繋がりは置き飯。風呂も入らず引きこもる高1娘が心無い父の言葉に号泣

テレフォン人生相談 2021年8月31日 火曜日

妹 「羨ましい」
(母親がお姉ちゃんのご飯をお部屋まで運んでるから)

キミが希望だ。

 

歯磨きぐらいはしてるのかしら。

風呂に入りさえすればいつでも元のカラダは取り戻せるけど、健康な歯は返ってこないよ。

自分を大切にしなくなる、それがウツ病。

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード、作家・翻訳家)

相談者: 女56歳 夫52歳 長女高1 次女中学生

今井通子:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし、こんにちはあ

今井通子:
はい、こんにちは

相談者:
はい

今井通子:
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
高校1年生の、娘のことで、えーと、ご相談したくてお電話しました。

今井通子:
はい。あなたはおいくつですかあ?

相談者:
えっと56歳です。

今井通子:
56歳、ご主人は?

相談者:
はい・・52歳です。

今井通子:
52歳

相談者:
はい

今井通子:
お子さんお嬢さん1人?

相談者:
あと、中学生の、娘が1人です。

今井通子:
はい。じゃあ、高校1年生のお嬢さんっていうの、長女の方?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
はい、が、どうなさいました?

相談者:
3ヶ月ぐらい前から、あのお、学校行けなくて、

今井通子:
はい

相談者:
で、ずっとあのお、家(うち)にいて、えっとお、部屋に籠ったままの状態です。
んでえ、家族とも、こ、あの、交流がなくて、1人で部屋でご飯食べたり・・

今井通子:
はい

相談者:
で、今現在、んと、一番ちょっと気になるのが、あの、お風呂お、も、もう3週間ぐらい入らずに、

今井通子:
はい

相談者:
うん、いまして。
そういう、うんと、おん、女の子なんで・・お風呂とか入ってもらえるのかな?と思ったりもしまして。

今井通子:
え?そうするとご相談は・・

相談者:
はい

今井通子:
部屋に引き籠られちゃった、

相談者:
はい

今井通子:
高校1年生の、

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さんを、

相談者:
はい

今井通子:
どうやってお風呂に入れるかっていうことですか?

相談者:
う、そうですね、ま、一番の問題は、あ、学校云々よりも、こう、家(うち)でも、こう、普通に生活う、できるようにするには、ん、何かこう、いい方法はあるものかと思いまして。

今井通子:
なるほど。
学校に、行けなくなっちゃったきっかけは何?

相談者:
その、学校自体に、うんと、「ずっと我慢して行ってた」っていうことは言ってました。

今井通子:
なるほど。

相談者:
うん、あの、楽しくない、

今井通子:
うん

相談者:
うんと、ん、友だちもいない、

今井通子:
うん

相談者:
部活も楽しくないと。ずっと我慢して来てたんだと。

今井通子:
はい

相談者:
うん
そういうことは話してました。

今井通子:
ずっと我慢して行ってたんだけれども、

相談者:
はい

今井通子:
もう、我慢が切れたと?

相談者:
我慢できないと・・んで、「学校変わってもう1回、やり直したい」っていうことは言ってました。

今井通子:
あ、なるほどね。

相談者:
はい
で、学校変わる手続きもしました。

今井通子:
で?

相談者:
で、そ、手続きが済んで、んとお、その、学校、行く、日になって、ちょっと、「心の準備ができてないから1週間、ちょっと、時間をください」と。

今井通子:
はい

相談者:
うん。で、その1週間時間を、あげたんですけど、その1週間後に・・あの、すっかりもう、あの、部屋から出て来なくなりました。

今井通子:
・・あー、なるほど。

相談者:
はい。だから、結局、転入したけど、その学校には・・とりあえず在籍はしてるけど、1回も、あーと、行けずです。

今井通子:
あー、行ってないんですね?

