男のレベルが判明して急展開。全員が納得した妻がセックス嫌いになったワケ

テレフォン人生相談 2020年9月10日 木曜日

マッチングアプリで知り合って1年で結婚し1年半。
妻が行為を嫌がりセックスレス。
子作りのためには応じることになっている。

セックスレスそのものはあきらめているのか、相談は、したいという気持ちの持って生き方。

 

確かに恋愛モノなんかでも前戯を長々やるものは少ない。
AVも、そのシーンまで早送りするのがお約束(笑)

着衣のまま、いきなり挿入準備完了も普通。

あのね、それは今から気持ちのいいことが始まるという予感に反応する条件反射なの。

根深いものがある。
倦怠カップルならいざしらず、前戯は義務なのか?

触りたくないのか?
揉みたくないのか?
吸いたくないのか?
舐めたくないのか?

恍惚の表情でヨガる別の妻と会いたくないの?

 

今日に限れば三石女史のパートは無くてもいいような。

アタシは抗議なんかしないよw(詳細は3日前の月曜日の回)
むしろ、この手の相談のときは細部を訊かないとアドバイスにならないということを刻む意味で良回。

パーソナリティのヒアリング不足かと思いきや、
「妻が痛がる」
「休みの日はずっと一緒」
「『好き』って言い合う」

行為に問題があることを想像するに十分。

ケンカはすべてセックスがらみ。
新婚旅行で一回目は嫌がらなくて、最終日にやろうして大喧嘩。

これなんか分かり易いでしょ。
交際中にすでに幻滅していたものの、新婚旅行という舞台がその気にさせて、応じてはみたけどやっぱり。

鈍感な三石女史?

それはない。
意識的に避けた。

何があったかしらんけど、三石女史は下ネタが苦手。
たぶんねえ、好きじゃない。

映画化までされた華々しいデビュー(*)の後、これといった二作目が出ないことが不思議だったんだけど、ちょっと分かった。

(*)

性愛から逃げて小説なんて書けるわけがない。

 

無知な夫と40年。
やっとの思いで「痛い」と告白した妻に、それでも尚「芝居」と言う爺さん。
今日と同じく今井女史がいてくれて助かった回。
誘う女と妻との間で揺れる挿入命の現役75歳

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 男29歳 妻30歳 入籍1年半 妻の両親と二世帯で同居

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
お願いしますう。

今井通子:
はあい
今日は、どういったご相談ですか?

相談者:
妻とのセックスレスについての相談です。

今井通子:
はい。あなたおいくつ?

相談者:
29歳です。

今井通子:
29歳、奥さまは?

相談者:
今年で30です。

今井通子:
30歳。お子さんいらっしゃる?

相談者:
子どもはまだいないです。

今井通子:
ご結婚何年目?

相談者:
籍を入れて1年半になります。

今井通子:
はい。で、その、ご質問というか、お悩みがセックスレスということなんだけれども。

相談者:
妻とお・・一緒に住むようになって、1年、半くらいで、3回とか・・4回くらい、しかできていなくて、

今井通子:
はい

相談者:
一番長いときは半年くらいしていなくて、わたしからあ、誘っても、「したくない」っていうことで、断られててしまって、

今井通子:
はい

相談者:
今、あの、子ども作るっていうことで、子作りをしてるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
「子作りが終わったら、もうしない」っていう・・言われてしまって、

今井通子:
はい

相談者:
前にその、全然セックスできなくて・・

今井通子:
ええ

相談者:
ひどく悩んでしまって、

今井通子:
ええ

相談者:
過呼吸になってしまったことがあるんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
ま、そういうのもあったので、ちゃんと自分の、思いを伝えたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
相手が、すごく傷ついてしまって、

今井通子:
はい

相談者:
それだったらもう・・「回数を減らそう」って、もう、正直「やらなくても、いいよ」とは言ったんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
周りの方にそういうこと話すと、「いやもう、それは異常だ」っていうことで、

今井通子:
はい

相談者:
また自分で、もしかしたら、いずれ爆発しちゃうんじゃないか?っていうので、すごく悩んでまして、

今井通子:
はい

相談者:
どういう、気持ち、の、持ち方をすればいいのかな?ってことを・・悩んでいるんですけど・・

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
まず、奥さまとの出会いはいつ頃?

相談者:
2年、半前、ですかね?・・&#

今井通子:
誰かの紹介?それとも、同じ職場とか・・

相談者:
あー、えと、マッチングアプリで知り合いました。

今井通子:
あー、なるほどね。

相談者:
はい。それで、ま、お互い・・飲み会とか好きじゃなかったんで、マッチングアプリで、ま、仲良くなって、

今井通子:
ええ

相談者:
付き合って5ヶ月で、

今井通子:
はい

相談者:
プロポーズをして、

今井通子:
はい

相談者:
1年後に籍を入れました。

今井通子:
で、その・・お付き合いをしていた頃?

相談者:
はい

今井通子:
ていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
まったくセックスレスだったんですか?

