モヤ相談にはモヤ回答。死を恐れる22歳へ。精一杯咲かなかった人は散るのが怖い

テレフォン人生相談 2020年9月11日 金曜日

なんでも高2から突然死ぬのが怖くなったらしい。

一人っ子。
母は中国人。
小学校のときにいじめられた。
中2から中国に。
中学卒業後は1年間アメリカ。
戻ってきて高2から再び中国に留学して現在に至る。
今はコロナ禍で帰国し、両親と暮らす。

 

今週は、スペシャルウィーク
「今、闇の中でもがく若者たち」

トリに期待してたら、尻すぼみ。

こういう悩みを拗(こじ)らせるのもこの年頃にはありがち。
特権と言っていいかもしれん。
金も責任も無く、時間だけがある。

だから、こんな所でてっとり早く答えだけ得ようとするその根性や如何に。

学生なら、哲学やら文学やらの人文科学系を履修したり、図書室で司書に相談すれば書籍やカテゴリを提示してくれる。

そんな面倒くさい事やる気がないんだったら、キミが単なる面倒くさい奴。

 

「『お前は中国人だ』『だから悪い奴だ』っていじめられて」

あのねえ、キミの母親の国と違って、日本には捏造博物館 南京大虐殺紀念館みたいなのもなければ、反中教育もしていないの。

まさか小学生が尖閣の振る舞いを責めたのでもあるまい。
イジメられたのなら、それはキミ自身が持つ因子。

 

話し方がネイティブじゃないのは母親の影響かしら。
強力ね。

中国語も操るんだろうけど、お世辞にもバイリンガルとは言い難い。

一体、親は息子のアイデンティティをどっちで育むつもりだったのかしら?

てか、22歳。
キミはどっちの国籍を選択したの?(*)

(*)親が外国籍の場合、重国籍の可能性がある。
この場合は22歳になるまでに国籍を選択することができる。てか、しなければならない。
期限を過ぎても罰則はなく催促されるのみ。
ただし催促に応じない場合は日本国籍は消滅する。

幸か不幸か、これこそキミに課せられた命題。
死ぬの怖いなんて日和ってる場合ではない。

日本政府が用意したチャーター機で帰国できたのも国籍のおかげ。
地球市民なんて平時だけの夢想で、最後に頼れるのは国。

友だちは中国人が多いけど日本食も好き♪
なんていうレベルではない。
国籍は単なるレッテルではないからだ。

母親が生まれ育った国と自分が生まれ育った国。
両国が戦争になったとき、キミはどっちに銃を向ける?

ほら
よっぽど悩み甲斐のあるテーマじゃなくて?

大坂なおみは日本を選択したが、アイデンティティとの不一致は周囲を混乱させる。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 男22歳 独身一人っ子 中国留学中コロナで現在日本の実家暮らし

今日の一言: 人間の唯一の義務は自分自身になること。それ以外の義務はありません。(デイビット・シーベリー)

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。
最初に、年齢教えてください。

相談者:
22歳です。

加藤諦三:
22歳・・まだ独身です、か?

相談者:
はい、独身です。

加藤諦三:
ご両親と一緒に暮らしてんの?それとも1人暮らし?

相談者:
外国に留学してまして、

加藤諦三:
あっ、今、外国留学中、はい

相談者:
ええ、で、ちょうど今ウイルスの関係で、日本にいて、親と暮らしてます、今。

加藤諦三:
差し支えなければ、どこの国ですか?

相談者:
中国です。

加藤諦三:
中国ですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい・・それで?

相談者:
悩みがですね、

加藤諦三:
うん

相談者:
高校の2年生のときからあ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
死ぬのが怖くなっちゃったんですよ。

加藤諦三:
死ぬのが怖くなった?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
人っていうのは、誰でもお、死ぬじゃないですか。

加藤諦三:
はい

相談者:
突然その日ですね、なぜかあ、思っちゃったんですよ。「あ、人はあ、誰でも死ぬもんなんだな」って。それからあ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
勉強のときとかあ、お風呂のときとか、寝るときとかもお、ちょっと怖くなっちゃってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
吐き気がしたりとか、

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
それが、今回帰るまであったんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
今は、外でウイルスとかあるじゃないですか。

加藤諦三:
はい

相談者:
将来仕事が見つかんなかったらどうしようかな?とか、死ぬことを考えるとお、息苦しくなっちゃったんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。それでえ・・メンタル的な、その死ぬのが怖くて・・

加藤諦三:
ふん

相談者:
アドバイスをいただきたいなあという・・

加藤諦三:
ふうん
中国に、行ったのはいつですか?

相談者:
中国に行ったのは中学2年生ですね。

加藤諦三:
中学2年生?

