綺麗な茶碗にスッキリ廊下。テキトー親父との男ヤモメで気づく母の当たり前

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ、こんにちは

大原敬子:
あの、今あなたの気持ちは、迷って電話したってことですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
引っ越しをするってことは父親と別れるってことですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
そして、そのままっていうのは、父親との・・家族関係を、円滑に持ってきたいと。

相談者:
はい

大原敬子:
どちらがいいか?と今迷ってるっていうんですね?

相談者:
はい

大原敬子:
では、一番あなたの今性格で、「あー」と思ったのは、非常に最近になってっていう、その、金たわし?

相談者:
はい

大原敬子:
とスポンジ?

相談者:
はい

大原敬子:
を、あなたはどういう形で見てたんだろうか?、お父さんの洗ってるところ。

相談者:
・・

大原敬子:
そこにあなたの心が1つ見えるんです。

相談者:
&#△

大原敬子:
ぼーっとしてるんじゃないですよね?、「あれ?あのたわしで洗ってるんだ・・」

相談者:
はい

大原敬子:
「ご飯粒ついてるよなあ」って、見る、あなたの心理はなんでしょうか?

相談者:
心理ですか?

大原敬子:
うん。普通見ないですよね?
1つ1つを見てるわけですね、ずうっと。

相談者:
洗った、あとで、

大原敬子:
うん

相談者:
たまたまご飯粒が残ってたっていう形だったんですけど、

大原敬子:
うん

相談者:
ま、あの、普段からあんまり、その辺りあんまり、気にしないで、洗剤も使わないで、洗ってたっていう、くらいだったんで・・

大原敬子:
それは生理的に嫌だってことですか?

相談者:
そうですね・・

大原敬子:
で、伺いたいのは、お母さま、亡くなったの?、別れたの?

相談者:
はい
あ、亡くなりました。

大原敬子:
なぜ訊きたいかっていうと・・ここまで、客観的に、非常に、冷静に父親のそれ見てるんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
ていうことは、今・・時々お母さんを思い出すことあるの?

相談者:
ありますね、はい

大原敬子:
そうでしょう?、で、お母さま几帳面な方だったの?

相談者:
・・

大原敬子:
生活と文化がですね・・

相談者:
はい、はい

大原敬子:
洗い方云々を見てるってことは・・

相談者:
はい

大原敬子:
誰かを学んでなければ・・何かの環境がなければ、

相談者:
はい

大原敬子:
そういう発想はできないんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
でもしかしたら、お母さまはそうだったのかな?・・と思ったんです。
でまた、お母さんがそうであるならば・・

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんとの思い出を今も引きずってるのかな?と・・常に、お父さんを見ながら、その裏にお母さんがいるって感じかしらね?

相談者:
あ、それはちょっと感じてますね。

大原敬子:
そうですか。

相談者:
あの・・

大原敬子:
で、そのときに・・冷静に見てるんですね、っていうのは、抑圧と怒りがあるときなんですよ。

相談者:
抑圧ですか?

大原敬子:
うん。幼少期、幼児期に・・

相談者:
はい

大原敬子:
お父さんとお母さんの関係はどうだったんですか?

相談者:
あんまり良くはなかったですね。

大原敬子:
で、あなたはどういう目で見てたの?

相談者:
どちらかっていうと・・

大原敬子:
うん

相談者:
父親が、

大原敬子:
うん

相談者:
母親に対してちょっと、高圧、というか、

大原敬子:
うん

相談者:
押さえ込んでる感じですね。

大原敬子:
うん。そして?

相談者:
で、もうなんか・・

大原敬子:
うん

相談者:
母親も、なんか、そういう父親のそういう家事とかには、

大原敬子:
うん

相談者:
全然もう、諦めかけてる、た感じがしてて、

大原敬子:
うん

相談者:
たぶん・・洗い直したりとか、

大原敬子:
うん

相談者:
見て見ぬ振りって感じでもう、諦めてましたね。母親が。

大原敬子:
ていうことは、わたくしがね、なるほどなと思ったのは・・そのお父さんが洗ったあとの姿を見たときに、お母さんが出てきたってことは・・
「あ、こういうとき、お母さんは洗い直したわな」とかって思ったわけですよね?

