デキ婚からの産前離婚なるか?理想追う21歳に至言、追いかけなければ逃げない

テレフォン人生相談 2021年3月25日 木曜日

まだ交際中の気分っていうのかしら。
交際中ならふくれてバイバイでいいんだけどさ。

再構築とか聞いて笑える。

食事中の携帯は行儀が悪いからやめようって単純な話。
つまんない嘘つくのはアンタが不機嫌になるのが嫌だからだよ。

夫はアンタの長男。
ホメておだてて今よりマシなATMに再構築しよう。
アンタの腕にかかってるの。

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 女21歳 結婚4ヶ月妊娠7ヶ月 夫25歳 1ヶ月前から別居中

柴田理恵:
もしもし?、テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは

柴田理恵:
はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:
・・旦那とのお、

柴田理恵:
はい

相談者:
今・・別居問題になってまして、

柴田理恵:
はい

相談者:
今後、このまま別居をして、離婚をするか?

柴田理恵:
うん

相談者:
再構築をするか?っていう、

柴田理恵:
はい

相談者:
うん、相談です。

柴田理恵:
あ、はい、分かりました。
あなたはおいくつですかあ?

相談者:
21です。

柴田理恵:
旦那さんは、おいくつですか?

相談者:
・・25歳です。

柴田理恵:
25、お子さんいらっしゃるんですか?

相談者:
今、妊娠7ヶ月で、お腹にいます。

柴田理恵:
あーあー、そうですか。

相談者:
はい

柴田理恵:
あ、お腹に赤ちゃんいらっしゃるのに、

相談者:
はい

柴田理恵:
別居ってことになったんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
なんか、原因はなんですか?

相談者:
と、今から1ヶ月前ぐらいに、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、旦那に、

柴田理恵:
うん

相談者:
と、「嫁、子ども大事じゃない」って言われたのがきっかけで、

柴田理恵:
うん

相談者:
別居が始まったんですよね。

柴田理恵:
どういう、タイミングでそんなこと言ったんですか?

相談者:
・・えっと、そのときに、

柴田理恵:
うん

相談者:
旦那が会社の人とずっと電話してて、

柴田理恵:
ふん

相談者:
わたしが作ったご飯も何も食べないでずっと・・会社の人とダラダラ、ダラダラ電話してて、

柴田理恵:
うーん・・うん

相談者:
で、いや「ご飯食べて」とか・・

柴田理恵:
うん

相談者:
を、言っても、全然・・聞く耳持ってくれなくて、

柴田理恵:
うん

相談者:
いや、「嫁子どもと、会社の人どっちが大事なの?」って訊いたときに、

柴田理恵:
うん

相談者:
「嫁子どもは大事じゃない」って、はっきり、言われてしまったんですよね。

柴田理恵:
はあ、はあ、はあ

相談者:
そ・・っから、

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっとわたしん中ではモヤモヤ、モヤモヤしてて、その日、あの、旦那と車で、

柴田理恵:
うん

相談者:
いや「なんでさっきあんなこと言ったの?」って、

柴田理恵:
うん

相談者:
「すごく傷つくんだよ」っていうことを話したら、

柴田理恵:
うんうん

相談者:
「俺は言ってない」って・・始まって・・

柴田理恵:
ん?、そうい・・

相談者:
「俺はそん」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
はい
「そういうことは言ってない」って。

柴田理恵:
ふん

相談者:
いや「そういうふうに思わせた」・・「のかもしれないけど」

柴田理恵:
うん

相談者:
「俺はそういうことを思ってないし、言ってない」って・・

柴田理恵:
うん、うん、うん。じゃ・・

相談者:
うん

柴田理恵:
お嫁さん、お、嫁さん子ども大事だって思ってるってことですか?

相談者:
はい
「家族が大事だ」って今言ってるんですよね。

柴田理恵:
うん、うん、うん、うん

相談者:
で「家族が大事だ」って言ってるわりには、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、別居をしてえ、るとき・・

柴田理恵:
うん

相談者:
今、なんですけど、連絡が一切来ないんですよね。

柴田理恵:
ふうん
別居はどっちから言い出したんですか?

相談者:
わたしからですね。何も変わらないまま帰っても同じだからっていうことで、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・「ちょっと別居しないかい?」っていうことを言ったんですよね。
けん・・

柴田理恵:
どういうつもりで言ったんですか?

