点数稼ぎ狙った夫の熱意が尊大母には裏目。妻のバカ正直が拍車を掛ける

テレフォン人生相談 2020年10月1日 木曜日

子どもの頃は母のことが大好きで、一番可愛がられた自覚もある相談者が今では絶縁を考えるまでに。

 

養育費を背負った15歳差のバツイチとの結婚にたじろぐのはどこの親でも。

だけど娘だって三十路(みそじ)。

見た目の差が激しい年代ではある。
おしゃれ中年と非モテ中年とは別の生き物。

馴れ初め訊いてよ、柴田さん。
近所のおばさんキャラをぶち壊す「柴田先生」なんて許しちゃダメ。

 

相談者 「旦那は体を整えると言いますか、腰が痛い人を手で治すような仕事」

名詞じゃダメなのか?
ようなって何よ。

で、関係悪化のエポックメイキングとして相談者が挙げるのが母の腰。

最初、他愛ない婿のセリフの揚げ足を取る面倒くさい母って感じだったんだけど、もし厚労省も認めていない職業だったりしたら分からないでもない。

てか、プロが「必ず」なんていう禁句を使うかしら。
必ず毎月来ます、だったら分かる。
自分でコントールできるから。

慢性の痛みは専門医でもその原因すら分からないことも多い。
訊けば何回か婿に診てもらってる。
説明もなしに「大丈夫です」なんてバカにしてるわ。
とか。

色んな可能性を考えさせてしまう相談者の説明。

 

で、その結果が
母 「里帰り(出産)は義理の親に頼んで」

これは相当。

孫を人質にとられて白旗上げる祖父母は番組でいくらでも見てきたけど、5人目ともなれば執着ないのね。

 

姪っ子 「ママあ、なんでおばちゃんは旅行に来なかったの?」
一同  「!」

ワロタ

山田洋次はこれが好きみたいで「男はつらいよ」で毎回使う。

皆んなで戴き物のメロンを切り分けて食べようとしているとき、
これからお花見に出かけようとするとき、
タイミングよく(悪く)寅さんが帰ってくる。

言っちゃいけない姪っ子の役は、たいてい隣の工場のタコ社長。

相談者 「私もちょっと引っかかるかなっていう感じ」

そういうところがダメねえ。

「そうかそうか、オレが居ちゃ困るか‥冷てえじゃねえか!」

失礼、これは寅さん。
アンタだと
「えー!、どこ行ったの?、ひどい!」
これぐらい言えるでしょ?

逆の立場で教訓になるのは、根に持つタイプ。
その場は何もなかったからといって安心するのは甘いということ。
時間と場所をずらしてフォローが要る。

相談者 「旦那は出産予定月に旅行に行ったのも許せない」

大バカ。
その場の空気とか、うろたえ様とか、笑い話にしなさいよ。

amazon primeでも、Netflixでも、U-NEXTでも寅さんシリーズ48作はすべてタダ(会員料金に含まれる意味)。

夫婦で観よう。

 

嫁をハブった家族旅行を能天気にバラす親父(笑)
嫁はムリでも長男との絆を取り戻したい女。音信不通の当然過ぎるワケ

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女32歳 夫47歳バツイチ 娘ゼロ歳 実家の父65歳 母62歳 姉2人は家庭持ち

柴田理恵:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは

柴田理恵:
はい。今日はどんなご相談ですか?

相談者:
と、今後・・

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、わたしの家族、と、どういうふうに付き合って、行ったいいのか?、ちょっと、あのお、絶縁することも考えてるんですけれども、ホントにそれでいいのか?を、ご相談したいです。

柴田理恵:
はい

相談者:
お願いします。

柴田理恵:
はい
あなた今おいくつですか?

相談者:
32歳です。

柴田理恵:
はい
ご結婚はなさってますか?

相談者:
はい、しています。

柴田理恵:
えっと、ご主人おいくつですか?

相談者:
47歳です。

柴田理恵:
ん、でえ、お子さんはいらっしゃるんですか?

相談者:
はい・・

柴田理恵:
はい

相談者:
ゼロ歳の女の子です。

柴田理恵:
あー、はい、分かりました。
えーと・・じゃあ、家族とどう付き合って行くか?っていうのは、

相談者:
はい

柴田理恵:
ご実家のことですか?

