母介護の援助を拒否る宗教に励む姉。柴田理恵「責めるのやめて」生活保護へGO!

テレフォン人生相談 2020年11月5日 木曜日

一人で住む母の面倒を看ている。
相談者の生活も余裕がない中で費用が持ち出しになっている。
姉に支援を頼むも応じてもらえない。

 

こんな幼い話し方の53歳がいるのね。

 

番組がここまでハッキリと生活保護を勧めるのはとてもめずらしい。

まあ、五体満足の若者に生活保護を口にするのに腰が引けるのは分からんでもない。

31歳大卒女性、職無し、一文無し。もはや頼るべきは生活保護か

もっとも今回、生活保護を申請するのは相談者ではなく、母親。

受給は世帯単位なので引き取っていなかったことがかえって功を奏した形。

 

年金収入3万円。
未納期間が相当あったもよう。

にしても相談が10年遅い。

父亡き後の母の年金収入は一定で、ペースメーカー入れたのだって70代。
ゆえに障害者年金も対象外。

話が本当ならアンタの持ち出しは合計で、ぅん百万円?
何食ってんの?

てか、今日のアドバイスなんてケアマネがするもんじゃないのかしら。

 

それより、
卵巣癌で体重32キロ。

生活保護の受給そのものよりか、医療費が無料になるというのが一番大きいかもしれん。

なおさら10年遅かった。

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女53歳 夫51歳 独立している娘36歳 息子32歳 一人暮らしの母84歳 父は10年前に他界 既婚の姉がいる

柴田理恵:
もしもし?テレフォン人生相談です。
こんにちはあ

相談者:
あ、もしもし?こんにちは

柴田理恵:
はい
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
えっと、自分の実の母の件なんですけれども。

柴田理恵:
はい
えと、あなた今おいくつですか?

相談者:
50う、3歳です。

柴田理恵:
はい。ご結婚なさってるんですか?

相談者:
はい、しております。

柴田理恵:
旦那さんおいくつですか?

相談者:
うちの主人は51です。

柴田理恵:
えっとお子さんは、いらっしゃるんですか?

相談者:
はい。36歳と、

柴田理恵:
はい

相談者:
えっと32です。

柴田理恵:
32歳、男の子さんですか?女の子さんですか?

相談者:
あ、上は女です。

柴田理恵:
で、下が男の子・・

相談者:
はい

柴田理恵:
両方共、ご結婚なさってるんですか?

相談者:
はい、独立してます。

柴田理恵:
あーそうですか。
はい

相談者:
はい

柴田理恵:
んで、えっと、ご自身のお母さまのことということなんですけれど・・

相談者:
はい

柴田理恵:
はい、どういうことでしょうか?

相談者:
あ、10年ぐらい前なんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
父が他界してから、

柴田理恵:
はい

相談者:
えっと、母親も、あの、倒れまして、
それで、心不全と、卵巣癌持ってまして。
それで、えっとお、ペースメーカー入れてるんですけど、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
要介護、あの、4なんです。

柴田理恵:
4ですか?、じゃあずいぶん・・お世話しなきゃ、ダメですね。

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
はい

相談者:
で、えっと、へルパーさんも、

柴田理恵:
はい

相談者:
週4回、入れさしていただいてる状態で。

柴田理恵:
今お母さんおいくつ?

相談者:
あ、えーと、80う、4です。

柴田理恵:
はい

相談者:
で、デイサービス、お風呂入れないので、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
一度、入れさせていただいてます。

柴田理恵:
えっと週に一度?・・

相談者:
はい

柴田理恵:
ですか?
はあ、じゃ・・

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、デイサービスの方がいらっしゃって、

相談者:
はい

柴田理恵:
あの、ご自宅で入れてくださってるってことですか?

相談者:
あ、えと、デイサービスのほうまで連れてって。

柴田理恵:
に行って。

相談者:
はい

柴田理恵:
行って、はあ

相談者:
いただいて・・

柴田理恵:
あーそうですか、はい
あの、まだしっかりしてらっしゃる、感じですか?、うん

相談者:
あの、言葉は、あの、結構しっかりしてて、

柴田理恵:
うん

相談者:
達者なんですけど(含み笑い)、

柴田理恵:
うん

相談者:
日に日にもう、32キロになって来て。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
痩せてえ、来てまして、

柴田理恵:
うん

相談者:
オムツとか、そういうのもしてるんですけど、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
うーん・・んで・・目も・・