相談者:
中学、3年生終わったあとに、卒業しまして、1年ちょっとアメリカのほうに行ったんです。

加藤諦三:
ふうん

相談者:
そのあとに、また戻って、高校2年生から、ここ6年を中国で、過ごしてます。

加藤諦三:
中学2年生のときに中国に行った理由っていうのはなんですか?

相談者:
わたしの母が、中国の方で。

加藤諦三:
うん

相談者:
学校で、いじめられたんですよ、ハーフだから。

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
「お前は中国人だ」・・
「だから悪い奴だ」って言われて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
いじめられてえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
だ、小学1年から、中学1年、までを日本で過ごしたあとに、あのお、じゃあ、もう留学しようっていう、ま、決意をして行きました。

加藤諦三:
きょうだいは?

相談者:
きょうだいはいません。

加藤諦三:
きょうだいいない?

相談者:
はい

加藤諦三:
きょうだいはいないけれども、お父さんお母さんあなた3人は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
すごく、団結していて、家族、の、結び付きは強いですね?

相談者:
ま、特に母との関係が強いですね、自分は。

加藤諦三:
強いですよね?
で、「吐き気」って言いましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
お医者さんに行って、医学的には原因はないんですよね?

相談者:
息苦しさを感じてからあ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
行って調べたとこ、なんにも問題がないっ・・

加藤諦三:
何も問題はないわけですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
だから、吐き気も、息苦しさも、

相談者:
はい

加藤諦三:
心の問題で、

相談者:
はい

加藤諦三:
肉体的な、問題ではないですからね。

相談者:
あ、はい、心の問題です。

加藤諦三:
問題ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
で・・その原因っていうのは、あなたは自分では分かってんの?

相談者:
高校2年生のときに、60代の、老人の先生だったんですよ、あの・・

加藤諦三:
うん

相談者:
で、その先生が特に好きでえ・・いじめもないし、その頃でしたね。

加藤諦三:
そのときあなた解放されたんだよね。

相談者:
うん、そうですね。その前までは一切ありませんでしたね。逆にもう・・こんな辛いならもう、死んじゃったほうがいいんではないかって・・だから、

加藤諦三:
つまりいじめられてるときは、

相談者:
はい

加藤諦三:
死ぬのが怖くなかったんですよ。

相談者:
そうですね、はい。怖くなかった、全然もう、逆に死んでやりたかった、くらいなんですよ。

加藤諦三:
うん・・だからまったく違うんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
実は、あなた自身の口からちょっと言、ってもら、ったほうが、いいなと思って、質問してたんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
原因は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんです。

相談者:
はい?

加藤諦三:
原因は母親です。

相談者:
母親ですか?

加藤諦三:
あなたが一番、固い結びつきを持っていた母親です。

相談者:
なんでですか?それは。

加藤諦三:
だから最初に・・母親との関係、家族との関係は強かったね、って言ったのはそこなんですよ。

相談者:
でもなぜ母親が、あの、わたしが怖くなる原因なんですか?

加藤諦三:
あなたが、実は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
小学校6年の頃とは違います。

相談者:
・・

加藤諦三:
母親固着から離れて来て、

相談者:
はい

加藤諦三:
その最愛の人間に対する最大の憎しみがあなたの中に生まれたの。

相談者:
憎しみですか?

加藤諦三:
そうです。

相談者:
でも最愛でしょ?
最愛なのになぜ憎しみが生まれるんですか?

加藤諦三:
フロイド(*)が・・人間は・・

(*)ジームン・フロイト: Sigmund Freud オーストリア 1939年83歳没 精神分析の父
日本では濁らずにフロイトが一般的だが、スペルを見て分かるとおりフロイドと濁ると玄人っぽく聞こえる。

相談者:
はい

加藤諦三:
苦しみたがる。
always want to sufferって言ったの。
人間は常に苦しみたがる。

相談者:
苦しみたがる・・

加藤諦三:
ところが・・

相談者:
はい

加藤諦三:
人間は・・わたし楽しい・・

相談者:
はい

加藤諦三:
人間は、意識と無意識は違うんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから、あなたが、母親は最愛の人です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最愛の人に対する最大の苦しみって、これは人間の矛盾なんです。

相談者:
じゃあ、先生どうすればいいんでしょうか?わたしは。はい

加藤諦三:
あなたは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
自立することです。母親から。

相談者:
でも自分は今、大学も、あのお、単身で行ってますし。

加藤諦三:
うん

相談者:
自立はあ、したってことはないってことですか?これは。

加藤諦三:
だから・・そこが問題なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
これはフロイドが・・人間として生まれたらあ、共通の課題が、オイディプスコンプレックス(*)って言ってんの。
それとおんなじように、

