就活を前に親に愛されてないと咽び泣く親掛かりの女子学生に愛のムチ

テレフォン人生相談 2021年6月10日 木曜日

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女21歳大学4年 父61歳 母61歳 兄28歳

柴田理恵:
もしもし?テレフォン人生相談です。
こんにちはあ

相談者:
こんにちは

柴田理恵:
はい
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
えっとお、親とのお、関係え、なんですけど・・

柴田理恵:
ふん
あの、あなたおいくつですか?

相談者:
21、です。

柴田理恵:
21歳。お父さん、お母さんは、何歳ですか?

相談者:
同い年で61になります。

柴田理恵:
あー、はい、はい
ごきょうだいはあなた1人ですか?、それとも・・

相談者:
と、

柴田理恵:
何人か・・

相談者:
兄があ、います。

柴田理恵:
おに、お兄さんが、何歳?

相談者:
28

柴田理恵:
28歳、はい
で、お・・あの、親と、んのは、ご両親との関係っていうことですけれど、何が、ありましたか?

相談者:
えっとお・・ちょっと母のほうが、

柴田理恵:
はい

相談者:
精神的に不安定なことが多い人で。

柴田理恵:
はい

相談者:
それでえ、父も、あんまり、コミュニケーションが得意なほうではなくて。

柴田理恵:
うん・・うん

相談者:
でえ・・小さいときから、えっとお、ま、夫婦喧嘩が、絶えない家庭、で。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
あの、共働きだったんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
え、誰も家にいないっていうことが、多い、家で・・

柴田理恵:
うん

相談者:
それでえ、母は、あの、仕事が結構忙しかったもので、

柴田理恵:
ふん

相談者:
父も忙しいんですけど。

柴田理恵:
うん

相談者:
帰って来ると、疲れて、寝てしまうということが・・

柴田理恵:
あーあ

相談者:
あって、

柴田理恵:
うん

相談者:
でえ・・父は、子供にやっぱり、教育う、熱心というか、

柴田理恵:
ん、うん、うん

相談者:
えーとお、期待をすタイプで。

柴田理恵:
うん

相談者:
兄があまりい、勉強が好きではない、タイプで、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
わたしが、どちらかというと、

柴田理恵:
うん

相談者:
勉強が好きなタイプで。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
なので・・期待がわたしのほうに、来たんですね。

柴田理恵:
はい

相談者:
でえ、兄が、あんまり、気に食わなかったみたいで。
ほんで、あまり親がいない間あ、にい・・

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、虐められる、ことが多かったんですけど・・

柴田理恵:
あ、お兄ちゃんに?

相談者:
あ、はい。え、で、もう、家が辛かった、ので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
寮があるような・・

柴田理恵:
うん

相談者:
学校に、入りたいと、自分で希望しまして、

柴田理恵:
うん、うん、はい

相談者:
それで、あ、寮に入れたんですけれども。

柴田理恵:
うん

相談者:
それで、

柴田理恵:
高校、のときね?、はい、高校・・

相談者:
中学、からですね。

柴田理恵:
あ、中学、中学からですか。はい、はい

相談者:
それで・・そお、入ってちょっと落ち着いたあ、ときに、母がちょっと、えっとお・・病気になってしまって。

柴田理恵:
あ、お母さまが?

相談者:
◆#$・・

柴田理恵:
あの、体の・・体の方の病気ですか?、その、こ、こ・・

相談者:
体あ、とお、ちょっとメンタルのほう両方お、ちょっとお・・

柴田理恵:
あー、両方、あらまあ、はいはい

相談者:
&#△患ってしまって。

柴田理恵:
はい

相談者:
それで、えとお、いろいろ家で、大変だったんですけれども。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
・・それでわたしもちょっと、あのお・・だんだん、だんだん、ちょっと・・心が辛くなってえ、来てしまうときがあって・・

柴田理恵:
うん

相談者:
それでえ、父の期待も、どんどん、膨らんで・・

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
それでえ・・今あ、大学に入って一人暮らしを、してるんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
で、父が望む大学にわたしは行かなくて、

