ウチに泊まっても風呂に入らず布団の準備もしない嫁。連絡は息子経由の事後報告

テレフォン人生相談 2020年12月10日 木曜日

出来てない嫁と 出来すぎのアチラのお母さん。 どっちにも不満な相談者。

意気投合の旦那さんと末永く。

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女67歳 夫73歳 長男43歳 長男の嫁39歳 孫は2人(男の子と女の子) 次男

柴田理恵:
もしもし?

相談者:
はい

柴田理恵:
テレフォン人生相談です。
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
長男の、嫁え、の、件なんですけれども・・

柴田理恵:
あ、はい、あなたおいくつですか?

相談者:
67歳です。

柴田理恵:
はい。旦那さんは、おいくつですか?

相談者:
な・・73歳です。&#△%

柴田理恵:
長男さんはおいくつですか?

相談者:
43歳です。

柴田理恵:
お嫁さんはいくつなんですか?

相談者:
39歳です。

柴田理恵:
長男さんはじゃあ、結婚なさって何年なんですか?

相談者:
4年です。

柴田理恵:
何かあったんですか?そのお嫁さんが。

相談者:
最初にあの「決まった」って教えて、話しに来てくれたときに、

柴田理恵:
うん

相談者:
開口一番「結納はいらないから」と。
そういうもんなな、今の、っていうふうで・・

柴田理恵:
うん

相談者:
その場は・・それが、今思うと、事の発端で、

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、結婚式がまずあったときも、

柴田理恵:

相談者:
全部、あの・・あちらの段取りで・・

柴田理恵:
はあ、はあ、はあ

相談者:
進みまして。

柴田理恵:
はい

相談者:
で、あ、これもそうなんだ、今風だなとかって、

柴田理恵:
うん

相談者:
思うようにしたんですね。

柴田理恵:
はい、「あちら」というのはそのお嫁さんの実家の・・

相談者:
そ、そうです。そうです。

柴田理恵:
うん、はい、はい、はい

相談者:
はい。で・・

柴田理恵:
うん

相談者:
まず、上の、初孫が産まれたときは、

柴田理恵:
ふん

相談者:
産着を、こちらとしては揃えたほうがいいのかなと思って、

柴田理恵:
うん

相談者:
長男に聞いたら・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、何も言わずに、

柴田理恵:
うん

相談者:
でもう、だんだん、だんだん、あの、お宮参りの、日にちも迫って来るので、

柴田理恵:
うん

相談者:
どうしようと思ってたら、

柴田理恵:
うん

相談者:
息子を通して、「準備したから」・・

柴田理恵:
あー

相談者:
ていう返事があって。
それが、全部、嫁のほうの実家から、や、息子に・・言わせるって言ったら言葉悪いんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
「こういうふうにな」・・「ります」、「こういうふうにします」っていう。

柴田理恵:
うん、ん、うん、うん

相談者:
すべてがこういうふうで・・ずっと流れて来てる・・です。

柴田理恵:
ふうん。あの、長男、さん、だけど、別々に住んでらっしゃるってことですかね?

相談者:
そうなんです、はい

柴田理恵:
本当だったら・・

相談者:
はい

柴田理恵:
両方の、親御さんに相談・・してほしいなあと思うのに、

相談者:
ええ、ええ

柴田理恵:
お嫁さんのほうの、

相談者:
はい

柴田理恵:
お父さんお母さんにばっかり・・

相談者:
はい

柴田理恵:
相談してるっていうこと、なんですね?

相談者:
ですかね・・あちらは、あの・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ご主人が・・

柴田理恵:
はい

相談者:
若くして亡くなっていらっしゃるんです。

柴田理恵:
あっ、あの、その、お嫁さんの・・お父さんていう方が

相談者:
お父さん、はい、はい

柴田理恵:
はいはい

相談者:
だから、お母さまが、あの、うちの嫁を含めて3人?

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
1人で育てて、らっしゃるんで。
大きな家(うち)にも建てられて。

柴田理恵:
あーそうなんですか。

相談者:
(苦笑)はい

柴田理恵:
じゃ・・お母さん・・頑張って働いてらっしゃるんですね?