(*)オイディプス コンプレックス: Oedipus complex
母の愛情をめぐる父親への対抗心や嫉妬。
主に幼児期に通過する無意識。
オイエディプスとは父を殺し母と結婚したギリシャ神話の悲劇の王子。(もっともオイエディプスは母とは知らなかった)
日本語の呼称はエディプスコンプレックスが通りがいいが、原語を見て分かるようにオイディプスと言うと玄人っぽい。

相談者:
はい

加藤諦三:
人間が生まれたらあ、どうしようもなく、対抗と、成長との・・

相談者:
うん

加藤諦三:
葛藤の中で成長してく以外にないんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなたの場合は、特に・・

相談者:
はい

加藤諦三:
そのことが明瞭に、出てきたような・・

相談者:
はい

加藤諦三:
運命を・・に、なったんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
ですから普通の人以上に母親との関係は深いです。

相談者:
はい

加藤諦三:
同時に、自立していくとき・・

相談者:
はい

加藤諦三:
最愛の人に対する最大の憎しみっていうものを乗り越えて、

相談者:
はい

加藤諦三:
最愛の人だけになる。

相談者:
はい

加藤諦三:
本当に自分が自立したときに人間っていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
その矛盾を、克服できるんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
その苦しみを体験して乗り越えるたんびに人間は、成熟して行くんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今あなたは・・その最大の成熟をする・・機会なんです。

相談者:
先生、ずっとね?あのお・・なぜ人は生まれて人生というものを過ごさないといけないか?っていうと、を、訊きたくて。
なぜかと言いますとね?あの・・みんなが死んでいくじゃないですか、絶対いつかは。

加藤諦三:
ええ
僕が言っているように1つ1つ人生の課題を乗り越えていけば、

相談者:
はい

加藤諦三:
死は成熟ですから。

相談者:
はい

加藤諦三:
老いじゃないんですよ。

相談者:
・・

加藤諦三:
成熟して、

相談者:
はい

加藤諦三:
喜んで・・満ち足りて、あの世に行けるんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
いいですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
秋になったら・・

相談者:
はい

加藤諦三:
葉は精一杯、紅葉して・・

相談者:
はい

加藤諦三:
散って行くんです。

相談者:
はい、散って行きます。

加藤諦三:
満足して。

相談者:
はい

加藤諦三:
そいで春になると・・

相談者:
はい

加藤諦三:
若葉になって出てくるんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
ところが、精一杯、秋に咲かなかった人は、

相談者:
はい

加藤諦三:
散るのが怖いんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
精一杯生きれば・・

相談者:
はい

加藤諦三:
満足して死んで行くんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたは、たまたま・・

相談者:
はい

加藤諦三:
人生のいろんなことを味わってるから・・あなたは今死ぬのが怖くなっちゃった、

相談者:
はい

加藤諦三:
それは、本当です。

相談者:
はい

加藤諦三:
どうしましょう?って・・

相談者:
はい

加藤諦三:
死ぬのは怖くなくなります。

相談者:
はい

加藤諦三:
母親に対する最大の憎しみも、今度は憎しみは消えていきます。

相談者:
はい

加藤諦三:
きちんと・・人生の課題を乗り越えて行けば。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでは・・回答者の、幼児教育研究の大原敬子先生にお話いただきます。

(回答者に交代)


「モヤ相談にはモヤ回答。死を恐れる22歳へ。精一杯咲かなかった人は散るのが怖い」への8件のフィードバック

  1. 要は、あなたは、アダルトチルドレンだね、と先生たちは言いたいんじゃないでしょうか。

    母親が大好き。大好きだから、たくさん愛してほしい。でも、待って、その愛し方じゃない。もっと肯定してほしいし、そのままの自分を愛してほしいの!!
    という感情ですね。幼児期の子供の自分が、満たされないまま残ってるんですよ。

    で、母親には、大いに期待してしまっているの。自分がして欲しい愛し方や見つめ方を、まだしてくれるんじゃないかって。

    でも、それは無理なんですよ。
    大抵の親は、自分がされたような子育てをするんです。
    目の前の子供の反応を見て、この子の望むものを与えようと寄り添うのではなく、子育てとはこういうもの、と思ったやり方を貫くんです。

    でも、自分は自分の親の育て方で大丈夫だったとしても、自分の子は自分ではないので、同じ育て方で大丈夫かどうかは、分からないんです。
    そして、よく見つめていなくては、大丈夫じゃないよー!という子供のサインも見逃してしまうんです。

    母親はそんなつもりなくても、もっと良い子に育て!今のままでは足りない!という非言語的なメッセージを受け取り続けてきたのかもしれない。
    自分一人で海外の中学や、高校大学など、相当頑張って突っ走ってきた人生だったはずです。
    もうガス欠状態なんです、たぶん。

