長男失い次男は浮気慰謝料も親掛かりの恩知らず。法的には無理筋な親の怒り

テレフォン人生相談 2020年11月7日 土曜日

10何年か前に次男が浮気で離婚した際、出してやった慰謝料200万円を裁判沙汰にせずに返させるには。

 

今井 「あー、なるほどね」

なるほどちゃう。

相談者が起こした事業は息子が引き継ぎ・・
ここまではいい。

で現在、
相談者はそこの社員で、
息子はそこの下請け事業主。

じゃ何か?
会社は乗っ取られたんか?

 

援助するとしても孫がいる場合の養育費ぐらいまで。

オイタの慰謝料とか、どう逆立ちしても親が出してやる道理はない。
しかも借金してとか頭おかしい。

恨む相手はそのときの自分たち。

 

実は再登場。
シリーズものにエントリさせてもらった。

一転、同情したくなるのは前回も今回も男が「ウチの女房」と呼ぶ奥さん。

だって、フツーの男にすら恵まれない。

前回、独特の思考回路を披歴してりリスナーを楽しませてくれた旦那と、今回は父を受け継ぐ結婚3回の次男。

プロフィールは大きく変えてるけど、創作相談ではなさそう。
いずれもキャラにブレはない。
神回に輝くアノ男。

回答者は同じく大迫女子。
冴え渡る嘲笑モード。

サークル内不倫。穴3兄弟の長男53歳の身勝手な正義感

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 男71歳 妻68歳 長男は病死 バツ2の次男41歳は妻42歳と2番目の妻との間にできた12歳の息子との三人暮らし

今井通子:
もしもし?

相談者:
あ・・

今井通子:
テレフォン人生相談です。

相談者:
すいません、よろしくお願いしますう。

今井通子:
はい
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あのですねえ、息子、次男の夫婦と・・ちょっと、折り合いが悪、悪くなりまして。

今井通子:
あら、はい

相談者:
ええ、僕ら夫婦とね?

今井通子:
ええ

相談者:
あのお、長男ちょっと病気で亡くしたもんですから。

今井通子:
はあ

相談者:
ええ、ほんで次男なんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、3回目の結婚なんですよ。

今井通子:
・・次男さんが?

相談者:
はい(苦笑)

今井通子:
はい

相談者:
で最初の奥さんなんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと浮気をしまして、

今井通子:
はい

相談者:
あの、息子のほうが。

今井通子:
はい

相談者:
えー、ま、慰謝料をくれということで、

今井通子:
ええ

相談者:
あの、200まああん(万)、ま、あの、僕と、女房が渡して、

今井通子:
はい

相談者:
あの、離婚させたんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
・・結局、その200万も、も、もう僕らも、その、お金を借りて・・あの、渡したんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
で、1回目も2回目も、結局・・結婚式のお金も全部僕ら払ったんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
ま、それはちょっと証拠がないもんですから、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、請求するつもりもないんですけど、

今井通子:
ええ

相談者:
ただ慰謝料だけはちょっと、女房が、「返してほしい」ということで、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっとお、喧嘩しちゃったんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
女房のほうがね?

今井通子:
ええ

相談者:
で、息子が、もう、向こうも頭に来たんでしょうかね?

今井通子:
ええ

相談者:
あの、「出るとこ出るぞー!」言って電話切っちゃったんですわ(ため息)。

今井通子:
なるほど。

相談者:
ええ、ええ・・それが・・

今井通子:
ん、ん、うん

相談者:
約う、ひと月ぐらい前ですかね?

今井通子:
はい

相談者:
電話切ってから、もう今・・連絡はないんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
でえ、その、女房も200万だけは、その、慰謝料は、うちらが払うことじゃないもんですから、

今井通子:
はい

相談者:
借金してまで、あの、払ったんでもんですからね。

今井通子:
はあい

相談者:
で、それは、返してほしいということで、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、ちょっと、ご相談したいんですけど。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
まずあなたおいくつですか?

相談者:
71ですう。

今井通子:
71歳、奥さまは?

相談者:
はい、女房が68ですう。

今井通子:
68歳

相談者:
はい

今井通子:
あなた自身は今・・まだ現役でらっしゃる?

相談者:
はい
会社が一緒で、し、あの、仕事しとる(苦笑)、しとるもんですから。

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと折り合いも悪いんですよ(苦笑)。

今井通子:
あ、息子さんと?

相談者:
はい

今井通子:
ああ、ああ、ていうことは・・

相談者:
息子、息子が、あの、そ、育ててえ、

今井通子:
うん

相談者:
今、別でやっとんですけども、

今井通子:
はい、あ・・

相談者:
会社が一緒◆#$

今井通子:
あなたが事業主なわけ?

相談者:
僕はもう、い、事業主やめて、

今井通子:
ええ

相談者:
その会社の社員なりまして、

今井通子:
はい

相談者:
息子がその、し、下請けで、事業主でやってます。

今井通子:
あー、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
下請けの事業主さん?

