子に広まる離婚原因はDVか不倫か。元夫との情報戦で劣勢に立たされ再婚に二の足

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
も・・もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたはあ、誰とも心が触れ合ってないんですよね?

相談者:
あー、なるほどお(ため息)

加藤諦三:
問題はね?

相談者:
はい

加藤諦三:
なぜ誰ともコミュニケーションできてないか?ということなんですよ。

相談者:
・・は、ああー

加藤諦三:
それはね?・・あなたはあ・・この今の彼との・・恋愛が・・

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の離婚の・・原因ではないと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
いうふうに・・主張してます。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなたは確かに、意識の上では・・

相談者:
はい

加藤諦三:
不倫が原因ではないと意識では思ってます。

相談者:
はい

加藤諦三:
でも実は無意識で・・

相談者:
はい

加藤諦三:
この不倫が・・・原因だと・・無意識では思ってんですよ。

相談者:
は、はい

加藤諦三:
つまり・・自分が・・不倫して、離婚したっていう、ふうに認めるのは、あまりにも辛いんですよ、今までの人生から・・考えて。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから本当はあなたは不倫が原因で離婚したと・・無意識では思ってんです。

相談者:
・・

加藤諦三:
ここが原因なんです、この問題の。本当の核心の部分ていうのは。

相談者:
・・

加藤諦三:
つまり、あなたは意識と無意識が乖離(かいり)してんの。

相談者:
・・はあい

加藤諦三:
だから、誰とも心が触れ合えないんですよ。

相談者:
・・

加藤諦三:
だから、コミュニケーションできないの。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
・・だからあ・・他人が自分をどう思うか?っての物凄い重要なんですよ。

相談者:
・・あ

加藤諦三:
こういうの、不当な重要性っていうんだ、undue importanceっていって、不当な重要性を与えられてんですよ。

相談者:
はあ

加藤諦三:
あなたにとって・・

相談者:
はい

加藤諦三:
他人はあ・・生命的な重要性を持ってるんです。

相談者:
生命的?

加藤諦三:
うん、Vital importance(*)って。

(*)vital importance:
生命的重要性と訳されてちょっと分かり難かったかも。
そういう日本語ないし。
致命的な、死活的な。
「重要性」は訳しても訳さなくても。
するとその前の undue importance ともスンナリつながります。
貴女とって他者評価が vital importance、それは undue importance

相談者:
はい

加藤諦三:
つまり自分ん、がもう、どこにもないの。

相談者:
・・

加藤諦三:
誰ともコミュニケーションできないの。

相談者:
はい

加藤諦三:
もう、心の中は不安と恐怖でいっぱいなの。

相談者:
あ・・あ、はい。そこはすごく分かります。

加藤諦三:
・・小さい頃からいろんなことがありましたから。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
あなたは。
周囲に対して、隠された敵意もすごいんです。

相談者:
ふうーん

加藤諦三:
だって母親からまだ自立できてないから、まだ。

相談者:
そういうことにもなるんですね。

加藤諦三:
母親に対するこの、嫌悪感がそうです。
つまりあなた、誰からも自立できてない。
もっと言えば、誰からも愛されてなかったの今まで。

相談者:
・・

加藤諦三:
辛い人生歩んで来たんですよ。

相談者:
・・そういうことになるんですかあ・・なるほどお(ため息)

加藤諦三:
誰からも守ってもらった・・保護してもらえるっていう安心感を小さい頃持ったことないの。

相談者:
・・ああーあ、それはなんとなく・・分かります。

加藤諦三:
基本的に自分の存在にほん、不安があんの。

相談者:
はい、あ、はい・・はあ

加藤諦三:
で、なぜ結婚できないか?

相談者:
・・

加藤諦三:
それは他人が重要だからなんです。

相談者:
・・(ため息)

加藤諦三:
なぜ他人がこんなに重要なのか?

