間断なき360°のイジメに遭い続けた哀れな女とは裏腹なファイトバック

テレフォン人生相談 2020年8月31日 月曜日

ファイトバック: 反撃

相談は、
「憎んでいる主人とどういうふうに暮らしていけばいいのか?」

離婚は頭にないらしい。

両親、学校、舅姑、夫・・
いじめに遭い続け、娘2人もイジメられる側として引き継いでいるもよう。

 

関係無差別ということは、いじめられ因子を持ってるのね。
女に欠けているのはこの自覚。

人は勝手に他人に張ったレッテルで、それに相応しい態度を勝手に求める。
求めたものと違った態度に嫌悪する。

お笑いコンビのハリセンボンはブスキャラでその地位を確立したが、近藤春菜がご意見番を務めるようになってアンチが湧いてきた。

眉間にシワ寄せて社会にモノ申す姿はキャラではない。

相談者は周囲が求めるキャラじゃないの。

それでも近藤春菜は圧倒的なアドバンテージを手に入れていて、少々のアンチぐらいどうってことないのだけど、相談者には何もない。
はね返せなければ恨みをつのらせるだけ。

40にもなれば生き様が顔に出る。

 

「自分がいじめられて嫌だったので絶対しないように育てたつもり」

それはマイナスをゼロにしただけ。

「子どもに愛情を掛けたいんですけど上手く掛けれない」

意識しないとできないのかしら。
写し鏡の娘には。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女41歳 夫45歳 長女10歳 次女7歳

今日の一言: もう1つ別の視点で2人の関係を見る。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
最初に年齢教えてください。

相談者:
41歳です。

加藤諦三:
41歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
45歳です。

加藤諦三:
45歳、お子さんは?

相談者:
10歳の女の子と、

加藤諦三:
はい

相談者:
7歳の女の子です。

加藤諦三:
はい、分かりました。それでどんな相談ですか?

相談者:
子どものときから、両親から「ダメな子だ」みたいに、育てれられて来たんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
それでやっぱり、わたし自身、学校・・とかでもやっぱりこう、ずっといじめられる・・ような形で・・いまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
それであの、結婚したんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
結婚してからは、主人とその、義理の・・ご両親からもいじめられ、て、きまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
最初にあの、産まれた子ども見せに行ったときには、

加藤諦三:
はい

相談者:
「悪い・・子、みたいな目をしてる」とか、その赤ちゃん・・に対しても・・嫌味とかをよく・・言ってたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
今はもう疎遠になって、あまり、会わないんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
今は特に主人からこう、モラハラ・・というんですかね?

加藤諦三:
うん

相談者:
「お前は生きている価値がない」とか、

加藤諦三:
うーん、うん

相談者:
「子ども育てられない奴は死んでしまえ」っていう、

加藤諦三:

相談者:
ことを言って来たりとか、

加藤諦三:

相談者:
「子どものときから、友だちもいなかったんだぁ」みたいな?・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ことで、わたしのことを、ま、すごくこう・・ま、バカにして・・来てるんですけど、

加藤諦三:
「友だちもいねえんだ、ハア、ハ(笑)」って、屈辱を与えるような、そういうバカに仕方?

相談者:
笑うまではないんですけど、やっぱり、本人はなんかすごくそれを喜んでるんですよね、すごく。

加藤諦三:
喜んでるね、そう、そう、そう、うん、はい

相談者:
ま、なんせ夫婦喧嘩が、すごくいつもすごくなるので、

加藤諦三:
いや・・

相談者:
はい

加藤諦三:
喧嘩があるっていうことは、いじめが・・あまりないってことなんですよね。
いじめと喧嘩とどこが違うか?っていうと、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、圧倒的に、力の差が大きいところで起きるのがいじめなんですよ。
だから喧嘩してお互いに言い合うっていうの、は、これはいじめじゃないんですよね。

相談者:
喧嘩というよりも、もうわたしがちょっと言うと・・

加藤諦三:
うん

相談者:
も、ブワーっと言って来て、わたしの自信をどんどん、たぶん奪うことが、

加藤諦三:
うん

相談者:
すごく喜びでえ、

加藤諦三:
うーん

相談者:
なんか逆に主人は元気になってるように・・

加藤諦三:
そうでしょうね。

相談者:
見えるんですね。

加藤諦三:
うーん
それで?

