未婚3きょうだい。アラ還しっかり者の姉が無職の私を無気力にする共同生活

テレフォン人生相談 2021年5月14日 金曜日

小学校にあがるときに姉は高校卒業。
関係を”姉妹”で理解しようとすると間違う。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女46歳 独身 兄と姉57歳との3人暮らし 父は施設入所中 母は他界

今日の一言: 人間は相手の無意識に反応する。ベラン・ウルフ

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談・・

相談者:
あ・・こんにちは

加藤諦三:
こんにちは

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
46歳です。

加藤諦三:
46歳、結婚してます?

相談者:
いえ、独身です。

加藤諦三:
独身ですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
ずうっと独身ですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすっと・・今お1人で暮らしてんですか?

相談者:
いえ、実家暮らしです。

加藤諦三:
あ、実家で?

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすっと・・お父さんとお母さんと一緒?

相談者:
いえ、母親あ、が、もう他界して、

加藤諦三:
はい

相談者:
父親が倒れてしまって、病気で、施設にいるので。
あのお、一緒に暮らしてるのはきょうだい3人なんです。

加藤諦三:
あーそうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
きょうだい3人ていうと?

相談者:
はい

加藤諦三:
お兄さん、お姉さん、どういう・・

相談者:
一番上が姉。

加藤諦三:
お姉さん

相談者:
次が、兄。

加藤諦三:
はい

相談者:
次が、女のわたしです。

加藤諦三:
&#△%、それからあなたですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
みんな独身ですか?

相談者:
そうなんです(苦笑)、全員独身、一度も、

加藤諦三:
はい分か、分か、分かりました。

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
わたし自身が、数年前から、あの、ちょっと、軽い引き篭もり気味になりまして。

加藤諦三:
軽い引き篭もりということは、買い物お、ぐらいには行けるけれども、

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
人との付き合いはしないという。

相談者:
そうです。はい

加藤諦三:
そうですか。
それで、ごきょうだいとの関係はどうなんですか?

相談者:
引き篭もりになったときと、ほとんど同じ時期に、

加藤諦三:
うん

相談者:
く、一人暮らししていた姉が、

加藤諦三:
うん

相談者:
帰って来てくれたんですけども。わたし、がどうしても苦手な、意識が、ありまして。

加藤諦三:
お姉さんは何歳ですか?今。

相談者:
あ50う、7、あ、歳

加藤諦三:
そうすっとそのお姉さんとお、

相談者:
はい

加藤諦三:
お兄さんとあなたと、

相談者:
はい

加藤諦三:
3人で暮らしていて、

相談者:
はい

加藤諦三:
その3人での間の会話はあるんですか?

相談者:
ありますけど、かなり少ないほうだと思います。

加藤諦三:
食事は3人一緒にすんの?

相談者:
しないですね。はい、ええ

加藤諦三:
食事は1人ずつ?

相談者:
夜、だけ、兄とわたし・・と、一緒に摂ることもあるんですけども、姉とは絶対に(苦笑)・・取れない(苦笑)

加藤諦三:
あーそうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
で・・今日のあなたの相談というのは、どういうことなんですか?

相談者:
姉と、いると心が折れるっていいますか、無気力になるんですよ(苦笑)
なんか、自暴自棄みたいに・・なったり、そういうのが、多いので、これが自分の、怠けなのかな?(苦笑)とか、そういう、ことが分からない・・

加藤諦三:
ん・・そうすっと・・お姉さんが、

相談者:
うん

加藤諦三:
いると・・

相談者:
うん

加藤諦三:
自暴自棄になる、

相談者:
うん

加藤諦三:
無気力になる、

相談者:
うーん、そうです・・

加藤諦三:
ということは・・むしろ、いないほうがいいと、そういうふうに考えていい?

相談者:
・・だけど、家事の、ご飯作ってくれたり・・掃除してくれたりは、全部姉任せなんですよね。

加藤諦三:
お姉さんに頼ってるわけ?

相談者:
ええ、ですから(苦笑)あの、酷いことなんですけども・・

加藤諦三:
で、あなたは、

相談者:
はい

加藤諦三:
正直な話い、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分の中でえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分のことを・・

相談者:
うん

加藤諦三:
壮大な自我イメージという、

相談者:
うん

加藤諦三:
ちょっと難しい言葉を使うんだけど、

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
結構立派な人だと思っているん・・

相談者:
そうですね。はい

加藤諦三:
ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
そいでその、壮大な自己イメージがあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
人との付き合いに、

相談者:
ええ

加藤諦三:
障害になってるわけですよね?

