別居夫を野放しにした大きすぎる代償。盗まれた全財産に無力な法律

(回答者に交代)

大迫恵美子:
はい、こんにちは

相談者:
こんにちは、よろしくお願いいたします。

大迫恵美子:
はい
その、伺ってるとね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
え、ご主人が何をしてるのか?、どんな仕事をしているのかね?

相談者:
はい、はい

大迫恵美子:
えー、あまりよく分かってなかったそうですけど。

相談者:
飲食店をやってるのも・・分かってまして・・それが・・

大迫恵美子:
ま、そのお店には、行ったことはあるんですか?

相談者:
はい、1・・1、2度。

大迫恵美子:
じゃあ、今も行けば、そこに行けばね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
いるんじゃないんですか?

相談者:
出て来ないですね・・
そこの名義もすべて、自分で、はなく・・その、女の人、にしてあるみたいで・・

大迫恵美子:
あーあ、つまり女性がいるんですね?

相談者:
そうですね。

大迫恵美子:
それはいつ頃からいるんですか?

相談者:
・・も、ずいぶん前だと思うんですけれども、
いつぐらいかはちょっと分かんないけど・・

大迫恵美子:
あんまりね?、この、現金4500万の持ち出しがあるまでは、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あなたのほうも、このご主人に対しては、ほとんど関心がなかったんですね?
どうもね、あの、もうかなり前からね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
家庭生活が不正常な状態にあったんじゃないのかな?って・・

相談者:
そう・・そうですね。はい

大迫恵美子:
思いますけどね?・・で、そのことを、ま、不正常な状態に、あったまま・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
割と、あなたと、も、それで、ま、あなたもあんまり、もうご主人に関心がないしね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
それでもいいんだなと・・いうことで、え・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
いたわけですよね?
だけど、ま・・ま、配偶者ではあるし。

相談者:
そうで・・

大迫恵美子:
別居してるとは言えないような、関係で・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
いたわけですね?

相談者:
はい、そうです。

大迫恵美子:
ふうん、そうすると、ま・・あの、「お金持ち出した」とか、「盗まれた」って言ってもダメですよね?

相談者:
そうですか?

大迫恵美子:
ん、だってそれは、警察にそう言われたでしょ?

相談者:
「犯罪ではあるけれども」

大迫恵美子:
うん

相談者:
「罪には問えない」と。

大迫恵美子:
そうですよね。

相談者:
「罪を与えることはできない」と「夫婦である以上」って言われました。

大迫恵美子:
ただあなたとしては、もう他人に持ち出されたぐらいの・・おー、心情ではあるんだろうな、というのは伺ってて分かりますけど。

相談者:
預かった親の分とか・・娘の分とか・・

大迫恵美子:
娘さんの分はね?、あなたのご主人は娘さんの父親ですから、

相談者:
はい

大迫恵美子:
これは直系、の・・親族ですからね?

相談者:
・・

大迫恵美子:
そこも犯罪にならないんですよ?
まあ、それはあなたの・・ご両親から預かってる分ってことだけど、

相談者:
はい、そうですね。

大迫恵美子:
ただ、現金っていうのはね?
「預かってる」って言っても・・あの、名前が書いてあるもんじゃないのでね?
要するにあなたが管理してる現金ですから。それが、ご、親の物なのか誰の物なのかっていうのは分からないので。要するに・・

相談者:
てことはやはり、持ってた者勝ち、ていう・・

大迫恵美子:
その・・犯罪としてね?、持ってったっていうのはなかなか難しいですよ?
観念的には夫婦でもね?・・あの、それぞれの所有権っていうのがあるわけなんですけど、
ただ・・窃盗っていう、犯罪は・・この、配偶者との間では成立しないし、それから、親子の間でも成立しないので、
犯罪としてね?、え、問題にすることができない。じゃあ、その、ただ民事で返してくださいっていう話なんですけど、
えー、向こうが、それに応じて、対応してくれないときに、どういう手段で取り戻すか?っていうことが非常に難しくなってしまうので。
そこですよね、問題は。

相談者:
はい

大迫恵美子:
お、わたしが、わ、感じることはね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
その、ご主人のほうは・・あー、ま、たぶんあなたはお金を持ってるということを知っていてね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
えー、家探し(やさがし)をしてね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
案の定、あると、いうことを発見して、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、覚悟を決めて持ち去ったと思いますよ。

相談者:
はい、でも親の分があることが分かってて、その分、返・・「返す」っていうのは、最初言ってたんですけど、
それ以降連絡が取れなくなって・・

大迫恵美子:
あー、それはその、持ち去られた、直後は連絡がついたんですか?