相談者:
お仕事は絶対◆#$%みえると思うんです。
そうでないとこんな、産着も・・とにかく、あの・・

柴田理恵:
うん

相談者:
下の女の子も産まれたんですけど、

柴田理恵:
うーん

相談者:
とにかく、お雛様、お節句?、お祝い事は全部、あの、あちらが・・やられるんですよ。

柴田理恵:
あー、そうですか。へえー

相談者:
すごいなと思って。

柴田理恵:
うーん

相談者:
わたしの・・わたしがもし女の子1人でもいたら・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
そこまでできるかしら?って・・

柴田理恵:
そうですねえ。

相談者:
思うんです。

柴田理恵:
うん

相談者:
それぐらい、尊敬するんですよ、お母さまに対しては。

柴田理恵:
うん、うん、うん、うん

相談者:
ん、でも・・

柴田理恵:
うん

相談者:
反面、

柴田理恵:
うん

相談者:
どうして・・こうなるの?みたいな、息子に全部、間を通して、子供が・・こちらに言って来るっていう、そればっかりなんですね。

柴田理恵:
「わたし、これしてもいいでしょうか?」とかって・・

相談者:
あはい

柴田理恵:
いうふうに一言ね?

相談者:
はい

柴田理恵:
言ってくれりゃあ・・

相談者:
あちらのその、心づ、遣いなのかなか?、分からないんですけど、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
取り方ってあるじゃないですか?

柴田理恵:
はい、はい、はい、はい

相談者:
相手の、でもわたしとしてはその、取り方は、

柴田理恵:
うん

相談者:
「あたしがやります」っていう、「わたしが」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「わたしが」っていうふうに取れちゃって・・

柴田理恵:
対話がなかったらそういうふうにも思っちゃいますわね。

相談者:
ええ、ねえ

柴田理恵:
うーん

相談者:
だから・・でまあ、嫁も、

柴田理恵:

相談者:
結構、あの、息子にばかり・・言うんです。
わたしとの会話がほとんど・・よく・・

柴田理恵:
どうしてですかね?

相談者:
うん。なんかね?お友達がすごく多くて。嫁の。

柴田理恵:
はあ、はあ

相談者:
だから、保育士、看ん、護師?

柴田理恵:
うん

相談者:
それから美容師?

柴田理恵:
うん

相談者:
それから市役所に勤めてる子?、フフフ(苦笑)

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
だからありとあらゆる子がお友達だから。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
うん、ほとんど・・あたしは・・誰かに聞けば分かるわっていう・・

柴田理恵:
今のお話聞く限りお嫁さん下手ですね。

相談者:
・・そうですかね?

柴田理恵:
うーん、だって、お姑さん、をさあ・・

相談者:
はい

柴田理恵:
もうちょっと立てりゃいいのにね?

相談者:
ンフフ(苦笑)うん、そうです・・

柴田理恵:
うん

相談者:
うんでもあの、家(うち)にもね、月2回はきっちり・・孫連れて、4人で来るんですが。

柴田理恵:
おー!

相談者:
うん

柴田理恵:
月2回来てくれんですか?

相談者:
うん、でも・・

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
あの、わたしの友人なんかに話すと・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「それってただ来てやってるんじゃないの?」って(苦笑)。

柴田理恵:
うーん

相談者:
「孫、面倒看させてあげるために来てるんじゃないの?」って言って。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
だって、うちに来るとなんにもしないんですよ、嫁。

柴田理恵:
あーそうなんですか。

相談者:
上げ膳、据え膳。

柴田理恵:
あー、す・・

相談者:
で、泊まってくときなんか、お布団1つ・・ん、準備しません。

柴田理恵:
アハハハ(苦笑)

相談者:
お風呂も、自分1人は入らなくて、

柴田理恵:
うん

相談者:
子供と・・息子が入って、

柴田理恵:
うん

相談者:
寝るだけに帰る。
自分は向こうでゆっくり自分の、家のお風呂に入る・・そういうパターン。

柴田理恵:
なるほどねえ。

相談者:
◆#$%

柴田理恵:
うん
お、どうして、ほしいんですか?

相談者:
息子を通して、

柴田理恵:
うん

相談者:
しゃべらないでほしいです。
とにかくその、産着から始まって・・

柴田理恵:
うん

相談者:
事後承諾。

柴田理恵:
うん

相談者:
全部事後承諾。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
はい、あの・・あのお、初節句のときも、もうわたしんとこ、主人と2人で・・

柴田理恵:
うん

相談者:
初節句の、あの、5月節句を頼みに行って来たんですよ。

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
3年前に。

柴田理恵:
はい

相談者:
そしたら・・1週間か2週間経って・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「こちらが買うことにしたから」って。それも息子から。

柴田理恵:
うん

相談者:
主人と2人でキャンセルに行きました。

柴田理恵:
息子さんはどういうつもりなんですかね?