相談者:
えー、そこまでは考えたことなかったです。はい

加藤諦三:
うん。いろんな人間関係がうまく行かないことの、1つの中に、相手が・・

相談者:

加藤諦三:
引き篭もって行くプロセスはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
相手が自分の思うように、

相談者:
ええ

加藤諦三:
自分のことを思ってくれないし、

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
面白くないわけですよ。

相談者:
あー、うん

加藤諦三:
それは一口で言うと、

相談者:
うん

加藤諦三:
自分の中の無意識にある、

相談者:
うん

加藤諦三:
自我イメージに、

相談者:
うん

加藤諦三:
を傷つけるわけですよ。

相談者:
うーん

加藤諦三:
会社勤めはしたことあるの?

相談者:
ほとんどないんです。アルバイト挑戦しても、長くて最大で1年とかで、1ヶ月とか、何ヶ月とかで、辞めてしまって、

加藤諦三:
やむし

相談者:
ばかりで・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
はい。ええ

加藤諦三:
そんときに、

相談者:

加藤諦三:
アルバイト先で、

相談者:
ええ、え

加藤諦三:
上司のことをどういうふうに思ってました?

相談者:
嫌いな上司、とか、苦手な上司、いました(含み笑い)。はい

加藤諦三:
要するに、

相談者:
ええ

加藤諦三:
こんな上司の元で、働いてなんかいられないっていうことでしょ?

相談者:
や(苦笑)、そこまではあんまりないつもりなんですけど・・ええ

加藤諦三:
じゃ、なんで辞めちゃうわけ?

相談者:
頑張りすぎて、10代のときい、に、引き篭もって、それから、20代のときに、これじゃいけないっていって、頑張りすぎたんですよね。2倍も3倍も頑張らなくちゃ、わたしはダメな人間だからって言って。アルバイトもそんな調子だったので続かなかったっていうのが一番の理由じゃないかなと思ってるんです。

加藤諦三:
うん
だから・・人と接しないで、独りよがりの、価値観で、頑張るけれども、

相談者:
はい(苦笑)

加藤諦三:
効果はないですよね?

相談者:
そうです(苦笑)。はい

加藤諦三:
もっと言えば報われない努力をずっとして来たってことでしょ?

相談者:
そう・・そう、そうなんです、はい

加藤諦三:
このことは認めてくれる?

相談者:
・・

加藤諦三:
あなた、ものすっごい復讐心がすごいっていうこと。

相談者:
そうなんです!はい

加藤諦三:
あー、そう・・良かったあ。

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
今ねえ?、「復讐心がすごいですね」って言ったら・・

相談者:
ヒヒヒ(苦笑)・・うん

加藤諦三:
「ええ、そうです」って言ったから・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
そこ認めれば、

相談者:
ええ、ええ、ええ

加藤諦三:
必ず人生開けます。あなた46歳で人生変わります。

相談者:
ええ、そうですかあ・・はい

加藤諦三:
つまりね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
頑張りすぎてる理由はなんか?、というと、

相談者:
ええ

加藤諦三:
あなたの、復讐心なんです。

相談者:
あーあー

加藤諦三:
なんで働きすぎるか?っていうと、

相談者:
はい

加藤諦三:
復讐心なんですよ。

相談者:
ふうーんーん

加藤諦三:
であなた、明るい声を出すときもあるし、

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
すごく明るく振る舞うときもあるんですよ。

相談者:
そうなんです。そうなんです。はあい

加藤諦三:
それ復讐心なんです。

相談者:
あ、明るく振る舞うのも復讐心なんですか?

加藤諦三:
そう・・

相談者:
ああー

加藤諦三:
復讐心っていうのはいろんな形でもって、

相談者:
あー、はい・・はい

加藤諦三:
変装して出て来るんです。

相談者:
あ、そうなんですか。へえー

加藤諦三:
その復讐心に気が、つい、て、

相談者:
うん・・うん、うん

加藤諦三:
それを認めれば、

相談者:
ふうーん・・ですか・・

加藤諦三:
全部・・解決します。

相談者:
気づくだけでいいんですか?

加藤諦三:
気づいて、

相談者:
はい、ヒ、ヒ(苦笑)

加藤諦三:
それを認めてるから、あなたは。

相談者:
はい・・ええ

加藤諦三:
つまり今の・・あなたを、動かしてるものは、

相談者:
はい

加藤諦三:
復讐心なんです。

相談者:
あーあ、はい

加藤諦三:
・・だからこの復讐心は

相談者:
うん

加藤諦三:
小さい頃出てるわけです。

相談者:
はい

加藤諦三:
恐らく、

相談者:
はい

加藤諦三:
お父さん、お母さん、きょうだいとの関係の中で・・

相談者:
ええ・・ええ

加藤諦三:
小さい頃、物凄い悔しいことがあって、

相談者:
ふうーん

加藤諦三:
すごい劣等感があって、

相談者:
ふうーん

加藤諦三:
世界に対する復讐心がすごいんですよ。

相談者:
うん・・そうですね。はい・・はい

加藤諦三:
だから頑張りすぎるの。

相談者:
うーん

加藤諦三:
だって頑張る必要ないもん、あなたは。

相談者:
・・へええ

加藤諦三:
「頑張らなければムチ打つぞ」って言われて、

相談者:
はい(苦笑)