相談者:
子ども2人に愛情を掛けたいんですけど、やっぱり・・どうしても、その、上手く掛けれないというか・・(ため息)

加藤諦三:
自分のことが精一杯だもんね?

相談者:
でもやっぱりわたしは自分に、されて嫌だった、ことは絶対子どもに・・してはいけないと思って、

加藤諦三:
うん

相談者:
その、自分のようにされたこととは逆に?・・

加藤諦三:
うん

相談者:
しようとは思うんですけど、やっぱり、子どももやっぱりあの、今小学校で、常にいじめられる側の、

加藤諦三:
うん

相談者:
被害者みたいになってしまって、

加藤諦三:
うん

相談者:
で・・

加藤諦三:
それはやっぱりあなたあ、意識してないかもしれないけどあなたがいじめてるからね?

相談者:
はい・・あ、そうなんですかね?

加藤諦三:
いじめは家庭からあ、始まるっていうように、やっぱり、家庭でいじめられた子っていうのは学校行くといじめられますよ。

相談者:
あー

加藤諦三:
それがいなければ、ファイトバックしますから。

相談者:
自分がやっぱりいじめられて嫌だったので絶対しないようにっていう・・

加藤諦三:
うん

相談者:
て、育てた・・つもりなんですけど・・

加藤諦三:
そうだと思いますよ。

相談者:
そうなってるんですかね?、はい

加藤諦三:
それがあなたの意識でねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた、無意識でやっぱり、物凄い、周りから、に対する敵意があるから。

相談者:
あー

加藤諦三:
で、どんないじめ?

相談者:
男の子、女の子、問わずこう・・なんか「体が臭いな」とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
こ、口で言われるみたいなんですけどお、

加藤諦三:
うん・・分かります、そいで、そういうような状態で今なっ・・いるわけでえ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
どうしたらいいでしょうか?っていうのが相談?

相談者:
子どもがいじめられてしまうことと、

加藤諦三:
うん

相談者:
やっぱりわたし自身が?その・・離婚・・は、できないので、

加藤諦三:
うん

相談者:
憎んでいる、主人とどういうふうに・・これから暮らしていけばいいのか?が・・

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあの、スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「間断なき360°のイジメに遭い続けた哀れな女とは裏腹なファイトバック」への18件のフィードバック

  1. ご主人と喧嘩が出来ているのなら、言われっぱなしでは無く、言い返せている様子。
    羨ましいです。
    モラハラ夫とは、喧嘩はしませんから。

  2. 夫の親と自分の意思で絶縁したり、「離婚は出来ない」と腹を括っていたり、普通に強い人だと思う。
    弱い人は自分をいじめる人にしがみついたり、口だけ「離婚します」って言い続けたりする。
    旦那さんに優しい言葉をかけてみるだけでも好転しそう。

  3. 実際に聞いてたけど、大原先生は結構強い口調で叱ってたわ
    まあ当然なんだけど
    相談者の旦那は自分だけが義両親に対応して、嫌味を言われた相談者のことを気遣って守ってくれてる
    それなのに相談者は「それだけじゃ足りない。本当に私のことを思ってるなら、旦那も義両親と疎遠にするはず。なのにそうしてくれない」とグチグチ言う…
    いくら嫁の立場と言えど、「私が嫌だからあんたの親とは連絡とるな」「親と絶縁しろ」なんて、考え方がちょっとおかしい人だったわ

    弱弱しい物言いだったけど、話す内容は被害者意識が強い上に、上記の通りちょっとおかしいし、「何をおいても私を優先して、私に優しくして」みたいなべったりとした、陰気な雰囲気があったわ
    そりゃ誰からもいじめられるよな~って感じ
    旦那と子供が可哀想

    1. ことごとく人間関係がうまくいかない、夫からはモラハラ、離婚はできないからどうしたらやっていけるか?
      被害者意識持ち過ぎ、それに反撃もできてるじゃん、という回答。

  4. 記憶のすり替えで今までやってきたんかな。「認知が歪んでいる」と思わせる相談者はテレ人で珍しく無いけど、この人は特に顕著。だって360度も敵に囲まれながら結婚出産はできない。本当の四面楚歌は生活するのも危うくなる。ホームレス寸前になることもある。結婚出産を意識する余裕もない。
    ある小説の「姉から性的虐待を受けてトラウマになっていた主人公が過去と決着させる為に姉に会いにいくが、姉の中では『主人公から性的虐待を受けた』と記憶がすり替わっていた。ちゃっかり家庭を築いていた姉に冷たく足蹴にされて主人公は呆然とした」という展開を思い出してしまう。
    「事実は小説より奇なり」で、相談者自身が記憶のすり替えで自己を正当化して、実は図太く生きてきたのだろう。では何故相談してきたのか?相談者のやり方「受動的に擬態した攻撃」が段々通じなくなってきたのだろう。

