居眠り妊婦に負けた5年前の派遣先。職場の隠語が分かって悔しさは頂点に

テレフォン人生相談 2021年5月12日 水曜日

採用決まってから妊娠判明って苦情レベル。
相談者の言いたいことは分かる。

だけどね、

表向きは妊娠を理由に不利益を被ることのないように派遣会社も派遣先も努力しないといけないわけで、すでにこの時点で妊婦の負けはなかったの。

とは言っても、どのみち近々に出産休暇に入るわけで、それでも相談者を切るってどんだけ。

その妊婦さんがいかに使えないかを話すほど、自分がいかに仕事に向き合ってきたかを話すほど、相談者の嫌われ度が際立つ皮肉。
それが回答を方向づけた。

エピソードに踏み込まず一点突破の大迫女史。
ま、相談は気持ちの持ち様だし。
派遣先をディスって同情するかのどちらかしかない。

 

パーソナリティ: 玉置妙憂
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女30代(*) 両親60代 弟20代 4人暮らし

(*)番組後半の説明では、5、6年前の職場に居たときが30代前半だったらしいので、現在はアラフォー。

玉置妙憂:
もしもしい?、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いしまあす。

玉置妙憂:
今日はどのようなご相談ですか?

相談者:
5、6年前の、

玉置妙憂:
はい

相談者:
出来事なんですが、

玉置妙憂:
はい

相談者:
自分の納得のいかない

玉置妙憂:
うん

相談者:
辞めさせられ方をしてしまって、

玉置妙憂:
お仕事のですね?

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん

相談者:
まあ、なんでもいいから辞めてもらいたかったということで、

玉置妙憂:
うん

相談者:
辞めるう、日まで、いろんなことを言われてしまって、

玉置妙憂:
うんふん

相談者:
で、そのときの出来事が今でも胸に刺さってて、

玉置妙憂:
はい

相談者:
あの、夜も、

玉置妙憂:
うん

相談者:
あの、眠れなかったりとか、

玉置妙憂:
うん

相談者:
あとすごく、そのときのことが引っかかってしまって、

玉置妙憂:
はい

相談者:
なんか未だに、引きずってしまっている自分がいて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
前に進みたいので、どうしたらいいか教えていただきたいです。

玉置妙憂:
分かりました。

相談者:
はい

玉置妙憂:
あなた様の、ご年齢教えていただいていいですか?

相談者:
30代です。

玉置妙憂:
ご家族構成は?

相談者:
父、母、60代です。
弟が1人、20代です。

玉置妙憂:
じゃあ4人、で、一緒に住んでらっしゃるのかな?

相談者:
そうです。

玉置妙憂:
はい
えーと、それで、えー、お仕事を5、6年前に、ま、辞めさせられたということですが、

相談者:
ええ、人生初めて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
派遣社員というもので働きました。工場の勤務でした。
あの、わたし、あまり、あの、こう、女性の、お局様にこびるということが苦手で、

玉置妙憂:
うん

相談者:
気に入られなかったんだと思います。

玉置妙憂:
うん、うん

相談者:
いろんなことが。

玉置妙憂:
はい

相談者:
とにかく、職場だから、仕事さえ、できればいいと思って、

玉置妙憂:
うん

相談者:
何を言われても、

玉置妙憂:
うん

相談者:
辞めるように、差し向けられて来ても、

玉置妙憂:
はい

相談者:
無視して、とにかく仕事ができるようになれば、

玉置妙憂:
うん

相談者:
いつか・・こういう物はなくなるのではないかと思い、

玉置妙憂:
うん

相談者:
・・ひたすら仕事に、励んで来ました。

玉置妙憂:
はい

相談者:
そのときに、

玉置妙憂:
うん

相談者:
あの、人数が足りないということで、同じ派遣会社のほうから、

玉置妙憂:
うん

相談者:
派遣されて来た方がいらしたんですが、

玉置妙憂:
はい

相談者:
あの、妊娠されていることを隠して・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
お入りになって来たみたいなんですね。