相談者:
・・

加藤諦三:
ちょっとキツい言い方だけども、ここ踏ん張ってください。

相談者:
はい

加藤諦三:
小さい頃から、本当に愛されたことはなかった。

相談者:
ああーあ・・は、はい
分かります、その言葉はすごく入って来ます。

加藤諦三:
・・あなた相互の信頼関係っていう人間関係がないんです。

相談者:
あーあー

加藤諦三:
だけど今あなた認めたから。

相談者:
・・

加藤諦三:
「わたし不安なんです」・・
「孤独と不安の」・・

相談者:
あー

加藤諦三:
「中で、自分が自分で頼れないんです」&#・・
「他人が不当に重要になってしまったんです」、「どうしていいか分かりません」、「なぜならわたしは小さい頃から、愛されていなかったから」

相談者:
あーあー

加藤諦三:
これから愛ある人生を築きましょうよ。

相談者:
はい・・ありがとうございます。

加藤諦三:
大手を振って・・

相談者:
はい

加藤諦三:
57歳の男性と・・

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚しましょう。

相談者:
はい、ありがとうございました。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
はい、ありがとうございます。

加藤諦三:
自分が自分を見失うと、他人が生命的に重要になります。



「子に広まる離婚原因はDVか不倫か。元夫との情報戦で劣勢に立たされ再婚に二の足」への6件のフィードバック

  1. 元旦那のDVが離婚原因だと言っているが、
    事実かなぁ?
    DVが事実なら不貞と相殺して何らかの金銭は有る様な気が。
    財産分与無しで決着しているんだから、多分重大なDVは無くただ一線を超えているだけでしょ。
    本当に不貞していないなら、子供達に明確に説明して誤解を解くはず。
    事実不貞して、子供達に悪く思われるから再婚できないだけのこと。自業自得。

  2. 実は先に相談者が不貞して、不貞に気づいた旦那が鬱憤を晴らしていたりして。
    だから相談者から離婚を切り出すのが怖かったんじゃろう。
    公共の電波での相談だから、自己保身に走っただけのことでは?
    娘に再婚の話しをした時に『よく考えて』と言われたのは、その事実を把握していたから。
    娘も内心相談者を毛嫌いしているんじゃろう。
    紛れも無く昔の相談者を見ている様。
    個人的には相談者は狡猾でズル賢い様な気がする。

  3. 相談者は行きたい人生を進めばいい。
    しかし相手もバツイチなのだから籍は暫くは入れない方がお互いの為。
    子供からの評価をきにしているが、子供なんぞ親を憎む為にいる様なものと割り切れば気にすることはないだろう。

  4. どんな理由があっても、親が離婚してすぐ別の人と再婚となれば、子供にとってはかなりショックだ。

    もし本当にDVが離婚の原因だったら、子供はちゃんと見ていただろうからわかっているはず。
    父親の言うこと信じているのであれば、子供の心は父親の方にあるのでしょうね。

  5. 去年離婚で知り合ったのは3年前って明らかに不倫じゃないのかな?夫との離婚の相談を男性にする?その辺も変じゃない?しかも昔の母親の行為を気にするのは自分にもやましい気持ちがあるからでは?

  6. この人は結局どこに行きたいのだろうね。聞いてみると、行き当たりばったりの行動してる。別居していた母親宅へ何度も訪問して無断で侵入してガサ入れして、挙げ句地雷踏んで。この流れをもう少し詳しく聞いて見たかった。自信満々の道徳警察からの、トラウマの被害者へ。あとは、旦那と公正証書作成して財産分与放棄するという、妙に時間的余裕を作っていたところ。精神的余裕が無かったにせよ、そこを割り切れずに子供からの評価ばかり気にするところ。とにかく、この人の行動が辻褄合わない。
    行き当たりばったりで行動するから、わざわざ見ずに済むものまで見てしまうし、強い方に流されやすい。娘も母親のダメなところを見抜いているし、振り回されていたのかもしれない。「よく考えた方が良い」→今後トラブルが起きたってもう助けられない助けたくない、というところだろう。子供にそっぽ向かれる理由も、不倫云々以前のところにある。
    それにしても、財産分与放棄して一人暮らしとのことだが、資金はどこから来たのだろう。実家の気配も無かったし。やはり「援助」があったのかな。あと、口に出せるトラウマはトラウマでもない。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。