激励に涙したアスペ君の6年後。倉庫バイトでパワハラに苦しんでいた

テレフォン人生相談 2020年7月31日 金曜日

わずか4人の職場の物流倉庫。
所長、女性事務員、現場の先輩、相談者。
およそ2年前から先輩のパワハラに苦しんでいる。

加藤諦三 あなたは先輩の餌(エサ)

まあ、パワハラなんでしょう。
仕事のミスやらきっかけみたいなのは相談者にあるようだけど、就業時間外の電突がもう一事が万事。
歯止めがない。

質問にあった法律の存在。
野島弁護士は言及しなかったが、一応ある。
その名もパワハラ防止法。
(正式名は、労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律)

電突は言うまでもないが、日頃の振る舞いがパワハラの要件を満たすかどうかはググってみるといい。
所長に言うときにあえて引っ張り出すこともないが、気持ち的な後ろ盾にはなろう。

 

さて、
特徴のある博多弁。
実は6年前にも掛けてきている。

現在の男の正しい年齢は自己申告プラス10の50歳。
前回の相談で年譜を詳細に説明していたからだ。

そして、
相談者を理解するのに欠かせないプロフィール。
それは自閉スペクトラムの第一象限、知的障害を伴わない発達障害。
身体障害者手帳を持つガチのアスペルガー症候群だということ。

そうすると、今日の相談も様相が変わってくる。
たぶん今のバイトは一般就労。
彼が探していた障害者枠雇用ではない。

もし万一、障害者枠だとしたら、駆け込む先は公共職業安定所、ハローワークだ。
指導されるべきは会社。
障害がなんら考慮されていない。

6年の間にどれだけの転職があったのかは分らない。
けど、はっきりしたことは障害者枠雇用が相変わらず希少だということ。

だから相談者の立場なら、福祉に頼りながら障害者枠雇用を気長に待つことだって出来なくはない。

にも関わらず、障害者にとって劣悪な環境となる一般就労に甘んじながら、自立にこだわり働く意欲を失わない相談者。
前回の高橋龍太郎の言葉はお世辞じゃない。

「あなたは立派」

 

龍太郎が吹いた自虐話にアタシも笑った。
せっかく締めに口出した勝野洋を容赦なく無下にするところが予定調和を知らないアスペの正直さ。

なにより、悩みながらもおしゃべりで、どこかしら明るさがあった。
話を聞いてくれたことの喜びを素直に表現し、勝野洋と高橋龍太郎を笑顔にした。

社会に適用しようとするあまり、こうした個性まで押さえつけることを改善したと言うのだとしたら、おかしな社会。

言葉を誤解され職場を転々。診断後も心無い言葉に凹む手帳持ちアスペルガー

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 博多弁の男40歳独身 両親と同居

今日の一言: I should not be bothered. わたしの気に入らないことはあるべきではない。そう思ってる人がいます。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、お世話なります。

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
40歳

加藤諦三:
40歳、結婚してます?

相談者:
は(わ)、してないです。

加藤諦三:
と、ずうっと1人ですか?それとも、離婚して1人ですか?

相談者:
独身・・最初から独身です。

加藤諦三:
ずう・・最初、はい分かりました、あ、そいで今、1人で、す、あの・・

相談者:
あ、家族ですね。

加藤諦三:
お父さんお母さんと一緒に住んでんの?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい分かりました。で、どんな相談ですか?

相談者:
職場内のお、ハラスメント行為を受けてるんです。

加藤諦三:
職場内の、ハラスメントというと、具体的にはどういう・・

相談者:
パワハラとか、モラハラのようなですね。

加藤諦三:
具体的にいうとどんな、ハラスメント、あ、受けてるの?

相談者:
1人ですね、あ、おっかない先輩がいてですね。社員さんの先輩ですね。

加藤諦三:
先輩ね?はい

相談者:
はい
神経質なところもあるかもしれないけどですね、

加藤諦三:
うん

相談者:
自分の思い通りならないと、なんか、こう・・激昂する感じなんでですね。

加藤諦三:
ふうん。どんな仕事なの?

