不倫隠さず堂々の中田氏にお願い調で頭下げる妻「私を選んで下さい」

テレフォン人生相談 2020年10月2日 金曜日

中田氏 : 中出しの誤変換。膣内射精の隠語。

一年前から夫が飲み歩くようになり、半年前から朝帰りするように。
3ヶ月前に夫に訊いたらアッサリ認めた。
相手は既婚のスナック従業員。
相談者とも相手とも別れるつもりはないと言っていた夫だったが、二日前にショッピングセンターの駐車場で「私を大事にして」と叫んだら、怒って「紙(離婚届)持ってきて」。
離婚したくない。

 

夫の親戚って誰や。
両親いないのかしら。

 

自分より4つ年上とはね。
小娘なら下半身の問題に矮小化することもできるのに。
気持ちの上で。

不倫をあっさり認める夫もあれだが、それより
「子作りしている」
変なの。
でもこの言い方は結構重要。

てか、この3ヶ月間、不倫が公然になっているわけだ。

逢い引きは店が引けた後の彼女のアパート。
既婚だけど別居中。
そして子どもはいない。
ここも重要。

これまで女癖に悩まされてきたわけでもなく、少なくとも問題になったのは今回が初。

加藤諦三は夫が離婚を望んでいると決め打ちだけど、口にしたのは二日前の駐車場。
それも妻の思わぬ行動に狼狽(うろた)えて出た言葉。

冷静時の言動は、
「向こうにも『妻を愛している』と言っている」

初めての店で交わす嬢との話題は、仕事、家族がお約束。
3人のパパということは女も先刻承知。
そして、口説いてくる客なんて腐るほど。

結論言うわ。
夫は、出産リミットが迫る別居中の子無し女に選ばれし顔面偏差値60の救世主。

マジ惚れされる独身非モテは対象にはならないの。
だからって、行きずりなんて論外。

役目を終えたら戻ってくるから待ってれば?
駐車場の一件で分かったでしょ?
追い詰めるのは逆効果。

もちろん、認知、養育費、慰謝料・・
綱渡りであることには違いない。
てか、覚悟しておいて。

アンタにとって妻の座を失わないことが一番なんだよね?
なら、動かなければ大丈夫。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女36歳 夫37歳 子ども3人(上から女、男、男)

今日の一言: 虐待を許す。自己蔑視の特徴の1つです。

加藤諦三:
もしもし?
も、し、

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
36歳です。

加藤諦三:
36歳。結婚しています?

相談者:
はい、結婚しております。

加藤諦三:
はい、ご主人何歳ですか?

相談者:
主人は37歳です。

加藤諦三:
37歳、お子さんは?

相談者:
3人、おります。

加藤諦三:
3人。上から、男の子女の子か、教えてくれえ、ます?

相談者:
女の子、男の子、男の子です。

加藤諦三:
はい、分かりました。
それでどんな相談ですか?

相談者:
男女関係の相談なんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
主人が、

加藤諦三:
うん

相談者:
スナックの、従業員の方と、

加藤諦三:
はい

相談者:
不倫を、していて、

加藤諦三:
いつ頃からですか?

相談者:
半年ほど前から。

加藤諦三:
そいで、どうして分かったんですか?

相談者:
3ヶ月前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
主人の飲み歩きをお、主人のほうの親戚のほうに相談していたら、

加藤諦三:
はい

相談者:
「もしかしたら女じゃないの?」っていう・・ことをお・・を言われて、

加藤諦三:
はい

相談者:
直接、主人に聞いてみたら、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「そうだ」と認めて。

加藤諦三:
あっ、ご主人あっさりと「そうだ」って認めたんですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、前から、女性関係が、いろいろと、トラブルはあったんですか?