  5. テレ人を聞いていると
    自己評価の低い人というのが良く出てくる。
    本当にそうな人もいるけれど
    自分は何も変わる気がない姿勢の人は
    実は自己評価がものすごく高いのではないだろうか。
    周囲に対する要求が多い人は
    おおむねそのタイプなのかも。

    自称〇〇な人、というのは
    本当は真逆なことがほとんどだと思う。

  6. 山田く〜ん、〈大原先生からもイジめられたって思ってると思う。〉のコメントに座布団三枚!!

  7. 相談者は冒頭で「義両親は赤ちゃんに対して「悪い子みたいな目をしてる」とかって嫌味を言った」と言ってますよ。
    旦那については、「旦那からは「お前は生きている価値が無い」とか「子供を育てられない奴は死んでしまえ」とか「子供の時から友達も居なかったんだ(笑)」とか言われた」って言ってますよね。

    これに対して大原さんは「姑さんもご主人様も、あまり具体例が無いんですね」との事だけど、そうだろうか? 挙句、「ご主人様がひどいとは私は思えない」って。「死ね」だの「価値が無い」だの言われる事に正当性ってあるんだろうか? 私は全然思えない。精神的DVですよね。

    何をどうしたらいいか、本当に困り果てて迷って、電話をしてきたんだと思う。「義両親と疎遠に」というのは突飛ではあるけど、「死ね」だの「価値が無い」だの言ってくる旦那に「私の味方でいて」というSOSでは、という印象。本当に生き詰まっている様子で、聞いていて本当に気の毒だった。

    その後、大原さんは「ラジオを聞いてる人で「うちの主人は何にも言わなくて、私は姑に苦しめられた」っていう人は一杯いる」と言われたけど、これって「我慢しろ」っていう意味ですよね。救いを求めてきた人に対する言葉なんだろうか。いつもは的確なアドバイスをされるのに、解決策が我慢だなんて。

    そして驚いたのはここのコメント。「まずブスなんだと思う」「被害者意識持ち過ぎ」「自分の意に反する行動をイジメと受け取る性根」「大原先生からもイジめられたって思ってると思う」だの、相談者をボロカスに叩く叩く。人間は本当に恐ろしい。

    1. 相談者の発言が100%事実と言える根拠はなに?
      むしろ今回の相談者が苛めっ子だったんじゃないかと疑うくらい攻撃的なんだよなぁ…

    2. 確かに、精神的DVだと思います。
      ですが、少なくとも今の家庭において、最初っからずっとそうだったのかは、分かりません。

      私の知人に、やたらと交際相手をDV男にしてしまう人という女性がいましたが、とても被害者意識が強くて、自分の周りへの感謝の気持ちを全く持たず、心配からかけられる言葉には、ただふてくされる…そんな子でした。

      ただただ奉仕してきた彼(こちらも知人)は、疲れ果ててしまって、結局長年こじれた末に、別れてしまいました。

      彼は別れたあと、新たに付き合った女性とすぐに結婚。DVなども全くなく、とても円満です。
      逆に別れた彼女は、他の男性と付き合い始めましたが、また相手がDVっぽくなってきているそうです…。

      おそらく大原先生は、ここまでに至る相談者のあり方に、メスを入れたかったのではないでしょうか?
      旦那様や、子供たちへの感謝を伝えたことはありますか?
      愛情を持って接してきましたか?と尋ねたかったのだと思います。
      大原先生も、感情的になるくらいに、狙わなくても人の逆鱗に触れてしまうタイプの人に、私には見えました。

    3. SOS(遭難信号)なのでしょうか?
      救助に向かったら、船から離れるつもりはないと言われたら・・

      具体的でないというのは夫の言動じゃなく相談者さんの言動だと思います。
      大原さんの質問でやっと相談者さんも夫を責めてたことを告白してます。
      加藤先生言うようにいじめじゃなくてけんかだと思います。

  8. 昔職場に、いじめられて転職してきた人がいて、すごく人間関係のいい職場だったのに、その人が、ここでもいじめられたと言って辞めていったのを思い出した。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。