相談者:
うん、だから主人に言わせると・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「あいつは・・言いなりになってるんだわ」って。「言うときは言わないかん!」って言って。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
わたしに言うんです。それを(苦笑)
や、息子に言ってほしいんですけど、それを。

柴田理恵:
んうーん

相談者:
うん

柴田理恵:
む、息子さんとその話(はなし)しましたか?直接。

相談者:
してないです。

柴田理恵:
うーん、言えば?

相談者:
言うとね?

柴田理恵:
うん

相談者:
うちの息子は全部嫁に、なんーでもしゃべるんですよ。

柴田理恵:
ハー(苦笑)

相談者:
嫁が1回ね、息子に言ったらしいです。

柴田理恵:
うん

相談者:
「あなたんとこの家(うち)って、全然会話がないんだね」って言ったんですって。
なにそれえ、と思って。

柴田理恵:
うん

相談者:
全部しゃべってるみたいだから。

柴田理恵:
ふうん

相談者:
もう言えないんですよ。

柴田理恵:
うーん

相談者:
全部筒抜けで、向こうに行って、嫁にしゃべって。嫁のお母さんにも話(はなし)してるんだから、

柴田理恵:
うん

相談者:
息子には・・話せないというか・・

柴田理恵:
はい

相談者:
七五三の、あの・・

柴田理恵:
うん

相談者:
産着を、お誕生日の、赤ちゃんときにいただいたんだけど、その産着を着せる袴でも・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、最初は「レンタルで・・借りる」って言ってたんですね。

柴田理恵:
はい

相談者:
そしたら・・向こうから・・「もうあつらえました」って。

柴田理恵:
あー

相談者:
でそれが・・

柴田理恵:
うん

相談者:
息子が、「お返ししてね」って言うんですよ。

柴田理恵:

相談者:
その言葉に、なにそれ?って・・

柴田理恵:
あー

相談者:
思っちゃったんです。

柴田理恵:
そこの辺を・・

相談者:
はい

柴田理恵:
バランスよく・・やってもらうように・・

相談者:
はい

柴田理恵:
やっぱりお話、なさったほうがいいでしょうねえ。

相談者:
そうですねえ。

柴田理恵:
うん

相談者:
うん

柴田理恵:
どうします?・・お母さんのほうから・・お嫁さんに、電話しますか?

相談者:
電話?

柴田理恵:
話(はなし)しないことには向こうは全然分かってないですよ?

相談者:
(息を吸う)えー、分かってないことないと思います。「なんでも」あのお・・「わたし達夫婦で」、

柴田理恵:
はい

相談者:
「なんでも、話し合って・・考えてやって来ます」って、言ったことあります、嫁が。

柴田理恵:
ま、当たり前ですわね。

相談者:
ふうん

柴田理恵:
うーん

相談者:
でもそれが、気持ちを萎えるような・・ことが、起きてること・・は全然気がついてないんじゃないかなと。
お中元とお歳暮なんかでも、

柴田理恵:
はい

相談者:
・・こちらが最初に・・

柴田理恵:
うん

相談者:
お送りすると、

柴田理恵:
うん

相談者:
絶対・・その金額より上を・・持って・・

柴田理恵:
あーあー

相談者:
お届け、があるんです。(苦笑)

柴田理恵:
はあ、はあ、はあ、ああ

相談者:
なにそれ?って感じ(苦笑)です。

柴田理恵:
得していいじゃないですか?

相談者:
言葉悪いけ、ですけど、「バカにしてるの?」って言いたくなります(含み笑い)。

柴田理恵:
あー

相談者:
うん

柴田理恵:
そっかあ。

相談者:
はい

柴田理恵:
&#・・

相談者:
わたしの僻(ひが)み根性かもしれませんけど。

柴田理恵:
今日のご相談は・・

相談者:
はい

柴田理恵:
ご長男の・・お嫁さん・・のやり方が・・

相談者:
はい、はい

柴田理恵:
うち、とはちょっとやり方が違うので、

柴田理恵:
はい

柴田理恵:
どういうふうにこう・・話(はなし)してったらいいだろうか?っていうことで・・

相談者:
はい

柴田理恵:
よろしいですか?