相談者:
倉庫でアルバイトしてるもんで。

加藤諦三:
倉庫?

相談者:
はい

加藤諦三:
というとお・・具体的には・・怒るっていうのは、どういう場面で?

相談者:
なんか物の積み方とかが、ちょっとでもこう、曲がっとったら、も、「これ曲がっとる」とか言ってですね。&#△%

加藤諦三:
あ、積み方がちょっと悪いとお・・こういう積み方をすべきではないと。

相談者:
人によっても能力とかあるじゃないすか、こう、あのお・・

加藤諦三:
ありますね。す・・

相談者:
で、力、具合とかも・・もうお構いなしに、「なんでそんなに遅いんだぁ!」とか言われたりするんです。

加藤諦三:
そいでその、そうやってえ・・怒るのはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなただけに対して?、それとも・・

相談者:
そうですね、わたしだけですね。一緒・・

加藤諦三:
あ・・

相談者:
4人で仕事・・

加藤諦三:
4人

相談者:
職場は4人なんですよ。

加藤諦三:
4人で仕事をして、

相談者:
はい

加藤諦三:
その4人のうちの1人があなた。
1人がこの今言っている・・

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
「こうすべきでない」という人。あとの2人は・・上司になるの?、部下に当たるの?、ど、どう?

相談者:
所・・所長さんと事務員さんですね。ん別、それは、別に・・普通通りにこうやったりとか、対応とかしていますけど・・

加藤諦三:
あなた「40歳」って言いましたけれども、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
これ今あなたの話題にしているう、方は、何歳ぐらいなの?

相談者:
えーと・・8歳年上なんです。

加藤諦三:
8歳年上っていうと48歳ぐらい。
そいで当然・・社長さんは・・こう見てるわけですね?あなたがあ・・この48・・

相談者:
いや、あのお、見てないところで段々説教とかしたり・・してるんですね。

加藤諦三:
あー、そうですか。そうすっと・・

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
4人っていうけど、一緒に仕事してるわけじゃなくて、

相談者:
そーおですね。

加藤諦三:
2人が見ていない、あなたとこの48歳の・・

相談者:
はい

加藤諦三:
彼との・・場所でそういうふうに怒ると

相談者:
そうですね・・

加藤諦三:
いう、ことですね?、で・・

相談者:
そうです。

加藤諦三:
その、この48歳の彼はあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
その、あと2人に対しては、

相談者:
もう普通にやってる感じですね。

加藤諦三:
普通に・・なっていると。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
で、あなたから見るとこの・・怒り方っていうのは、異常なわけ?あなたあ、パワハラとか、モラハラとかっていう言葉を使いますけれども、

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
あなたから見るといじめに、見えるということ?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
なんで俺がこげん言われないかんとかなあと思ったりして・・
はい

加藤諦三:
所長さんには言えないでしょうけれども、

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
そのもう1人の、残ってるもう1人ね?

相談者:
は(わ)、事務員さんの女性で、すね。

加藤諦三:
彼女には言わないわけね?

相談者:
そうですね、なんも・・

加藤諦三:
で、この、あなたが言ってるパワハラっていうのはあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
どの程度続いてるわけ?

相談者:
も、2年ぐらいですね。

加藤諦三:
2年ぐらい・・
実際パワハラかどうかっていうの、すごく難しい話になると思うけれどもね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
実際の仕事としてはちゃんとやってると思ってるわけね?

相談者:
ええ、そこは大丈夫ですけど・・はい

加藤諦三:
で、あなたはそのお・・この48歳の男性に、

相談者:
はい

加藤諦三:
そこまで、お、怒る必要ないじゃないかっていうような・・

相談者:
はい

加藤諦三:
態度は取らない、わけ、ですね?

