結婚50年を吐き出す勢いのマシンガン。まとめ方に感動し、ラジオと同じ声に感動

テレフォン人生相談 2021年7月20日 火曜日

夫のモラハラに耐えつつ長年の裏切りに遭う。
この内容でご主人の方にリスナーの同情を集めてしまう相談者。

かぶせ喋り、文を最後まで言わずに次の文に移る。
追っ手が迫って来てるのか?

話にまとまりがない自覚はあるようだけど、それよりも聞く姿勢。
75歳になるまで誰にも言われたことないのかしら。
❞ちゃんと聞いて❞

おかしすぎるのが相槌ちのタイミング。

高橋龍太郎 「相手をボロクソに言ってるんだけど、それは相手を疎んじてるっていうこととは違う」

これが言いたいことの一つのかたまりなんだけど、
途中の何の結論も言っていない前段「相手をボロクソに言ってる」ところで、
相談者 「分かります、ええ、ええ、分かります」

ね?
いかにいい加減か。

そして、鼻につく、
私も本で読んだ、
私もやってきた

 

実は一人だけ相談者にそのことを伝え続けた人がいる。
言うまでもない。
夫。
だけど、いかんせん、妻に似て伝える言葉を持たない。

夫「客に酌をするな」
妻「お店でお酒を出すということは、なんちゃらかんちゃら」

ヤキモチを野暮な正論で言い負かす。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女75歳 夫80歳 別居中 結婚50年 長男49歳と次男48歳は家庭持ちで孫もいる

続きを読む 結婚50年を吐き出す勢いのマシンガン。まとめ方に感動し、ラジオと同じ声に感動