夫の堕ろせを拒否って産んだ娘は優しい不登校。働く母の帰りを待って寝る

テレフォン人生相談 2021年6月11日 金曜日

アイキャッチ画像に深い意味はなく ^^;
夫です。

 

マドモアゼル愛 「刀を投げ入れる」
どうやら初見の言い回し。
今まで修羅場って言ってたのと同じ意味だと思うんだが。

聞き返す相談者。
こだわる愛先生。

それより、
相談者の話を遮るマド愛。
「役場に行って1人になったときに・・」
「あの、友達が・・」

先生、聞いて!

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女48歳 夫43歳 長男20歳 県外に住む次男19歳 長女17歳 4人暮らし

今日の一言: 子供が成長するのには積極的な関心を必要とします。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いします。

加藤諦三:
最初に年齢教えてください。

相談者:
48歳です。

加藤諦三:
48歳、結婚してます?

相談者:
しています。

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
43歳です

加藤諦三:
43歳、お子さんは?

相談者:
長男が二十歳

加藤諦三:
はい

相談者:
次男が19歳

加藤諦三:
はい

相談者:
長女が17歳です。

加藤諦三:
5人で暮らしてるわけですね?

相談者:
今、次男が大学1年生で、県外にいます。

加藤諦三:
あ、下宿して、4人ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。それでどんな相談ですか?

相談者:
一番、下の長女の娘についてなんですが。

加藤諦三:
はい

相談者:
中学2年、生ぐらい、から、

加藤諦三:
はい

相談者:
学校が休みがちになり、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんとか高校に入ったんですが、

加藤諦三:
ええ

相談者:
夏休み過ぎてから、中学のときみたいに、

加藤諦三:
はい

相談者:
休みがちになってしまい、

加藤諦三:
ええ

相談者:
出席日数が足りなくなって、

加藤諦三:
はい

相談者:
転入することになりました。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、転入したところは、通信の学校、に行ったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
でも最近、そこも、行かなくなって来て、

加藤諦三:
はい

相談者:
どうすれば良いか、知りたい・・

加藤諦三:
あー、&#△%とね。

相談者:
くて電話しました。

加藤諦三:
学校を、行くことにい、お父さんとお母さんは仲が悪いとか、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか、彼女に不安がある・・

相談者:
それはありますね。

加藤諦三:
そっちですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
不登校というと学校の問題ばっかりを、注目するう、人が多いんですけれども、

相談者:
あはい

加藤諦三:
家に問題があるのも、いくつかパターンは違うんですが。
お父さんとお母さんが仲が悪いっていうのは・・

相談者:
はい

加藤諦三:
問題の1つとしては、もう、ハッキリしてるんですよね。

相談者:
あー

加藤諦三:
要するに、家を出ちゃうと、

相談者:
はい

加藤諦三:
自分が家を出てる間に家で、何が起きるか分かんない。

相談者:
あー

加藤諦三:
だから・・

相談者:
はい

加藤諦三:
恐らくこの17歳のお嬢さんていうのは、今の話を聞くと・・家にいないときに・・

相談者:
はい

加藤諦三:
家で何が起きるか分かんないていう・・
家というのが・・

相談者:
はい

加藤諦三:
彼女にとってえ、心の、安らぎの場所ではなかったんじゃないの?

相談者:
実は・・夫に・・1人目産んだときにい、喜んでくれたんですが、

加藤諦三:
うん、ん

相談者:
2人目と3人目のときは「堕して来い」っていう・・ことをもう最初っから言われていて、

加藤諦三:
ふうーん

相談者:
わたしは絶対堕ろすの嫌だったので、

加藤諦三:
うん

相談者:
「ほかのことは」、ど、「譲れても、それだけは譲れない」っていうことで・・夫に・・言ったら、
「ならお前が勝手に産むんだから、お前が育てろよ」っていう、ことをもう最初っから言われていました。

加藤諦三:
あー

相談者:
はい

加藤諦三:
そうするとお、17歳のお嬢さんは、父親との関係はあ・・

相談者:
はい。あまりない、ないです。

加藤諦三:
ない・・ですよ、そ、ね。

相談者:
子供と話(はなし)してるところを・・あまり見たことがない。

加藤諦三:
関心がないわけですよね?

相談者:
それは、ありますね。はい

加藤諦三:
んん

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今日、の、あなたの・・

相談者:
あはい・・はい

加藤諦三:
相談というのは、むしろ問題は43歳のお父さんの、ことのほうじゃないの?

