    つまりはあなたが寂しいんですよね?孫の成長云々言ってるけど、本当は自分が寂しいんでしょ?
    孫が可哀想だからと言って、『孫を思う自分』に酔ってる雰囲気。
    「全く来なくなって寂しいんです」「言い過ぎたと反省しています」と認めたら楽なのに、プライド高すぎて認めたら崩れてしまうんでしょうね。

    国籍云々の話を置いといても、この相談者さん、私が嫁だったら嫌だなぁ。
    口を出す人は土足でどこまでも踏み込んできますからね!
    それに、大迫先生の「でもお孫さんは可愛いでしょう?」に対して、わけのわからない返答をごちゃごちゃとした上で、
    「そうですね。可愛いですね特に女の子は」
    って。
    こんな事言う姑嫌です。

    このお歳までこの感じだったら、もう変わらないですね。
    今井先生、最後によく言ってくれた!

    まぁ確かに、朝から晩まで入り浸る男性も気にはなるけれども…

  7. 最後の方で、今井先生の一喝で相談者が「シュン」となってしまいましたね~
    大迫先生より・・・ここはヤハリ~今井先生との最強コンビである
    三石先生だったら効果大のように思いました!

  8. この相談者にはぜひ「さだまさし」著の「秋桜」っていう本を読んでもらいたいなあ。
    同じようにフィリピン嫁の話なんだけれど、その姑は、
    「コスモスはメキシコ原産らしいけど、今はもうコスモスは日本に根付いて当たり前のようにそこここに咲いている。
    お前もそのように生きなさい。」
    って言って、外国人を身内に迎える見本のようなお話。

    (しかしこの相談は、回答者と相談者の話のレベルが違いすぎて噛み合ってませんね)

  9. 息子がいない間に、嫁の家に、男性が頻繁にきている。
    これは、嫁が日本人だろうと、外国人だろうと、私でも疑問に思うかもしれない。
    でも、息子が、その男性のことを、嫁の友人だと知っていて、息子がオッケーなら、もう何も言うことはないはず。
    相談者は、外国人であることによる偏見と、ま、以前から、嫁のことをよく思ってなかった、気に入らなかったんだろう。

    嫁にしても、相談者のことは
    好きじゃなかったんだろうし、
    今回のことで、断絶してしまったね。

    相談者の夫が寂しがってて、
    また交流を持ちたいなら、
    相談者の謝罪が必要だろうけど、
    嫁側は、謝られても、
    しこりはなくならないだろうね。

    嫁が外国人であろうとなかろうと、
    息子家族が幸せなら
    それでいいはずで、
    相談者が干渉する筋合いはない。

  10. まぁ~この相談者は承認欲求からの置き換えってことかな…
    今井先生と大迫先生も心理的な観点から見れるからね~
    1番タチの悪いタイプだから息子夫婦も
    たまったもんじゃないですね
    やれ「フィリピン人だの文化だの孫だの
    旦那さんが寂しいだの」口実として
    実は相談者の承認欲求を解消したいだけの
    言動なんだよね
    相談者も無意識化に潜んでる欲求だから
    自覚は出来ないけど
    何せ「頑固」これはも~劣等感の特徴的だから大変だよ…テレ人生に相談したのでは
    なく
    たんなる愚痴、批判的だもん…解決する意思が無いよいに感じました…
    82歳…穏やかな人生過ごして欲しいですね

  11. このお祖母ちゃん、根は悪い人でもなさそうですよね。ご本人のおっしゃる「頑固さ」は私も聴いていて感じましたが、返事がハキハキしていて立派だなぁと。相談内容の冒頭「同じ敷地内に建っている息子の宅に、息子の不在時(お嫁さんしかいない時間)、知らない男性(国籍はお嫁さんと同じフィリピンであると断定)が朝から夕方まで滞在している。それが3回ほどあった。我慢できない」。そこまでは感情として理解できるし、多少同情の気持ちも生まれます。ただ、「わかってしまった」とおっしゃった出入り男性の国籍「フィリッピン」の発音自体に嫌悪感が滲み出てしまい…。もっと言えば差別意識。今話題のレイシズムです。つまりその差別意識を元々フィリピン人であるお嫁さんに対して持っていたということですよね。「色々たまっていた」ようなことをおっしゃっていたけど、息子が国籍の違う女性と結婚し、嫁として敷地内に迎えて以来、一切、現実をご自身の覚悟として受け入れていなかった。その拒否感の強さは一体何なのでしょうか?世代特有の偏見なのでしょうか。理解に苦しみます。私はフィリピンの方と何度も働いたことがありますし、私の仕事のお客さんにも多いのでわかりますが、フィリピン人のコミュニティーって繋がりがすごいですよ。仲間意識丸出し。みんな家族同然というイメージを持っています。このお祖母ちゃんも清く正しくたくましく生きてこられたお方なんだろうけど、例えば孫の面倒を見るのは当たり前であるとか、自分の価値観とは違う家族という共同体のあり方について、フィリピン人のお嫁さんの感覚をこれまで少しでも理解しようと努力をなさっていれば、今回の断絶は起きなかっただろうな、と思いました。どんな形であれ、上から目線だけは絶対にダメですね。勉強になります。

  12. 外国人妻ってすごい勝手ですね。信じられないくらい図々しい。実家に全部有り金持っていかれないように見張ってなきゃ。話し方もてはがもがおかしいし、犯罪犯して、蒸発するかも。

  13. まあこれが日本人なら気を配るところだわな。公共の場で会ったりして。
    エネルギーがいるけど、日本人と外国人では価値観がまるで違うのだという前提にたって行動するしかない。

    「日本では○○はしない。どうしても○○をしたいならうちの敷地内ではやめて外で」と伝えるしかないだろう。
    というか伝えてもらわないと相手も理解しようがないし「やめてと言ってこないのだから問題ないことだな」と思うにきまっている。
    外国人を親族に迎えるなら日本人のように阿吽ではいかないことを覚悟しておくべき。

  14. ピーナ嫁を迎えざるを得ない程に縁が遠かった息子について、相談者はどう思っているのだろうな。相談者自身がその元凶っぽいんだが。フィリピン人嫁を題材にした名作漫画「愛しのアイリーン」が脳裏にチラついたが、この相談者と比べるのも名作に失礼な気がした。悪い意味で典型的田舎の日本人である。こういう人種も珍しく無い中で、日本はよくもオリンピックだのインバウンド需要だの画策したな。どちらもコロナでおじゃんだけど、その方がいろいろな意味で良かった。今の50代以上はやはり外国人に対してレイシズム持っている。自分が観光関連に携わっているのでよくわかる。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。