相談者:
はい・・はい、すぐにあちらも弁護士を連れ、て・・

大迫恵美子:
会うことになったんですか?

相談者:
あ、向こうから・・あの、メールがあって・・

大迫恵美子:
え、その場ではどんな話になったんですか?い・・

相談者:
共有財産は半分・・だけれども、
親の分っていうの、は、権利がないことが分かってるので、その分・・は、か、考えて返すみたいな・・

大迫恵美子:
ふうん
それでそれはいつ返すっていう話でした?

相談者:
いえ、それはいつとは言わないです。

大迫恵美子:
で、そのとき、その、一緒に来た、弁護士の名前とかね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
連絡先は聞きましたか?

相談者:
はい、聞きました。

大迫恵美子:
はあ・・で、そのあと、その弁護士のほうに連絡取りましたよね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
え、なんていう返事でした?

相談者:
あの、のらりくらりということで・・話にならない。

大迫恵美子:
まあ、それで5ヶ月も経ってるわけですから、

相談者:
はい

大迫恵美子:
なかなか返す気はないんだっていうことでしょうね。

相談者:
そういうことですね。

大迫恵美子:
うーん
それとその、途中で離婚を・・どうするっていう話がありましたよね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
どうして、このタイミングで離婚なんですか?

相談者:
また何やられるか分からないと思ったんで、怖いです。
籍を繋いでる意味もないし、嫌です。
調停とか、その・・訴訟とか・・ございますけど、そういうのをする意味がいったいあるのかないのか?とか・・

大迫恵美子:
あなたの・・頼んでいる弁護士は、今後どうするかについて何か言ってましたか?

相談者:
調停か・・訴訟か。

大迫恵美子:
あーそうなんですね。
調停っていうのはまず1つ、相手の住所が分からないとできないですよ?

相談者:
はい・・はい

大迫恵美子:
で、相手と連絡を取る方法がね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、分からないのであれば・・

相談者:
相手の弁護士さんを通してしか、ないですね。

大迫恵美子:
相手の弁護士を通して、

相談者:
はい

大迫恵美子:
話をするっていうことができるんなら・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
一番早くないですか?

相談者:
そうだと思います。

大迫恵美子:
あの、調停っていうのは裁判所を通じてやる、手、あの、話し合いなので、

相談者:
はい

大迫恵美子:
話し合いですから向こうが来ないっていうこともありうるわけなんですよ。

相談者:
はい

大迫恵美子:
弁護士を通じて話もできないようであればね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
調停には来ないだろうと思います。

相談者:
・・はい

大迫恵美子:
あの、裁判っていうのは強制力ありますからね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの、調停で無理ならば裁判っていうのが、ま、手順としては考えられますけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
それも、住所が分からないと・・呼び出すこともできないんですよ。

相談者:
相手の弁護士さんが分かってるんだと思い・・

大迫恵美子:
分かってるけど教えてくれないでしょ?

相談者:
そうですね。

大迫恵美子:
「教えるな」って言われてるんなら。
だから相手の弁護士が知ってるかどうかは、あんまり意味のないことなんですよ。

相談者:
あーそうなんですか。

大迫恵美子:
いや、だって、教えてくれないのに・・あなたのほうで分からないじゃないですか。

相談者:
・・じゃあ、その、店に乗り込むってことしかないってことですね?

大迫恵美子:
・・うん、店にいるなら、それは店に、呼び出し状を出すってことは出来ますよ?

相談者:
はい、それを、やっ、それで行こうっていう、ふうに思ってたんですけれども。

大迫恵美子:
はあ、それができるんなら、就業場所への送達っていう方法でね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
できるんなら・・あー、呼び出しはできます。だから裁判もできます。

相談者:
はい

大迫恵美子:
お店を今もやっているっていうことは大丈夫なんですね?

