出戻り子持ち娘のパチンコ依存。給付金ごときで再発許す職場も同じで同居する親

テレフォン人生相談 2021年7月5日 月曜日

加藤諦三
「テレフォン人生相談だけは世界のどこに行っても答えられないような答えが出て来ることがあるんです」

言葉に偽りは無かった。

 

たかが給付金ぐらいで再発させるなんてイネーブラー(*)を自覚しなよ。

てか、ムチだけじゃなくアメが要るの。
パチンコをやめさせたなら空いたそこを何かで埋めないと。
ただ単に我慢させるだけじゃなくて、ご褒美で浪費の価値を実感させるとか。

食事とか、旅行とか、子どもが喜ぶようなものがいいと思う。
子どもの笑顔か?パチンコか?、言葉はいらない。

30万円、GoToトラベルで娘に使わせて欲しかった。

(*)イネーブラー:
依存症を依存症たらしめる役割。
アルコールにしろ、ギャンブルにしろ、依存症患者の側にいて尻拭いをする。
イネーブラー本人は依存症患者を助けているつもり。
さらに、そこに自分の存在意義を見出だす共依存だったりする。

 

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女66歳 夫65歳 長女42歳バツイチ 長女の子供9歳と6歳

今日の一言: 不安な人は心の底に物凄い敵意があります。

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えてください。

相談者:
わたしは66です。

加藤諦三:
66歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
65です。

加藤諦三:
65。で、今は、お2人で暮らしてんの?それとも・・

相談者:
はい。2人です。

加藤諦三:
2人で?はい分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでどんな相談ですか?

相談者:
わたし達の娘、長女がですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと・・ギャンブルで、パチンコなんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
借金をしている、ような感じがするんですよ。
それで・・

加藤諦三:
あ、「するような、気がする」というのは、しゃっ・・

相談者:
気がするじゃない、してるんです。

加藤諦三:
してるんですね?

相談者:
すいま、はい

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
ごめんなさい。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、も、今あ、は、子供置いてでも・・

加藤諦三:
うん

相談者:
出かけていることが

加藤諦三:
うん

相談者:
多いんですよ。

加藤諦三:
お孫さんは何歳?

相談者:
9歳と・・6歳です。

加藤諦三:
で、娘さんのほうは何歳?

相談者:
40う、2です。

加藤諦三:
42ね?

相談者:
はい。もう、15年ぐらいそういう、こと、続、いてるんですよ。

加藤諦三:
!15年?

相談者:
その、間に、3回ばかり・・わたくし共がですね、

加藤諦三:
ええ

相談者:
人様にお金を借りてたもんですから、

加藤諦三:
うん

相談者:
払いに、行きました。

加藤諦三:
もう、「これが最後」、

相談者:
そう

加藤諦三:
「絶対にしません」と言ってまたするんですよねえ・・

相談者:
だから、途中5年ぐらいはわたしが・・娘の、通帳と、キャッシュカードと預かって、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ちゃんとしてたんですね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
その頃はだから「もう、明日の心配しなくて済むから助かる」って。

加藤諦三:
うん

相談者:
そういうことは言ってたんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
去年は、コロナのあれで、給付金が出ましたでしょ?

加藤諦三:
ええ

相談者:
そのことが頭にあって、「キャッシュカードと」、

加藤諦三:

相談者:
「通帳を、ちょうだい」って言ったんですよ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
もう、あ、わたしも、頭に来て、投げつけて返しましたけども。
それからまた借金、するまでのめり込んだみたいで・・今は子供を置いて出るから心配なんです。

加藤諦三:
いくらぐらい借金があんの?

相談者:
20万ぐらいですね。

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
で、10年間に、支払ったお金は、200万ぐらいになります。

加藤諦三:
あー、ということはそれほど、もう、ほんとに重症のギャンブル依存症っていうわけでもないんですね?

相談者:
そうですかね?

加藤諦三:
そうすると、働くのは働いてんの?

相談者:
はい。昼間はちゃんと。

加藤諦三:
んで・・結婚はしてるの?

相談者:
離婚しました。結婚してましたけど。

加藤諦三:
離婚したときに、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人のほう、に、請求は行かないように、なってるわけ?

相談者:
あ、2回目の100万ぐらいのときも、

加藤諦三:
うん

相談者:
夫婦で、借りてて、

加藤諦三:
うん

相談者:
その分は、元、旦那さんが、払ってくれました、わたしのほうに。

加藤諦三:
あーそうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
で今日のあなたの相談っていうのは?

相談者:
このギャンブルを、やめさせら、れますかね?

加藤諦三:
・・ギャンブル依存症っていう方・・ギャンブルが好きだと思ってるでしょう?
ギャンブル、このお嬢さん好きじゃないですよ?

相談者:
なんのためでしょうかね?