    母親の育て方では、この相談者は、追い詰められてしまったのかも。
    いじめで、ズタズタになった自尊心も、家庭で埋めれなかったのかもしれないです。

    今親元に帰ってきたことで、親と物理的に距離も近くなったから、余計に無意識では追い詰められてるのかな…それで相談する気になった…と、私は見て取れました。

  2. 相談者も日本に帰ってきたときに、
     ウイグル族虐待、香港圧政、外国人報道記者拘束、コロナウイルス武漢発生、天安門事件30年、...
    といった中国関連の報道に接するだろうし(これらは中国でどれだけ報じられているのだろう?)、無意識のうちの中国生活と死とを関連付け、死を身近に意識し、死が怖くなったとは考えられないかな?
    たぶん高校生になった頃から、その辺の事情が理解できるようになってきたんだろうね。

    また、相談者は中国では「日本人」と見なされることがあるかもしれないからいろいろと気をつけないといけないだろうし...

    日本だったらそこそこ報道の自由が守られてるから知りたい情報は得られるし、自民党とは異なる政治思想を有しているからっていきなり逮捕、投獄されることはないし、相談者もずっと日本に居なよ。

  3. 私は、内容はともかくコミュニケーションとしては、過去最大級のひどい回答だと思いました。
    確かに、明確な回答が出しにくいお悩みではあると思いますが、一連の会話が洗脳手法で進められている点には、ある意味脅威(危険)を感じます。たとえば
    1)相談者のコメントを、すべて自分(回答者)の論拠に都合の良いもの、自分の論拠が正しい根拠として使う。
    2)研究者の名前や専門用語、堅い表現を連発して、自分の意見に権威づけするとともに、相談者に何となく正しいような気にさせる。
    3)相談者が自覚や納得しにくいことも、「気づいていない」「無意識」「夢に表れている」など、証明しようがない証拠で説明する。
    などです。
    (ちなみに、「そんな夢は見ません」と回答されたら、「そこはないですね。じゃあ、それに近い雰囲気の夢は、どんなものを見ましたか」と続けていけば、回答者の望むルートに戻せます。)

    相談活動に(技法としての)洗脳的な要素が全くあってはいけない、とは思いません。放送時間の尺の制限もあると思います。
    とはいえ、相談者の方の言葉や考えのすべてを、回答者の方々の枠にはめ込んでしまうことには、強い違和感がありました。

    私なら、<生き物である以上いずれ死ぬなら、どんな状態で死にたいか。そうなっていけるために毎日できる具体的なことは何か>や、<少しでも生き延びる確率を上げるのに役立ちそうなことを、毎日必ず3つやるとしたら何をするか>をご一緒に考えるかなぁ、と思いました。

  4. ウイグルやチベットの人々は死にたくなくても中国共産党に虐殺されている。
    アグネス・チョウさんのような香港の若者も命をかけて中国共産党に抗議をしている。

    死にたいなら、それらの方々に自分の立場を背のりさせてあげなさい。

  5. 「自分は、どう生きて行けば良いのかわからない」
    という心の叫びはそのひとにとって死ぬほど切実。
    管理人さんのコメントが理解できない。

    1. 切実という割には、自分から解決しようと頭を働かせない怠慢さが問題なんでしょw
      テレフォン人生相談にかけてくるだけまだマシなんだろうけどさ

  6. 日本、アメリカ、中国を転々。それぞれの国で自分のアイデンティティを貶される。日本では中国人だから、中国では日本だから、みたいな。劣等感と失望感と諦めが膨らんで、それが黒い霧のように青年を囲んでいる。黒い霧が自分を死に誘っている感覚がある。
    青年の悩みとはこういう感じかと解釈した。国籍も、いじめを再燃させたコロナウイルスも青年のせいじゃないから、その辺りは気の毒である。管理人さんの述べる「国籍の選択期限」について、当人も理解してるとしても「前門の虎後門の狼」みたいに脅威に感じているのかもしれない。さらに気の毒だけど日米中、どこ行っても差別はあるから、その辺りは諦めるしかないんじゃないか。
    自分と青年の生い立ちが重なったので書きこんだ次第。自分は国籍日本であるが、それでも出身地による差別は受けてきたこと。移住地ジプシーしてきたことが青年と重なった。でも、第三者視点から見ると「青年期特有の悩み方」ということか。確かに、自分の殻に閉じこもって「死にたくない死にたくない」とウジウジした人間に需要は無いだろうな。自分は結局そういう10代20代を過ごしたので40手前の今、周りに人がいなくなってる。そして、嘲笑されても仕方ない状況を受け入れている自分がいる。青年は自分のようにになって欲しく無いと思って書いた。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。