相談者:
はい、そうです。

大迫恵美子:
うん
で、そもそも、あなた自身が行って、

相談者:
はい

大迫恵美子:
お店に行って話することはできないんですか?

相談者:
あの、結構、暴力的な人で怖いので。
警察も「1人では会うな」って言われ・・て・・

大迫恵美子:
あー、そういう感じなんですね。

相談者:
はい。&#

大迫恵美子:
あの、それならそこへね?・・

相談者:
はい

大迫恵美子:
弁護士と一緒に行ったらどうですか?
で、まあ、「そんなところで話ができない」って言うんだったら・・あの、今度は、あ、裁判をするしかないですけど。
あとね?娘さんはどうなんですか?

相談者:
・・娘は、ちょっと精神的におかしくなりまして、
とりあえず今は、ちょっと、そっとしてあります。

大迫恵美子:
お父さんと話もできないぐらいなんですか?

相談者:
父親とは、昔から仲があんまりよろしくないし・・

大迫恵美子:
あー、そうなんだ・・

相談者:
も、とても恨んでいるので・・

大迫恵美子:
誰も、あなたのご主人のね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
気持ちを溶かして、

相談者:
はい

大迫恵美子:
え、「正しい行動をしなさい」と、言って説得できる人がいないってことなんですかね?

相談者:
そうですね。元々、カッと来ると、ちょっと怖い部分があるう・・ので・・

大迫恵美子:
うーん

相談者:
警察も・・

大迫恵美子:
そういう話だと、もう話し合いなんて考えても無駄、なのかもしれませんね。

相談者:
じゃ、&#△%ってことですか

大迫恵美子:
そうすると、もう淡々と裁判をするしかないですね。

相談者:
弁護士さんが言うには「裁判をしても絵に描いた餅で」、「勝つと思います」って。「勝っても」・・「向こうが払わなければそれでおしまいです」って・・

大迫恵美子:
どこにお金があるか分からないと、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま、強制執行しないと思いますけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
それは、目当てはないんですか?

相談者:
・・ないですね。

大迫恵美子:
そうすると、ほんとに、取り戻せないかもしれません。
強制的に、お金を取ろうと思ったらもう判決を取るしかないんですけど、
判決を取っても、どこかに隠してしまうというのであればね?、どうにもならないです。
その裁判の、中で・・えー、じゃあ、いくらか返すということでね?・・和解をして、
実際に持って来るところで話が終わりにするっていうことなら・・あ、可能性は、ありますけど、そういう気にもなかなかならない相手であればね?

相談者:
はい

大迫恵美子:
道理を説いてもしょうがないので・・上手く行かないってこともあるかもしれません。残念ですけど。

相談者:
では、泣き寝入りを・・しろっていう・・

大迫恵美子:
物凄く可能性が低いんですけど、
おー、それを試してみるかどうかは・・あなたの、その、判断ですけど、

相談者:
・・

大迫恵美子:
おー、あなたの弁護士が言うように、あんまりそれに期待しても・・おー、成果を・・保証してやるものではないですよっていう、答えになっちゃってるんだと思いますね。
こういうふうにね?、その、身内の中で、とんでもないことが・・あの、起こされてしまうと・・それを法律で解決するっていうのとても難しいんですよ。
もしかしたら、多少、後悔して、少しはお金を、返してくれるかもしれません。
それは・・必ずそうなると・・言えるような話ではないので。

(再びパーソナリティ)


別居夫を野放しにした大きすぎる代償。盗まれた全財産に無力な法律」への23件のフィードバック

  1. たいへんお気の毒な話だとは思うけど、自宅に現金4500万円置いとくって・・・しかも貴金属やらインゴットも!は?インゴットって何?
    妙憂さん、すかさず「インゴットもあったんですか!?」知っとるんか?俗世間に長けたお坊さんだ。こんだけエサばらまいといて「盗まれちゃいました!!」って、もう少しなんとか用心出来んかったのか?あきらめろって言われてもちょっと額が額なだけに、聞いてるこっちが地団駄踏んじゃうわ!!