加藤諦三:
ギャンブル依存症になると、

相談者:
はい

加藤諦三:
勝っても負けても、嬉しくないんです。

相談者:
&#△

加藤諦三:
win or lose、勝とうが負けようがyou are unhappyなんですよ。

相談者:
あー

加藤諦三:
これがギャンブル依存症なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
ギャンブルが、嬉しくない。

相談者:
&#△%

加藤諦三:
で本人は止めようと思ってる。

相談者:
・・あー、はい

加藤諦三:
でも止められないっていう・・

相談者:
そうです・・

加藤諦三:
それが依存症の恐ろしさなんですよ。

相談者:
生活費までもそっちに使っちゃって今・・もう、食べ・・食べる・・

加藤諦三:
うん、生活費ぐらいは、簡単に・・使っちゃいますよ。

相談者:
・・はい・・&#

加藤諦三:
で、今日のあなたの相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
このお嬢さんを、どうしたら、いいか?っていうことですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
これ、普通ですと、

相談者:
はい

加藤諦三:
そんな、簡単な答えはできませんという・・

相談者:
あーそうですね。

加藤諦三:
ところなんですけれども!

相談者:
はい、もう分かんない・・

加藤諦三:
テレフォン人生相談だけはあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
世界のどこに行っても答えられないような答えが出て来ることがあるんです。

相談者:
はい、すいません。

加藤諦三:
幼児教育研究の大原敬子先生です。

相談者:
はい、すいません。

(回答者に交代)


「出戻り子持ち娘のパチンコ依存。給付金ごときで再発許す職場も同じで同居する親」への11件のフィードバック

  1. 今の20万円の借金だけすむとは思えない!いずれ又、娘さんはパチンコに嵌まって数百万円の借金を作るでしょう。正直、呆れた娘さんに返す言葉は見つからない!情けない、親にこんな心配させて!娘さんを神社や寺院を利用し宿泊して、精神を鍛え直そう!

  2. 結局、娘さんがパチンコにのめり込むわけは?職場で外面よくするストレス?相談者の愛情不足?最近、大原先生は相談者の言葉じりを捉えて、相談目的から脱線気味。ある意味、世界のどこに行っても答えられないような答えですね(笑)
    加藤先生も、敵意だの恨みだの、言葉遊びで煙に巻くことが多い。昔はお二方とも、聞く者を納得させる洞察力があったのになー。精神科医の高橋先生の見解を聞きたいです。

    1. 加藤先生の回答は、抽象的で具体的にどんな行動をすればいいのか、わからないことが多い。

      1. 匿名さん、返信ありがとうございます。
        以前、相談者が具体的にはどうすれば?と食い下がってきた時も、加藤先生はおのずと見えてきますなんて誤魔化してましたね。
        他の方がコメントしてるように、娘さんは依存症だから専門医に見せるべきですよね。

  3. 加藤さんの、重症のギャンブル依存性というわけでもないんですねって言葉にすごい違和感あります。依存性に重いも軽いもない、まず治らない恐ろしい病なんですよ

  4. ズバリギャンラーズアノニマス(GA)
    もといギャマノンなどのパチンコ依存症者の
    支援団体行けしか今は解決法がありません

    弁護士に債務整理しろと言えないうちはダメです

    金完済させてもクレカ会社や銀行が儲かるしか
    ないんです。

    荒療で信用情報機関に家族が
    こいつに借金させるなと申立もできます

    家族が庇っていいことなど依存してる相手には
    何もありません

    借金整理と依存症治療しか出来ませんよ

    パチンコ依存症支援者なら
    なんだあの回答って激おこな回答
    ふざけるなテレ人になりますよ

    1. 薬物依存症更生をサポートするダルクではダメかなあと思ったりしてながら検索して調べたら、依存症全般をサポートするダルクもあるようです。
      田代まさし受刑者のようにダルクではなかなか立ち直れないケースも多々ありますが、ダルクにはあらゆる依存症更生サポートを期待したいです。

  5. これは病気ですよね。
    アル中と一緒ですよね。
    牛さんの言う通りだと思います。

    依存症にどうしてなったか、どう言う気持ちなのか。それも知るのも大切だけど、実際何すべきか教えるべきと思いました。

  6. 給付金使いたい娘さんの気持ちも分かる。
    相談者さんのしっかりしているようで、しっかりしていないのも気になる。

    子供よりもパチンコは言語道断。

    大原先生の、ご主人からの関心が欲しかった、は合っているかも知れませんが、ちょっと聞き飽きた、かな。

  7. 依存症の本を買ってみるとかそういう事にはお金使わないんだよね

  8. この番組は明確な指針を示す番組として知られていますが、正直なところダルクなどの更生団体と精神神経科に行って叩き直してもらえばどうか?
    ギャンブル依存症は勝っても負けても嬉しくないではなく、一旦のめり込むと高額賞金が当たるまで際限なく使うというのが本来の症状でしょう。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。