シンママ保育士が孤独で番組を訪れた息子3歳の障害者手帳を手にした日の午後

テレフォン人生相談 2021年5月22日 土曜日

6年前に結婚。
別居を決めた後で妊娠が分かり、1年前に離婚が成立。

別居から離婚まで4年。
ずいぶん手こずったもんだ。
養育費はしっかり文書化できたかしら。

ま、アル中DV夫に、文字とおり赤子抱えた妻。
裁判所が妻側につく雰囲気。

で、ホッとしたのもつかの間、息子くんに発達障害。

 

先日のドキュメント72時間(*)は奄美大島と小島とを結ぶ海上タクシーだったんだけど、今日の相談聴いてて思い出したのが自閉症の子とお母さん。

(*)ドキュメント72時間: NHKの30分番組。定点で3日間、そこを行き交う人たちへの短いインタビューとナレーション。

家族3人で大阪から小島に移り住んで、すでに息子くんは小島では知られた存在。

息子くんは自閉症ながら、今日の相談者が言ってた多動症かも。
船を待ってる間も、停泊中の釣り船とかお構いなしに乗り込んだりしてる。

でも船頭さんも「オレの友だち」って笑って知らんぷり。
全体を包んでいるユルさ。

お母さん 「引っ越して来て良かった」

今日の相談者とのコントラスト。

相談者 「孤独な育児をしている、もので・・」

もちろん相談者が通っているナンチャラセンターとかも島にはない。

 

たとえば電車ん中で叫んでる声の方に思わず目を向けて、すぐに事情が分かって目線を元に戻す。

こんな無言の振る舞いにも孤独感をつのらせしまってるのかもなあ。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 女36歳 妊娠中に別居し離婚したバツイチ もうすぐ4歳の息子。

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もし・・はい、よろしくお願いいたします。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
今日はどう言ったご相談ですか?

相談者:
はい。えっとですね、あの、今ひとり親で、

今井通子:
はい

相談者:
えーと、息子を育てているんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
えっと、その子供が、えー、発達障害、を、今、がありまして、

今井通子:
はい

相談者:
で、つい最近、あの、知的障害のほうも、

今井通子:
はい

相談者:
あの、確認されまして、

今井通子:
・・はい

相談者:
孤独な育児をしているもの、ですから、

今井通子:
はい

相談者:
あの、今後・・あの、わたくし自身に、不足なこととか・・あの問題点などがあれば・・あの、それを・・あの、◆#教えていただ、き、あの、今後の育児に、生かしていきたいなと思っておりまして、

今井通子:
はい

相談者:
どんなふうに、気をつけて、子供を・・あの、育てて行ったらいいかなっていうところで、
ちょっとご相談をさせていただきたいなと、思っております。

今井通子:
あ、はい

相談者:
はい

今井通子:
あなたおいくつですかあ?

相談者:
はい、えー、36です。

今井通子:
36歳・・あの、元々が、お1人、

相談者:
はい

今井通子:
独身だった?

相談者:
あ・・えっとですね、妊娠中に、

今井通子:
はい

相談者:
別居をしまして、
あの、つい、あの、1年くらい前に、離婚が成立しています。

今井通子:
・・ん、ご結婚・・され・・たのは、

相談者:
はい

今井通子:
何年前?

相談者:
んー、6年前で、
結婚生活がすごく短か、くっ・・

今井通子:
6年前に

相談者:
はい

今井通子:
結婚されましたあ、はい

相談者:
はい

今井通子:
すぐに、お子さん産まれた?

相談者:
えーと、1年後ぐらいに子供が産まれ、ました。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
で、あなたのお子さんは何歳?

相談者:
はい。えー、今、さ、ん、歳です。

今井通子:
3歳の、男女は?

相談者:
男の子です。

今井通子:
男のお子さんね。

相談者:
はい

今井通子:
で、このときはずっと結婚していたの?・・それとも・・

相談者:
あー

今井通子:
妊娠、なに?

相談者:
もう妊娠発覚、直前に、実はその、別居することを決めて、
家を探している途中に、妊娠が分かって、

今井通子:
その離婚しようと思ったのはどっち?

相談者:
んん、わたしだっ・・て・・

今井通子:
あー、あなたのほうね?

相談者:
はい

今井通子:
で、その離婚しようと思った理由は?

相談者:
元夫が、ま、お酒飲んで暴れて、

今井通子:
あはーあ

相談者:
あの、DVが。あっ・・

今井通子:
DVだったんですか。

相談者:
はい

今井通子:
それで、離婚はそうすると、あ、もう妊娠している最中にもう離婚されちゃったわけね?

(*)離婚ではなく別居。

相談者:
そうですね。あ、赤ちゃん抱っこしながら裁判所行ってたので・・
・・うん、産まれてしばらくしてからですね。

今井通子:
あー、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
えーと

相談者:
はい

今井通子:
離婚するう・・とき、その発達障害は、まだ分かんなか、くなかった?