      1. 私初めて聞きました。
        知らないの?子供でも知っているというのに!
        は笑える(^◇^)
        コメントは相手の気持ちを考え行うものですよ。
        そんなこと子供でも知っているというのに!!

  2. 私も母の預貯金全額を父に持ち出されそうになり、110番通報し、警察官が父の相手をしてくれているあいだに、通帳だけはなんとか持ちだして母を私の家に避難させました。弁護士をたてましたが無視され、父からは母の通帳をよこせ・よこせと毎日手紙(書留)が届きます。お金に目がくらむと、家庭や家族なんてほんとうにどうでもよくなるんだなぁとつくづく実感しています。今日の相談、うちの父以外にも似たような人がいるんだ~と思いながら聞いていました。夫婦・親子って何??とほんとうにむなしく、悲しくなりました。

  3. 相談者さんがあまりにもお気の毒で聴いていられなかった。夫はそもそも赤の他人。そして別居中なんだし、普通の家族とはちょっと違うような感じがするのに。その点なんとかならないんかな?犯罪だよ❗これは。おかしいよ❗酷すぎる男だよ!法律って何なんだろうか?今日も大迫先生が冷たく感じて聴いていても辛かった。
    どうせ戻って来やしないお金。せめて相談者さんの旦那だろうが、なんとかこんな悪い奴を逮捕して
    欲しいものだ❗余りにも悲惨で酷くて相談者さんにおかけする言葉も見つからない。

    1. 大迫弁護士の回答は相談者に引導渡すようなのが多いと思う。
      彼女がそのような損な役を買って出てるのか、弁護士としての考え方がそうさせるのか。
      予告を読んだ時点で相談者の希望に沿う結果ではないだろうと踏んでいました。

      1. 弁護士には得意分野があるんです
        離婚や相続など全てにオールマイティでは無いよ

    2. 最近の大迫先生、冷たい、キツイ、
      同じこと感じてました。

      以前、例えばグダグダやどうしようもない相談者に対して、「これはこうでああで、こうなんですよ」的な、感情的ではなく的確で冷静なコメントで、すごく良かったんですけど、

      ここ最近の大迫先生の回、
      回答が冷たい。厳しいとはちょっと違う。突き放した言い方というか…。
      何?何か嫌なことあった?って思うくらい。

      身内の盗みは罪にならないこと聞いたことあったけど、相談者の身になってみるとやっぱり理不尽。身内を殺めれば罪になるし、身内のものを盗んだらそれは罪だよね。家族だって、個人の集まりなんだから、自分以外の財産を奪うことは家族であっても罪に問えるのではないか。
       大迫先生の回答も見も蓋もない感じで、相談者は絶望を感じただけだったろう。

  4. 大迫弁護士は、返ってくる可能性が限りなく低い
    お金の事から一日も早く相談者が解放される様に
    望みを持たせず、相談者が新しい人生に目を向け
    られる様に敢えて厳しく突き放す言い方をされた
    んじゃないかな…と思いました。

  5. 相談者さんの親御さんも、多分婿の正体を何となく感じてとっておられ愛娘やおそらく無責任な父親が原因で精神的に体調を崩してしまった孫娘のために財産を残してくれたと思うのに、全財産を盗み取って行き、愛人と暮らしていて家族を養うことを放棄している戸籍上だけの夫 父親なのに罰する事も、盗み取られたインゴットも含めたら5000万円以上の財産をも回収不能だなんて、理不尽過ぎる。これからどうやって生きていったら良いのか、いつものように今日も冷淡な大迫先生のお言葉では立ち上がる事も出来ない。藁をもつかむ気持ちで思い悩んで電話をかけてこられた相談者さん、ドラマや小説だったら、藤田まことさんらの必殺仕事人らが助けてくれるんだけど、こういう事は日常茶飯事あちこちで起きていると思うし、なんとか法律を変えられないものだろうか。
    相談者さんの事を思うと涙が出て来ます…どうしたら良いのだろう!