相談者:
いえ、そういうことはまったくなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
1年ぐらい前から、

加藤諦三:
はい

相談者:
飲み歩きが、頻繁になって、

加藤諦三:
あー

相談者:
で、半年前から朝帰りが多くなって、

加藤諦三:
はい

相談者:
そんな話をしていたら、

加藤諦三:
うん

相談者:
「それは女じゃないの?」って、言われて・・

加藤諦三:
ふうーん
先ほどあなたはその「朝帰り」って言いましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
半年前ぐらいから、

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると、もうすっかり、前の、ご主人とは生活が変わったわけですね?

相談者:
態度は変わらないんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
女性がいるってこと、が、分かったのが3ヶ月前なんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
そのときい、は、だから・・「俺は、どっちも好きだから」・・

加藤諦三:
うん

相談者:
「どっちとも別れる気はない」・・で「向こうにも『自分の奥さんのほう愛してるから』って伝えてあるから」って言って・・

加藤諦三:
うーん、そうすっとそのスナックの女性っていうのは何歳ぐらいの女性なんですか?

相談者:
40歳です。

加藤諦三:
40歳・・独身ですね?

相談者:
既婚者です。

加藤諦三:
あっ、相手も既婚者ですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
相手のご主人なんにも知らないわけ?

相談者:
はい、知らないですね。

加藤諦三:
うーん
で、ご主人としてはどっちも好きだから、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたとは別れるつもりがないと。

相談者:
ないけど・・

加藤諦三:
うん

相談者:
向こうの女性が・・

加藤諦三:
うん

相談者:
子どもがほしいからって言ってるので・・

加藤諦三:
うん

相談者:
「子作りしてる」って言われてます。

加藤諦三:
で、今の段階では別に、妊娠その他はしていないわけですね?

相談者:
今は妊娠に至ってないようです。

加藤諦三:
うーん・・あなたから見るとお、

相談者:
はい

加藤諦三:
さっき、「態度は変わらない」ということおっしゃったわけだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
このご主人が、今までと違った人に見えるのか?、今まで通りのように見えるのか?

相談者:
見え方としては、

加藤諦三:
うん

相談者:
顔つきから何から、違う人には見えます。

加藤諦三:
そうすると、「態度は同じ」って言いましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
2人の間の関係は変わ・・ったわけですね?

相談者:
まあ、その女性が現れてからは・・体の関係はほぼなくなりました。

加藤諦三:
うーん
お互いの心の交流みたいなのは、まったく変わったわけでしょう?

相談者:
んん、わたしのほうは変わらないですけど・・

加藤諦三:
あなたのほうは変わらない?
ご主人を今まで通り信頼してるってこと?

相談者:
・・す・・ま、そういう・・か、感じな・・気持ちではいますけど・・

加藤諦三:
ふうーん
それで、あなたの今日の相談というのは、

相談者:
離婚したくないので。

加藤諦三:
離婚したくないんですね、はい
で、ご主人も、「離婚したい」とは言ってないんですね?

相談者:
言っていたんですけど、
わたしもちょっと2日前に・・ちょっと爆発しちゃいまして(含み笑い)。

加藤諦三:
はい。「2日前に爆発した」とはどういうことですか?

相談者:
ショッピングセンターに買い物に行って、

加藤諦三:
はい

相談者:
主人が、なんか最後のほうに、人混みが嫌いなもので、怒っちゃって、

加藤諦三:
はい

相談者:
どんどん、どんどん先に行っちゃって。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、駐車場もなんだかよく分からなくなって、

加藤諦三:
はい

相談者:
置いてかれて。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、まあ、駐車場お・・なんで、車・・ぐらいしか停まってないので(含み笑い)、

加藤諦三:
ええ

相談者:
そこでおっきな声で・・

加藤諦三:
はい

相談者:
「ほかの女よりわたしを大事にして!」って大きな声で叫んだんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたら・・

加藤諦三:
うん

相談者:
怒っちゃって。

加藤諦三:
はい

相談者:
そこで初めて、「もう、今ので無理だわ」って。
「もう次、紙持って来て」って・・「もう一緒にいたくない」って。(苦笑)