柴田理恵:
うん

相談者:
耳もあんまり聞こえない状態で、目もあんまり見、見えなくなってるので。

柴田理恵:
あー、うん、うん、うん、うん、うん

相談者:
そう。
そんな状態なので、

柴田理恵:
うん

相談者:
で、今あの1人で暮らしております。

柴田理恵:
あら、うん、うん

相談者:
んで、

柴田理恵:
うん

相談者:
安心電話とかも設置させてもらってて、

柴田理恵:
うん

相談者:
うん。わたし自身も一緒に暮らしたいなとは一度思ったんですけど、

柴田理恵:
うーん

相談者:
うん、あたしの家がちょっと、エレベーターもなく、

柴田理恵:
うん

相談者:
4階で(苦笑)

柴田理恵:
うん

相談者:
んで・・うん、そういう状態な家だ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
なので、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
連れて行けないんですね。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
で、今ちょっとお母さん、置いたまんまなんですけど、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
うん。んで、あたしも、ちょっとあの・・自分の家のほうもそんな、裕福じゃないもんで、

柴田理恵:
うん

相談者:
働きながら、パートで。

柴田理恵:
うん

相談者:
でやってるんですけど、
お母さんのほうも一銭もなくて、

柴田理恵:
はい

相談者:
でえ、そういう意味で、あたしのパート代ほとんど使ってる状態で・・

柴田理恵:
はい

相談者:
看てます。

柴田理恵:
うん

相談者:
うん、で・・4つ上の姉がいるんですけど、

柴田理恵:
あ、はい

相談者:
その姉え、に、あの、面倒看てもらいたくて、

柴田理恵:
うん

相談者:
4、5年前からお願いしたんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
「もうお父さんの、こととか、昔、やったから」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「もう一切看れない」って言われまして。

柴田理恵:
ん?昔あってって、何があったんですか?

相談者:
なんか、あの、毎月、子どもが小さい頃?自分が。

柴田理恵:
うん

相談者:
うん、あの、お母さん達の家賃を払ってたらしくて。

柴田理恵:
はい

相談者:
うん

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、2、3年だけだけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
うん、そうやって「助けたりもしたし」、

柴田理恵:
うん

相談者:
「何かにつけて」、なんていうか「やってた」って言うんですね。

柴田理恵:
うぅん

相談者:
それと自分が「今、ある、宗教に入ってて」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
そのお、「自分も」・・あの、なんて言「働きもないし」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「そっちの宗教に」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「お布施も大変だから」・・もう

柴田理恵:
はあーあー

相談者:
うん、あの、「看れない」って言うんですよ。

柴田理恵:
うーん

相談者:
だから、「もう、お母さんのことは一切、こんで、縁も切りたい」しっていうことで、

柴田理恵:
あらあ

相談者:
うん、で・・なんにも、し、して、もらえないんです。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
うーん
んで、ちょっと、いろいろ喧嘩になったりもしてるんだけど、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
うん、でも話にならないもんで(ため息)。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
もう今、ちょっと黙って、

柴田理恵:
うん

相談者:
で・・病気のお母さんが、たまに?

柴田理恵:
うん

相談者:
電話するとお母さんも喧嘩になっちゃって、

柴田理恵:
うーん

相談者:
んで、なんかいい方法ないかな?と思って、いつも人生相談聴いてて、

柴田理恵:
ふうん

相談者:
ちょっと掛けてみようかなと思って掛けました。

柴田理恵:
うーん、なるほど、じゃ今・・

相談者:
うーん

柴田理恵:
お母さんは、お1人で暮らしてて、

相談者:
はい、はい

柴田理恵:
この先、どうふに、してったらいいだろうか?っていう、ことと・・

相談者:
そう・・

柴田理恵:
ま、そこがまず第一ですよね?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
それと・・

相談者:
うーん

柴田理恵:
お姉さんと、ん、どうやってこう、お母さまの面倒を、

相談者:
そう

柴田理恵:
看て行くような感じになるか?っていう、ことですよね?

相談者:
そう・・うーん

柴田理恵:
今、実際は、

相談者:
うん

柴田理恵:
あなたはその・・

相談者:
はい

柴田理恵:
パートをしながら・・お母さんのことは少しは、見に行かれたりするんですか?

相談者:
あ、毎日来てます。

柴田理恵:
あ、毎日行ってらっしゃるんですか?