相談者:
そうですう。

今井通子:
で、奥さまは?

相談者:
専業主婦です。

今井通子:
専、専業主婦でらっしゃるのね。

相談者:
ずっと専業主婦、一筋(しとる?)です。

今井通子:
はあい・・で、まず息子さんはそうするとお、下請け会社の事業主さんで、

相談者:
そうですう。

今井通子:
おいくつですかあ?

相談者:
41です。

今井通子:
41歳

相談者:
はい

今井通子:
で、お嫁さんは?

相談者:
1個上です。

今井通子:
42歳でえ、

相談者:
はい

今井通子:
で、お嫁さんは・・

相談者:
はい

今井通子:
専業主婦?

相談者:
んん、なんかパートやっとるみたいなんですけども。

今井通子:
あ、パートをやってらっしゃる?

相談者:
うん、たぶんね。

今井通子:
はい

相談者:
ええ

今井通子:
まずそのお、1回目のお・・浮気で別れちゃった・・

相談者:
はい

今井通子:
奥さまとは、

相談者:
はい

今井通子:
何年間ぐらい結婚してらしたの?

相談者:
(息を吸って)・・そんなにはなかったですね。2、3年だと思いますけどねえ。

今井通子:
2、3年?

相談者:
ええ、もう10う・・うーんと、10何年前なりますもんで。

今井通子:
はい

相談者:
ええ

今井通子:
そのお、1回目のお、結婚のときい、

相談者:
はい

今井通子:
お子さんはいらっしゃいます?

相談者:
いないです。

今井通子:
あ、お子さんないのね?

相談者:
はい

今井通子:
はい
2回目はどうでしょう?

相談者:
2回目のときに子ども産まれまして、

今井通子:
ええ

相談者:
今が・・1人長男ですけども、

今井通子:
はい

相談者:
えーと、12歳です。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
で、これは・・奥さまのほうが、親権を取られて?

相談者:
あの、一応、義理の母なんですけども、今の、あの、次男、と、

今井通子:
うん

相談者:
ま、嫁、が、あの、面倒看とるみたいです。

今井通子:
あ、ていうことは・・

相談者:
&#△%、&#△%がね。

今井通子:
あなたの、え、息子さんのほうが親権を持ってらっしゃるってこと?

相談者:
そうです、そうです。

今井通子:
あ、なるほど。はい

相談者:
はい

今井通子:
・・で、その、3回目の結婚ん、から何年目ぐらい?

相談者:
3年です。

今井通子:
3年?

相談者:
はい

今井通子:
はい
まず・・慰謝料のことなんですが、

相談者:
はい

今井通子:
この、慰謝料の200万っていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
あなた方が貸されて・・

相談者:
貸したんじゃなくて、一応、ま、やったという、ま、暗黙の了解で・・渡しちゃったんです。

今井通子:
あ、あげ、あげたの?

相談者:
あげた・・に、ではないんですけども・・みたいなもんなんですよ。
で、ちょっと、困っちゃったんです。

今井通子:
そう。あげたんだとお、その、所謂借用書みたいのがないわけね?

相談者:
ないです。

今井通子:
ふうーん
そうすると・・あなたの奥さまはあ、

相談者:
はい

今井通子:
どういう理由で「この慰謝料だけは返してほしい」って言ってるわけ?

相談者:
あのお、今まで散々お金を使って、

今井通子:
ふん

相談者:
その息子の言い方がね?

今井通子:
うん

相談者:
「裁判するぞ」と・・

今井通子:
うん

相談者:
言われたもんですから。

今井通子:
その、喧嘩になったのは何が原因で?

相談者:
あのですね、3回目の結婚式のときに、

今井通子:
はい

相談者:
もう、「結婚式やらない」という話だったんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
でえ・・会社の社長を呼んで、

今井通子:
はい

相談者:
僕たちを呼ばんかったんですよ。

今井通子:
・・ふうーん

相談者:
結婚式に。

今井通子:
うん

相談者:
それで女房がちょっと頭に来まして、

今井通子:
はい

相談者:
それが最初の、一番最初の揉め事なんですよね。

今井通子:
息子さんの言い分はなんなの?

相談者:
息子はもう、「そんなもん今更、なんで払うの?」っていうことで・・もう・・

今井通子:
要するに・・息子さんとしては払う必要はないと。

相談者:
そういう(苦笑)、そういうことです。

今井通子:
はい
今日のご相談はそうすると?

相談者:
はい
ま、息子とは、もう縁切るつもりなんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
お金を・・(咳払い)もらうことと、

今井通子:
お金をもらう、方法はなんですか?っていうこと?