相談者:
喧嘩の延長線上ですね。

柴田理恵:
はあ、はあ、は、は、は、は

相談者:
言った言葉に対しての責任感もないですし、コロコロ・・変わって、いってる、部分・・

柴田理恵:
それ以外に何かあるんですか?

相談者:
それ以外に、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、わたしが旦那に対して、相談したいとか、

柴田理恵:
ふん

相談者:
「2人のことで話し合いたいよ」って言うの・・で、

柴田理恵:
うん

相談者:
「ちょっと今日話できる?」とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしが話してたら、

柴田理恵:
うん

相談者:
途中で「もうめんどくさい」とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
「起きてる時間が勿体ない」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
て・・言われてずっと話を聞いてもらえない時期が続いてたんですね。

柴田理恵:
なるほど。

相談者:
・・やぁ、なん・・じゃあ、なんで結婚したんだろうなあ?って・・

柴田理恵:
うーん
結婚何年、目ですか?

相談者:
・・4ヶ月う、前にしました。

柴田理恵:
あ、4ヶ月前?

相談者:
はい

柴田理恵:
今、じゃあ、7ヶ月ってことは、

相談者:
はい

柴田理恵:
妊娠、3ヶ月のときに結婚。

相談者:
はい
自分も、子どもを望んで、作ったのに、

柴田理恵:
うん

相談者:
今更そういうことを言っちゃうのかな?って、いうので悩んでるんですよね。

柴田理恵:
ふうーん
この話は・・旦那さんとしましたか?
その、話を聞いてくれないとか、めんどくさいって言われるのは、なぜなの?っていう話は。

相談者:
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
は(わ)しました。

柴田理恵:
した、そしたらなんて言ってましたか?

相談者:
いや「仕事」お、「が忙しかったから」って、あの、「仕事でも」、めっ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「怒られてるのに」

柴田理恵:
うん

相談者:
「家帰ってまでも」、

柴田理恵:
あーあー

相談者:
「怒られたくないから」って・・

柴田理恵:
・・あなた今でも、旦那さん好きですか?

相談者:
うーん・・今でも好きかどうか?って言われたら、

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっと・・「うーん」て、なっちゃう部分が・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
ありますね。

柴田理恵:
話聞いてくれないっていうところで?ほかにも嫌なところあるんですか?

相談者:
ほかにも・・普段から、平気で嘘をつくんですよね。

柴田理恵:
あー、平気で嘘をつく?

相談者:
はい
自分ではたぶん嘘だと思ってないと思、ってるんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
嘘に嘘を重ねて、最終的にボロが出て、あれ?それ嘘じゃない?・・て・・

柴田理恵:
それそれ、ど、どういうところですか?

相談者:
・・うんとお、わたしに内緒で、

柴田理恵:
うん

相談者:
「実は」、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、「友達と会ってたんだよね」「飲み行ってたんだよね」って・・いうのを・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっと、自分が、お酒入って気持ち良くなった時とかに、

柴田理恵:
うん

相談者:
なんかボロって、暴露し始めたり、

柴田理恵:
うん

相談者:
して・・あれ?みたいな・・
あらそんなこと言ってたっけ?・・今、今まで聞いたのは違うことだよな、と・・

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
いうので、嘘がだんだんバレて・・てたんですよね。

柴田理恵:
あ、でも自分で、告白してるんでしょ?(苦笑)、酔っ払って言・・嘘にしとこうと思ってたら、

相談者:
はい

柴田理恵:
その嘘、自分で・・言、っちゃ、うんだね?

相談者:
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
でも次の日になったら「覚えてない」、「知らない」、「言った記憶ない」って・・始まるんですよね。

柴田理恵:
あーあー・・なるほどお。

相談者:
はい

柴田理恵:
そういうのが積み重なるとやっぱり、嫌だなあと思うわけですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、今別居してて、

柴田理恵:
うん

相談者:
子どもの・・あの、お腹の検診とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
旦那の、休みに、全部合わせてるんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
何も連絡が来ないんですよね。

柴田理恵:
うん

相談者:
「赤ちゃんどうだった?」とか。

柴田理恵:
うん

相談者:
「一緒について行くかい?」とか。

柴田理恵:
あーあ、それちょっと責任ないですね。

相談者:
はい

柴田理恵:
うーん・・旦那さんの仕事は・・ちゃんとした安定した仕事ですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
ほんと?・・たくさん分取って別れちゃえば?

