反省しつつ相談中も見え透いた嘘。遣い込みで家族の信頼損ねた女が尋ねる償い方

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あなた、先ほどからね

相談者:
はい

加藤諦三:
罪悪感っていうことおっしゃってましたよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それはニセの罪悪感ですよね?

相談者:
うん・・

加藤諦三:
ニセの罪悪感を持っている人は

相談者:
はい

加藤諦三:
実は本当の罪に対してはまったく鈍感なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけどニセの罪悪感を誇張する。

相談者:
うん・・

加藤諦三:
要するに、ご主人との出会いの不倫も罪です。
だけど、これについてはまったく鈍感なの。

相談者:
うん・・

加藤諦三:
そいで、本当の罪ではないものを、あなたが償ういってみたいなのは、まったくニセの罪悪感なんですよ。

相談者:
はい(スーと息吸う)

加藤諦三:
ですよねえ、ハイって言ってくれたのは・・良かったですよお

相談者:
はい・・

加藤諦三:
今あなた何が不安なの?

相談者:
・・(涙声)一人い(泣)・・ですね・・

加藤諦三:
一人でいることが不安なんですね?

相談者:
(涙声)はい

加藤諦三:
要するに、あなた、人生行き詰まったんでしょ?

相談者:
はい(泣)

加藤諦三:
今までの自分自身が、完全に嘘の人生だったんでしょ?

相談者:
は・・はい

加藤諦三:
嘘に嘘を重ねて

相談者:
(泣)

加藤諦三:
もっと言えば現実否認。

相談者:
(泣)

加藤諦三:
本当のことからすべて目を背けて今まで生きてきた。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうですね?

相談者:
(涙声)そうです

加藤諦三:
そいで、何が怖かった?

相談者:
(涙声)嫌われるのが・・

加藤諦三:
うん!、その、誰に嫌われるのが怖かった?

相談者:
主人に・・

加藤諦三:
主人・・それホントなんだけど、

相談者:
(グス)はい

加藤諦三:
もっと先に

相談者:
はい

加藤諦三:
一番深いとこに・・あるのはご主人じゃないですよ?

相談者:
・・親でしょうか?

加藤諦三:
そうです
どんなお父さんとどんなお母さんだったの?

相談者:
父い、は優しくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
母あ、は、父に強い・・

加藤諦三:
うん

相談者:
っていう・・感じい・・

加藤諦三:
あなた親からは、離れられて、ないよね?

相談者:
ふうーん・・

加藤諦三:
父親からも離れ、られていない

相談者:
ない

加藤諦三:
だから女になってないよね。

相談者:
うーん・・ああ

加藤諦三:
で、母親との関係が切れてない。
母親固着。

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
だから、母親への依存心がそのまま強いから

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の意見は言えないよね。

相談者:
ううん

加藤諦三:
ずうっとあなた自己否定、他者肯定で生きてきたんでしょ?

相談者:
ぅんん

加藤諦三:
夫悪くない◆#
食品だけ使ってって・・わたしが悪いんだもん。
自己否定、他者肯定。

相談者:
はい

加藤諦三:
今のあなたを支配してるのは、親なんです。

相談者:
ああ

加藤諦三:
だから、

相談者:
はい

加藤諦三:
夫も娘も関係ないだよ、これ。

相談者:
うん・・

加藤諦三:
だから罪悪感を持ち出すの。
償いたいと。

相談者:
ああ・・はい

加藤諦三:
これ、さっきも言ったように、ニセの罪悪感です。

相談者:
うーん

加藤諦三:
それで今本当の罪悪感に目覚めてえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
完璧に行き詰まった人生を切り返すための、ここが分かんなきゃ、人生、新しい人生始まってないっていう・・

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
その原点は、

相談者:
はい

加藤諦三:
あたしが、親から自立していなかったっという・・

相談者:
ああ・・あー、そうだと思います。
親ですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
うーん

加藤諦三:
これであなた楽になりますよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
人生必ず開けます。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日乗り越えたんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
全部解決できます。

相談者:
はい

加藤諦三:
今晩、

相談者:
はい(涙声)

加藤諦三:
バケツいっぱい涙が出るほど、

相談者:
はい(涙声)

加藤諦三:
泣いてください。

相談者:
はい
分かりました(泣)

加藤諦三:
おめでとうございます

相談者:
(涙声)ありがとうございます。

加藤諦三:
はいどうも失礼します

相談者:
(涙声)はい、ありがとうございました。

加藤諦三:
あなたは何を恐れているんですか?

 


「反省しつつ相談中も見え透いた嘘。遣い込みで家族の信頼損ねた女が尋ねる償い方」への7件のフィードバック

  1. 家族の貯金を切り崩すのが食費ならそこまで後ろめたい思いは生まれない。
    要するに相談者ほぼ一人の贅沢のために使ったとみなしてよさそう。

    不倫略奪婚とのことだが
    あまりにも人に恨まれるようなことを重ねて生きてくると、誰にでも訪れる孤独というか静寂の時に
    亡霊を見てしまうのかもしれない。

  2. うーん、偽の罪悪感なんてあるとは。
    初めて知りました。勉強になります。
    管理人さんも、いつもありがとうございます!

  3. たしかに離婚届は出されていないのかもしれない。けれどこの相談者、声や話し方とは違ってゾッとするほど計算高く、冷酷な人のような気がする。

  4. 相談者がもう一度夫と籍を入れたいとか、離婚したのでこれから一人で生きていくためにどうすればいいか?とかの質問ならわかるが、償いをどうすればいいかと言っているので、読んでいて途中までよくわからなかった。

    加藤先生の話でわかったのは、相談者は女になってない。つまり夫に対しても娘でいたかったということかもしれないな。

    家族の前では反省しているフリをして。
    現実を理解していないから、出来もしない償いという言葉を使うんだろうな。
    この機会に自分を見つめ直して変わって行かないと、今後もっと大変でしょう。

  5. 52歳、いままで同じ事を繰り返して流れて生きてきたのでしょうか。
    色々思いはあったのでしょうけど、激情に流されて不倫して目の前にあるお金にも簡単に手を付けてしまって。やってしまった事の後始末を含め、真剣に反省して残りの人生を考えて下さい。思いとどまらないと全て失ってしまいます。

  6. 旦那さん悪い女に引っ掛かったんですね!きっと当初から嘘つき女という問題ありのこの相談者と不倫して奥さま捨ててこの相談者と結婚して、ずっと振り回されていたと思う。そして堪忍袋が切れてようやく目覚めて二度めの離婚をした。なのに離婚したのに同居しているなんて理解できない。
    加藤先生は、何故相談者に優しいの?略奪結婚した嘘つき女なのに。これから幸せになれるなんてなんか複雑。嘘つきは治らない!今後もずるずる同じようなこと繰り返して一生このままではないだろうか?

    1. 不倫憎しは分かりますが憶測叩きが過ぎると思います
      加藤先生は優しいというか誰にでもフラットに接しようとしてるんじゃないでしょうか。
      そういう仕事なので。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。