相談者:
そうですね・・はい

大原敬子:
だけれどもお父さまそんな悪く、ないんだなと思ったのは、

相談者:
はい

大原敬子:
悩みっていうのは・・

相談者:
はい

大原敬子:
自分の優先順位が分かってないときに悩むんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
次は・・何を片付けていいか分からないとき。

相談者:
はい

大原敬子:
要するに、身近にある物が整理できないとき。

相談者:
はい

大原敬子:
これが悩みの1つの・・原因なんです。

相談者:
はい

大原敬子:
そうすっとね、あなたの場合に、引っ越しはお父さんを捨てるってことです。極端に言えばですよ?

相談者:
はい

大原敬子:
それで、そのまま同居って、お父さんと一緒に、同居する。

相談者:
はい

大原敬子:
あなたはこの2つの優しさがあるわけです。

相談者:
はい

大原敬子:
で、お父さんを捨てて引っ越しするっていうことは・・

相談者:
はい

大原敬子:
お母さん、或いはもしかして自分自身の怒りですね、

相談者:
はい

大原敬子:
怒りの腹いせが・・これ引っ越しであって。
もう1つの、「そのまま、自分同居しようかな?」と思ったのは・・やっぱり・・お父さんこのまま?、年が年だし・・

相談者:
はい

大原敬子:
捨てることできないっていうすごく・・お母さんの教育良かったのかな?、優しさがあるんです。あなた自身が。

相談者:
はい

大原敬子:
もしここでお母さんがですね、

相談者:
はい

大原敬子:
一言、「お父さんあんなに」ね、「生理的汚いけれども」・・「でも、わたしにとっては大事なお父さんだったから」・・

相談者:
はい

大原敬子:
「お父さんこの年78歳だから」ね?・・「もし、あなたが無理でなければ」・・「一緒に同居してくれない?」って言われたらあなたはどうしますか?

相談者:
同居します。

大原敬子:
あなたの一番求めてる、一番の、その自分大事なことは、お母さんだったんです。

相談者:
(涙声)はい

大原敬子:
ね?

相談者:
(鼻をすする)はい

大原敬子:
だから、あのお母さん、一言あれば・・たわしのご飯粒も感じなかったんです。

相談者:
はい

大原敬子:
でもお父さんがそういう、この汚いことね?(含み笑い)、だらしないことやることによって、ふつふつとお母さんを忘れられない思い出が出てくるでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
ということは・・あなたの一番の優先的な、迷いのとき、悩みのときに大事なこと・・最優先は、お母さんっていう物があなたの心の中にいて、

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんを悲しませない、生き方を俺はするんだってことが大事じゃないでしょうか?

相談者:
はい

大原敬子:
それが一番の・・迷った原因、引っ越し・・そのまま同居・・これお母さんが・・どう、答えるだろうか?ってことを、あなたがいつも、「これをやったときはお母さんなんて思うかな?」って。
「こうしたときはお母さんどう思うだろうか?」って。

相談者:
(鼻をすする)

大原敬子:
とってもそれ大事なことなんですよ。
わたしはね?なぜそれを思ったか?っていうと・・あなたが、「ご飯粒があるんですよ」とかって、

相談者:
はい

大原敬子:
まだこの39歳の若さの中で見てるんですね。
で、自分もその再体験があって、ふとお月さんを見ると祖母を思い出すんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
で、祖母がいるっていうことが、わたしの・・も、実際はいないんですよ?、もう祖母なんていうのは(含み笑い)。

相談者:
はい

大原敬子:
でも、何かあったときに、これをやったらお祖母ちゃま絶対喜ばないなとか。
これなら「いい」って言うよねって、判断基準は、わたしはそこに持ってたんです。

相談者:
はい

大原敬子:
あなたにもしお母さんが、わたしとおんなしように・・母を思う気持ちがあったならば・・今日の迷いの選択の、引っ越し・・そのまま同居・・お母さんならどういう言うだろうか?ってことをあなたは自分で分かりますよね?