相談者:
・・アハハハ(苦笑)・・あー、うん、そこもすごく悩んでるんですよね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
わたしは子どものために・・再構築って考えてたので今まで。

柴田理恵:
あーあ

相談者:
やっぱり・・

柴田理恵:
あなたはじゃあ、やっぱり、ちゃんとお、お互い、理解し合って、子どものためにも、この過程は崩さないでおかなきゃいけないなとは思ってるんですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
えー、じゃ、今日のご相談は・・あの、今旦那さんと別居中だけれども、離婚したほうがいいのか?、それとも復縁・・できるのか?
あの、ちょっと訊いてみたいってことでよろしいですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
では今日の回答者の先生を、ご紹介します。
えー、今日の回答者の先生は、弁護士の野島梨恵先生です。
先生お願いします。

(回答者に交代)


「デキ婚からの産前離婚なるか?理想追う21歳に至言、追いかけなければ逃げない」への28件のフィードバック

  1. 後先考えずに、ただつなぎとめたくて、子作りしたのだろうか。
    決めつけるのはいけないとは思えど、この歳だし、そう思えてしまうのだけれど。できちゃった婚だし。

    個人的には子供欲しくて、夫と頑張って頑張って、ほんとに頑張って、15年かかって一人娘を授かった身として。
    なんか、ほんとに悲しいなぁって感じてしまうんです。
    子供さんがかわいそうで。

    命作るのって、究極のわがままかもしれないって思うんです。
    だって、作ったのは自分だけど、作った先に生まれた子は生きていかなきゃいけないわけで。
    私達が作る決意をしなければ、この子はいなかったわけですもの。

    せめて、少しでも楽しいこと、たくさん教えてあげたいし、親は、幸せになるお手伝いをする義務があると思ってます。
    でも、幸せになれるかは、本人次第だけど。

    私個人は、体調もあり、あんまりお手伝い出来てないかもしれないけど。
    でも、夫婦仲はとってもいいので、パパママが仲良くて幸せってのだけは、約束してあげられると思う。

    自分の体調が良くないからか、いろいろ考えてしまいました。まとまりなくてごめんなさい。
    生まれてくる子が、幸せになれますように。

      1. それ言ったらオシマイよ。暴言なら荒らしとして糾弾されても仕方ないけど。

    1. いやまあ隙あらば自分語りくらいのことは言われるでしょ…
      ご自分が妊活に苦労していても相談者が「つなぎとめたくてデキ婚」かどうか勘繰るのは普通に下品だしね

      1. かなり下品な勘繰りだよね
        自分が不妊治療してまで旦那を繋ぎ止めたかったんでしょうかね
        それとも、旦那は協力したんだからその気のはず!私は旦那に愛されてるのよ!今は幸せ!相談者は目論見はずれて捨てられそうでカワイソー!かしら

      2. ただの人間のくせに下品も上品もあるか。
        女が聖母だと幻想してるのか?とりあえずの居場所確保やさみしさから男つなぎとめるためや、atmつかまえるためならあらゆる手段使う人普通にいるだろーよ。人間なんてそんなきれーなものではございませんことよ。

          1. 誰も勘ぐりなんかしていません。
            あなたが勝手に勘ぐりと決めつけてるだけ。

          2. 「決めつけるのはいけないとは思えど、この歳だし、そう思えてしまうのだけれど。できちゃった婚だし。」
            勘繰ってますわな

    2. すみません、管理人さんコメント削除してください。
      ご迷惑おかけしました。

      1. 言った言葉は取り消せないよ
        神様はみてるからね
        思わぬ形で思わぬ相手に帰ってくる
        なにもないといいね

      2. 共依存脱し隊様

        コメント削除なんて必要ないですよ。
        私は共依存脱し隊様のメッセージ、素敵だと思いましたよ。
        タイゾー先生も「両親の仲の良さは子供にとって最高の贈りもの」みたいなことを言っていた気がします。
        そんな素敵なプレゼントをもらえて、
        お子さんは幸せでしょうね。

        それぞれの受け取り方があるので、
        色々なレスが付くのは当然ですが、
        どうかお気を落とさないで。
        お身体、お大事に。

  2. 面白い。あるあるパターン古典落語のような。
    こういう、授かったらまずいとこにコウノトリが来てしまったのは残念だけども、子供のために裕福な夫婦に里子に出してあげなさい、と言いたい。