相談者:
そうです。

柴田理恵:
はい。えと、ご実家は、どのような・・お父さんお母さんいらしゃるんですか?

相談者:
はい。父母(ちちはは)と、姉2人い、で、わたしが末っ子です。

柴田理恵:
はい。お父さんお母さんおいくつでしょうか?

相談者:
母が、62歳で、

柴田理恵:
はい

相談者:
父が65歳です。

柴田理恵:
はい。でお姉さんたちは・・

相談者:
結婚して、子ども2人ずついます。

柴田理恵:
あーそうですか。

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃもう、ご、あの、ご実家には住んでらっしゃらないってことですか?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
はあ、は、は、は、は
じゃあ、「家族と」っていうのはどなたのことをおっしゃるんですかね?

相談者:
具体的には母になります。

柴田理恵:
お母さん、どうなさいました?

相談者:
・・わたしい、が、あの、結婚する際にですね、

柴田理恵:
はい

相談者:
わたしの旦那があ、1度離婚歴がありましてえ、

柴田理恵:
はい

相談者:
子どもも・・お、いましたのでえ、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、最初から、反対されて、結婚したっていう感じだったんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、最終的には、あの、承諾していただいては結婚することができました。

柴田理恵:
はい

相談者:
で、それから・・上手くう、っていうか、じ、あの、実家に、一緒に帰ったりっていうふうにはしてえ、いたんですけれども、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
1年、半・・前ぐらいにですね、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、わたしが妊娠していたんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしの旦那はですね、あの、体を、整えると言いますか、あの腰が痛い人を手で治すような、

柴田理恵:
うん

相談者:
仕事をしていまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
母が「腰が痛い」っていうので、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、それを・・ちょっと治療したり、していたんですね。

柴田理恵:
あー、はあ、はあ、は、は、はあ

相談者:
はい

柴田理恵:
はい

相談者:
◆#、まあ、仲良くなりたいっていう・

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
お互いの・・旦那の意向もあって、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
ま、いろいろ頑張って、何回も診ていたんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
うちの、旦那が・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「大丈夫です」、「必ず治します」っていう、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
て、と言う人なんですね。

柴田理恵:
うん、うん、うん、うん

相談者:
はい
「その自信満々な感じが気に入らない」っていうふうに、

柴田理恵:
うん

相談者:
母に言われたんですね。

柴田理恵:
うん

相談者:
でえ、まあ・・わたし、としては、ま、そういう意見もあるだろうし、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、「大丈夫です。わたしが治します」って・・

柴田理恵:
うん

相談者:
言ってもらいたい人もいるだろうから、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
ま、どちらの意見も「そういう意見もあるよね」っていう話で、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、でも、別に、けど・・

柴田理恵:
うん

相談者:
そんな、絶対に、ダメだっていうことではないと思ったので、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、「別にあえて『治してほしい』っていうふうには伝えないよ」っていうふうに言ったら、

柴田理恵:
うん

相談者:
それで・・ま、あ、いろいろ話が拗れて(含み笑い)、ま・・

柴田理恵:
うん

相談者:
最終的にはもう、「わたしの体調も良くないから」、も「里帰りは、できれば」・・「義理の」・・「親に」、「頼んで」って言われたんですね。

柴田理恵:
お母さんから?

相談者:
はい、そうなんです。

柴田理恵:
はあーあー・・はい、はい、はい

相談者:
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
それで・・妊娠中でストレスもあるので、

柴田理恵:
うん

相談者:
旦那に話したらもう、「すぐ帰って来て」って言われたので、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
ま、そのときは帰ったんですね。

柴田理恵:
うん・・うん

相談者:
それで、ま・・そのことに関して、ま、姉と、姉2人とわたしで話し合ったんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・母は「もうそういう人だから」、わたしが「上手く中立しないのがダメだ」って言われたんですね。

柴田理恵:
ふうん
お母さんって昔からそういうふうに、こう、なんていうかちょっと頑固っていうか、
あの、押しつけられるのが嫌な方なんですか?