相談者:
あはい

今井通子:
はい

相談者:
食事は作って、えっとお
「ご飯作ったから食べてね」と、あの、持ってって、

今井通子:
うん

相談者:
置いておけば、それを、食べてる、感じです。

今井通子:
あ、持ってってあげるときには、じゃあ、ドアは開いてるわけ?

相談者:
ドアは開いてます。

今井通子:
で、お部屋の中で何してらっしゃるかは分かる?

相談者:
えーと、スマホをいじって多分あの、動画を見たり、

今井通子:
ええ

相談者:
と、ゲームをしたりしてる感じですね。

今井通子:
うん
言葉は全然喋らないの?

相談者:
何か喋ったことに対して、ただ、あの、うなずくだけで、首振ったり、ま、「うん」ってうなずくだけで、ま、いやだ・・いやだっていうか、いらないんだったら首を振るとか。
だか、言葉を、発しなくなったのが・・その前はまだ発して、んとお、ちょっとは喋ってたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
ぱったり、話さなくなったのはここ1ヶ月ぐらい。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
お母さんとお父さん・・んで、お嬢さんに向かって、

相談者:
はい

今井通子:
何か、相談事を聞いてあげたり、「なんとか、頑張って学校へ行け」って言ってみたり、

相談者:
はい

今井通子:
なんかそういう会話を投げかけてる?

相談者:
そこまで、あのお、厳しく学校、「学校行け行け」とは言わなかったんですけど。お父さんは、「学校だけは行ってくれ」と。

今井通子:
ふん

相談者:
うん、で・・うんとお、2ヶ月ぐらい前に、うんとお、「もう、こんな状態だったらば家に置いて、おけないからどっか・・もう」ど、「預けろ」という言葉を、その、本人の前で・・あの発したんですけれども、

今井通子:
うん

相談者:
うん、で、そんときはすごい、あの、号泣してたんで、

今井通子:
はい

相談者:
「その言葉はちょっと言い過ぎじゃないか」っていうことを、ちょっと、あの、お父さんを叱ったんですけど・・

今井通子:
・・ええ

相談者:
うん、預けるっていうことは、あの、もう、い、あの、「こっから出てけ」って言ってることだから、

今井通子:
ええ

相談者:
うん、多分本人には、とても辛かったと思うんですよね。

今井通子:
はい

相談者:
うーん。だから、あの、お父さんとはもう、顔も合わせない感じですね。

今井通子:
そうすると・・お嬢さんと繋がってるのはあなたっていうこと?

相談者:
ええ、ひと、い、まあ、ほとんと、あのお・・朝、「おはよう」つったり、何か問いかけるのはほとんど・・わたしがやってます。

今井通子:
ふうーん
で、妹さんは、

相談者:
はい

今井通子:
お姉さんのことについてはなんか言ってる?

相談者:
あ、言ってますね。

今井通子:
なんて?

相談者:
「楽でいいよな」とは言ってますね。

今井通子:
ふうん、なるほどね。

相談者:
うーん・・で、あと、うん、あとご飯も、なんでしたっけ?あの、ほら、う、うんとお、お部屋まで持っててもらってるから、

今井通子:
うん

相談者:
うん、なんか、い、「羨ましい」みたいなことは言ってました。

今井通子:
あー、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
うん・・うーん、ということで、

相談者:
はい

今井通子:
先ほどお、一番最初に、なんかご質問っていうのがあ、

相談者:
はい

今井通子:
えー、「お風呂も入らずにいるんでお風呂だけは入ったほうがいい」っていう・・お話だったんですが、
「でいいんですか?」って言ったら・・「学校へまでは行けとは言わなくても」

相談者:
はい

今井通子:
「普通に、家族と暮らしてほしい」というような・・話をされてましたよね?

相談者:
あはい

今井通子:
で、改めて・・この、今・・何に対して、お答えがほしいですか?・・ていうのを、お訊きしていいですか?