相談者:
そう、仕事終わって・・

柴田理恵:
うん

相談者:
今日も、ちょっと具合悪かったもんで・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっと仕事休んで。

柴田理恵:
あー

相談者:
今も、看てるんだけど、

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
うん、だから、そういう状態になると、あたしももう3回ぐらい会社辞めさせられちゃって、

柴田理恵:
あーあ

相談者:
今回も新しいところなんですよ(苦笑)。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
だもんでちょっとビクビクしながら今日も(苦笑)、「休みます」って感じで・・

柴田理恵:
あーなるほどね・・

相談者:
言ったんですけど・・

柴田理恵:
あ・・

相談者:
うーん

柴田理恵:
お母さまの介護の費用みたいのは、どなたが出してらっしゃるんですか?

相談者:
あたしです。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
その、家賃とかもお、

柴田理恵:
うん

相談者:
みんな、もう、ここで掛かるの大体6、7万掛かってしまうので、

柴田理恵:
うん

相談者:
お母さんの。

柴田理恵:
うん

相談者:
それも全部みてるん・・

柴田理恵:
ふうーん・・&#△%

相談者:
です。だから、お姉さんに少しでも?、うーん

柴田理恵:
そうですね。

相談者:
看てもらいたいなと思ってえ・・

柴田理恵:
お姉さんは・・今どんな生活なさってるんですか?

相談者:
え、もう働いてなくて、

柴田理恵:
うん

相談者:
お参りに専念してます。旦那さんと。

柴田理恵:
あー、ご主人と、今やってらっしゃる宗教・・

相談者:
はい

柴田理恵:
にずっと・・

相談者:
はい

柴田理恵:
(息を吸って)そこの、あの、お姉さんの家(うち)は割と裕福なんですか?

相談者:
そうですね。1軒屋ですし、

柴田理恵:
うん

相談者:
自分で車も持ってるし、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
ある程度貯金もあるので、

柴田理恵:
うん、うん、うん、うん

相談者:
で、お姉さんに言ったんですよ、じゃ「だったら」・・

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
「お母さんのほうに、多少そういうのを入れてほしい」ってお願いしたんだけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
「自分の老後があるから」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「払えない」って言うんです。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
うん、もう、自分も「娘たち独立したし、看てくれる人がいないから」・・

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
「取っときたい」って言うんですよ。

柴田理恵:
なるほどね。ま・・

相談者:
うん

柴田理恵:
それも・・そうですよね。それで・・

相談者:
うーん

柴田理恵:
あなたのほうも、そうやって、あのお、老後に備えていろいろも・・も、必要になって来るでしょうしね?

相談者:
そう・・そうなんです。

柴田理恵:
まだね?若いからあれだけど。

相談者:
うーん(ため息)、や、でもほんとに・・

柴田理恵:
でもねえ・・分かりました、じゃあ・・とにかく、今のお母さまの介護の状況を、

相談者:
はい

柴田理恵:
こ、どのようにしてったらいいか?っていうご相談で・・

相談者:
はい

柴田理恵:
よろしいですね?

相談者:
はい、お願いいたします。

柴田理恵:
はい。じゃあ回答者の先生に聞いてみましょう。

相談者:
はい、はい

柴田理恵:
え、今日の先生は、弁護士の坂井眞先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
先生お願いします。

相談者:
お願いします。

(回答者に交代)


「母介護の援助を拒否る宗教に励む姉。柴田理恵「責めるのやめて」生活保護へGO!」への4件のフィードバック

    1. 最初に自分の年齢言う時に、一瞬躊躇した感じあったから
      身バレ恐れてごまかしたかのな?
      年齢は適当なんでしょうね?

  1. 今日の柴田さんの最後の言葉おかしい!
    今まで柴田さんを応援してたけど今回の件でもうアウトです。
    この仕事直ぐお辞めになってください!向いていません。
    相談者さんのお姉さんはわりと裕福な暮らしをしているようですが、新興宗教団体へ貢ぐお布施金の方が、病気のお母さんの介護に必要であるお金より大事だと言っている。それを柴田さんは責めるなと言った。
    おかしいよ。
    年老いたお母さんのために今度は子供は恩返しする番でしょう?
    今まで一人で頑張って来られた相談者さん、お姉さんにも金銭面で半分は援助してって思うのは当然ですよ。
    所属している宗教団体へ貢ぐ金の方が大事だと教えこむ宗教って何?これ?
    金銭的に裕福な子供がいるのに
    生活保護者になれるんですか?

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。