玉置妙憂:
ええ、ええ、ええ

相談者:
で、その方が、

玉置妙憂:
うん

相談者:
とにかくお局様と仲良くなってしまって、

玉置妙憂:
うん

相談者:
彼女は、

玉置妙憂:
うん

相談者:
最近、義理の・・家を出て、あの、向こうの家の方とうまく行ってないのでということで、

玉置妙憂:
うん

相談者:
子ども達を連れて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
自分の旦那さんと、一緒に、

玉置妙憂:
うん

相談者:
アパートかなんかを借りて暮らしてるみたいなんですが、

玉置妙憂:
うんふん

相談者:
ま、あの、妊娠してるから、あの・・まず、ね、眠ってしまう?仕事中も。

玉置妙憂:
あー、うん

相談者:
とにかく働かないで寝てるんでした。

玉置妙憂:
うん

相談者:
職場でも。

玉置妙憂:
うん

相談者:
でも、それを、

玉置妙憂:
うん

相談者:
お局様に言ったときに、

玉置妙憂:
うん

相談者:
・・あの、お局様が・・庇ったっていうか・・

玉置妙憂:
あー、あなたがそれを見つけて・・要するに、こう、「ちょっと困りますよ」って言ったら庇ったっていうことね?

相談者:
いや「困りますよ」っていうことではないけど、

玉置妙憂:
うん

相談者:
みんな、あのお、すごく気にしてもいたし、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
不思議には思っていたけど、でも、お局様あ、にも気に入られてから・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
・・放置でした。
子どもいるお母さんのほうがとにかく偉いからって。

玉置妙憂:
うん

相談者:
あのお、とにかく働けとか、

玉置妙憂:
うん

相談者:
あと、寝てるにも関わらず辞めることが決まったら引き継ぎしろとかあ。
とにかくいろんなこと。
なんでもかんでも。
もう、辞めさ、辞めてもらえば、良かったからなんでしょうけど。

玉置妙憂:
それは、あな、あなたにってこと・・

相談者:
ほ、ほんとに、みーんな、

玉置妙憂:
うん

相談者:
ある日突然、

玉置妙憂:
うん

相談者:
1日にして、状況も変わって、

玉置妙憂:
うん

相談者:
今まで仲良く話してくれた人とかも、

玉置妙憂:
うん

相談者:
よそよそしくなって、

玉置妙憂:
うん

相談者:
・・もうほんとに、ただ、ただ、もう・・嫌味を言われるような、

玉置妙憂:
うん

相談者:
毎日で。

玉置妙憂:
うん

相談者:
・・で、ああ、そのうちクビになるんだろうなと思っていたら、

玉置妙憂:
うん

相談者:
ほんとに自分の派遣会社の人が来て、

玉置妙憂:
うん

相談者:
「もう『いついつで辞めてください』ということでした」っていうことで、

玉置妙憂:
あー、なるほどね。

相談者:
で・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
申し訳ないんですが、2人共、

玉置妙憂:
うん

相談者:
仕事できなくて、使い物にならなくても、

玉置妙憂:
うん

相談者:
・・なんで寝てるほう・・だけが残れるんだろうと思って、

玉置妙憂:
うん

相談者:
訊いてしまったんですね。

玉置妙憂:
うん

相談者:
そしたら、あの・・「職場で寝てようが仕事してまいが」

玉置妙憂:
うん

相談者:
「朝5時で起きて旦那さんのお弁当作って」

玉置妙憂:
うん

相談者:
「子どもは夜泣きもするから」

玉置妙憂:
うん

相談者:
「それを対応してる」

玉置妙憂:
うん

相談者:
「お母さんのほうが偉い」っていう・・

玉置妙憂:
うん

相談者:
で「あんたのことはいらなくなったんだよ」とか、もう、すっごい言われようで。

玉置妙憂:
それは、派遣の人に言われたのね?

相談者:
・・いえ、あの、向こうの社員です。

玉置妙憂:
向こうの社員に。

相談者:
わ、わたしにいろいろ指示を出す人。

玉置妙憂:
社員さんに訊いたんですね?

相談者:
そうです。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
とにかく派遣の営業の人は、

玉置妙憂:
うん

相談者:
一切答えてくれませんでした。

玉置妙憂:
うん、答えてくれないのね。

相談者:
みんな言葉を濁して、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
最終的には、「あんたが悪いんだよ」って言い方でした。

玉置妙憂:
うん

相談者:
「送別会もしないでくれ」って言ったのに、

玉置妙憂:
うん

相談者:
もう嫌味ったらしく、

玉置妙憂:
うん

相談者:
送別会もされて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
でもそのときはもう暗示かけられたみたいに「あなたが仕事ができないからなんだよ」っていう言い方をされて、
「人のせいにしてるんじゃない」みたいなこと言われて、