相談者:
はい、はい

柴田理恵:
ね?
今日の回答者の先生は、弁護士の大迫恵美子先生です。

相談者:
はい、ありがとうございます。

柴田理恵:
はい

(回答者に交代)


「ウチに泊まっても風呂に入らず布団の準備もしない嫁。連絡は息子経由の事後報告」への20件のフィードバック

  1. 私も嫁だから、鬱陶しい婆さんとしか思えん。こういうおばさんにありがちな、友達も同じ考えだっていうことをよく言う。自分と同じ意見しか聞かないだけ

  2. 「受け身の人ほど不満をもらす」
    加藤先生の言葉どおりだなぁと思った。

    1. 嫌われてるんだから仕方ない。月に2回来てくれるんだからありがたいと思わないと。息子経由は今は当たり前です。息子さんが今の自分の家族を優先しているのは正しいあり方です。私も嫁ですが、夫の実家の風呂は汚いので入りません

  3. 息子経由なのは相談者の方だと思います。お嫁さんたち月2回も来てるなら、大迫先生も言ってるとおり、打診すればいいと思うのだけど。。
    「次はうちで」ってお願いしてる、にも関わらずってことかしら?なら嫁、問題だよね。もはや息子も嫁も嫁の母が牛耳ってる!諦めよう。こんな陰気なままでは適わない

  4. 毎回思うが柴田理恵さんには自分じゃなくて回答者の先生方の時間を多く取って欲しい。

  5. 時々感じるんだが、柴田さんは導入で相談者に共感を表現して、話しやすくなった相談者が徐々に本音を吐露し、引き継いだ回答者がその本音部分にガツンとパンチを喰らわすって展開、今回もでしたね。
    柴田さんの作戦なのかな?

    1. なるほど…もしそうなら、柴田さん策士だ!
       (回答者が彼女を柴田「先生」と呼ぶのは正直違和感だけどw)

  6. 何から何まで不満だらけの相談者さんですが、
    今までの展開とは逆に、何から何まで嫁から先に相談されてたら
    「嫁の母親は何もする気がない」
    「私に全てお金を出させるつもりか」
    って不満に感じるだろう事も、想像に難くない。

  7. お姑さん、考え方を変えてみて下さい。
    不満な嫁を選び結婚したのは、あなたが産み育てた息子さんです。
    不甲斐ない息子と諦めましょう。
    息子夫婦が円満に暮らしてくれる事が1番幸せなことだと思うのですが…
    (姑に苦労し夫婦仲が悪くなった現在姑です)

  8. このお姑さん「嫁が、嫁が」って、
    何様のつもりかと思う。 
    偉そうに。
    「お嫁さん」でしょ。
    そういう部分が既に出ていて毛嫌いされているのにも関わらず月に2回も来てもらってる事にもグチグチと文句。
    自分ん家がどれだけの家柄だと思ってるのか。
    貰ってやったとでも勘違いしてるのでしょうか。
    国会にて日本も来年には夫婦別姓を問われている昨今。
    時代錯誤も甚だしい。
    所詮は他人。だからこそ距離を置いて上手に付き合うと言う方法がわからない残念な人。
    孫も半分は他人ん家の孫。
    何かあると実母に相談するほうがそりゃ気楽で良いでしょう。

    1. その通りだと思います。

      私は相談者さんと同世代ですが、孫のいる友人はお嫁さんを「お嫁ちゃん」と呼んでいます。そして、買い物に同行して欲しいものを選んでもらい支払いだけするそうです。

      何人かそういう話を聞きましたので、それが今のつきあい方かと思っていました。

  9. 《夫の実家の風呂は汚いので入りません》だとさ❗
    いずれこの人も自分の嫁又は娘がこういう言い方を平気で言えるような人生意気であって、嫁ぎ先との関係がギクシャクするよね!
    恐ろしい!
    今日の相談者さんの悩みわかるよ!私。普通の悩みだと思う。
    嫁の実家おかしいと思う。普通婿側の実家の両親がとりおこなう行事だよね。それを嫁側の母親が勝手にどんどん進めてしまったってこと。不満もでるよ。
    悲しい事に
    今はこういう決まり事がなくなり世の中が変わってしまったってこと。
    相談者さん嫁なんぞ我が家に来させることないよ!嫌々義理で来られたって迷惑だって思う事にして、上村恵美子さんのように会うのは我が家でなくて、外で。ホテルとかレストランへ呼びつけてちょっとおごってやればいいんじゃない❓年に一回で十分。こんな嫁さん。
    お孫さんに会える回数は減って寂しいかもしれないけど、ご主人と
    旅行へ行ったり映画へ行ったり、
    子供に財産なんか残さずみんな使ってしまったって良いと思う。
    嫁の家は裕福なんだし。