相談者:
ま、付き合っててえ・・5ヶ月くらいの中で・・2回・・か3回くらいしかなかったと思いますね。
自分から・・ま、誘うんですけど・・あんまり乗る気じゃない、感じで・・ま、いつもしてました。

今井通子:
うん
ということはあ・・奥さま自身は・・

相談者:
はい

今井通子:
メイクラブすること自身を、嫌ってんの?

相談者:
そうですね、セックス自体が・・

今井通子:
うん

相談者:
嫌いですね。わたしとは、あの、普段、あの・・えっと休みの日い、が合えば、ずっと一緒にい、いますし、
結構あの、まあ、話をしていて、

今井通子:
うん

相談者:
お互い・・ま、笑ったり楽しめているので・・

今井通子:
うん

相談者:
その、セックスの話い、になると、いつも、あの、機嫌が悪くなります。

今井通子:
なるほど。
でえ、あなた自身のことは・・

相談者:
はい

今井通子:
好きなわけね?

相談者:
あ、「好き」って言ってますね、はい

今井通子:
はあ、はあ、はあ
奥さまって、ひとりっ子?

相談者:
姉妹です。で、妹ですね。

今井通子:
お姉さんはもう結婚してらっしゃんの?

相談者:
はい、結婚してます。

今井通子:
もちろん親御さんもお元気ですよね?

相談者:
はい。相手の両親とは、一緒に住んでます、今は。

今井通子:
あっ・・そうなんですか?!

相談者:
はい。あの、わたしが婿に入って、

今井通子:
うん

相談者:
相手のお、実家を建て替えて、

今井通子:
ええ

相談者:
二世帯で住んでいますね。

今井通子:
そうするとお、ご両親たちは、

相談者:
はい

今井通子:
なんか「早く子ども作れ」みたいな話(はなし)します?

相談者:
「孫は早く見たい」とは言ってますね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
普段ずっと、一緒に住んでらっしゃるわけだから、

相談者:
はい

今井通子:
2人だけで、どっか旅行行ったりしてる?

相談者:
新婚旅行でしか行ったことないですね。

今井通子:
新婚旅行に行ったときはどうでした?

相談者:
新婚旅行に行ったときはあ、1回だけしました。6泊う、7日で。

今井通子:
で、そのときは嫌がってた?

相談者:
そのときは、嫌がってはいなかったですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
あ、でも、あの、最終日に、「もう一度したい」って言ったんですけど、

今井通子:
ええ

相談者:
すごい乗る気じゃなくて、

今井通子:
うん

相談者:
大喧嘩をしてしまいました。

今井通子:
あ、そうなんですか(苦笑)。

相談者:
はい

今井通子:
ちなみにね?

相談者:
はい

今井通子:
その「メイクラブしよう」っていう話は・・まず、口から言うわけ?

相談者:
えーっと、まず口から言いますね。

今井通子:
ああ

相談者:
「今日できない、かな?」っていうこと。

今井通子:
なるほどね(含み笑い)

相談者:
はい

今井通子:
うん
普通う、は、

相談者:
はい

今井通子:
なんとなく・・手を繋いだり抱き合ったり?

相談者:
そうですね・・

今井通子:
うん

相談者:
そ、そういうのも、したときがあったんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
「そういうのが」あ、「セックスに繋がるから、したくない」って言われたこともあって・・

今井通子:
ふうーん、なるほどね。
で、なぜなのか?を訊いたことはある?

相談者:
訊いたことあります。

今井通子:
答えは?

相談者:
答えは、「もうわたしセックスが嫌いだから」って言われました。

今井通子:
あー、そう

相談者:
はい「痛いから」って言われて。

今井通子:
あーあー、そうなんだ。

相談者:
はい

今井通子:
ということで、あなたとしては・・

相談者:
はい

今井通子:
今日のご相談はなんなんですか?

相談者:
この気持ちを、どう持ち続ければいいか?っていうことで。
今、わたしの中では、そ、セックスしたいんですけどお・・

今井通子:
うん

相談者:
ま、子作りが終わればできなくなる。

今井通子:
ふん

相談者:
で・・「したい」って強く言うと、相手を傷つけてしまう。

今井通子:
うん

相談者:
外で・・する方もいると思うんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
そういう、店に行って。

今井通子:
ええ

相談者:
わたし・・行ったとしても・・きっと、あの、満たされないと思うんですよね、妻としたいんで。

今井通子:
うん

相談者:
ま、この状態で・・今は・・妻と、まあ、幸せに過ごしてるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
心の・・奥では、ずっと「したい」っていう気持ちが、きっとあるはずなので、
いずれ爆発しちゃうんじゃないのかな?っていうので、どう心を、保っていけばいいのか?っていうのを・・

今井通子:
なるほど。

相談者:
聞いと・・はい

今井通子:
ていうことは、物理的な方法を考えるんじゃなくって、

相談者:
はい

今井通子:
気持ちの持って行きようをどうしたらいいか?っていうことですね?