玉置妙憂:
うん

相談者:
とにかく「子どもいるお母さんのほうが偉い」っていう、言い方を・・されて、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
今まであんなに人が足りないから、とにかく「これもやれ」「あれもやれ」って言われて、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
ま、もちろん、あの、自分も・・行き届かなかったところはたくさんあると思いますが、

玉置妙憂:
うん

相談者:
できるだけ、あの、出されたオーダーに応えられるように食らい付きました。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
でも最後はほんとに、「それが派遣社員じゃん」て。

玉置妙憂:
うん

相談者:
「どうせ切り捨てられるのは派遣社員じゃん」って言われたんですけど、

玉置妙憂:
うーん・・うーん

相談者:
でも、自分はそうやって切り捨てられたけど、

玉置妙憂:
うん

相談者:
そっちの寝てる人は、寝ながらにしてでも、のうのうと残れてるわけじゃないですか。
で、すごくそれが・・悔しいなって思ってて。
で、そのときの出来事で、

玉置妙憂:
うん

相談者:
夜、夜中とかも・・起きるようになってしまって、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
ていうか、わたしが在籍してたときから、

玉置妙憂:
うん

相談者:
社員さん達の間で冗談で、きじきじっていう言葉が、流行ってたんですね。

玉置妙憂:
きじ・・きじ?

相談者:
きじっていう言葉。

玉置妙憂:
うん、うん、うん
どういう意味?

相談者:
なんか、あの、暗号みたいな。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
この意味が、その2、3ヶ月前に、

玉置妙憂:
うん

相談者:
解けたんですけど、

玉置妙憂:
うん

相談者:
このお母さんが、どうせ、は、寝てるばっかりで派遣切りにあっちゃうから、

玉置妙憂:
うん

相談者:
このお局様に、きじ、イコール・・1万円札(*)のことなんですけど、

(*)2004年以前の一万円札(D券)。現在(E券)の図柄の鳥は鳳凰(ほうおう)

玉置妙憂:
うーん

相談者:
お渡ししてたみたいなんですね。

玉置妙憂:
あー

相談者:
で、お局様から社長さんに、

玉置妙憂:
うん

相談者:
「残れるようにお願いします」みたいな。

玉置妙憂:
ふうーん

相談者:
なんかそういうこともあって、結局お局様が、

玉置妙憂:
うん

相談者:
そこの会社の中では、社長さんよりも何よりも一番強いから、

玉置妙憂:
うん

相談者:
結局、取り巻きの男の人たちも・・手のひら返すしかなかったみたいで。
うん

玉置妙憂:
その眠れないほど腹が立ってる原因っていうのは、わたし達同じだったはずなのに、

相談者:
うん

玉置妙憂:
「子どもを産んだから偉い」って言われて、

相談者:
うん

玉置妙憂:
寝てるくせに残っている・・その人に対する、腹立たしさ?

相談者:
あと、わたしい、辞めるときに、全部言われたんですよ、いろんなこと。

玉置妙憂:
うーん

相談者:
あの、お局様の策にはまって、

玉置妙憂:
うん

相談者:
話してしまったことも、

玉置妙憂:
うん

相談者:
悔しいし、

玉置妙憂:
うーん

相談者:
あと、最後の最後に、

玉置妙憂:
うん

相談者:
追い出して、辞めさせれば、

玉置妙憂:
うん

相談者:
いいわけじゃないですか。
わたしのこともどんなに潰したって。

玉置妙憂:
はい、はい

相談者:
全部ですよね。わたし一言も言い返せないまま、

玉置妙憂:
うん

相談者:
後にしてるんですね、この職場を。

玉置妙憂:
うん、うん

相談者:
一言でも、言い返したり、

玉置妙憂:
うん

相談者:
最後の最後に、味方になってくれる方とか、

玉置妙憂:
うん

相談者:
いればまた違ったのかもしれないけど、

玉置妙憂:
うーん・・うん

相談者:
一矢報いることもできなかったっていう・・

玉置妙憂:
うーん

相談者:
悔しさのほうが、おっきいです。

玉置妙憂:
あ、大きい?

相談者:
うん

玉置妙憂:
今日はご相談、せっかくいただいたから、

相談者:
うん

玉置妙憂:
えー、何らかの形で先生から、

相談者:
うん

玉置妙憂:
あの、アドバイスをもらいたいわけだけれども、

相談者:
はい

玉置妙憂:
うん、どういう方向で行きますか?
1つの方向はね?

