反省しつつ相談中も見え透いた嘘。遣い込みで家族の信頼損ねた女が尋ねる償い方

テレフォン人生相談 2021年4月30日 金曜日

お灸のつもりなのかしらねえ、離婚。
脅しのつもりが素直に持って来られて引っ込みつかなくなったとか。
旦那の意図や如何に。

国民年金、健康保険、そして配偶者控除。
籍を抜くことで家計の負担は年10数万円増える。
住宅ローンの一ヶ月分以上。

もったいなーい。

離婚届、まだ旦那の手元にあるよ。

 

使い込まれた夫が弁償を言えば非難ごうごう。

男が企む別れる浪費妻からのセコい回収手段。家族における母の悲しい存在価値

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女52歳 結婚17年目にして一ヶ月前に離婚したものの相変わらず元夫と子ども二人との4人暮らし

今日の一言: あなたは何を恐れているのですか?

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に年齢教えてください

相談者:
52です

加藤諦三:
52歳、結婚してます?

相談者:
いえ、一ヶ月前に離婚しました

加藤諦三:
一ヶ月前に離婚

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんはいたんですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたと一緒に暮らしてんの?

相談者:
まだ、あのお、離婚して、子どもが二人い、と、元の主人も一緒に、四人でまだ、住んでます。はい。

加藤諦三:
ん?、元の主人も一緒に居るけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
離婚はしてるということ・・

相談者:
そうです

加藤諦三:
生活の実態は何も変わってないと。

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
はい
結婚生活はどうのぐらい?

相談者:
じゅう、7年、籍を入れて・・

加藤諦三:
17年ですか

相談者:
はい、籍を入れてから17年

加藤諦三:
籍を入れてから17年、いっ・・

相談者:
はい、一緒に暮らし始めて20年、です。

加藤諦三:
3年間は

相談者:
はい

加藤諦三:
同棲してたわけですね?

相談者:
主人が、

加藤諦三:

相談者:
わたしと不倫という形で、

加藤諦三:
はい

相談者:
子どもが生まれて

加藤諦三:
はい

相談者:
主人の方が離婚が成立して

加藤諦三:
ええ

相談者:
一緒に、なったっていう形・・

加藤諦三:
そいで、あなたたちが一緒になったと。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると、今、お子さん二人は

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたと結婚する前の子どもですか?

相談者:
ふたりとも、主人と、わたしの子どもになります。はい

加藤諦三:
ああ、そうですか

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その3年間は、あの、一緒に暮らしていて

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人も離婚が成立してんのに、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんで結婚しなかったんですか?

相談者:
あ、たぶん、元、奥様のことを考えて、・・

加藤諦三:
ああ

相談者:
ていうこと・・

加藤諦三:
あいての奥様のことを考えて、

相談者:
はい

加藤諦三:
すぐに結婚すると、心を傷つけるってこと?

相談者:
たぶん、そういうことお、だったと思うんですけれども・・

加藤諦三:
そして、今離婚したのはなんでですか?

相談者:
子どもたちのお金と、家のお金を使ってしまって・・

加藤諦三:
ああ

相談者:
総額250万円、食費に充ててしまっていたっていうことです

加藤諦三:
四人で生活する・・のに、

相談者:
はい

加藤諦三:
必要なお金・・ではないの?

相談者:
そお・・だったんですけれども

加藤諦三:
うん

相談者:
それを、嘘をついて・・
上の娘も、仕事してまして

加藤諦三:
ええ

相談者:
家に食費っていうことで、お金を入れてたんですけれども

加藤諦三:
はい

相談者:
それは、子どもの将来のために、貯金をっていうことだったんですが、

加藤諦三:
ええ

相談者:
それも、食費に充ててしまっていて・・

加藤諦三:
要するにあなたがなんか、パチンコにお金使っちゃってっていうんではないんですよね?

相談者:
そうですね、はい
で、◆#

加藤諦三:
じゃ、なんで

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人に嘘をつかなければなかったん・・

相談者:
以前も

加藤諦三:
はい

相談者:
10年ぐらい、前なんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
消費者金融・・とか

加藤諦三:
はい

相談者:
カード・ローンで、借金がありまして

加藤諦三:
はい

相談者:
金額300万ぐらい。

加藤諦三:
はい

相談者:
それも隠していて、分かると・・困るっていうのも、あったんだと思います。

加藤諦三:
カードローン、使ってっていう、困るというのは分かるんですけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
隠していた理由はなんですか?

相談者:
バレると、別れてしまうんじゃないかっていう、ことなのでえ・・

加藤諦三:
あー、なるほどね、そうすると、

相談者:
はい

加藤諦三:
結局この250万も、300万も、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんで実際の生活に使っているお金を、隠さなければならなかったんですか?

