過酷な幼少期に育たなかった母なるもの。家族に抱く敵意が擬態した自責


テレフォン人生相談 2020年6月22日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女57歳 夫59歳 長女29歳 3人暮らし 長男24歳と次男21歳は他県の大学生 両親は2歳の時に離婚 父は8歳のときに他界 継母と暮らしていた

今日の一言: 不幸を受け入れる。するとすることが見えて来る。デヴィット・シーベリー

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、こんにちは、よろしくお願いいたします。

加藤諦三:
はい、最初に、年齢教えてください。

相談者:
57歳です。

加藤諦三:
57歳、結婚してます?

相談者:
はい、しています。

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
59歳です。

加藤諦三:
59歳、お子さんは?

相談者:
3人います。

加藤諦三:
はい

相談者:
娘が、

加藤諦三:
はい

相談者:
29歳

加藤諦三:
はい

相談者:
長男が、えっと24歳

加藤諦三:
はい

相談者:
次男が20、1歳です。

加藤諦三:
はい
で今5人で暮らしてんですか?

相談者:
下の2人は、他県の大学に行っております。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすっと3人で暮らしてんですね。

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
はい、分かりました。それでどんな相談ですか?

相談者:
はい
実は・・わたくしはあの・・小さいときに・・両親が離婚しまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
父はアルコール依存症があって、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしが小さいときに、自分の苛立ちを・・わたしにこう・・向けていたところがありました。

加藤諦三:
はい

相談者:
その父が・・8歳で亡くなって、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしの実母というのは、わたしが、恐らく・・2歳前ぐらいに、離婚しているようで、

加藤諦三:
はい

相談者:
その後・・再婚した・・継母(けいぼ)が、まあ、わたしを育ててくれたんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのときに・・父がアルコールを飲んで、継母と、喧嘩をしたりとかで、

加藤諦三:
はい

相談者:
自殺をするみたいな、こう、階段のところに、こう、紐がぶら下がっている、とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
小さいときの記憶が、あります。

加藤諦三:
はい

相談者:
そして、わたしの・・左手には、あの、タバコの火を押し付けられた痕があって、

加藤諦三:
ん、はい

相談者:
ま、ひどい折檻(せっかん)を受けたという記憶もあったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうふうなわたしが育っていって、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、母親を求める気持ちがありましたけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
継母は、悪い人ではなかったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしが欲しいと思っていた・・愛情を、もらうことはできなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
それでも・・そういうものを探すというわたしが、いましたけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしももう母親探しはやめよう。自分で生きよう。自分の生活を自分で立てて行こうという決心を、思ったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
だから、親、から離れるというか、親を追わないということは、そのときに・・決めて、

加藤諦三:
はい

相談者:
その後結婚をし・・子供を育てていったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
大学・・4年生の、長男が、

加藤諦三:
はい

相談者:
研究室・・での・・コミュニケーションがとれなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
留年してしまいました。

加藤諦三:
はい

相談者:
そして、これから、2ヶ月後に、休学をするというような、

加藤諦三:
うん

相談者:
ことになって、しまいまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
息子がこうやって(泣)・・疲れた気持ちを・・休ませに・・帰って来るのに・・

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしは・・(泣)・・自分のこの・・親からの・・あ、温かい気持ちだったりとか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
(泣)そういうものを・・もらっていなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
自分の子供に(泣)・・

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしはこんな辛い・・「生い立ちの中で生きて来たんだから、あなた達は、生温い(なまぬるい)のよ」というような・・