相談者:
そうです。
で・・

今井通子:
なんとしても慰謝料の部分は取りたいと。

相談者:
そうです。んで、僕らも、そんな・・裁判沙汰にしたくないもんですから、

今井通子:
はい

相談者:
どういうふうに、そのお金を・・返してもらえるか?と、いう・・

今井通子:
なるほど。
そうすると

相談者:
はい

今井通子:
裁判にしないでえ・・

相談者:
はい

今井通子:
慰謝料分の200万を、

相談者:
はい

今井通子:
返してもらう方法は・・

相談者:
はい、はい

今井通子:
なんですか?っていうこと?

相談者:
はい、そうです。すいません。

今井通子:
はい(苦笑)分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、

相談者:
あ、はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
すいませええん

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

相談者:
はい、すいませえん

(回答者に交代)


「長男失い次男は浮気慰謝料も親掛かりの恩知らず。法的には無理筋な親の怒り」への8件のフィードバック

  1. 無い袖を、無理して振ろうとするから、しこりが残るんですよ。
    私たちがしてやった、みたいな、上から目線が残るようなことまで、親はむしろやってはいけないと思います。

    自分の尻拭いは、自分でできるように、育てなかったのは相談者夫婦だし、それを良しとして育ててきたのも、相談者夫婦。
    その程度の息子にしか、育てられなかったんだから、諦めましょう。

    今のまま元気で、ある日ポックリ死ねるわけじゃないですからね。
    すでにあなた方相談者の方が、息子より弱者な世代なんですよ。社会的に観ても。どんどんお荷物になる世代。医療費も年金もそうでしょ。

    下手に出ておかないと、痛い目を見るのは、あなたがたですよー。

    1. 「共依存脱し隊」さんへ
      ハンドルネームを拝見すると、あなたに上から目線で頼ってくる誰か(親か兄弟か)に苛立ちつつ切り捨てられない、せめて下手に出てこいよ的な気持ちがおありとみます。
      それが相談者(老親世代)に投影されてのコメントに見えますが、この次男に親が下手に出ても親にメリットないと思いますよ、下手に出てきた相手にはタカッて当然と思うタイプですからこの次男。子供はなかったものとして(子供のいないご夫婦なんかたくさん居ます)老後の資金を食い潰される前に縁切りするべき。

      1. 言われて確かに!!!と思いました。次男に寄り添っても、金の切れ目が縁の切れ目になりそうですよねぇ。下手に出ても仕方ないですね。確かに。

        じゃ、お金は諦めて、縁切り一択ですかね。何かあった時も、やっぱり手を貸してくれ…とかもなしですよ、当然。お互いにね。その方が心安らかに暮らせそうですよね。

        私は母との共依存関係が抜けきれなくて、苦しんでいたアダルトチルドレンです。最近かなり良くなってきましたが、それは距離を置いたからに他ならず、介護の時期に入ると、どうなることやら…不安だらけです。

        1. その捨て台詞じみた言い方だと、脱し隊さんのほうも依存は抜けてなさそうですね。依存されなくなると、依存させてもらえなくなりそうで怖いというような。

  2. まぁ~親子関係でも金銭問題はよくある事ですけど…
    流石!大迫先生ですね法律上の観点からしたら時効条件等や立証する材料が無い
    確かに…
    視点を変えた所が素晴らしいね心情的なアドバイスがね
    「お互い持ちつ持たれつ」的な言い回しがね。親子だもん歳いったら息子だからこそ
    世話になる事が現実にあるからね
    心理的に視点で見解すると母親に対して承認しないから…息子がね
    つまり母親の承認欲求が刺激されたかな?
    「結婚式に呼ばない息子」
    母親からすと「今まで結婚式の費用やら慰謝料の工面した苦労」この心境…
    激怒するのも当然だよね。だから援助した金返せってなったのかなっと感じました
    「親の心、子は知らず」ちょっと古いかな😅
    形は違うけど「愛」がある表現の1つとも取れるよ
    母親は「子を守る」って本能的ある訳でね
    例えばですが「どんな悪さする息子や娘でも」母親が他者に対して「頭下げ土下座して謝罪」する姿を見ると「こんなに俺のことを…私のこと…」感じるハズです
    そこで「愛されてる」となるんだよな~
    そこで子は親を尊重する様になるんだけど
    一般論ですが…
    息子さんは母親に「今まで色々としてくれてありがとう」って言えれば
    今日の相談内容は解決に向かうと思います
    親子関係も上手くいくと思うけどね
    「親子の絆は絶対に切れません」

  3. 結婚式に呼ばれなかった時点で子供の方から縁切りされている。
    「もう、用はない」てね。
    マネーとマンパワーだけ吸い取られ捨てられる。

  4. サークル内不倫。の話し、もう6年前になるんですかー!
    覚えてますよ あきれた バカ男!
    痛快な 大迫先生 なんとかまとめて終わらせ様と必死のパッチの勝野洋さん
    面白かったです。

  5. はいはい!笑。三兄弟の長男、忘れられません、あのアホっぷり。今度は息子とのトラブルですか?あのキャラだからとっくに家族から放り出されていたかと!お元気でなによりです。笑

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。