相談者:
あの、昔は、ホントにわたしは母が大好きで、

柴田理恵:
うん

相談者:
ホントにあの、自分でも一番可愛がられてる(含み笑い)んじゃないかな?って思うぐらい・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ホントに好きだあ、ったんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・あの、しっかりしてないっていうふうに思われて、いる・・感じい、ですね。

柴田理恵:
あ、その・・

相談者:
見ていると。

柴田理恵:
あなたが、こ、まだまだ子どもだっていう思いがお母さんにはあるってことですか?

相談者:
と思います。

柴田理恵:
うーん

相談者:
はい
で、それから、ですね、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、半年後ぐらいにまた・・実家に帰ったんですね。

柴田理恵:
はい、えっと、それは、妊娠、中のときですね?

相談者:
そうです・・

柴田理恵:
妊娠、妊娠の・・

相談者:
妊娠中のときです。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
はい、で、それで・・ま、そのとき、に、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、家族う、で、わたし抜きでなんか、ちょっと内緒で旅行に、行ってたみたいで、

柴田理恵:
うん

相談者:
旦那が、それはちょっと「許せない」って・・言って、いたのもあって(含み笑い)、

柴田理恵:
え?

相談者:
なんか仲間外れにされてるっていう、わたしが。

柴田理恵:
でもあなた妊娠中だしね?

相談者:
はい

柴田理恵:
ふうん
言うのも可哀想かなと思った、っていうことですか?

相談者:
・・あのお、姪っ子が・・

柴田理恵:
はい

相談者:
あの「どうして来なかったの?」って言ったのが分かったきっかけだったんですね。

柴田理恵:
はい、はい、はい、はい・・うん

相談者:
で、そのときに・・「なんで?」っていうふうに、姉に、こう、姪っ子が聞いたら・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「言ってないから」って言って終わったんですよね(苦笑)。

柴田理恵:
あーはあ、なるほどね、うん

相談者:
はい、あの、あの、妊娠中だから、とかじゃなくう、

柴田理恵:
うん

相談者:
「言ってないから」って言ったんですよ。

柴田理恵:
うん、ふん

相談者:
だからわたしも、それでちょっと「え?」っていうのもあったんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、妊娠中だしな、っていうのも・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あったりしたんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、ちょっと、引っかかるかな(苦笑)っていう・・感じで・・

柴田理恵:
ちょっと仲間外れにされた感があるんですね?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
はい、はい、はい

相談者:
で、またそのとき、に、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、母と2人で買い物に行って、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、車の中で、その・・1年半前の、ことを?、母から言って来たので、

柴田理恵:
うん

相談者:
また話したんですね。

柴田理恵:
1年半前って・・&#△

相談者:
「自信満々なのが気に入らない」っていう話です。

柴田理恵:
あー、はい、はい、はい

相談者:
はい

柴田理恵:
はい

相談者:
その話を母からして来たので、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、わたしは変わらず、「そういう意見もあるけど」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ていう話をして、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、でも、あの・・こちらはやっぱり、あの・・ただでやって、いるので、

柴田理恵:
うーん、うん

相談者:
こう、良かれと思ってやってることに、

柴田理恵:
うーん

相談者:
しかもこう、絶対に、変な言葉を言ったわけじゃないので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、どっちでも、正直、グレイゾーンのところお・・で、言われてることなので、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、ほ、「じゃあ、ほかの人にお金払ってやってもらったら、いいじゃない?」って、言ったんですね。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
「気に入らないんだったら」っていうふうで。

柴田理恵:
うん

相談者:
で、そしたら・・も、「そういう自慢するような人はわたしは好きじゃないから、そういう人には来てほしくない」っていうふうに言って、

柴田理恵:
あーあー

相談者:
で・・じゃあ、今後・・

柴田理恵:
うん

相談者:
何か、ね、ま、老いてくので、母、や・・

柴田理恵:
うん

相談者:
父も母も老いてくので、

柴田理恵:
うん

相談者:
何も・・「助けてもらわなくてもいいんだね」っていうふうに言ったんですね、「旦那(〇〇さん)に」。

柴田理恵:
うん

相談者:
「わたしの旦那(〇〇さん)に助けてもらわ」な、「なくてもいいのね」っていう話をしたら・・

柴田理恵:
うん・・うん

相談者:
ま、「婿はほかに2人いるからいい」って言ったんですね。

柴田理恵:
うん

相談者:
で、わたしは、結構旦那とも、こう、事細かに何があったか、何を言われたかっていうのを、話あ、しているので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
旦那も、やっぱり、良く思っていなくって、