相談者:
あーあ、あはい

今井通子:
どうぞ

相談者:
今何・・そうですね。やっぱり、お風呂お、に入ってほしい、です(ため息)。

今井通子:
あ、分かりました。

相談者:
あはい

今井通子:
今日はですね、三石メソード主宰で、

相談者:
はい

今井通子:
作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたしまあす。

相談者:
はい

(回答者に交代)


「繋がりは置き飯。風呂も入らず引きこもる高1娘が心無い父の言葉に号泣」への10件のフィードバック

  1. 三石先生の最初のこんにちは!の口調で回答の方向性を感じ取れる、と思ってます。私だけではないと思いますが…

  2. ずっと我慢して学校に行ってたという言い草に、大人は何十年も我慢して会社に行ってるんだぞ!!と張り倒したくなる。食事を部屋の前に置いとくのはNGなのか。目から鱗だ。明日は学校に行くだろう、仕事探しに行くだろうと待ちすぎて8050にならないうちに、いい方向に行ってほしい

  3. 女の子が何日もお風呂に入る気力がわかないのは
    鬱なのでは・・・。
    大原先生なら五感を大切にしなさいと仰りそう。
    まずカーテンは必ず開ける、洗濯物には清潔な香りをつける…など。
    家族ほぼ全員がこのお嬢さんに対するデリカシーを欠いているような気がしました。

    1. どこの学校に行っても絶望だと思って正気でないのでは?というコメントに同意です。私の夫と息子が同時にうつ気味で会社・学校に行けなくなり、私にとってもつらい時期がありましたが、二人ともお風呂には毎日入ってました。女の子だから余計に不潔にしてるのは心配でしょう。それだけ絶望が深いと感じます。何とか寄り添ってあげられたら良いですね

  4. 社会に出たら相談者旦那のようなことをぶつけられる。厳しいけど、これも現実。相談者旦那が特段悪という訳でも無いです・・・引きこもり問題では悪手ですが。長女が元々家庭内序列で最下位で、病んで引きこもって序列が益々固定化してる感じ。相談者の関わり方はイネーブラーそのもの。やはりこれも、引きこもり家庭や依存症患者を抱えた家庭が陥りやすい悪手です。旦那と次女の顔色伺いながら、「学校に行って欲しい。但し旦那と次女の邪魔をしない程度で」と言わんばかりに食事を運んでいる。というように取られても仕方ない。逆説的な意味で相談者旦那の言い分を実行した方が良さそう。長女はこの家庭に居場所がもうない。三石先生が精神論でなくて具体的な手段を述べたのも珍しい。それだけ、長女に危機感持たせるべきな事態。

    1. 〉長女が元々家庭内序列で最下位

      納得〰
      相談者さん、年上の高齢出産をされた頑張り屋さんという感じ。
      言葉とは裏腹に、強すぎて夫婦関係もどうなのかしら?

  5. お風呂にも入らない娘さんが洗濯をするとは思えない。
    どうしても、お風呂には入らないと健康上良くないですから
    気分転換ににもなります。
    母親は娘さん二人を健康ランドに連れて行って下さい。

  6. 私も洗濯の件は無理だと思う。三石先生、想像力不足。
    3週間も風呂に入らない状態の子が、洗濯しないで着る物がなくなっても困らないでしょ。同じものを着続けるよ。
    私が母親だったら、娘の洗濯物が溜まっていくのを見るだけでストレスを感じる。
    父親は、言葉に配慮が足りなくて傷つけたことを娘に一度謝ってみたらどうだろう。

  7. お嬢さんは受験後の燃え尽き症候群なのか?と思ったけど、違う学校ならやっていける意志はあるのに、部屋から一歩も出ないのは今の学校で何かのトラブルに巻き込まれ身の危険があるからなのかと思ってしまった。どこに行っても同じだと絶望していて正気ではないのでは?
    考えすぎであればいいが。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。