「置いて頂いてるから」ここまでされて主婦業の全うを誓う絶滅危惧種

テレフォン人生相談 2021年10月28日 木曜日

相談者 「一応ここにまだ置いてもらってますのでね」

フェミが発狂しそう。

 

中川潤 「そんなのやめたら?」

旦那にやらされているように見えるのね。

違うよ。
家事を任され、台所を守ってきた自負。
中川さんの仕事と同じ。

象徴的なのでもう一度。

中川潤 「そんなのやめたら?(そんなのやめなよ)」

”そんなの” ”やめなよ”

しみ付いた認識は隠せない。
女性の権利を守っているようで軽んじていることに気づかない。
弁護士の仕事をそう言われたことを想像したらいかに無下(むげ)なセリフか分からないかしら。

 

娘を嫁がせ、夫婦で持て余す自宅からマンションに住み替えて借金なし。
72歳で働きながらチームスポーツの仕切り役。

愛妻なら花マルあげたいくらいなのだが。

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女71歳 夫72歳 家庭持ちの娘48歳

柴田理恵:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは

柴田理恵:
はい

相談者:
お願いします。

柴田理恵:
はい
今日は、どんなご相談ですか?

相談者:
えっと、主人の、浮気です。(苦笑)

柴田理恵:
あーあ、はい
えと、あなたおいくつですか?

相談者:
71歳です。

柴田理恵:
はい
旦那さんおいくつですか?

相談者:
72です。

柴田理恵:
72、お子さんはいらっしゃるんですか?

相談者:
はい、います。

柴田理恵:
男の子女の・・

相談者:
女の子です。

柴田理恵:
女性の方で、今おいくつですか?

相談者:
もう48です(苦笑)

柴田理恵:
あ、じゃ、も、ご結婚・・

相談者:
そうとも(?)結婚してます。

柴田理恵:
なさって、お子さんもいらっしゃるんですね?

相談者:
はい、います。

柴田理恵:
じゃ、一緒に住んではいらっしゃらない?

相談者:
あ、別ですね。はい

柴田理恵:
あ、はい、分かりました。
72歳の・・

相談者:
(苦笑)

柴田理恵:
旦那さんが浮気なさった?

相談者:
そうです・・

柴田理恵:
はい

相談者:
恥ずかしいんですけど。

柴田理恵:
いえいえ、ど、ど、ど、どういう・・

相談者:
偶然分かったんですけど、

柴田理恵:
はい

相談者:
2ヶ月前に、

柴田理恵:
はい

相談者:
主人とこう、携帯で、

柴田理恵:
はい

相談者:
LINEちょっとやりとりしてたら、

柴田理恵:
はい

相談者:
偶然・・

柴田理恵:
うん

相談者:
写真を、送って来たんですよ。

柴田理恵:
はい

相談者:
わたしの携帯にね。

柴田理恵:
はい

相談者:
で、パッと見たら、

柴田理恵:
はい

相談者:
・・女の子とお、

柴田理恵:
うん

相談者:
・・キスしてる(苦笑)写真だったんですね。

柴田理恵:
あら!はい

相談者:
で、その、女の子は、

柴田理恵:
うん

相談者:
後ろ姿で見えないんですけど、顔は。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
主人の顔は・・バッチリ、分かるんですよ。

柴田理恵:
(苦笑)

相談者:
ンッフフ(苦笑)

柴田理恵:
なんで?(苦笑)・・なんであなたに・・送って来たんですか?、フフ

相談者:
そう・・だから・・わたしも、一瞬びっくりして、

柴田理恵:
うん

相談者:
その写真を持ってすぐ主人に「これどういうこと?」って言ったのね。

柴田理恵:
ええ

相談者:
たら「間違えて送った」って言ったんですけど。

柴田理恵:
ハハハハハハ(笑)

相談者:
それ変じゃないですか?

柴田理恵:
・・え?間違って送ったんでしょう?

相談者:
そう
それを、間違った時点で、送った時点で普通気がつくじゃないですか?

柴田理恵:
・・

相談者:
で、わたしがしばらくして、受け取って、見せに行ったら、

柴田理恵:
うん

相談者:
「間違えた」って言うんですよね。

柴田理恵:
はい

相談者:
間違えたはないなと思って、

柴田理恵:
うん

相談者:
「嫌がらせ?」って訊いたんですよ(苦笑)。

柴田理恵:
あー

相談者:
わたしね。

柴田理恵:
はい

相談者:
頭に来たから、

柴田理恵:
はい

相談者:
パッと見て。

柴田理恵:
はい

相談者:
で「そうだ」って最初言ったんです。

柴田理恵:
・・嫌がらせ?