相談者:
うん

玉置妙憂:
もう腹が立って、堪らない、人たちをギャフンと言わせる何か法的な策はないんだろうか?

相談者:
うん

玉置妙憂:
ていうことを探るの、か?

相談者:
うん

玉置妙憂:
も、2つ目は・・気持ちの持ち方ですよね。あなた様のね。

相談者:
うん

玉置妙憂:
うん

相談者:
後者でお願いいたします。

玉置妙憂:
後者で?

相談者:
もう、ほんとにこんなとこ、縁切れて良かったんだって、ほんとに心の底から思いたいんです。

玉置妙憂:
うーん、分かりました。

相談者:
はい

玉置妙憂:
じゃそのために、どういうふうな、あー、心の持ちようをしたらいいかっていうのを先生に訊いてみましょうか。
今日お答えいただきますのは、弁護士の大迫恵美子先生です。

(回答者に交代)


「居眠り妊婦に負けた5年前の派遣先。職場の隠語が分かって悔しさは頂点に」への18件のフィードバック

  1. 相談者さんには申し訳ないが
    扱いにくそうな人だなと思いました。
    嫌いな人をお局様、と呼んだ瞬間から心を閉ざして
    何を言われても嫌味ととらえては居なかったか?
    職場としては空気を悪くするよりも
    多少居眠りしても(妊娠中とのことで仕方がないかも)
    円滑に働いてくれる人のほうを欲しいと思うだろう。

    とはいえ、なんでも向き不向きがあるから
    今の職場で幸せにやってほしい。

  2. 最初は威圧的な物言いに聞こえ、大迫先生に聴取?されると大人しくなり、なんか極端な人だなぁと感じました。もちさんが言われる扱いにくそうという表現がピッタリかと。この方の言い分だけでは無いのだろうな〜とも思いました。今回の相談できっぱり忘れられれば良いですが…

  3. いやー 、相談者は相当酷い目に遭ってるし、相談者が叩かれる話でもないと思うけどね。こんな目に遭ったら誰でも怒りがおさまらないと思う。
    相談者が人間関係がうまくいかないことは認めているものの、話の中に(少なくとも放送された中に)協調性に欠ける具体的なエピソードがないので、この職場での相談者の実際の立ち振る舞いがよかったか悪かったかは判断できない。自分からトラブルを起こす性質の人もいれば、悪いことをしてないのに嫌がらせを受けるいじめられ体質の人もいる。
    大迫先生はそれに触れるならもっと相談者から具体的な話を聞いて掘り下げるべきだし、掘り下げないなら印象だけで語るべきではなかったと思う。今は人間関係の悩みはないようだし、回答は「今さら考えても無駄ではないか」という当たり前のものなので、それなら相談者の性質について中途半端に触れる必要はなかったように思うけど。中途半端に触れた結果相談者悪しになってて可哀想だと思った。

  4. 冷たい大迫先生では、あんな感じでしょう。
    相談者は最初から自分の苦労、しかも5年も前の、をガンガンまくしたてる。
    聞いてて辟易した。
    この相談者に大迫先生では、噛み合わない。相談は今後の心の持ち用なのに、そんな事考えるのは無駄で片付ける。
    まだ三石メソッドの、頑張れ頑張れで良かった。
    加藤先生だったら、もっと深いとこまで聞けたかな?と思うと残念だ。
    聞いた先生が間違えだったなー。
    確かに相談者はコミュ障だけど、今の職場が合ってて良かった!

  5. 大迫先生の仰る『自分の置かれている順位を察知する能力』という表現に何とも言えない不快感が走りました。
    要するに処世術の事なのでしょうが、奇っ怪なヒエラルキーが巣食う異常な職場というのは現実にある訳です。
    相談者の方は魔窟で上位に居たって無価値だとわかる人だからこそ、尊敬に値しない事象を前に、己の順位が何処であれ、毅然として挑むべきだと判断し実行したのだと思う。

    そもそも『子持ちの人間の方が上質』なぞという中で耐えた人に対し【的確に順位を知る力があれば良かったね~】と感じ取るとは!
    思いもよらぬ対応で、心が痛みました。

    残念な職場だった、貴方の良さは発揮出来なかった、早く忘れるのが一番よ、とだけアドバイスすれば良かったのでは?
    現場を見た訳ではないし、相談者の言い方やタイミング等にも残念な面はあるかも知れない。それでも相談者が感じた憤りそれ自体は特に異質ではない筈。
    異常なコミュニティーを、先生も無数に見聞きして来られて無いのか…?
    痛々しく感じる回でした。
    相談者の方はlQ高そうだな~と思いました。

    1. 大迫先生の、人と関係をあまり持たず一人で出来る仕事なんてあるのか?。あったら紹介してほしい。ハローワークの求人欄にある?