  3. 21歳、若いですねえ。
    この若さで、男を繋ぎ止めたくて妊娠なんて、まずないでしょう。
    21歳はまだ子供みたいなものだから、この思い通りにならない現実を契機に、成長するしかないですね。離婚してもしなくても。

  4. 私自身が20代頃、避妊を拒否する最低男と付き合ってたから。それでも、その人と離れられなくて、たまたま妊娠しなかっただけで、終わったんですけど。
    そして、親が仲が悪くて、私の最初の記憶は、親の喧嘩の仲裁をしたときのことです。

    そんななので、この相談者さんにいろいろ投影してしまって、ひどい決めつけをしてしまったと思います。
    申し訳ないです。

    私自身は夫をつなぎとめたくて、妊娠したわけではありません。
    夫のように素敵な人なら、この人の子供が欲しいと思ったからで、夫でなければ病もあり、諦めてました。

    できれば、若い人たちには、私みたいなバカな男に、若い頃引っかかることはないといいなと思うし、両親が仲良く安定安心できる家庭に子供が生まれるといいなと思います。子供にとって、両親仲が悪いのは、すごく不安なことなので。

    私の発言でご気分を害した方々に、相談者の方にも、お詫びいたします。申し訳ありませんでした。

    1. あやまる理由なんかこれっぽっちもない。
      胸をはってくださいよ。
      これからの人のためにも。
      あなたは間違っていない。

  5. 何回考えても、どちらにしても、地獄だなぁ
    でも後悔しても仕方がない。
    上を見ても下を見てもキリがない。

    人生は配られたカード勝負するしかないのさ

    by スヌーピー

  6. 何回考えても、どちらにしても、地獄だなぁ
    でも後悔しても仕方がない。
    上を見ても下を見てもキリがない。

    人生は配られたカードで勝負するしかないのさ

    by スヌーピー

  7. 数か月後か数年後か、
    『幼い子供が母親の交際男性に虐待され死亡しました』
    などという毎度お決まりパターンの事態にならない事を祈るばかり。

  8. 論点がズレてるというか
    自分語りや体調不良で予防線張りながら相談者にゲスの勘繰りをかましてる違和感につっこまれたってだけの話なような…
    削除したりお詫びしたりする必要もないと思うけど、そもそも匿名コメント欄での長文自分語りは浮く傾向にあるよね

    1. そのゲスな勘ぐりとやらですが、
      > 後先考えずに、ただつなぎとめたくて、子作りしたのだろうか。
      >決めつけるのはいけないとは思えど、この歳だし、そう思えてしまうのだけれど。できちゃった婚だし。

      という文面から、ということだと思いますけど、わたし自身が、避妊を拒否する男から離れられなかった時期があり、もしかしたらこの相談者みたいになっていたかもしれないと思う恐怖心があって、出てきてしまった発言でした。
      他者にの中に自分との相似性を見つけて、非難してしまうことを投影といいますけど、そういう気持ちがあったのは否めないと、謝罪しました。
      これ以上、これについて話すつもりはありませんので、失礼致します。

      1. 隙あらば自分語りって言われてなお、自分語りを重ねていてちょっと笑ってしまった
        何故書いたのかを聞かれてるわけではないし、共依存〜さんの過去に興味ある人もいれば ない人もいるというだけの話なように思います

  9. 長すぎる自分語りは確かに場違いだけども。自分語りがウザイなら、あとは何書けば良いんだろ?ここのコメント欄も荒れるようになったな。場外乱闘に、「弱者は消えろ」という排他主義レイシストも常駐し始めたし。それも人間の本音として受け入れるしかないのだろう。
    コメント欄を考慮した、女性のあるべき理想をまとめてみた。男に頼らず、バリキャリで仕事して出産。自分語りも弱音も吐いてはいけない。年取ったら、障害持ったら、子供の負担にならないように黙って消えるべし。若くても社会に迷惑を掛けるなら、消えるべし。‥このような女性が沢山居れば少子化も解消され、経済も潤うという、こういうのが理想なんだろう。

  10. とても、よく分かります。
    私も似たタイプの人と結婚して、近々離婚します。
    彼は発達障害でした。
    頑張ろうと思いましたが、無理でした。
    子供もパパ嫌いなのが救いです。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。