相談者:
はい・・父と暮らします。

大原敬子:
あーあ・・
で、これから父がね?もう、イライラすることたくさんありますよ?、お父さんのことだから。

相談者:
はい

大原敬子:
すと、どうしますか?

相談者:
あのお母さんが、いたらどう思うか?っての、常にそういう気持・・

大原敬子:
そう、そうです。

相談者:
思い直して・・

大原敬子:
で、お母さんがいたなら、お父さん一言言うな、じゃあ俺は言おう?と。
でも、お母さんこんなとき言わなかったよな、とかね?

相談者:
はい

大原敬子:
お父さんをボロクソ怒ったときに・・お母さんが・・どんな顔して、僕を見てるかな?

相談者:
あー、はい・・&#△%

大原敬子:
そしたら、常にあなたの寂しいあなたの心の中に・・お母さんは心の中にずっといるんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
わたしはね?、生きてる死ぬとかは分からないんですけども。
愛っていうのは・・

相談者:
はい

大原敬子:
綺麗事で言えば・・いつもいるんですよね(涙声)。

相談者:
・・

大原敬子:
夕日を見れば祖母。
お月さんを見れば祖母。

相談者:
はい

大原敬子:
コスモスを見れば祖母なんですね。

相談者:
(泣)・・はい

大原敬子:
そしてそれに、自分は、今日こういうことがあって、こういう失敗したんだ・・どうだろうかなあ?と思うと・・あ、きっと祖母はこういうこと言うんじゃないかな?って思うんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
そうすっと選択に迷いはないんです。

相談者:
・・そうですね。判断基準が決まれば。

大原敬子:
そうなんです、そうなんです。分かります?

相談者:
はい

大原敬子:
わたしは今日のお話を聞いてて・・すべてあなたの生活の中には、お母さんがいるんだなと思いました。

相談者:
・・ありがとうございます(泣)

大原敬子:
ね?・・じゃあもう今日のご相談の内容の・・

相談者:
はい

大原敬子:
迷いは・・

相談者:
消えましたね、これは、はい(鼻をすする)

大原敬子:
消え・・で、今後、ほんとに辛いことがあったり・・

相談者:
はい

大原敬子:
お父さんがほんと我慢できないときがありますね?

相談者:
はい

大原敬子:
そのときにはどうしますか?

相談者:
できる限り、お、お母さん、立場に立って考えて、

大原敬子:
うん

相談者:
(鼻をすする)その上で、父親と接して行きたいと思います。

大原敬子:
偉いですね。

相談者:
・・

大原敬子:
自分でも納得しましたか?

相談者:
・・まあ、ちょっと・・100%ってのは難しいと思うんですけども・・
そういう判断基準っていうのを、先生が教えていただいて、

大原敬子:
うん

相談者:
すごく、あの、なん・・ま、ルールっていうと・・よくないかもしれないんですけど、

大原敬子:
うん

相談者:
自分のお・・父と生活して行く中で、

大原敬子:
うん

相談者:
大事な、物が・・1つできたと思います。

大原敬子:
あの、シンクに残った・・米粒・・

相談者:
はい

大原敬子:
嫌だなって思ったとき、

相談者:
はい

大原敬子:
あ、あなたの中にお母さんがいたってことです。

相談者:
・・はい

大原敬子:
無意識に喋ってる中にお母さんがいたんですよ。だから・・きっとお母さんは・・

相談者:
はい

大原敬子:
あなたを守りますよ(涙声)。

相談者:
・・ちょうど自分も(鼻をすする)、5ヶ月前に、あの、母亡くなってから、

大原敬子:
ええ

相談者:
ちょうど・・実家に・・戻ってこっちで・・

大原敬子:
ええ

相談者:
仕事探して、

大原敬子:
ええ

相談者:
やろうって・・そういうなんか・・まあ、良くないんですけど、こういう形であの、戻ってきてしまって、

大原敬子:
ええ

相談者:
(鼻をすする)いつもならこうやって・・母親が(涙声)・・一緒に生きてたら、

大原敬子:
うん

相談者:
今のうちの家事とか、

大原敬子:
うん

相談者:
結構、床とかも汚れてはいるんですけど・・大変だった、だなっていう・・そういうのを常になんか・・
「お母さんごめんね」って・・

大原敬子:
ああ

相談者:
思っちゃうんですよね(涙声)。

大原敬子:
うんんんん(泣)