相談者:
夫には問題あるとは思っていますが、も、どうにもならんと思っているので、

加藤諦三:
うん

相談者:
娘のことに関して、このあと、どのようにすれば、娘にとって・・

加藤諦三:
うん

相談者:
一番、いいのかっていうことを、知りたい・・

加藤諦三:
あー、&#△%のことね。

相談者:
くて電話しました。

加藤諦三:
17歳のお嬢さんに、

相談者:
はい

加藤諦三:
どういう、対応をしていいかということですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい。今日はあの、スタジオに心についての

相談者:
はい

加藤諦三:
エッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、

相談者:
あはい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

(回答者に交代)


「夫の堕ろせを拒否って産んだ娘は優しい不登校。働く母の帰りを待って寝る」への15件のフィードバック

  1. 23歳で28歳の姉さん女房(これ死語か)と結婚。
    多分女の方が積極的だったと思う。
    どんどん子供産まれて嫌だったんじゃない⁇
    まだまだ遊びたい盛りでしょ。
    杏ちゃんと東出くん思い出した。
    他に女がいる。

    おろせと言われるのを強行突破✖️2
    これってすごい謎。まさか本人達に言ってないよね?避妊しないの?勝手にしろってどういう意味?
    お金は?何でそんな男の子供産むの?

    とにかく中卒は回避しないと。その相談はひろゆきさんにスパチャでするといいと思う。こう言う質問は彼の得意分野です。
    お母さんの今一番大切な事は娘さんにしっかり向き合って少しでも楽に生きられるように手助けする事だと思う。
    夫は全く役に立たないともっとしっかり諦めて。

    1. 同感です
      年上女に甘えたい男は、いつまでも大人になりたくない子ども?

  2. お金も出さない夫と離婚できない相談者の問題。
    先生達が夫のことを聞き始めると、愚痴や嘆きを言い出して、真っ直ぐに答えない。
    なぜ夫を切れないのか?
    もしかして夫と似たような性格の親に育てられて、それでも愛されたいと思う気持ちが無意識にあるから切れないんだろうか。

  3. 離婚できない理由を見つけまくって来ている…と、聞きながら思えて仕方なかった。

    娘さんのことは大切なんだと思いますが、なんだかんだ言って離婚したくないんだろうなぁ…。
    夫について「情はあるけど…」と言っていましたし。

    夫に「言質はとったでしょ」と言われたら、子どもに対する対応も強くは出られないということなのかな。
    聞いていてすごいもやもやイライラしてしまった。

  4. 相談者さんの、
    「刀を…?」とか
    「怖がる…?」とかいう返事が気になりました。
    夫のことになると、
    いきなり早口で捲し立てて
    先生方に、話す隙を与えない。

    結構な勝気な性格なのかなと感じました。

    管理人さんいつもありがとうございます。

  5. マドモアゼル愛先生と大原敬子先生の回答の比喩表現が分かりづらい。
    その上、比喩表現に感情を乗せて話してくるので聞いててシンドイです。

  6. よく加藤先生が言っている不安より不満を選ぶ人の典型と思いました。
    夫との関係になるとゴタクを並べて言い訳が始まる腹のくくれない女。
    夫も避妊しないでヤッておいて、簡単に堕ろせっていう、人として終わっているやつ。
    そんな家庭の歪みが、優しくて弱い立場の娘に行ってしまっている構図。
    相談者はこれだけ言われても、本当に理解できてるのか微妙な感じで、聴いていてもどかしかった。

  7. 理性より本能が勝つ男女の組み合わせによる、負の連鎖が多いとテレ人で学んだ。
    それに気づけいてから、一生独身を貫く人に対して、責任感の強さを感じる。

  8. 愛先生が話しているのにかぶせて言い訳するあたりから
    相談者も結構癖が強いと見受けました。
    お嬢さんが本当に気の毒なのでしっかりしてほしい。

    所で、今日の写真のお魚は何に掛けてあるのでしょうか?
    きっと何かひねりが効いているに違いない。
    教えて下さると幸いです。

    1. 私も「?」です。
      加藤先生の言われる「あなた、魚にむかって木に登れって言ってるようなもんですよ。」に掛けてちょっとアホ面(失礼!)した夫を表しているのでしょうか?
      それとも、ひきこもりの娘さんを水槽に閉じ込められた魚に模しているのでしょうかね、

  9. 相談者の語る旦那さんは、ほぼ人非人か畜生クラスですが、娘さんの「お父さんを守る」発言…。相談者は極端に自分が善いように話を盛るかアレンジしたのかな?と思ってしまった。
    まあどっちにしても離婚しなさそう。

  10. 仮に夫と別れたとして、今度はそれを娘の責任にして、娘に依存して縛りつけるのでは

  11. こんな酷い状況なのに、本気で離婚を考えてない。夫のことは諦めてるってくりかえしてるけど、被害者面してずーっと現実から逃げてるんだね。ずるい。娘さん不憫。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。