加藤諦三:
はい

相談者:
「向こうの女と一緒にいたい」って言われて。

加藤諦三:
なるほど。
あなた、そのお、「態度は変わってない」という、ことを・・さっき言いましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
態度は変わってんじゃないですか。
もう「向こうの女と一緒にいたい」と言うし、あなたとは「もう無理だ」っていうこと言ってるんだから。

相談者:
そう、2日前に・・言われたんです。

加藤諦三:
うーん
さっきは「『どっちも好きだ』と言った」って、言いましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、それ分かりますよ?
「どっちも好きだ」って、ご主人が言ったって、あなたの言う気持ちはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
そうあってほしい・・という、願いを話してたわけで。前半は。

相談者:
はい

加藤諦三:
前半で言ったのはあなたの心の願いですよね?

相談者:
ああ、はい

加藤諦三:
で、後半で言ったのが事実ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
そう解釈し、で、いいですね?

相談者:
そうですね。はい

加藤諦三:
それで、あなたの今日の相談というのは、向こうは「離婚したい」と言っている。

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたは離婚したく・・ない。

相談者:
ない・・はい

加藤諦三:
ない
それで・・離婚しないためにはどうしたらいいですか?っていうことですか?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はスタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「不倫隠さず堂々の中田氏にお願い調で頭下げる妻「私を選んで下さい」」への6件のフィードバック

  1. 自分を安売りしないで欲しい。
    貰うもの貰ってさっさと別れた方がいい。
    旦那の浮気相手の女も腹にイチモツ持ってるヤバい風にしか見えない。
    現状のままだと将来トラブルに巻き込まれるだろう。

  2. アラフォーになると子供もうそろそろ産めなくなるけど本当にいいの?って生理のたびに人生から問いかけられる気がしました。第二子妊娠発表した浜崎あゆみ(42)なんかまさしくその問いかけに見事に答えたなぁと感心しきりです。

    管理人さんも言う通り女性は子供だけ欲しいんじゃないの?と私も思う。
    それを言う大バカを夫に持つ妻。哀れです。
    それとも夫はわかってないのかな?種馬なのにモテてると思ってるのか?

  3. 管理人さんの推測が本当なら、40前後に至って子供に執着するものなのか、相談者旦那浮気相手が宇宙人に見えてくる。自分がまさに今39で出産経験が無いから。このまま出産経験無しで人生の約半分が終える。自分にとって子供を持つことは「後戻りのできないギャンブル」で、仮に子供がなんか障害持ちならどーするんだ、と。あとは、親の業をまんま被せることでもあるな、と。自分が家庭でも学校でもカースト底辺だったから、自尊心はボロボロで精神的にも壊れている。人からも毒親になるね、と言われている。なので自分の業で子供が潰れるのは分かっているので、とても出産できたものではない。親の搾取ターゲットが今度は自分の子供というのも明白だし。自分にとって出産とは「両親義両親ともに関係良好で裕福で、自分も仕事持ちで出演休暇取れる」ような、特権階級に許された行為だと思ってる。
    相談に戻れば、浮気相手が育児こなせるような環境とは思えないので、まさに蛮勇だなぁ、としか。相談者が宇宙人みたいな浮気相手に勝てるとも思えんし、何もせんほうが良いかも。今は所謂サレラリ状態だし、サレのハネムーン期が終わればなんか心境変わるのでは。

  4. 子供三人いて無職では、すぐ離婚も難しい。養育費や慰謝料なんて不確実でしょうから、ここは夫を財布と思いしばらく耐えてみては?

  5. どう考えてもこの夫賢いように思えない。
    のぼせ上がってたとしても、そんな女に手を出す?

    夫が好きであったとしても、この男に将来性はないよ。
    乗り換えた方がいいと思うなあ。
    (再婚偏差値高いなら、という条件付きだけど)

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。