虐待を受けて殺したいほどの母の介護をやめたくない女のジレンマ

テレフォン人生相談 2020年9月1日 火曜日

近くの実家で離れて暮らす両親が施設に入所し、在宅で看るよりも大変になった。
母に虐待を受けてきて怒りの感情の処理のし方が分らない。

 

女 「カセットテープっていうやつで、2箇所こう、押して録音をしまして」

知ってるよお♪
赤いボタンと再生ボタンね。

てか、要るのか?その描写。

 

施設に入ったら面会以外にやることなんて何もない。
爪切り、ひげ剃りぐらいはついでのひと手間で、オプションを減らすために着替えの取替えとか。

在宅介護よりも大変なんてことはあり得ないのだが、経済的なものかしら。

相談者 「緊急時にはアタシが駆けつけることが条件」

それ緊急時の連絡先。
どんな施設でも記入させられる。

相談者がやっていたとか言う在宅介護(のようなもの)は、施設入所後のルーチンすら負担が増えたように感じる程度のもの。

 

重箱の隅をつつくのはよそう。
だけど小さい頃のエピソードが365日なら生きていけない。

アタシの場合は父親だけど、キレたシーンだけを並べれば今なら逮捕案件の虐待父。

一方、自分のことは後回しに家族のために働き、教育を受けさせ、資産を残した慈愛の父。

どちらに仕立てようがアタシの胸先三寸。

アドバイスに詰まる回答者にさぞ胸スクだったことでしょう。

 

言葉責め、
溺愛する兄、
成人後の無心、
結婚で得た出来すぎ家族、
関係を切れない母・・

状況はそっくりなれど違いは女のキャラ。
坂井弁護士の手に余る相談に大原敬子はどう答えたか?
切りたいけど切れない。立て板に水に母をディスるも本音は‥

日常を語らずエピソードを盛ると悲惨な相談が出来上がる。
50歳の僕がイカレタ嫁の言いなりになってしまうのはナゼ?

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女54歳バツイチ 夫54歳 息子中2 施設入所中の父91歳 母92歳 兄62歳

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いいたしますう。

今井通子:
はい
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
わたし自身が分からず、どう生きたら良いのか・・

今井通子:
はい

相談者:
分からないということです。

今井通子:
まず、お年は?

相談者:
はい、54歳です。

今井通子:
54歳。ご結婚されてますか?

相談者:
ええ、あの、主人と息子がおります。

今井通子:
はい・・

相談者:
はい

今井通子:
ご主人おいくつ?

相談者:
はい、同い年で54歳です。

今井通子:
54歳

相談者:
で息子が、

今井通子:
はい

相談者:
中2です。

今井通子:
分かりました。
で、そもそもが何?、ご自身が?

相談者:
はい、あの、どう生きたら良いのか、分からない・・

今井通子:
うん・・うん

相談者:
ですね。で・・親、と兄から・・虐待を受けて生きて来まして。

今井通子:
はい

相談者:
(息を吸って)でえ・・今の主人と結婚しましたら・・とても、心が健康的な人だったものですから、

今井通子:
はい

相談者:
訳が分からなくなってしまいました(ため息)。

今井通子:
うーん、まず、ちょっとね、そうすると(苦笑)・・

相談者:
うん、フ(苦笑)

今井通子:
親、親御さんのあれを、先に聞かなきゃいけないかな?

相談者:
はい、はい

今井通子:
お父さま、は、おいくつ?

相談者:
と、91です。はい

今井通子:
お母さまは?

相談者:
92です。

今井通子:
お兄さんがいらっしゃる?

相談者:
あはい

今井通子:
お兄さんおいくつ?

相談者:
62です。

今井通子:
62歳、い・・

相談者:
はい

今井通子:
現在ね?