相談者:
うん

柴田理恵:
はい

相談者:
「なんで?」って言ったんですわたし。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
そしたら、ま、黙りましたよね。

柴田理恵:
うん

相談者:
もう、それからなんにも言いませんし。

柴田理恵:
あー・・そ、女の子って、何歳ぐらいの人なんですか?

相談者:
恥ずかしいんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
38歳らしいです(苦笑)。

柴田理恵:
38歳?

相談者:
はい

柴田理恵:
・・ん、どんな女の人なんですか?

相談者:
全然分かりません。

柴田理恵:
は、ぜん・・

相談者:
同じ職場です。

柴田理恵:
あ、職場の人なんですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
ああー

相談者:
で、シングルマザー

柴田理恵:
あー、なるほど。

相談者:
・・ていうこと・・と・・子どもが1人っていうことだけしか分かりません。

柴田理恵:
あ、はあ、は、はあ
え?そこ、まではご主人が白状したんですか?

相談者:
白状しました。

柴田理恵:
あー

相談者:
それもその日じゃなくって、何日か経ってね、もう1回確認したときに、

柴田理恵:
うん

相談者:
最初に、分かったときは、

柴田理恵:
うん

相談者:
なんにも言いませんでした。もう

柴田理恵:
うん

相談者:
黙あってました。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
で、1週間か10日経って、もう一度、「どういう人?」って訊いたときに、

柴田理恵:
うん

相談者:
そこまでは言ったんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
それ以上のことは、一切言いません。

柴田理恵:
うん、ふん

相談者:
「訊いてどうする?」って言われました(苦笑)。
&#△%

柴田理恵:
訊いてどうするったって訊く権利はありますよね?

相談者:
あ、知りたいですよね。

柴田理恵:
うん
で・・

相談者:
せめて名前でも。

柴田理恵:
名前だ、ど、じゃ、どこまでどうなってるかとか。

相談者:
そう、そう、そ
なんにも言いません。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
で・・最近じゃないみたいで、もう、去年からみたいですね。どうも。

柴田理恵:
あ・・去年ぐらいから付き合ってる?

相談者:
そう、このコロナの中で何やってるの?って一瞬思いましたけど、オホッホホ(苦笑)。

柴田理恵:
そうですね。

相談者:
もう、わたしが知ってるのは、それだけです。

柴田理恵:
はあー

相談者:
それ以外のことはなんにも分かりません。

柴田理恵:
ふうふーん

相談者:
だからわたしはどうした、いいのか?、もう主人の顔見るとイライラするし、イヒヒヒ(苦笑)

柴田理恵:
そうですね。

相談者:
うーん

柴田理恵:
え、まず、どこまで、どうなのかあ?

相談者:
そう
「結婚はできない」って言いましたね。相手とは。

柴田理恵:
なぜですか?

相談者:
年の差ですかね?

柴田理恵
はあー

相談者:
でも、ねえ、(苦笑)わたしと別れる気もない、わ、「離婚しよう」とも、なんにも言わ、ないですね。

柴田理恵:
・・ていうか、奥さんはどうするつもりですか?

相談者:
だからわたしはもう、年ですし,

柴田理恵:
うん

相談者:
・・見て見ぬ・・振りは嫌ですけど、

柴田理恵:
うーん

相談者:
このまま我慢するのかな?・・

柴田理恵:
あーあ

相談者:
年齢的にもね、も、自立、できま、生活も大変ですし・・住むとこもここ出て行ったら(苦笑)ないですし。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
そういうのを考えるとお・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
・・なあなあで、終わるのかな?って感じで。

柴田理恵:
それでいいですか?

相談者:
いや、それでは・・どこかにやっぱり、不満はありますよ?

柴田理恵:
そうですよねえ。

相談者:
うん

柴田理恵:
じゃあ、どうします?

相談者:
どうしたらいいのかな?と思って。

柴田理恵:
あー・・

相談者:
ご相談の電話をしたんですけど。

柴田理恵:
どうしたらいいか・・
・・ちょっと・・こう、聞くだけで、よりますと、

相談者:
はい

柴田理恵:
・・なに、開き直ってんだ?この男っていう・・

相談者:
そう。もう、とにかくダンマリです。

柴田理恵:
そうでしょう?

相談者:
都合が悪いと。
毎日、もう、携帯離さないんですよ。

柴田理恵:
何やってんのお?

相談者:
イヤホンやって、何やってるの?と思う。
仕事は行きますよ、ちゃんと。

柴田理恵:
うん

相談者:
でも帰って来ても、寝るまで携帯は離しませんね。

柴田理恵:
ほんと?

相談者:
イヤホンつけて。

柴田理恵:
ふんだくるもんふんだくって、

相談者:
うん

柴田理恵:
別れちゃうのどうですか?

相談者:
ふんだくる物ないですよ(苦笑)。

柴田理恵:
ん、むす、あと、娘さんに言いました?