加藤諦三:
うん

相談者:
気持ちが・・子供たちに出てしまって、

加藤諦三:
うん

相談者:
本当は温めてあげたい、これが必要だと、分かっているんだけれども、
自分の・・辛さや悲しみみたいなものを、

加藤諦三:
うん

相談者:
我慢して来た気持ちを・・先に子供に・・当ててしまって、

加藤諦三:
うん

相談者:
そして、その中でも生きて来た子供たちは・・お母さんはこんな人なんだからと、思いながら・・自分自分でこう、歩み始めているところを・・

加藤諦三:
うん

相談者:
またわたしは邪魔するんじゃないだろうかというところで、

加藤諦三:
うん

相談者:
これからの生き方を(泣)・・

加藤諦三:
うん

相談者:
(泣)・・どういう態度で、

加藤諦三:
うん

相談者:
向かえばいいのか?というところに、

加藤諦三:
うん

相談者:
今までは子供に依存して来たので、

加藤諦三:
うん

相談者:
分からないん、です。あの、夫との関係も・・夫がいてくれて良かったと思う気持ちと、

加藤諦三:
うん

相談者:
やっぱり(ため息)あなたはなんにも分かってないという、自分の敵意と、同時のものが2つ、あって、

加藤諦三:
うん

相談者:
今ある幸せを大事にしないといけないと思いつつも・・わたしの・・トゲという物が・・

加藤諦三:
うん

相談者:
人を傷つけているという、こういう状態にあって、

加藤諦三:
うん

相談者:
これから(ため息)、今気付いたことをどうやって・・人の人生を邪魔しないで、自分の人生を、そして今、得てる物を・・大切にしながら生きたいんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
その、小さいときの、痛みや傷を、どうやって、晴らして、行けばいいのかが、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと、分からなくて、お電話・・したところでした。

加藤諦三:
はい、どうもありが、

相談者:
&#△%すいません。

加藤諦三:
はい
で今日の相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると今まで・・お子さん3人がいて、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人がいてという生活の中で、あなたが・・心の支えというか、生き方の指針としてきた、

相談者:
はい

加藤諦三:
そういう物が失われて、わたしは今どうしたらいいんでしょう?っていうのが相談ですね?

相談者:
そうですね、はい、&#△%

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあのお、スタジオに、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
え、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、ありがとうございます。

(回答者に交代)


「過酷な幼少期に育たなかった母なるもの。家族に抱く敵意が擬態した自責」への18件のフィードバック

  1. 言えばいいんだよ、「生温いんじゃああああ!」って。鬼婆のように。そうすれば、長男はすぐまともになってくれます!
    それができる精神状態になるまでが大変なんだけど、向き合ってきたのなら今頃そうやって本音をいえる関係になっているはず。今でも遅くない。幸せになろう

  2. まず相談者は加藤先生とマドモアゼル愛先生で良かったですね
    けどまぁ~何回も思うけど相談者は健全な
    人格形成は出来ないし崩壊寸前だもん
    本当に良く生きてきたんだね(涙)
    本題は加藤先生の心理的な観点からですが
    「過剰な憎しみ敵意」
    当然です自分に責任は無いんだも
    母親と2歳で離別、父親からの折檻、継母の
    冷たさやら環境が心理的原因だから
    憎しみ敵意を抑制しながら育って来た訳で
    相談者は一般家庭的な「家族団欒、温かさ
    愛情、守られる」っといった事が
    欲しかったのかな?
    無意識化に抑制した欲求が溜まって溢れてきたんだね~
    置き換えに繋がったんでしょうね
    旦那さん子供達には「当たらない」ことだね
    よく加藤先生が「自分に対して自分から許す」
    怒り、憎しみ、敵意を無意識化に肥大化しているから相談者は語りかけること
    「もういいんだよ」とかその他色々…楽になると思うけど過去の生い立ちやら家庭環境は、認めることだね…運命だったとね
    マドモアゼル愛先生「3歳児」心理的な観点からの表現ですが
    無理してきた…相談者の幼少期の環境なら
    健全には発達心理は出来ないから
    当然…劣等感も過剰になるから比べて無理してきたとの見解でした。
    頑張り過ぎた57年間だったんでしょうね
    相談者はまだこれから人生あるんだから母を見つけるはずです…きっと…
    「母を訪ねて三千里…マルコ」

