夫の依存症・破産・生保・躁鬱・統失・足切除の女に容赦ないアル中父の扶養義務圧力

テレフォン人生相談 2021年4月2日 金曜日

タイトル、こうして並べると壮観。
生きているのがすごいことかも。

障害で生保を脱出する皮肉。
だけど堂々と収入を懐に入れられるようになった。

コロっと逝って遺産入ってこないかしらね。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女49歳バツ2 父は入院中 母は特養入所待ち 兄がいる(いた?)

今日の一言: 何があっても「わたしが悪い」と物事を解決するタイプの人がいます。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
初めまして。

加藤諦三:
最初に年齢教えてください。

相談者:
49歳です。

加藤諦三:
49歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
しておりません。

加藤諦三:
離婚して1人?それともずうっと1人?

相談者:
2回ほど離婚しました。

加藤諦三:
離婚してどのぐらい経つんですか?

相談者:
初めの、結婚は21のときだったんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
それが7年間

加藤諦三:
はい

相談者:
次の結婚が、30のときで11年間

加藤諦三:
続いたわけですね?

相談者:
はい。でそれからはもう、1人です。

加藤諦三:
お1人で暮らしてるの?それともご両親と一緒・・

相談者:
1人です。

加藤諦三:
1人で暮らして、はい分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
父と母は実家で暮らしておりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
アルコール依存症、で、父が暴れたので、

加藤諦三:
はい

相談者:
母が、ショートステイという形で、特養の、老人ホームですかね?、そこのほうに、行ったままで、あと・・

加藤諦三:
そうすっと今、

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さまは、特養のほうで暮らしてらっしゃると。はい

相談者:
暮らしてるというか、あの、入居待ちですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
急遽、あの、父が暴れたので、そこに、移動させたというか、避難させたというか。

加藤諦三:
はい

相談者:
車椅子なので、もう、入居・・を申し込んでおります。

加藤諦三:
入居を申し込んでるけれども・・

相談者:
はい

加藤諦三:
今、ま・・順番待ちということですね?

相談者:
そうですね。はい、はい

加藤諦三:
で、お父さまが今どういうことですか?

相談者:
あ、父のほうは、アルコール依存症っていうことだったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
それから1ヶ月半ぐらい掛かって、やっとお、専門のところに、連れて行くことができました。

加藤諦三:
で・・

相談者:
入院中です。

加藤諦三:
このアルコール依存症っていうのはどのぐらい、の、期間ですか?

相談者:
・・元々、あの、お酒はずっと飲んでたんですよ。

加藤諦三:
あー

相談者:
それで、そのときはそういう症状見られなかったんですが、

加藤諦三:

相談者:
一昨年の暮れぐらいに、

加藤諦三:
うん

相談者:
母から、電話がありまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
倒れた的な感じだったので、わたしが、付き添いという形で、救急搬送で行きました、病院に。

加藤諦三:
うーん

相談者:
で、そのときに、アルコール依存症だというふうに、先生から・・言われました。

加藤諦三:
ふうーん

相談者:
はい

加藤諦三:
ということは・・ずうっと前からお酒は、まあ、よく飲んでいて、

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
アルコール依存症だというふうな診断を受けたのは・・

相談者:
はい、一昨年の暮れ、ですね。

加藤諦三:
&#△、ということですね。

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
ただあ、それで倒れて今入院ってことは、前から・・アルコール依存症に近い状態ではあったんでしょうね?

相談者:
そ、あ、はい・・そうですね、で、そのときは要は1週間ぐらいの、救急だったので、入院だったんですね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
それからもう出て来て、また母と2人暮らしという形でした。

加藤諦三:
あ、それからまた、母と2人暮らしと。

相談者:
そうです。はい

加藤諦三:
で、アルコール依存症の・・で、入院してからあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
出て来てえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
母と2人で、暮らしている間の、状態はどうだったんですか?

相談者:
物投げつけたりとか、怖いところがあったと、言っていました。
で、母が足が動かないので、

加藤諦三:
うん

相談者:
隠れたようにして、ちょっと飲んでるふうではあったということでした。

加藤諦三:
うん、暴力う、はよく・・アルコール、依存症の人は、振るうことはあるんですけれども、

相談者:
あはい・・そうですね。

加藤諦三:
2人で暮らしてると、

相談者:
うん

加藤諦三:
食事中に、

相談者:
うん

加藤諦三:
突然・・テーブルひっくり返したりという・・

相談者:
はい
結局、その、母が動けない分、父が、壊したりなんかしたら、自分がしないといけなくなるので、それは、なかったみたいですね。その代わり、あの、母が、こうしてああしてって言うことを「自分でやれ」と。

加藤諦三:
「自分でやれ」と。

相談者:
うん、それはできないから、そういう、ことをずっと繰り返し、されて来て、最後は、ご飯も、もらえない、形になったと、言ってました。

加藤諦三:
ご飯ももらえない状態だったということはどういうこと・・なんでしょう?具体的に言うと。

相談者:
そうですね、すいません。
あの、父が、要は、母の分、自分の分と、こ、作って、ご飯を炊いて、食べるような形、だったみたいなんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
それが、父はその、アルコールに依存してしまってるので、自分の分はいらないから・・「食べたかったら」「お腹が空いたら」「自分で作れ」とかいう形、で、なんか・・

加藤諦三:
うん

相談者:
母には言ってたみたいです。

加藤諦三:
それで、今日の相談というのはあ、

相談者:
はい
わたし1人で、

加藤諦三:

相談者:
もう、両親のことですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと面倒が、看るのがもう、ちょっと辛くなって来てる、精神的にも。

加藤諦三:
はい

相談者:
わたし、自身が、精神疾患があるんです。

加藤諦三:
ん、その、精神疾患というのは、名、名前はなんですか?

相談者:
統合失調症と、躁鬱病です。

加藤諦三:
それはあれですか?、病院でそう診断されたの?
あなたがそう思ってるという?

相談者:
いえいえ、あの、病院でちゃんと治療しております。

加藤諦三:
治療していて、

相談者:
はい

加藤諦三:
統合失調症で、且つ躁鬱?

相談者:
はいそうです。
摂食障害からずうっと大っきくなってった状態ですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい
あと、足が悪いんですね。

加藤諦三:
どの程度ですか?

相談者:
手術したんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
右足のほうの、あの、骨え、の、一部の・・が・・腫瘍ができて破裂してしまって、緊急手術しました。

加藤諦三:
足の手術は成功したんですね?

相談者:
はい、でも、ま、長いこと歩くと、装具を付けないと、ちょっときつくなって来ます。

加藤諦三:
あ、もうそれは、あ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ん&#△%ことね、分かりました。
そうすっと今日の相談というのはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
当面の問題として・・この父と母と、面倒看られない状態になったと。
どうしたらいいか?ということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい
今日はあの、スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)

「夫の依存症・破産・生保・躁鬱・統失・足切除の女に容赦ないアル中父の扶養義務圧力」への2件のフィードバック

  1. 親子なんだから面倒見るべきと言われたら、それを拒否するのは勇気がいるでしょうね。私もアル中の家族でしたが毎日本当に地獄だった。入院させても一時しのぎでしかなく、脳が完全にアルコールに乗っ取られていて退院したら前よりもっとひどくなっていた。
    この相談者さんには、やはり逃げるしかないとしか言えないかな

  2. 自分の家族もアル中でした。
    上の匿名さんおっしゃる通り本当に地獄。
    青年期に加藤先生の本を見つけて親に縛られる必要はないとわかり徐々に距離を置けたけど。
    相談者さん、せめて気持ちだけでも少しずつ離れられればいいな。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。