      1. あるよ。ITエンジニア、研究職、ウェブ制作やウェブ広告運用、デザイナーなど、専門技術が必要かつ、基本一人で作業が完結する仕事。常識的な礼儀と意思疎通力さえあれば、組織内の暗黙の了解や序列とやらを察知する能力は必要ない。むしろ「空気読め」は情報伝達エラーの温床になる悪習なので良しとしない会社も多い。
        未経験だと最初は激務になりがちだけど、数年喰らい付いて技術をモノにしてしまえば、だいぶ息はしやすくなる

  6. この事は私の思い込みでしかないのですが、年齢を聞かれた時にはっきり答えない人が一つのポイントになっちゃいます。
    でも、人間いろいろです。合わない集団や個人からは遠ざかるのがいいですよね。
    今の職場が楽しくて良いと感じられるのは、前職場で辛くて嫌な目にあったから、巡り会えて良かったと思ってはどうでしょうか?
    過去の経験が今の自分を創ってるって事で。

    1. さすがに全国で放送される番組なんだから年齢なんて正確答えたくない方が当たり前だと思うし、30代でいいと思う。そういう特殊な状況内での年齢を答えなかったことを理由に偏見を持とうとするならそれは浅はかすぎる。

  7. はい、はい、って機械的な返事。突然「さっぱり解んないです」とか言葉が唐突。意志疎通のとりづらいコミュ力無い人ですね。もっと内面に向き合わないと、これからも生きづらい人生だろうね。

  8. 相談者は悔しくてたまらない感情をどうにかしたくて話してるのだから、考えても無駄って言う大迫先生の回答ではさらにフラストレーションがたまったのでは。
    コロナが落ち着いたら、ボクシングジムでも行ってサンドバッグ殴りましょう。
    今回は優しく丁寧な話をされる高橋先生がよかったかも。

  9. 誰も言ってないけどアスぺでしょ?
    記憶力が良くて忘れる事ができない。
    普通の人の思い出しかたとは違って完全にその時に戻ってるから、聞くほうは「それ五年前の話だよね?」っていう不思議な感覚になる。

    1. 私もアスペかな?って思いました。
      人間関係の距離感がまったく分からないっておっしゃってたし、今の一人作業のお仕事が性に合ってる様子なので。

      弁護士の大迫先生だから専門外の考察はされずに、相談内容だけで導けるドライな回答をされたんだと思います。

  10. 相談者さんは辞めてから五年も経っても、毎日怒りが続いてるから
    当時の感情を持ち続けているのか・・・
    凄いパワーだ。

  11. 待遇の違いという理不尽は誰でもが大なり小なり味わい、しんどいながらも自分の気持ちとどうにか折り合いをつけている。
    嫌ならやめるか他で勝負出来ないならそこで我慢するしかない。
    大概は自分が思うほど自分は仕事が出来る人でもなく的確な処遇だったりするので被害者ヅラして文句言うのは返って自分を貶めることになる。
    相談者は運良く今の職場ではうまくやれているようだしいいじゃないかと思うけど。
    問題はそんな前の事をわざわざ思い出してしまう精神状態なんじゃないか。
    早く忘れられるといいね。

  12. 自分が採る側なら、置物妊婦様も不愉快なオールドミスもどっちも即切るなぁ。ハズレすぎ。よっぽどの人出不足業界か…?ぬるい派遣先殿。

    個人的な感想だが、
    こういうコミュ障の奴がすぐ、生きづらい、とかのたまうのは虫唾が走るね。
    こういう奴に遭遇しちゃったマトモなこっち側の方が、よっっぽど辛いっつーーの。

  13. え〜 ここ↑にも来てんの〜?
    匿名 希望 さん

    結構 投稿お見掛けしますけど お時間おありのようですね

    ご自身の投稿によく出てくる 
    生産活動 ちゃんとしてますぅ?

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。