柴田理恵:
うーん

相談者:
それで・・母とわたしが、お互いは、

柴田理恵:
うん

相談者:
そっちが先に謝ってくれたら謝るっていうふうだったんですね。

柴田理恵:
ハッハ(苦笑)、はい

相談者:
へへへ(苦笑)

柴田理恵:
うーん

相談者:
そ、でえ、わたしい、も・・ちょっとわたしはあの、旦那を、も「来てほしくない」って言われたの・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの・・いうのが、も・・

柴田理恵:
うん

相談者:
すごく・・

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしはもう、ダメで。

柴田理恵:
うん

相談者:
旦那のほうは、出産予定月に・・

柴田理恵:
うん

相談者:
旅行に行ったのも許せない・・し、

柴田理恵:
あー、そっか。うん、うん

相談者:
「何かあったらどうするのか」っていうふうに思っ、あの、初産ですし、

柴田理恵:
うーん、うーん

相談者:
あまり、いい印象ではない感じで・・

柴田理恵:
なるほどねえええ

相談者:
はい

柴田理恵:
まあ・・お話聞いてるとお・・家族だからこそ、そんなに・・ストレートに感情ぶつけ合っちゃったんだろうなあっていう・・

相談者:
はい

柴田理恵:
ふうに思いますね。

相談者:
はい

柴田理恵:
で、それを・・あなたが、旦那さんに全部喋ったのが不味かったんだなと思いますね。

相談者:
・・あー、やっぱりそうなんですねえ。

柴田理恵:
うん

相談者:
はあい

柴田理恵:
だって・・「自信満々で嫌だ」って・・それ印象じゃないですか。

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
で、それ・・そんなことないのにい、そういうふうに言われたなと思ったら・・あたしだったらね?・・自分の旦那さんには言わないだろうなと思うんです。
「有り難がってたよ」って言うと思うんです。

相談者:
うーん、はい

柴田理恵:
それでお互いに守るっていう、のかな?

相談者:
はい

柴田理恵:
自分のお母さんのことも・・自分の旦那さんのことも。

相談者:
はい、姉はそうやって、言いました。

柴田理恵:
うん

相談者:
はい

柴田理恵:
だから、あなたが、子どもだって言われる・・のもちょっと分かるんです、お母さん・・から。

相談者:
うーん

柴田理恵:
うん
ちょっとこれ、先生に聞いてみましょう。

相談者:
はい

柴田理恵:
ね?、はい
えー、今日の回答者の先生は、弁護士の塩谷崇之先生です。
先生、お願いします。

(回答者に交代)


「点数稼ぎ狙った夫の熱意が尊大母には裏目。妻のバカ正直が拍車を掛ける」への5件のフィードバック

  1. これは弁護士案件なのでしょうか・・・?
    塩野谷先生の無駄遣い。
    こういう時こそ三石先生にかっ飛ばして欲しかったな。

    それにしても本当に、子供みたいな相談。
    私の場合この手のやり合いは小学生で終わりましたので
    大人になってもまだやってる人が本当にいるんだ!
    と感銘を受けました。

  2. ソフトな塩谷先生素敵!
    最後、うーん…と答えに詰まったとき
    柴田さんがさりげなーく入ってくる感じもなかなかいいコンビなんだなと新発見の回でした。

  3. もちさんのコメントに激しく同意。
    お互い子供みたいな母子、母親は可愛い末娘をちょっと歳いった婿に取られて、悔しいやら淋しいやら・・・
    娘も、大好きだったお母さんがどーして夫のことを悪く言うの?って悲しいやら混乱するやら・・・
    でも愛情は感じますので、幸せな母子だと思います。

  4. 「腰が痛い人を手で治すような」仕事って、整体師、サイキック、スピリチュアル系、何なんでしょうか。
    整体もやるけど、手で念みたいなものを体に入れる、みたいな?
    オレ簡単に整体師って呼ばれたくないんだよね、とかご主人に言われてるんでしょうか。
    相談者、ご主人、母親3人にそういうような共通した意固地さが感じられます。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。