長い春からデキ婚プラス2も価値観の違いは20年で埋まらず最後の一致は離婚

テレフォン人生相談 2021年3月13日 土曜日

離婚することになっているが、妻の浪費した分を返してもらうことはできないか。

 

ヒアリング中に自分で喋りすぎかしら、加藤センセ。
もう少し細部に興味を持って欲しいのですが。

20万の内訳とか、
食事の無駄遣いってどういったもんなのか?
とか。

長めの夫婦ケンカって感じ。
離婚は具体化しないんじゃないかしら。
殺伐としたまま続きそう。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男50歳 妻49歳 長男19歳 長女18歳 次男12歳

今日の一言: 法と秩序を価値として守る。貯蓄型タイプの人間です。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし?よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、テレフォン・・
はい、テレフォン人生相談です。
最初に、年齢教えてください。

相談者:
えーと・・50歳です。

加藤諦三:
50歳

相談者:
&#△%はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
奥さん何歳ですか?

相談者:
49歳です。

加藤諦三:
49歳、お子さんは?

相談者:
19歳の長男と、

加藤諦三:
はい

相談者:
18歳の長女と、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー・・次男が、12歳です。

加藤諦三:
はい

相談者:
中学生になります今度。

加藤諦三:
はい、分かりました。それでどんな相談ですか?

相談者:
えーと、妻がちょっとあの、もう、あのお、
「我慢できないから」って言うんで、「家を出て行く」っていうことで、離婚・・をするっていうことになったんですが。

加藤諦三:
えー、離婚することになったということで、今は一緒に生活してんですね?まだ。

相談者:
はい、生活してます。

加藤諦三:
で・・こんな状態になったのはいつ頃からですか?

相談者:
大体2年ぐらい前からです。

加藤諦三:
2年ぐらい前から。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、だんだんと・・こう、関係が悪くなってって、ま、2年ぐらい前には、もう、我慢できなくなった、というのか?
なんか、2年ぐらい前で何かがあって、そうなったとと・・

相談者:
えー、2年ぐらい前に、えー、「出て行け」って一言言ってしまったあ・・

加藤諦三:

相談者:
のをきっかけに・・えー、態度がだんだん変わって来ました。

加藤諦三:
あー、あなたがその、奥さんに「出て行け」って言ったのは、ま・・

相談者:
はい

加藤諦三:
どんな事件だったんですか?

相談者:
・・え、結局、家の中のことなんにもならないし、お金の使いがちょっと・・あの、荒かったので。

加藤諦三:
あ、あーあー
ん「もうちょっと」・・ん、「節約してくれよ」と、「俺・・」

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
あの、「稼いでんで、大変なんだあ」っていう、なんかそういう気持ちが・・があって・・お金使いが・・荒いと。

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
で、あなたから見ると、ここは節約できるじゃないかっていうようなことはあったんですか?

相談者:
はい、そういうのはやっぱり、あの、ま、食事のことに関してもそうですし、あの・・やっぱり・・電気代とかそういう光熱費、関係とかも・・

加藤諦三:
あー、あー

相談者:
ええ

加藤諦三:
要するに電気もお・・あの、外出るときに、は、「ちょっと消して行けよ」と。

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたからすれば・・節約になることは、や、ってほしかったということなの?

相談者:
はい、そうですね。

加藤諦三:
うーん・・そうすっと、こういうことなのかなあ?、あの・・奥さんの側からすれば悪ぅ気はないしい・・

相談者:
はい

加藤諦三:
別に無駄使いしようとはしてなかったんだけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか使い方としてそういう、細かいところまで気が回らないような・・

相談者:
はい、はい、はい

加藤諦三:
女性だったのかな?

相談者:
そおおですね。はい

加藤諦三:
で、それが、ま、2年前まで来て・・爆発しちゃったと。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、それ以後「出て行け」ということで、も、話し合いは出て行くということ、で・・

相談者:
そうですね。そのつもりでずっと生活している、感じだったあ・・気がします、はい

加藤諦三:
あー・・そいで・・今日電話掛けて来たところの相談、の内容っていうのは・・

相談者:
離婚はもう、するう、のは避けられないんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
うん、だ、それに関して、今までこう、浪費・・あの、旅行、家族旅行とかもほどんと行けないで、

加藤諦三:
うん

相談者:
ええ
車なんかももう20年乗り続けてまして。

加藤諦三:
うん

相談者:
うん、で、そういうのも、含めて、こう、その・・僕が、こう専業主婦で、やってもらって、
僕が、稼いだお金ほとんど使われて、今手元に全然残ってないんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
うん、この先少しでも返してもらえないかって。

加藤諦三:
あー、なるほど、そういうことですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
そういう性格し・・

相談者:
ちょっと、腹の虫がおさまらないのもありまして。

加藤諦三:
・・俺はこんなに稼いで来たけど、もう、今んとこ一銭も・・残ってないと。

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
だから、今言った、腹の虫もおさまらない、少しず、は・・その別れるに際して、奥さんのほうからお金もらいたいと。

相談者:
はい

加藤諦三:
ということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はあの、スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてんので伺ってみたいと思います。

相談者:
よろしくお願いします。

(回答者に交代)


「長い春からデキ婚プラス2も価値観の違いは20年で埋まらず最後の一致は離婚」への2件のフィードバック

  1. 年収が分からないので、生活の様子は分かりません。
    子ども3人を、ご主人の収入だけで育てるのは大変だったのでは無いでしょうか。
    子育てに協力もせずに、家計のやりくりばかり非難されていたとしたら、奥さんもたまらないと思います。
    せこすぎる。

  2. 3人も子供持って、結婚生活20年で何を今さら。

    そこまでキッチリ節約したかったんなら、家計を全て自分で握れば良かったんじゃないの?
    経済DV紙一重で、離婚が早まったと思うけど。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。