5歳筆頭に3姉妹のママの胸中。暴力の誘惑と心にもない「自分がダメだから」

テレフォン人生相談 2021年3月3月15日 月曜日

実行に移すことはないが、長女5歳を怒りで痛めつけたい思いに駆られる。

 

完璧主義者が陥る完璧に出来ないときのストレス。

マネージャ向きじゃないから配置変えたり、スタッフが辞めれば済むんだけど、母と子はそうはいかない。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 女38歳 夫40歳 長女5歳 次女2歳 三女ゼロ歳

今日の一言: 人間は過去から自由ではない。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。
最初に年齢教えてください。

相談者:
38歳です。

加藤諦三:
38歳・・結婚してます?

相談者:
はい、結婚しております。

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
40歳です。

加藤諦三:
40歳、お子さんは?

相談者:
3人おりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
上の子が5歳、で、真ん中の子が2歳、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、えっと一番下の子がゼロ歳で、みんな女の子です。

加藤諦三:
で、今5人で暮らしてるわけですね?

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
それでどんな相談ですか?

相談者:
5歳の・・子どもお、があ、いるんですけれども、その子お、に対して・・

加藤諦三:
はい

相談者:
言う事聞かなかったり、

加藤諦三:
ええ

相談者:
何度も、同じことを、言わしたりするとお・・

加藤諦三:
はい

相談者:
殴りたくなったり・・蹴りたくなったり、完膚なきまでこう・・痛めつけたくなってしまう、感情っていうか・・え思考が・・

加藤諦三:
はいはい、はいはい

相談者:
描いて(?)来て、それを・・

加藤諦三:
はい

相談者:
絶対にやらないんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
その・・怒りとかが、を、落ち着かせるのに、すごく時間が掛かって、とてもそれがしんどいんです。

加藤諦三:
うん・・手を出してはいないんですよね?

相談者:
手は出し、てはいないですけども・・

加藤諦三:
うーん

相談者:
しかも、子どものことはすごく可愛いですし、

加藤諦三:
あ・・

相談者:
大好き、ですし、

加藤諦三:
あー

相談者:
大切なんですけども・・自分の琴線に触れることがあると・・ほんっ、とに・・自分の感情をこう、押し殺すのが大変なぐらい・・

加藤諦三:
うん

相談者:
怒りが・・爆発しそうにな、って来るんですよね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
例えば、この間も幼稚園の、

加藤諦三:
ええ

相談者:
お迎え時間が、自分で間違、ってしまったんですよね。
30分ぐらい遅れて行ってしまったときに、

加藤諦三:
はい

相談者:
子どものせいではないのに、馬鹿にされた・・っていう感情が・・出て来て、

加藤諦三:
はい

相談者:
子どもをつねりたくなったんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
やっちゃいけないので、

加藤諦三:
ええ

相談者:
でも、気持ちが、どうにもできなくて、虐待はしてないんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、顔に出たりっていうのは、やってます。

加藤諦三:
で、今あのお、ご主人との関係はどうなんですか?

相談者:
主人のことはあ、信頼してるし、

加藤諦三:
はい

相談者:
子どもの面倒も・・一緒にやって、くれてます。
・・&#△%

加藤諦三:
ご主人との関係はうまく行ってると。

相談者:
はい

加藤諦三:
これあの、表面的に言えば、なんの問題もない・・家庭のはずですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
何か重要な感情を自分が隠しているときにい、

相談者:
はい

加藤諦三:
他人が単に・・自分の意見を述べたということだけなのに、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分が侮辱されたというような感じ方をすることはあるんですけれども。

相談者:
あー

加藤諦三:
何かあなたすごい、感情を自分が、一生懸命目を背けてるっていうことないですか?

相談者:
・・わたしが幼い頃はあ・・父親が単身赴任で・・母親、にも・・

加藤諦三:
うん

相談者:
頑張って、一生懸命育ててくれたんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
感情的になりやすい人だったので、

加藤諦三:
うん

相談者:
高校生の頃とかを・・塩とかを投げて来てえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
でもそんとき、お、母は更年期だったので「しょうがないよ」って、言われ、たんですよね。

加藤諦三:
あー、そうすっ・・

相談者:
でわたしは・・

加藤諦三:
うん

相談者:
母親・・のそういう感情を、一身に受けるサンドバックう、なんだ、な、と思って生きて、来たんですよね。

加藤諦三:
あなたの場合、もしかするとお母さんに対する怒りを・・

相談者:
はい

加藤諦三:
心の底にずうっと抑えていたってことはないんですか?

相談者:
きょうだいに相談しても、ま、「しょうがないよ、もう忘れなさい」って・・言われて、まあ、ほんとに言ってもしょうがないなって思う、けど・・

加藤諦三:
「忘れなさい」って言って忘れられるようなもんじゃないですよ、感情って。

相談者:
そうですよね。

加藤諦三:
ええ
感情っていうのはあ、

相談者:
うん

加藤諦三:
意識からは、消えますけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
無意識には残ってるんです。

相談者:
あー、なるほど・・

加藤諦三:
で、記憶には、今、お母さんについていろいろ言いましたけど、そういう知的な記憶と、感情的記憶っていうのがあって、

相談者:
はい

加藤諦三:
忘れているんだけど、その感情そのものは覚えているってことがあるんですよ。

相談者:
あー

加藤諦三:
今あなたは、

相談者:
はい

加藤諦三:
38歳だけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんとの感情が、心理的に未解決・・

相談者:
はあ・・

加藤諦三:
そいでその母親との未解決な問題を、子どもにぶつけている。

相談者:
あー、そうですか。なんか、子どもに、負の連鎖を・・残したくなくて・・

加藤諦三:
残したくないと思ったって・・それは人間の感情、自分の意思で動かないですから。

相談者:
あー

加藤諦三:
だから今、単純に・・

相談者:
はい

加藤諦三:
5歳の子ども自身に対する感情じゃなくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
5歳の子どもの行動があ・・昔のあなたのお母さんとの・・

相談者:
はい

加藤諦三:
未解決な問題に火を付ける。

相談者:
うーん

加藤諦三:
そいで今その・・「感情が時々爆発しそうになるんだけど、どうしたらいいんでしょう?」と。

相談者:
はい

加藤諦三:
これが、今日の相談、ですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はスタジオにですね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
シンクロの銅メダリストで、メンタルトレーナーの田中ウルヴェ京先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。