加藤諦三:
火焙りになるっていうんだったら頑張りすぎてもいいけれども。

相談者:
ええ・・へえ

加藤諦三:
頑張りすぎる理由は外側になんーにもないの。

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
これは、頑張ってるっていうから、

相談者:
ええ

加藤諦三:
分からなくなるんで、

相談者:
ええ、え

加藤諦三:
小さい頃の復讐を果たしてんです。今あなた。

相談者:
あー・・うん

加藤諦三:
さっきその僕が・・内面の壮大な自画像って言いましたけれどもね?

相談者:
うん・・はい

加藤諦三:
なぜその、壮大な内面の自画像があなたに生まれるかっていうと、心の底に在るあなたの劣等感なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
物凄い劣等感を根底にして、

相談者:
ええ・・はい

加藤諦三:
周囲の世界に対する、

相談者:
ええ

加藤諦三:
すごい復讐心を持ってんです。

相談者:
へえー

加藤諦三:
だから、お姉さんとはうまく行かないです。

相談者:
あーあー・・えー?

加藤諦三:
だって、復讐心のある人にね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
誰が好き好んで、

相談者:
ええ(苦笑)

加藤諦三:
付き合いますか?

相談者:
え(苦笑)、いや、そうですけども。

加藤諦三:
ここ覚えといてください。

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの人生大切なとこですから。

相談者:
はい

加藤諦三:
人は相手の無意識に反応するんです。

相談者:
そうですね。はい

加藤諦三:
人はあなたの劣等感や復讐心に反応するんです。

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
だからいっくらあなたが頑張っていい人を、

相談者:
ええ

加藤諦三:
演じても、

相談者:
ええ、はい

加藤諦三:
人はあなたから離れて行きます。

相談者:
ええ、ええ、はい

加藤諦三:
これで、今までの46年間の人生のあなたの行動をあなたは理解できましたから、

相談者:
はい

加藤諦三:
そしたらもう、引き篭もり解決するじゃないですか。

相談者:
えーえええ??

加藤諦三:
というはずなんです。

相談者:
はあい(苦笑)・・はい

加藤諦三:
そいでね?、今日はね?

相談者:
えー?、はい

加藤諦三:
人間の生き方にね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
深い洞察を・・

相談者:
はい

加藤諦三:
お持ちで。
法律上のこともそうでないことも&#・・解決いらした・・

相談者:
はい

加藤諦三:
弁護士の塩谷崇之先生が、

相談者:
はい

加藤諦三:
いらしてますので、

相談者:
はい

加藤諦三:
話を伺ってみてください。

(回答者に交代)

「未婚3きょうだい。アラ還しっかり者の姉が無職の私を無気力にする共同生活」への16件のフィードバック

  1. 爺さんは心理当てっこゲームで悦に浸ってばっかでロクなアドバイスしてないし、弁護士はナマポを勧めるしでほんと今回は回答が酷い…!回答を聞いただけでは兄妹仲良くすべき方向なのか離れた方がいい方向なのか、努力した方がいいのか、頑張るのをやめたらいいのか、何にもわからん。

  2. お姉さんとそりが合わないのは仕方がないにしても
    食事を作ってくれているのは事実なのだとしたら
    それを黙って食べる弟と妹ってちょっとどうなの。
    お姉さんといると無気力になるというか
    いろいろやってくれるから無気力でも生活が出来ちゃうってことなのでは・・・。

  3. 赤ちゃんがえりして姉の足を引っ張っている。自称努力家の、鬱で上げ膳据え膳であることの平然とした告白。この妹がいるからこそ姉は結婚出来なかった。相談者に自浄力無しと判断したからこその、塩谷先生の例の回答である。

  4. 復讐心って「今に見てろよ、見返してやる。」ってやつですか。それが根底のため、うまくいかなくて軽い引きこもりに。
    なるほど〜、そういう人結構いると思う。最初から方向間違えてんのね。
    なにか楽しいこと見つけてもうちょっと気楽に生きられたらよかったね。頑張るエネルギーはある人なんだから。