相談者:
あ、そうですね、はい

今井通子:
うん
今日はですね、

相談者:
はい

今井通子:
三石メソード主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「男のレベルが判明して急展開。全員が納得した妻がセックス嫌いになったワケ」への12件のフィードバック

  1. ほんとに全く濡れてないうちにねじこまれて、ひっこすられて、余りの痛さとおいてけぼり感でトラウマになったのかも

  2. ラブジュース・・・
    今井さん、今回は相談者が若い男で性に未熟だと見たからか、ずいぶん親身になって回答を。
    まあ、三石さんの回答が身も蓋もなかったからね。なるほど。

  3. 29歳にもなって「服の上からわかるんですか?」の質問にはひっくり返った(笑)
    そりゃ奥さんは「下手くそ!」とも言えないだろうし辛いだけでしょうよ。

  4. 今井が先に相談者の未熟なところを先に引き出してたら三石の回答も違ったものになったんじゃないの?パーソナリティとしての聞き出し不足。
    三石の回答は性交渉が無理な前提での精神論(相談者も心の持ちようを尋ねているし)。どうせ無理だと諦めるとしたらまあそういう心の持ちようもあるよなという感じ。相談者から求められたことをその言葉どおりにアドバイスしたのでは。
    今井のは初歩の初歩の初歩の方法論。聞いてて小っ恥ずかしくなる話だったけど知ろうとしない人は本当にわからないんだろうな、という意味では今井ならではのいい説明だった。でも前段のやりとりを聞いてそんな初歩の話の方が相談者に効くなんて思うまいよ。ほして、新婚旅行くらいの時期での相談ならこういう方法論でなんとかなったかもしれないけど、今この話を聞いて相談者が実行するとしても遅きに失してる感は否めない。

  5. 今後の具体的な相談は、日刊ゲンダイデジタルで人生相談コメンテーターをしている、あの昭和最後のエロ事師村西とおる監督にしてほしいです。(すみません2日前も書いた気がする)
    多分キチンといい事言ってくれるはず。
    その答えが聞きたくてたまらないです。

  6. 性的な悩みを相談してくる氣弱な男性に対して、

    三石先生は、柔道の熟練者の投げ技みたいに豪快だが安全に投げ飛ばして短時間で終了させる。

    今井先生は、柔道の熟練者の寝技みたいに捕獲して逃さずジワジワと技を仕掛けて追い込みとどめを刺す。

    両者、これまで何度もやってきたパターン。

    相談者に同情する。

  7. よくこんな人が結婚、既に入り婿で二世帯住宅。破滅しか思いつかない様な展開でした(笑)。

  8. 今の時代、ネットでお気軽に検索出来るのに

    真面目ちゃんだとそれさえも出来ないんだぁと思った。奥さまもそれに近いのかな?相手がそれならこっちが教え込むという発想もないなら、この結婚自体が無理だったのでは?

  9. うちだって、旦那童貞でテク無しでもガマンし続けて?はや20年です。「お前は恥じらいが無いだの、コロンが臭いだの、ランジェリーは嫌い」だのせっかく一生懸命に尽くしても文句言われてます。しかも入婿ではなく、私の方が旦那の親と二世帯。しかも新婚の時は、ジジババと同居。相談員さんの奥さんワガママ過ぎ。風俗行ってしまえ。子どもが出来る前にさっさと、良いお嬢さんみつかえて、逃げて。そんな親にベッタリの奥さんからはサヨナラしましょう。

  10. リアタイで聴いてて、ひっくり返りそうになった相談でした…。Twitterがすっごく面白かったです。

    なんだろう、セックスレスになるカップルって、とにかく性に限らず、コミュニケーションが、両者ともに不得手すぎる場合が多い印象です。

    奥さんが、「痛いから嫌だ」って言ったなら、「じゃあ、どうしたら痛くなくなるかな?して欲しいことはある?俺も調べてみるから、君も教えてくれ」と、なぜ、ならないのでしょうか?

    今のセックスの仕方、今のコミュニケーションの取り方に問題があるのに、そのままで変わろうとしない。
    ちょっと変えたとしても、小手先だけで、心のあり方そのものは、相手を責めたり、追い詰めたりしてるままなのが、滲み出てる感じがするんです。

    一緒に楽しもう!まず、相手を楽しませたい!という意識が大事だと思います。

  11. 悩んでここに電話してきてるんだから、ちゃんと教えてあげた方がいいんじゃない?

    この人の場合、清潔感とか対話力とかから始める方が良いと思う。
    女性を安心させる、っていうことがまず大事。

    手をつなぐことからやり直す。
    相手が手をつなぎたいシチュエーションを作るには?と考える事が第一歩。

    そこから始まって、ボディタッチやら、キスやら、何段階すべてこなせると、相手は待ってました、ということになります。

    何段階をこなしていくのは、かなり失敗もするし手間もかかります。
    それを乗り越えるには努力と力と頭と金が必要。

    この人の場合不器用そうなので挫折する確率高いから、こつこつやるしかないですね。

    しかし、女性の扱いも知らん奴って、仕事もできないんだろうなあ。(特殊な職業以外)

  12. 想像するに奥さんもかなりの変わり者かも

    いずれ近回の性の不一致含めて、婚前に詰めておくべきことは沢山ありますね

    それにしても、数十年前頃までの、親の指示などによる否応なしの結婚ではこの手の案件は、どう処理されていたのでしょうかね

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。