相談者:
はい

今井通子:
で・・この、子どもんときの話でしょう?、虐待を受けたの。

相談者:
そうですね。ええ

今井通子:
はい

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん
どんな虐待受けてたんですか?(含み笑い)

相談者:
えーとね(苦笑)、あの・・父が、あの、昔で言う三交代というシフト制で、

今井通子:
はい

相談者:
父がいるときにはあ、みんな、食卓が一緒だったんですが、

今井通子:
・・

相談者:
父がいない夕・・晩の出勤のときはですね、

今井通子:
はい

相談者:
一切、あの、食事を与えてもらえなくて、

今井通子:
これお母さまってこと?&#△

相談者:
そうですね。はい

今井通子:
はい、はい

相談者:
で、あのお、「お兄ちゃんとわたしが食べるのを、正座して見てなさい」と。

今井通子:
・・うん

相談者:
ま、それが、夕、朝と続きまして、

今井通子:
はい

相談者:
そしてあとはあ・・あの、よ、湯を沸かすガス、に手を・・あぶって、火傷もしました。とか、そういう日常的にありました。
お風呂に入らせてもらえませんでした。

今井通子:
で、その、お母さまは、

相談者:
ええ

今井通子:
このお兄さんには、そういう虐待をしないのね?

相談者:
非常に可愛がってました。

今井通子:
うん。この理由は今、分かってますか?

相談者:
あ、いつも言われてました。
「この家に女は2人いらない」と。

今井通子:
あー、なるほどね。

相談者:
「もう少し」あの、「お前がブサイクだったらご飯をあげても良かった」。

今井通子:
はい

相談者:
で・・「死になさい」

今井通子:
はい

相談者:
「あなたは女の子なのよ。死になさい」

今井通子:
はい・・で、これについて何、お父さまには、何も言わなかったの?

相談者:
一度、あの、わたしの記憶の中で、

今井通子:
ええ

相談者:
「なぜそんなに、いじめるんだ」と父が母に言いまして、

今井通子:
はい

相談者:
で、母が無言で・・何かわたしに言って来てるときに、母を1回、父が殴りまして、そのまま飲みに出ちゃうような人だったんですよ。

今井通子:
・・

相談者:
で逃げる父親だったんです、現実から。

今井通子:
ああー、なるほどね。

相談者:
そうすると母は、益々そのストレスが溜まって、

今井通子:
はい

相談者:
そのせいもあったんじゃないかなあと思うんですけど。

今井通子:
うーん

相談者:
はい
小学校にあがって、あの、母は背が低い人だったので、

今井通子:
はい

相談者:
だんだん背があの、近づいて来ると今度兄も参戦しまして、

今井通子:
ええ

相談者:
兄と母で、あの、殴る蹴るをされました。

今井通子:
・・うーん

相談者:
で、その・・どちらかが、昔、あの、カセットテープっていうやつで、

今井通子:
はい

相談者:
あの、2箇所こう、押して録音をしまして、

今井通子:
うん

相談者:
今度それを、殴る蹴るが終わると、2人で笑ってその、再生して聴くっていうのが日常でした。

今井通子:
あらあ

相談者:
それでもお母さんに振り向いてほしくて、

今井通子:
ええ

相談者:
・・でも振り向いてくれなかったので、21のときに、二十歳、年上の人を連れて行って(苦笑)・・

今井通子:
はい

相談者:
「結婚します」って言ったら、「どうぞ」って言われて。

今井通子:
はい

相談者:
ま、さ、そういう、本当に、あの、不純な動機だったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
親が振り向いてくれるんじゃないかって、わたしも大人になっていなくてですね。

今井通子:
うん

相談者:
ええ
そうしましたら、あのお、「どうぞどうぞ」って。

今井通子:
うん

相談者:
それで、遠くに、嫁いで3ヶ月で、離婚しました。

今井通子:
・・ん?

相談者:
で、あとは、

今井通子:
うん

相談者:
はい、1人で、なんとかかんとか、働きながら・・アパートを借りて生きてきました。

今井通子:
はい

相談者:
そして・・今の主人と出会ったときに、
「嫌なことは『嫌だ』って言っていいんだよ」って言われたときに、

今井通子:
ええ

相談者:
「え?こういう生き方ってあるんだ」と思ったら、訳が分からなくなってしましまして。

今井通子:
はい

相談者:
で、その頃から、両親からお金の無心が始まりました。

今井通子:
・・

相談者:
黙って最初主人は、見てたんですけども、

今井通子:
うん

相談者:
「金のことで文句を言うつもりはないが、嫌なことは嫌だと言え」と。

今井通子:
うん

相談者:
・・「戸籍上の縁が切れないなら事実上『もう会いたくない』と言え」と。

今井通子:
うん

相談者:
背中を押してくれまして、

今井通子:
うん

相談者:
一度、思いの丈を父に話しました。

今井通子:
はい

相談者:
そうしましたら、翌々日に宅配便で・・実家に、あ、あるわたしの荷物全部送られてきまして、

今井通子:
ええ

相談者:
そして・・兄にも話しましたら・・

今井通子:
うん

相談者:
兄は親戚中に、「変な占いにハマって、おかしくなった」と・・言われまして、

今井通子:
うん

相談者:
ホントに・・孤立無援になりました。

今井通子:
ま、でもご主人とは、変わりなくでしょ?