相談者:
なんか、ほんと、学生のときに、逃げてったのか、

大原敬子:
ふん?

相談者:
ちょっとあんまり覚えてないんですけど、

大原敬子:
うん

相談者:
ちょうど・・別の都市に、仕事に・・行くって形で、

大原敬子:
うん

相談者:
家を出たっていう(鼻をすする)、それからほんとになんか・・亡くなってからも・・

大原敬子:
うん

相談者:
そうですけど。ほんと、(ため息、鼻をすする)、何もしてあげられなかったなって(涙声)、思ってたんですよ。
それで・・せっかく帰ってきて、それ今度また・・母のことを思いながらこうやって生活ができて・・やはり、ちょっと自分の中でほんとに大切な存在だったんだなって・・思いました。
ありがとうございます。

大原敬子:
きっと、台所の汚れもすべて・・

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんがそこにいたんですよね。

相談者:
はい

大原敬子:
今は・・お母さんに包まれて(震え声)・・あなたはまた・・新しい一歩・・出直すんじゃないの?

相談者:
はい(鼻をすする)

大原敬子:
ぜひ、お父さんイライラすることありますけれども、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたにとっては、その・・家の中の匂いとか・・

相談者:
はい

大原敬子:
部屋の汚れとか・・

相談者:
・・はい

大原敬子:
いろんな、物がお母さんの思い出になるんでしょうね(泣)

相談者:
そうですね。

大原敬子:
そのときに、ふとそれを・・見るだけでも(震え声)・・ああ、自分には・・

相談者:
(鼻をすする)

大原敬子:
お母さんがいるってことが・・あなたの&#になると思いますよ(涙声)。もう、こういう話はね?・・(泣)とってもよく分かる・・
どうぞ、あの・・迷いなく・・お父さん・・

相談者:
あ、はい

大原敬子:
ね?

相談者:
大切に、ちょっと・・一緒に暮らしたいと思います。

大原敬子:
(鼻をすする)してください。
ちょっと待ってください。

相談者:
あのこんな、なんか小ちゃな質問ていうか、相談で・・こんなに・・聞いていただいてほんとになんか、ありがとうございました。

大原敬子:
いや、わたしのほうこそ。
こんな若いあなたが・・(泣)こういう心を持ってるってことで・・真摯に向き合うことができました。ありがとうございます(震え声)。
ちょっとお待ちくださいね、加藤先生に代わりますからね。(泣)

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あなたにとってお母さんがすごい大切だっていうことが分かって、相談の内容としては・・回答が出たっていうことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃあ、どうも失礼します。

相談者:
はい、ありがとうございました。



「綺麗な茶碗にスッキリ廊下。テキトー親父との男ヤモメで気づく母の当たり前」への3件のフィードバック

  1. 母は偉大だな、
    親が存命の内に孝行って、なかなか出来ないよね。亡くなってから後悔する事一杯あるけど、お母さんはそんな事なんとも思ってないよ、思い出してくれてありがとうって、笑ってるんじゃないかな?

  2. 相談者の親父さん。相談者目線では幾分家事が雑とのことだけど、不器用なりに自らやろうとしているので、やはり何か思うところあるのだろうな。
    相談者の現年齢39歳とは、相談者が産まれた年の相談者父の年齢と同じ。そういうところで相談者も心境の変化があったのだろう。
    空白の時間を埋めるには、二人で墓参してみたらどうだろうか。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。