柴田理恵:
ふん

相談者:
会うたびに。やっぱりい・・言われれるう、んですよね。

柴田理恵:
うん

相談者:
でも、わたしは、なんかもう、離れえ、なきゃいけないのかなあと思、思って・・

柴田理恵:
うん

相談者:
・・うん、でも、お、なんか、親あ、を、

柴田理恵:
うん

相談者:
泣かしてるみたいな(涙声)感じに・・

柴田理恵:
うん

相談者:
なるので、なんか・・こう、

柴田理恵:
うん

相談者:
こちらも辛いい、なあと思って・・

柴田理恵:
なるほど・・
お父さんの、望む大学ではないっていうことは、あの、学部ってことですか?、その方向というか。

相談者:
えっとお、ん、ん、もう、東大一本みたいな感じで・・

柴田理恵:
おー、なるほど。うわぁ、は、は、そ、東大一本、はい、はい、はい

相談者:
で、わたしも、

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっとこう、ん・・あの・・進学校にいたので、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
わたしも、そういうもんだと思ってやってたんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
なんかもう・・家もめちゃめちゃあだし・・(苦笑)

柴田理恵:
うん、ふ、うん、うん

相談者:
あ、もう、辛い、というか・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
なんかもう・・わたし何のために生きてんだろうなあ?とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
思い始めてしまって・・

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
で、あの、同級生、とかあ、ん・・ん、は、結構・・あ、なんか、親に・・大切に、(涙声)されてる子が、多くて・・

柴田理恵:
うん

相談者:
・・わたしは親に愛されたことがなかったのかなと思って(泣)

柴田理恵:
そんなことないよお?

相談者:
(泣)
はい・・はい

柴田理恵:
・・んー、でも辛かったねえ・・ふうん

相談者:
(鼻すする)

柴田理恵:
で、この先・・

相談者:
はい

柴田理恵:
今もう、2、21歳ですと、

相談者:
はい

柴田理恵:
4年生、ですね?もうじき就職う、てことでしょうか?

相談者:
あ、はい

柴田理恵:
うん。それはどうなってますか?

相談者:
えっとお・・一応自分がやりたいことお、に、

柴田理恵:
うん

相談者:
挑戦しようかなと思って。

柴田理恵:
あ、それは、じゃ、お勤めとかじゃなくて・・なんか違う、道ですか?

相談者:
うんとお・・小さいとき、

柴田理恵:
うん

相談者:
絵本、が、

柴田理恵:
うん

相談者:
だけが、頼りだったので、

柴田理恵:
うん

相談者:
絵本作家になろうと思って(涙声)

柴田理恵:
うん、うん。いいんじゃないんですかあ?、いいじゃあん。

相談者:
(鼻をすする)でもやっぱり・・親は・・なんか人生失敗だみたいな感じで(泣)

柴田理恵:
あーあ
お父さんはそう言うわけですか?

相談者:
あ、そうですね。

柴田理恵:
・・お母さんは?今。

相談者:
あ、もう、ずっと、入院なので。

柴田理恵:
あー、辛いですね。
・・じゃ、えっと、お父さまとの関係ですよね?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
こうやって自分の好きなほうには行きたいとは思ってるけど・・お父さんと・・の、関係がうまく行ってないからどうしたらいいだろうか?っていう、ご相談でしょうかね?

相談者:
そうですね、やっぱり、もう、ん、自分の道を・・生きたいんですけどお・・

柴田理恵:
うん

相談者:
・・父親が、変わるとも、思え、なくて・・

柴田理恵:
うん・・うん

相談者:
だからちょっと離れないと、いけないなとは思うんですけど。

柴田理恵:
うん、うん・・そうだね。

相談者:
でも・・あんまりコミュニケーションが、

柴田理恵:
うん

相談者:
得意な、人じゃなくて、

柴田理恵:
うん

相談者:
友達も、いないので。

柴田理恵:
うん

相談者:
・・でも・・あの人でも、なんか幸せになって欲しいなと思って・・

柴田理恵:
・・あなたが最初に幸せにならないと。

相談者:
・・

柴田理恵:
それを証明したときに、お父さんは幸せになれるんだよ?

相談者:
はい(泣)

柴田理恵:
そう思いますよ?

相談者:
(泣)

柴田理恵:
じゃあ、先生に訊いてみましょうか?