相談者:
あ、ん、ま、ったく分から、なくて、

今井通子:
分かんないねえ。

相談者:
「発達障、害が、じゃないかな?」っていうふうに言われたのが、ちょうど1年前・・

今井通子:
ふうーん

相談者:
で、なんで、まだ診断は下りてなくて・・

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
はい。ちょっと怪しいから、発達センターで・・

今井通子:
そいで発達障害、

相談者:
はい

今井通子:
どろ、どういう発達障害ですか?

相談者:
あ、えっとですね、そのときい、から、また現在まで、い、い、いろいろと変わ、ってるのはあるんですけど、

今井通子:
ああー

相談者:
今、顕著なのは、あの、多動・・

今井通子:
ADHD?

相談者:
そうですね。
ただ、あの、自閉症的な要素も、両方、今、あるでっていう・・ところで・・

今井通子:
うん

相談者:
あの、先日あのお、知能検査?

今井通子:
はい

相談者:
発達検査を受けまして。

今井通子:
はい

相談者:
そこでもう、ま、軽度・・知的障害っていうのも、あの、明らかになっ&#△

今井通子:
ADHDってねえ、

相談者:
はい

今井通子:
結構そんなに知能はいい、人、おおいんだけど。

相談者:
あーあー

今井通子:
「知的障害も」って言われたから、さっき聞いてて、あれ?違うかなあと思ったんですけど。

相談者:
ああ、そうですよね。
で・・なので発達障害もまだ・・きちんとその、正式に診断名が下りてる状態では・・ないんですけれども、

今井通子:
うふん

相談者:
発達センターに(含み笑い)、今通いながら、

今井通子:
うん

相談者:
あの、療育を進めているという段階です。

今井通子:
あ、はい

相談者:
はい

今井通子:
で、知的障害を、としては、どういう障害だと言われてる?

相談者:
あ、「軽度」と言われていて、
今日その障害者手帳が発行される子供に、なったんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
IQが、ま、その、水準以下、という、ところですね。

今井通子:
あー

相談者:
で、現在は、あのお・・脳、年齢よりも・・中身の、年齢は、ちょっと1年、半ぐらい・・ちょっと、&#、下がったっていうのが分かりました。

今井通子:
え?今は3歳だけれども、

相談者:
はい

今井通子:
1歳半ぐらいということですか?それ。

相談者:
あ、えっと、もうすぐ4歳の3歳なので、

今井通子:
ええ

相談者:
あの、2歳とちょっとぐらいの、あの、知的水準だということが、

今井通子:
あーなるほど。

相談者:
分かりました。はい

今井通子:
はい
あのじゃあ・・喋っていて、なんか、感じます?

相談者:
あのお、手応えが、ないっていう感じが、すごくありまして、

今井通子:
ええ

相談者:
あの、わたしあの、子供が発達障害、いー、の、疑いということになってから、実は保育園に、転職しまして、
で、なんかこう、いろんな、月齢の子供たちを、看てる中で、例えば大人が子供に話し掛け、たときの、

今井通子:
はい

相談者:
その、返って来る手応え

今井通子:
ええ、え

相談者:
あ、この子、今言ってること分かるなとか、
この子は、わたしが、投げかけた言葉に関して感情、を持って、あの、今感じてくれてるなみたいな・・

今井通子:
うん、うん

相談者:
なんかそういう手応えが、我が子には、なかったんだなっていうのを実感しているところです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
・・そうすると、あなたが、この・・「ひとり親で子育て」?

相談者:
はい

今井通子:
と、あえておっしゃったんだけど・・今後、

相談者:
はい

今井通子:
心配されてることは何、なの?

相談者:
うん・・えー、わたし、自身、とても・・その不完全な、人間性で、
こういう、不安定な状態の、親、が・・発達障害を持っていて、軽度知的障害を持っている子供を、ちゃんと・・育てるために、は、どうしたらいいんだろう?っていう、すごくざっくり、するとそういうことなんですけども。

今井通子:
はい
要するに・・お子さんの・・将来を心配してらっしゃるわけね?

相談者:
あー、そうですね。ちゃんと育てたいんです。

今井通子:
うん
将来について、じゃあ、どうしたらいいっていう話?

相談者:
うーん

今井通子:
割合と将来のことが心配・・

相談者:
はい、将来・・

今井通子:
将来に向けてどうしたらいいか?、みたいな・・

相談者:
あー、そうですね。

今井通子:
ことで・・

相談者:
そう、それがいいと思います。はい

今井通子:
なんですね?

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の野島梨恵先生がいらしてますので、

相談者:
あ、はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、ありがとうございます。&#△%

今井通子:
先生よろしくお願いいたしまあす。

(回答者に交代)


「シンママ保育士が孤独で番組を訪れた息子3歳の障害者手帳を手にした日の午後」への3件のフィードバック

  1. 一見して普通な風に見える子だからその子の親は苦しむんだよ。
    普通な風に見えて普通じゃない。
    このなんとも言えない絶望感。
    誰も理解できない。

  2. 相談者さん、本当に頑張り屋さんですよね。オバチャンも幸せになられることを祈るよ…

  3. 回答者は何で あんなにキツイ口調だったのだろう
    「何が成功で何が失敗かなんて…」
    って、そりゃそうだけど 何か違う言い方ある気がした

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。