相談者:
離婚が怖かったっていう・・

加藤諦三:
あ、離婚が怖かった

相談者:
ことになる・・と思います、はい

加藤諦三:
そいで、今日のあなたの相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
どういうことですか?

相談者:
元主人と子どもたちに、お金を返すということは当たり前なんですけれども、◆#$%□

加藤諦三:
お金を返すってのが、当たり前って言いますけどね、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたたちの生活に使ったんですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、なんでお金返さなければなんないんですか?

相談者:
わたしが、嘘をつい・・て、使っていたっていうこと、が、どうしても、こう、罪悪感、も、あるう、ので、

加藤諦三:
うん

相談者:
返していこうという、気持ち・・

加藤諦三:
気持ちなんですねえ?・・

相談者:
はい

加藤諦三:
はいはいはいはい・・
それで、離婚っていうのはどちらが言い出したんですか?

相談者:
主人の方が、

加藤諦三:
ええ

相談者:
離婚届と、証人を一人、書いて、持ってきてくれ、という、こと、でした。

加藤諦三:
あっ、う、離婚届を持ってきてくれと、ご主人が言った?

相談者:
そうです。はい

加藤諦三:
で、判子を押して離婚はしたと。

相談者:
そうです。

加藤諦三:
だけど生活の実態はまったく変わってないと。

相談者:
そうですね。わたしい、が、仕事してませんでしたので、

加藤諦三:
うん

相談者:
貯金も、まったくない状態で

加藤諦三:
うん

相談者:
出ていくということ、が出来ないというのと、

加藤諦三:
うん

相談者:
下の子どもが学校、が変わりたくないというのがあって

加藤諦三:
うん

相談者:
まだ、居るという状態です。

加藤諦三:
そいで?、今日の相談というのはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
どういう、ことですか?

相談者:
わたしい、が、お金をつかってしまったっていうことでえ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
三人にどのような、償いというか・・していったらいいのかな?っていう・・ことになります。

加藤諦三:
・・はい、わかりました。
今日はあの、スタジオに、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「反省しつつ相談中も見え透いた嘘。遣い込みで家族の信頼損ねた女が尋ねる償い方」への7件のフィードバック

  1. 家族の貯金を切り崩すのが食費ならそこまで後ろめたい思いは生まれない。
    要するに相談者ほぼ一人の贅沢のために使ったとみなしてよさそう。

    不倫略奪婚とのことだが
    あまりにも人に恨まれるようなことを重ねて生きてくると、誰にでも訪れる孤独というか静寂の時に
    亡霊を見てしまうのかもしれない。

  2. うーん、偽の罪悪感なんてあるとは。
    初めて知りました。勉強になります。
    管理人さんも、いつもありがとうございます!

  3. たしかに離婚届は出されていないのかもしれない。けれどこの相談者、声や話し方とは違ってゾッとするほど計算高く、冷酷な人のような気がする。

  4. 相談者がもう一度夫と籍を入れたいとか、離婚したのでこれから一人で生きていくためにどうすればいいか?とかの質問ならわかるが、償いをどうすればいいかと言っているので、読んでいて途中までよくわからなかった。

    加藤先生の話でわかったのは、相談者は女になってない。つまり夫に対しても娘でいたかったということかもしれないな。

    家族の前では反省しているフリをして。
    現実を理解していないから、出来もしない償いという言葉を使うんだろうな。
    この機会に自分を見つめ直して変わって行かないと、今後もっと大変でしょう。

  5. 52歳、いままで同じ事を繰り返して流れて生きてきたのでしょうか。
    色々思いはあったのでしょうけど、激情に流されて不倫して目の前にあるお金にも簡単に手を付けてしまって。やってしまった事の後始末を含め、真剣に反省して残りの人生を考えて下さい。思いとどまらないと全て失ってしまいます。

  6. 旦那さん悪い女に引っ掛かったんですね!きっと当初から嘘つき女という問題ありのこの相談者と不倫して奥さま捨ててこの相談者と結婚して、ずっと振り回されていたと思う。そして堪忍袋が切れてようやく目覚めて二度めの離婚をした。なのに離婚したのに同居しているなんて理解できない。
    加藤先生は、何故相談者に優しいの?略奪結婚した嘘つき女なのに。これから幸せになれるなんてなんか複雑。嘘つきは治らない!今後もずるずる同じようなこと繰り返して一生このままではないだろうか?

    1. 不倫憎しは分かりますが憶測叩きが過ぎると思います
      加藤先生は優しいというか誰にでもフラットに接しようとしてるんじゃないでしょうか。
      そういう仕事なので。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。