相談者:
言ってないです。言えないですよ。

柴田理恵:
・・あーあー

相談者:
誰にも言ってないです。
わたし1人だけです。

柴田理恵:
でも悔しいですね。

相談者:
悔しいです。悔しいです。毎日寝れません。

柴田理恵:
あー、それは、体に良くない。

相談者:
ええ

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、本人はもう平気で、寝てますよ。
なんの・・悩みもないのか・・

柴田理恵:
ふうん

相談者:
だからそれが余計腹立つんですよね。

柴田理恵:
ご主人・・

相談者:
うん

柴田理恵:
72歳で、お仕事、まだ現役なんですね?

相談者:
あ、ちょ、パートですけどね。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
ちょ、あの週に、5日は出てますから。

柴田理恵:
うーんーん

相談者:
ま、時間は短、短いですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
一応、仕事は行ってますね。

柴田理恵:
ふうーん
そこで、会うんですねえ?

相談者:
毎日会ってます。

柴田理恵:
毎日会ってる?

相談者:
はい

柴田理恵:
・・なあんか・・

相談者:
だから、そういう神経が分からないんですよ(苦笑)。

柴田理恵:
そうですよねえ。

相談者:
うーん

柴田理恵:
奥さんのこと、なんて思ってんでしょうねえ?

相談者:
飯炊きババアと思ってるんじゃないかねえ、ハハハハハ(笑)
お手伝いさんと思ってんですかね?

柴田理恵:
ちょっと、それは悔しくないですか?

相談者:
うん、悔しいですよ。

柴田理恵:
・・ちょっとお灸を据えて上げたいような・・

相談者:
何かギャフンと言わせたいんですけどね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
どうしたらいいですか?

柴田理恵:
どうしたらいいでしょう?

相談者:
ほんっとにもう、困ってます。

柴田理恵:
あーあ
で、奥さんは、別れる気持ちはない?

相談者:
一瞬思ったんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
今も別れるのはな?って、ちょっと・・

柴田理恵:
うーん、なるほどね。

相談者:
うーん

柴田理恵:
相手の女の人にも頭に来てますね?

相談者:
来てます、来てます。

柴田理恵:
じゃ、相手の女の人にちょっとお灸を据えるっつうのありですか?

相談者:
でも・・どういう人かは、名前が分からないし、顔も分からないんですよ。

柴田理恵:
うーん
38歳の女の人っていうこと・・

相談者:
そうです。シングルでって(苦笑)。聞きますか?

柴田理恵:
フフフフフフフ(苦笑)

相談者:
アハハハ(苦笑)
そしたら会社中びっくりしますよ?

柴田理恵:
そうですよねえ。

相談者:
うん
たぶん会社にはバレてないから、まだ2人共そうやって、ね?

柴田理恵:
うーん

相談者:
いれるわけじゃないですか。
もしわたしが・・そこに怒鳴って行ったら(含み笑い)もう・・どちらかが辞めたら・・分かりますよね?
あ・・あれだったんだなっていうことが。

柴田理恵:
そうですね。

相談者:
うーん、そこまでするのも・・どうなのかな?と&#△%

柴田理恵:
あー、そこまでするのもちょっと可哀想な気もするんですか?

相談者:
でも、可哀想な気は最初はしたんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
シングルで1人で頑張ってるというのを聞いたときは。

柴田理恵:
うん

相談者:
でも、だんだんと腹が立って来ました。ハハハハ(苦笑)

柴田理恵:
あー、そうですねえ。

相談者:
うん

柴田理恵:
どうしたらいいか、これちょっと先生に訊いてみましょうか?

相談者:
はい、お願いします。

柴田理恵:
今日の回答者の先生を、ご紹介します。

相談者:
はい、お願いします。

柴田理恵:
はい。弁護士の中川潤先生です。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

柴田理恵:
先生お願いします。

(回答者に交代)


「「置いて頂いてるから」ここまでされて主婦業の全うを誓う絶滅危惧種」への3件のフィードバック

  1. 中川先生、笑い過ぎ、、笑
    でも相談者さんもその笑いに
    少しはスッキリできたのかな
    旦那はかまってちゃん。

    1. ゲスの極み乙女。川谷絵音さんを思い出してしまいましたが、ちょっとおおげさか?
      相手がシングルマザーとはいえ、不倫ですから、早目に足を洗って欲しいものです。

  2. 管理人さんのコメント読んで確かにと思いました。38歳シングルマザー、多分生活厳しいんですよ。
    余裕の暮らしっぷりを嗅ぎつけロックオンされたのかと思う。(妹シングルマザーなんですが、やりかねないと思いました)
    38歳楽勝でしょう。
    写真よりお金大丈夫ですかね?

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。