相談者:
ええ、すごく、大事にしてくれます。

今井通子:
うん、しんせ・・

相談者:
で・・

今井通子:
親戚一同からの孤立無援?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
そうです、はい

今井通子:
はい

相談者:
で、主人は「いいじゃないか」と。

今井通子:
うん

相談者:
うん。あの、「自分、の中に正義があればいいじゃないか」

今井通子:
はい

相談者:
ああ、ごもっともだなと思いましたが、

今井通子:
はい

相談者:
その中で、両親の介護が始まって、

今井通子:
はい

相談者:
近くにいるわたしが・・在宅で看る、形を取りました。

今井通子:
取らされましたじゃなくて?

相談者:
あのお、父が死んだときに後悔したくないって思いが・・先立ちました。

今井通子:
・・うん

相談者:
うん。きっと、無視をしていたらわたしの性格だったら・・もだえ死ぬような、苦しみを味わうだろうなと思って。

今井通子:
うん

相談者:
で・・今年い、やっと施設に入ったんですけども、自宅にいるときよりも、施設のほうが大変になりました。

今井通子:
・・あなたは・・どんなに虐待されても、

相談者:
はい

今井通子:
親の愛を勝ち取りたかったわけよね?

相談者:
そうですね、ええ

今井通子:
うん
それで・・「20歳も年上の人と結婚します」ったら、引き止めてくれるだろうと思ったらそうはいかないで「どうぞ」って言われちゃったわけでしょ?

相談者:
はい・・はい、はい、はい

今井通子:
うん・・あなたはあ・・

相談者:
はい

今井通子:
もちろん思ってんのは・・もう後ろ振り向かず(含み笑い)、ご主人と一緒に行ったほうがいいような気がしてるんじゃないかと思うんだけど。

相談者:
そうしたいんです。

今井通子:
うん

相談者:
したいの。

今井通子:
だけど・・

相談者:
したい・・

今井通子:
反対もほうも、引っ張られちゃうわけですよね?

相談者:
そうです、そうです。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
で、そうすると今日のご相談は一体なんですか?

相談者:
うーん。この感情の・・整理を、して。
怒りの感情じゃなく、生きて行きたい。

今井通子:
うん

相談者:
毎日苦しいので。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の・・

相談者:
ええ・・ええ

今井通子:
坂井眞先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

(回答者に交代)


「虐待を受けて殺したいほどの母の介護をやめたくない女のジレンマ」への11件のフィードバック

  1. 違法であろうと遺産を一人占めしそうな兄!
    母親にガツンと言えれば、以外とスッキリするかも?勇気がいるだろうけどね

  2. 私の婚約者が幼い頃母親からDV受けていて、相談者と同じように兄は大事にされていた、という事を聞いていたので、どのような結論になるのだろう、と興味をもって読ませてもらいました。

    結果的に完全な解決策は無いんでしょうね。

    婚約者も親に送金している、って言ってたし親が死ぬまで愛情を欲しいんだろう。
    また、婚約者は、私に実家に帰るときは良い身なりをさせようとする。
    親から少しでも褒めて欲しいのかな、と思います。
    (そう考えると、私を婚約者に選んだ理由は社会的地位が少し高めだから?と少し悲しくなる)

    相談者には味方になってくれる夫がいるので、十分相談しながら、十分甘えながら生きていくしかないのではないかな?