相談者:
自分もちょっと弱いんで。なんか、は、何、はな、話したらいいか分からなくなったりしてですね・・

加藤諦三:
あなたむしろ、あれ?、この48歳の男性に怒られると・・もう言われたときに竦(すく)んじゃって、

相談者:
はい

加藤諦三:
言い返すなんてことは・・できないってことだよね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
あなたはそうするとずうっとあれなの?
小さい頃から、そういうように、言い返せないような環境の中で生きてきたの?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
うん、でしょうねえ。

相談者:
そいで、あのお・・何ヶ月か前にですね?ちょっとなんか、ミスとかしたんですよ。なんか、リフト乗っててですね?

加藤諦三:
うーん

相談者:
ちょっとぶつけたり、してですね?

加藤諦三:
うん

相談者:
そんときにやったら・・「お前の動きとかを、よう観察しとくけんな」とかみたいに、言われたんですよ。

加藤諦三:
ん、うん。そりゃあ・・あなたの、生活全体が・・恐怖ですからね?

相談者:
たまにはですね、電話もしてきたりするんですよ。せ、で、説教の電話とかです。

加藤諦三:
「たまには電話してくる」ってのはどういうことですか?

相談者:
あの、帰ったあととかにですね?

加藤諦三:
うん

相談者:
「俺はまだ納得行っとらんぞ」とか、言われたりしてですね。納得&#△%

加藤諦三:
あ、相手が家に電話してくんの?

相談者:
携帯に、電話して来るんですよ。

加藤諦三:
携帯に電話してくるの?

相談者:
はい。時々電話してきたりとかあるんですよ。

加藤諦三:
うーん。これあなた以外の、人に対しては特別にそういうようなあなたに対する態度とは違った態度になってるわけでしょ?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
うん、だから、あの、攻撃性を、全部あなたのほうに向けているう、から、それは態度も違うのは分かりますけれども。

相談者:
ええ

加藤諦三:
今日のあなたの相談というのはどういうことになるのかな?そうすると。

相談者:
そういったことを受けているからですね?

加藤諦三:
うん

相談者:
やっぱどういう、法律とかにあるのかなと思ってですね。
法律とか・・

加藤諦三:
あー、そ、こういう状態の中でえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分を守る法律っていうのはあるのか?

相談者:
法律とかあったり、今後はどうしたったらいいのか?、◆#$%□&

加藤諦三:
ど、今度、どうしたらいいのか?ということね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい分かりました。
今日はあのスタジオに弁護士の野島梨恵先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「激励に涙したアスペ君の6年後。倉庫バイトでパワハラに苦しんでいた」への5件のフィードバック

  1. 業種は違うが昔、数人の小規模事業所に勤めていた時があったが自分には合わなかった。狭い人間関係の中で派閥が出来ていて、逃げ場がないのがきつかった。
    コロナ渦で転職は厳しいかもしれないが、思い切って環境を変えるのも一つの手段だと思う。当たり前のことしか言えないが、合わないなら苦しんでまで居る必要はない。

  2. 前回相談した方とのことでどうなったか楽しみにしたが、聞いてがっかりでした。
    おっさん、所帯なし、バイト、自信なし、、どこいってもイジメ甲斐あるスペックだから、こうなってしまうのはしょうがないのでは。
    ここで、なめられない反応できるか、一皮むけるかどうかでこの人の職場内のポジションや人生が前進するのだろうけど、ミス連発も含め、それが相当困難だとみとめられてるからゆえ障害者なのでしょう。

  3. 訛りが似ているだけで、6年前の相談者と同一人物とは思えないのですが。確たる根拠がないのに決めつけるのはどうなんですかね。

  4. 即刻転職案件。コンプライアンス重視の会社に転職すべき。今は結構そういう会社は多い。環境が人の行動を左右するので、コンプライアンス重視の会社では絶対にパワハラは起きない。先輩も後輩をいじめないし、上長もそれを放置しない。

  5. 管理人さん。
    今回もナイスチョイス画像!
    しかも・・・
    ドラマ「あなたの番です」の 
    すみだ署 水城刑事に激似そっくりですです(笑)
    すみません・・・関係ないコメで。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。