    1. 横ですが
      誰が決めたきまりごとなんですか
      そのへんのジジイが鼻ほじりながら適当に決めたことを後生大事に守ってる…

      終わるはずだよ。
      なにもかも。
      恐ろしいのは
      いつまでも昔の自分の受けた苦しみを後世に残そうとする
      あんただよ
      まずは 風呂掃除して
      冷静にどうして嫌われてるか
      考えたほうがいい

  10. お嫁さんのご実家は何でも早め早めに手配するタイプで
    相談者はわりとギリギリになってから動くタイプなのかなあと
    ちょっと思いました。

    お風呂の件も、実際に見てないから
    …さすがにこれはキツイな
    と思うようなお風呂かもしれませんし
    何とも言えないですね。

    こういうのは両方から話を聞かないとねえ。

    よって相談者さんは
    何もこちらが用意しないで良くてラッキー!
    高いお中元貰えてラッキー!
    と思って生活されるのが良いと思う。

  11. リュウ******へ
    幾つの人か知らないけど、
    へー知らないんだ?
    驚いた!
    こういう人がいるから
    最近世の中がぐちゃぐちゃしてきて今日の相談者さんのような悩みも発生してくるんだよね。
    第三者が○○したいんだから、やりたいんだから、その人の自由なんだからやらせてあげなよ!
    あなたが怒ったり悩んだりしたら自分が損するよ!ってね。
    良かったじゃない❗相手がやってくれるんだもの!余計なお金使わないで❗
    ルール❓そんなルール誰が決めたんですか❓
    ルールなんてないですよ❗
    こういう考え方が増えたから
    トラブルが発生するんだよね❗
    最近。
    そして《普通》って何ですか?ってね。
    普通って私はわかるよ!
    おおざっぱな言葉だけど。
    《平凡》とか《普通》
    良いと思うけどね❗

    1. 「こういう考え方が増えたから
      トラブルが発生する」んじゃなくて
      「我こそは普通」と思い込み
      新しい世代もまた「普通」にしてるだけだと気付かないから衝突して
      トラブルが発生するんじゃないですかね
      「普通」「平凡」の形は一つじゃないですよ

  12. コメ数の多さに覗いてみたら、相談者批判が多くてちょっとビックリ。

    風呂に入らないのは勝手にしろよと思っても、泊まりがけで来て布団の用意をしないのは大人としてどうなの?
    反抗のアピールだとしても、そこで要る?
    贈り物に対しても、同等の物を返すのが基本かと。
    嫁側も充分にツッコミどころ多々ですよね。
    両家を円満に、とは言わないがわざわざ波風立てる必要もなかろうに。

    そうした意味では、節目の行事については若い夫婦に任せるのがいいとはいえ、完全に任せると嫁主導になりますからね。予め、息子に意向を伝えておくなり、上手なアプローチが必須です。
    最初が肝心なんですよ。この手の話は。必ず手探りから始まりますから。様子見過ぎて出鼻をくじかれた印象。そこは反省の余地あり。
    それと不甲斐なく頼りにならん息子に仕上げたのも反省。
    もっと息子と対話して、バランス取れるような存在にしないと!

    1. 布団用意したらしたで、
      絶対何かいうでしょ?
      「こんな出し方して、、」みたいな。

      文末にいくにつれ、
      トメトメしさが凄まじくなってて笑った。

      ありがとう。

      お礼にいいこと教えてあげよう

      「金は出しても口出すな」

      これが波風立てずにうまくいく
      秘訣だよ〜ん

      若い二人は義実禍に飲み込まれないようにね〜

      お幸せに!

    2. いやあ、嫁は波風立てたいんでしょう。この相談者は嫁や嫁実家から相当嫌われてる。嫌われてるからこういう対応を受ける。嫌われてるから反抗のアピールをされる。当たり前の話。嫁から嫌われてることから目を背けて「常識としてはこうだ」的なアプローチをしてるけど、嫁側からしたら「嫌いだからわざと常識じゃないことをするんですよ」ということなんだから。それが伝わっていないんだなと思う。嫌われてる前提で向こうとは連携せずにこちらも好き勝手に行事関係をやるしかないんじゃないの。

  13. 嫁世代の嫁です。
    そもそも自分の子どもである息子ともっとコミュニケーション取ったら良いのでは。
    そのコミュニケーションを怠って、息子の配偶者に求めるからおかしなことになる。
    息子が独身時代には実家にあまり帰って来なかったのは気にしないのに結婚したら気にするなどは良く聞きます。

    もともとのコミュニケーション量が違うんです。嫁側はこれでも実親間との交流は独身時より激減してるんですよ。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。