相談者:
はい

柴田理恵:
元気出ますよ、この先生は。

相談者:
はい

柴田理恵:
え、今日の回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。
先生お願いします。

相談者:
(泣)

(回答者に交代)


「就活を前に親に愛されてないと咽び泣く親掛かりの女子学生に愛のムチ」への15件のフィードバック

  1. 三石先生痛快なコメントでした。ハタチそこそこの人間にここまで言うのは難しいと思います。経験と自信が必要だな〜と思います、勉強になりました。

  2. 相談者の
    「・・・」が気になりました。
    三石先生の厳しい回答に
    納得がいかない感じ?
    それとも、涙で言葉にならない感じ?
    「そうか、辛かったねぇ」なんて、優しい回答を期待してたのかな。
     絵本作家って、言葉で言うのは簡単だけど、世に出る作家になるのに、どれだけ大変か…。
    就職して、働きながら、絵本作家目指したらいいんじゃないかな。はじめから絵本作家で食べていけるようになることを目指すのは、相当厳しいと思う。

    1. 「親から愛されていない」と
      思うその理由のエピソードにインパクトがない。「東大行け」ってプレッシャーかけられたっていっても、教育虐待までじゃなかったんだろうし。
      大学から一人暮らしで、その間の生活費はどうしてるんだろう?大学行きながら、自分のバイト代だけで生活してるとか?まさか、学費も一人暮らしの生活費も親に出してもらってて「愛されてない」とか言わないよね???

  3. 途中でキチンと読むのをやめて流し読みにしてしまいました。ひとつも頭に入ってこなかった!管理人さんのご苦労が偲ばれます。
    ありがとうございます。そしてごめんなさい。

    人生相談あちこちでやってますが、テレ人は相談者さんにかなり優しいですね。三石先生でも。
    しかもただ。

    ラジオ局に電話をかけて相談する。よくよく考えるとすごいですよね。今この時代に。

  4. プライドが高いかまってちゃん。と言う印象です。ドリアン助川なら「じゃあなれば?」と言うだろうな。

    1. ドリアン先生懐かしい。確かに、ドリアン先生なら「じゃ、なれば」と突き放すイメージ。ご自身も作家活動されており、またパフォーマーとしての厳しさも知っている。「成るのは個人の自由。但し…」と、現実の厳しさをこんこん説明して「それでもいいなら」と改めて突き放しそう。それにしても、この相談者はキンコン西野の影響受けてるのではないか。絵本作家という希望。大学行けてるのに「親から愛されていない」と泣き叫ぶところ。西野作品に有りがちな「今は世間に埋もれているけど実は特別な存在」みたいなのを真に受けて「意識高い系」にはっちゃけてるんじゃ。作家で食えてるのは1割いるかどうか。実際に絵本作家を目指して道のりの険しさを体験するのが一番の薬。

  5. 親の希望なんて「へぇ、そうなんですかー」って聞くだけで別に従う必要はないはずなんだけど、
    親から愛されてないと思ってる子供ってそれこそ何歳になっても親に認めてもらいたい、喜んでもらいたい、って思っちゃうみたいだよね。

  6. 中学生から寮生活で、お金の心配はなかったのかもしれないけど、家族に頼れずに辛くても寂しくても1人で頑張ってきたんですよね。ほんとに大変だったろうと思います。絵本作家の夢を持ちつつ働いてお金稼いで下さい、頭いいのにもったいないです。厳しい意見の方も多いですけど、、あなたの幸せを遠くから祈ってます。

      1. なるほど
        若い人のコミュニケーションがSNSやLINEが主とか
        他の相談もLINE相談とかしてたり
        新入社員など若い社員が電話応対が出来ないとか苦手とかいうニュース見て電話は時代遅れ感があるのかと思っていた
        実際に話すことで気持ちが解放されることがあるから
        電話もまだまだ必要なのだなと思った

  7. 寮に入ろうが大学に入ろうが、
    学費を払ってもらっている以上、好きでも嫌いでも親の支配下にある事を意味しますからね。
    就職は親が納得するような所が難しいのではないか?これ以上親が、がっかりするのがたえられないのではないか?
    絵本作家にそれほどの熱意は感じられない。
    目に見える形で愛されなかったというのは本当だと思う。経済的に独立してから、初めて親から独立できるのではないだろうか?

    親掛かりでなければ学問に没頭できないという構造はなんとかならないだろうか?何かにつけ学費が高すぎる。

  8. 三石先生のブレない、真は優しい厳しさ、流石です!!

    中等部の全寮制は、確か月20万以上かかるかと……。父親からすると、出費している間、東大、東大…と思っていたかと…。

    それが出費出来る家庭もそうそう多く無いはず。自分の幸運に気付き、夢があるなら泣いている場合じゃないですネ♪

  9. 自分で絵本作家と名乗れば今日からでも
    絵本作家になれるだろうけど
    相談者さんの思う絵本作家は売れっ子絵本作家なのかもしれないね。
    お金も愛情のうちだから寮生活させて貰えてる。
    三石先生が仰るように食べていくって大変な事だもん。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。