    私も婚約者にそうしてあげたいと思います。

  3. 辛口ですみません。
    この相談者さんは、母親を憎むことで、生きる力が湧いてくるタイプかと思いました。だから、母親から離れないのかな、と。
    もし、憎むことで、自身が病んでいくタイプなら、たとえ母親と一緒にいたくても、精神的にも肉体的にも受け付けない。電話で少し話すだけで、ぐったりしてしまう。

    でも、この方は強い。そして、母親と距離をおくつもりもない。

    私の母と似ています。実母(祖母)を介護しながら、昔のことを思い出しては、恨みつらみをぶつけてました。
    他にも看てくれる兄弟はいるし、祖母はお金持ちだったので、施設に入れることもできたのに。
    母の言葉によると、兄弟の中で一番愛されず、いじめられ続けた母が、介護を志願したのは、祖母と離れたくなかったからなのでは?と思います。
    けれど、母親より大きくなって強くなった娘が、年老いて弱くなった母親にまだ愛を求めるのは、なんだか哀れな気がしました。

    間違っていたら、ごめんなさい。

    1. いや、距離を置ける人の方がずっと強いですよ。
      自分の心を守ることができる。過去を過去として、今を生きるために、離れる。そういう決意ができる人は、強いです。

      この相談者は、何かしら理由をつけて、母親から離れないで、憎いと言いながら、まだ愛されたいと思っている。
      しかも、まだ愛されたいと思っていることを、認められません。

      言い方はきついですが、一番頑なで、弱いタイプのアダルトチルドレンだと思います。
      まだ、全然抜け出せてないです。

      アドラー心理学では、ダイエットしたいと言いながら、お菓子が美味しくてやめられなくいんだもの…という人は、そもそも、無意識下では、痩せたいとは思ってない、と言います。
      人間は、無意識化でしたいことしかできないのです。
      できない時は、できない理由を探して、後付けで合理化するのです。

      この人は、本気で離れたいとは思ってないんですよね…。その依存心に気づかないと、憎しみから解放される第一歩も踏み出せないでしょうね…。

      1. 共依存脱し隊さんへ 辛口の匿名です。
        共依存脱し隊さんのおっしゃる、「頑な」という言葉が、私の母親にまさにピッタリです。

    2. ↑匿名さんのご指摘、まさに自分の母親のことを言い当てていてギョッとしました。状況も似ています。共依存脱し隊さんの解説も凄く参考になった‥いつもながら解説サンクスです。
      散々祖母(母親にとって母)の悪口を言っていたのに、介護は率先してやっていた。そしてその頃から「狂って」きた。どう「狂って」きたかを言葉で説明するのが難しいが、モラハラが酷くなっていた感じはある。匿名さんと脱し隊さんのご指摘でメカニズムが理解できた。おそらくサンドバッグ役が長女だった自分へ廻ってきたのだ、と。
      現在は母親と、ひいては親類まるごと没交渉。「狂った」母親と暮らしたのは計10年程。その間楽しかった思い出が一つもない。当人は、娘の気力を削って、縁を遠ざけた意識は持っていないだろうし、この先も意識しないだろう。自分の家族はある意味「彼岸の彼方」へ逝った。
      こう書いてる自分もまだ憎しみに捕らわれているんだろうな。共依存脱出はまだ道半ば。

      1. 子供がサンドバックになる。こういう場合によくある形ですね。お辛かったですよね。いや、今もお辛いですね。

        でも、距離を置いて、自分を守ることができたんですね!
        機能不全家族から、距離をうまく取れるようになるだけで、共依存は、70%くらい良くなってると思っていいと思います。

        偏った思考に縛られてしまっている親をかわいそうな人なんだなと思ったり、やっぱり憎いと思ったり、日によって気持ちは振り子のように、揺れ動くと思うのですが、それで十分なんだと思います。

        もう親が、自分を省みることはないですもんね。親が変わることはないですからね。自分がちょっとでも変わるしかないんですよね…。

      2. よくご存知でさんへ 辛口の匿名です。
        こちらこそ、私の気持ちを代返してもらってるみたいでした。
        祖母が毒親で、その娘つまり私の母も毒親。その連鎖を自分の代で食い止めたいので、正直なところ、母親にかまってる余裕はなく、自分の子育てで精一杯です。

  4. 共依存脱し隊さんのアドラー心理学の喩えが一番、腑に落ちました。加藤先生も〈人はあなたの意識に反応するのではなく、無意識に反応するのです。〉とおっしゃっています。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。