    1. マルコ…
      おもしろいですね、不謹慎でしょうが半笑いになってしまいました。

      幼子に責任はないとは言え、57です。今までに何度もチャンスはあったはずです。そのたびに、幼少時の傷という便利グッズでしれっと子供たちをスルーしたんだろうと思います。今回もまた、そうしようとしてますね。
      そろそろはっきりして欲しい。幸せになりたいのか、今のままでいいのか、ひとりになりたいのか、家族の一員でいたいのか
      死ぬまで “でもでもだって” 言いながら暮らすのですか?あなたは親としての愛情は絶対にあります。絶対にあります。怒らない虐待しない母が「良き母」じゃないです。良き母なんていないです。マニュアルがないから創り上げていくしかないんです。あーでもないこーでもない、いつも心を痛めてさえいれば、こどもは応えます。あまりに器用に感情を隠し続けてきたあなたをみるのを、こどもたちは無意識でつらかったはず。今からでも遅くないです。私は1日の半分くらい娘のことで腹が立ちます。口に出してしまうこともあります。もうどうなったっていいくらいのときもありますが、絶対に幸せになることだけは諦めません。

  3. 幼少の頃に実母に布団に簀巻きにされて押し入れにおしこめられた苦しみや
    同時期風呂で溺れてるのに放置されて自力で這い上がったことや虫歯を一切放置されて幼稚園の時点で奥歯をぬかざるをえなかったことや、父親に抱っこされていたら母親に無理矢理難癖つけられておろされたりってのは普通なのか?ふつうだよね、?普通ってなんだ?実母でもこれ以上のことやるんだよ?継母はどれほどだ?

  4. 6月24日11:27AMの匿名様へ
    コメントの定義
    意見、見解、補足的な解説、説明、論評
    貴方の文面はどれに当てはまりますか?
    考えてコメントして下さい

    1. 何に当てはまるかわかりません。以後、気を付けます。
      それにしても、長くて面倒くさい文章を読んでくださり、ありがとうございます!

    2. 管理人さんの「コメントはお気軽にどうぞ」の趣旨を、考えたことはあるのか?
      他人のコメントにいちいちケチつけなさんな。
      それより、この相談についての貴方のご意見はないの?
      私はそれを聞きたい。
      コメントの定義はもういいから、貴方の考えを聞かせて。

        1. 6時27分にコメントしたmisakiです。7時37分のmisakiさんは、管理人さんならわかるでしょうが、証明できませんが、私とは別人です。

          1. 誰も気にしてないけど…毎回ログしてチェックして大変ですね

          2. misakiさん
            いつもコメントありがとうございます。
            おっしゃるとおり別人です。

            この方、この記事だけでも、なんと7つの名前を使い分けています。

            ・匿名さん
            ・匿名(2020年6月24日 12:23 PM)
            ・みさき
            ・mkisaki(2020年6月25日 7:37 AM)
            ・自意識過剰
            ・粘着女性
            ・暇人女性

            7面相(管理人が名付けました)さん
            特にルール的なものは設けていませんが、他の誰かのハンドルネームを騙(かた)るのはダメです。

      1. misakiさま
        ご親切にありがとうございます!
        他の方もおっしゃっているとおり、感情のまま書きましたので意見もなにもないです。でもmisakiさまのおかげさまでまた元気になりました。ありがとうございます

  5. 推測ですが…他のコメントしている人に対して反論や批判的な文面だからでしょ…
    ↑匿名…終いには自分の感情論だし(笑)

  6. 2番目の匿名は常に(読むテレ)の主だな!
    平がな多いしな~
    辞めてもらいたい!本家に相談してもらいなさい

  7. 母親からたくさん愛情を与えられて育ってもかなり悪い性格の人ってたくさんいます。自分がどんな母親に育てられたかということよりも今は自分だったらどんな風にしてもらったら嬉しいか子供さんの立場に自分を置き換えて考えたりしてとにかく前向きに子供に寄り添ってあげたらいいと思います。母の愛情は相談者さんの心の中にたくさん育っていますよ。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。