  5. みんな独身でみんな実家にいたがるってよっぽどこの家居心地いいんだろうかね

  6. 今の戸建てに引っ越して今年で20年です。
    隣りは80近いご夫婦と私と同じ年の娘さんと3つ下の弟さんで暮らしています。
    地主さんなので家作もあり、竹藪もあり、まだ畑にしてる土地もあり経済的に問題は全く無さそうです(田舎ではない)
    お姉さん(私と同じ50だけど)は家事手伝い弟さんはお父さんがやってた車関係の仕事をついでいるようです。お二人とも結婚歴ないそうです。
    去年からご主人は認知症が進んで、タケノコを持ってきてくれた10分後に、また「タケノコ要らない?」とピンポン押したり、奥さんはリウマチで動くのが辛いとのこと。ほとんど外に出てきません。

    近所付き合いはご夫婦がされていたので、あんまり関わりがないのですが、挨拶もしないですし、雰囲気からして関わりたくない感バリバリ出てます。
    犬を飼っているのですが、お姉さんが犬をしかる声がもう更年期イライラを全部ぶつけてるとしか思えないかなきり声。人の振り見て我がふり直せ。お陰様で聞くたびに気をつけようと心に誓ってます。犬散歩の時マナーがなってない他の飼い主さんに怒鳴っているのを何度も見かけたと近所の奥さんはみんな怖がってます。

    将来この姉弟がお隣さんになります。年齢を重ねればますます偏屈になるでしょう。
    10年後、20年後どうなるのか⁇
    相談読んだらお隣さんを思い浮かべてちょっと嫌な気分になりました。

  7. 相談者は自分のメシくらいは自分で用意しなよ。
    話はそれから。
    家の中でも身辺自立出来てないのに外に出たって上手くいかないだろ。

  8. 加藤先生のお説ごもっとも、復讐心という怒りのエネルギーで生きてる人間は、何をしてもエネルギーを浪費して永続きしないだろうし、怒りの対象である姉の世話で自分が生きてると為れば無気力にもなるだろう。これからは、復讐心の感情を感謝の心に変換して今後の人生を生きてみたら。

  9. 相談者の方は、何故自分で料理作ったり、掃除したりすることができないのか。
    お姉さんに頼りっきりなのにお姉さんに不満があるって、ちょっとわがままだと思う。

    加藤先生は、この方が根底に劣等感を持っていて、復讐心があるということを指摘し、本人もそれを認めたら、「あなたはもう大丈夫です」と言ってそれ以上のアドバイスがあまりないけど、それだけで解決するとは思えないな。
    どうしてそれだけで大丈夫という事になるのだろう?

    1. お姉さんいなければそれなりにやると思う、張り切ってるお姉さんの顔を立てて末っ子キャラのままでいて、
      それでこのヘラヘラした感じになっちゃってるのかと想像しました。

  10. 相談者の方は、何故自分で料理作ったり、掃除したりすることができないのか。
    お姉さんに頼りっきりなのにお姉さんに不満があるって、ちょっとわがままだと思う。

    加藤先生は、この方が根底に劣等感を持っていて、復讐心があるということを指摘し、本人もそれを認めたら、「あなたはもう大丈夫です」と言ってそれ以上のアドバイスがあまりないけど、それだけで解決するとは思えないな。
    どうしてそれだけで大丈夫という事になるのだろう?

    1. 加藤先生はいつも自分の無意識に気づいて認めたら、これから変わります、とか大丈夫、とか仰るんですが、魔法のようにすぐ変わるものではないです。
      無意識と意識が統合されてからがスタートなだけ。
      自分の内面をいつも見つめていきながら、感じ方、考え方、行動、が変わるまで何年もかかるでしょう。
      あとは本人次第ですよ。

  11. 相談者が一番劣等感を感じ、復讐心があるのが姉なんでしょうね。
    その姉に世話をされる生活はつらいわな。
    解決方法は塩谷先生のいうようにいろんな助けを借りつつ、自立するしかない。
    うまくいけば姉への劣等感や復讐心もなくなって、関係もよくなるんじゃないかな。

  12. 何もしないで生きられるなんていいわねえ、と多くの人が思う件なんですが・・
    お姉さんはきっとスゴい人なんでしょうね。
    復讐心というか、まあ、本当に何か事件があったかどうかわからないんですが、「もうお姉さんにはかなわないよー」って認めちゃった方が楽になるのでは。その上でお姉さんの人柄が気に入らなくてソリが合わないのであれば、やっぱり家を出るべきだと思う。自分がダメ人間だと認めるのがイヤなんだと思うけど、多かれ少なかれ、人間みんな劣等感を何かの形で克服して生きてるんだし・・行政のカウンセリングとか職業訓練とか、そういうので自信を取り戻せたらいいですね。

コメントはお気軽にどうぞ。承認後に掲載されます。

名前欄は必須です。何かハンドルネームを入れてください。