  6. 大迫弁護士の大ファンです。
    いつでも的確な回答で感心します。
    しょうがない物はしょうがないと思います。

  7. 「ころすけ」さんてきっと真面目だから私みたいにくだらない二時間ドラマや推理小説見たり聞いたりしてないんですね!二時間ドラマに登場する金持ちの金庫には必ず札束と一緒に入っているもんね!それと「インゴット?」良かったわ!私「インゴット?」を笑わせる事が出来て。人を楽しませ、笑わせる事ができて。だから今日私はむしのいどころが良いので、いつもなら無視するところですが、無視せず返事をしました。p.s.今、子供たちの教育凄いんですよ!わからない事があったら即辞書で調べて付箋貼って、だから辞書が 付箋だらけ!豚財布ならぬ豚辞書。

  8. 大迫弁護士って前からこんな感じでしょ。
    まあこの番組の回答弁護士の中では一番相談したくない人だわ(相談するならサカイ弁護士がいいわ)

    1. 同感。
      大迫先生ファンだという人は、挫折を味わった事がない本当に全うな人生で幸せで何もかもが恵まれて生きている人だと思います。悪く言うと人の痛みがわからない人。(例えば某の妻のA恵さんのような生まれが上流階級の人)
      世の中色んな人がいるから、良い悪いという事を言っているのではない❗他人様に対し無知だとか罪だとかボーと生きているから己が悪いって言える人が、本当羨ましいです。おそらくお金持ちで挫折もなく恵まれている人だと想像できます。

      1. よりこ様、そうとは限らないと思いますが。

        「お金持ちで挫折もなく恵まれている人」「他人様に対し無知だとか罪だとかボーと生きているから己が悪いって言える人」を羨ましいと思わなくても良いのではないでしょうか?

        私事ですが、お金持ちでもなく むしろ貧乏で 挫折しっぱなしで 何にも恵まれてない下流階級の人間ですが、大迫先生 好きです。
        でも皆さんが言っているように、今回はちょっと冷淡に感じました。お金に関しては、現実を見据えるためにも シビアな回答になるんでしょうか。

        「人の痛み」がわかるよりこさんは素晴らしいです。

      2. だからよ~管理人!ルールは必要だそ
        より子「大迫先生のファンだという人は」って否定しているからな
        コメントした人間に対して…
        コメントじゃないだろ!
        ケチつけるってこうゆうことだろ!
        広告収入で有頂天かな(笑)
        朝まで討論会じゃあるまいし(笑)
        わかったか?管理人!

        1. 「こういう」を「こうゆう」など誤字の乱発。口語体。「~」や小文字の多用。そして全体的に煽り口調。
          この人、最近荒らしとして頻繁に出没してる。ついに管理人さんも動いて「七面相」とマークされたのに、自ら七面相と名乗る図太さ。
          どんなに他のハンドルネームで擬態しても、書き方で大体分かるから。最近「読むテレ人」のコメント欄が地獄絵図なのは、この人のせいかな。「七面相」に煽られて感情論が飛び交う。キレイにラッピングされたナイフを投げ合う場になった‥残念。文字の解りやすさと管理人さんの解説が楽しみで読んでいたのですが。法律は弱者を救う万能薬、ではなくて、あくまで線引き。これを念頭に置いて読まないと。顔を歪ませ、鼻の穴膨らませてスマホポチポチしたところで時間の無駄である。七面相氏はある意味哀れである。ここを敵と見なし、正義を振りかざしながら、実はネットの匿名掲示板でしか生きられない。匿名の仮面を被りながらネットの海を漂流していく。現実からは既に捨てられている。実に哀れである。

          1. ご苦労さまでした…わざわざ( *^艸^)
            貴方も現実の世界で生きて下さい
            今日は宝塚記念だよ←競馬ですが…
            人生楽しまないと
            匿名さんより

  9. 大迫先生のファンで、読みました。
    いい年して無知って罪だなぁと思うし、自分の人生自己責任だと思う。
    こんな配偶者選んだ己が悪いし、
    ぼーっと生きてる己が悪いのだ、と。
    賢くない人もここまでくると救いようがないですね。

  10. 人生相談の弁護士の中では大迫さんは法律以外も回答でき、一番信用できる方ではないでしょうか。
    世間の常識?と法律は違う部分が多く、冷たいだの厳しいだのという感想は世間知らずと言ってもいいですね。
    はっきり言って相談者さんはあまりにもお金にルーズで愚かです。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。