ビジネスに協力してくれたお姉ちゃんに八つ当り。堰を切ったような反撃にシュン

テレフォン人生相談 2021年11月18日 木曜日

お姉ちゃんも教訓になったかしら。

こういうの、協力するにしても自分自身が客になってあげるところまで。

ほら、いいときはいいけど、ちょっとおかしくなったときに関わった全員がドライな対応ができずに面倒くさいったらありゃせん。

妹の役に立って感謝されて気持ち的に得られる何か。
それを踏みにじられた悔しさ。
いいとこ見せたいスケベ心って言ったら言いすぎかしら。

両親が妹の下へ移ったことと関係ないわけがない。
でしょ?

 

野島 「お姉さんの方も言い過ぎちゃったと思ってるんじゃないかしら?」

だといいけど。

喧嘩して数日。
時間を置くのもいいけど、アンタにはやることが残ってる。

紹介してもらった人のケア。
これどうかしたら夫婦仲にヒビ入るよ。

希望を訊いて100%そのとおりにしてあげる。
この際ビジネスルールは全部横に置く。
なんなら全部白紙に戻すことをこっちから水向ける。

バツ2のアンタがこういうハッキリしない人種が一番キライなのは分かるけどさ、ここはグッと、

笑顔で気持ちよぉーく。(電話でも伝わる)
悪くなくても謝る。(説明不足とか、気を使わせたこと)
損は全部かぶる。(お姉ちゃんはプライスレス)

 

てか、なにげに驚いたのは、飛行機で一時間の距離の住まいを変えた90歳と85歳の両親。

生家はどっちなの?

 

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 野島梨恵(弁護士)

相談者: 女56歳バツ2 同居の長男33歳 次男25歳と三男23歳は独立 父90歳 母85歳との四人暮らし 姉59歳

柴田理恵:
もしもし?テレフォン人生相談です。こんにちは

相談者:
はい・・よろしくお願いします、こんにちは

柴田理恵:
はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:
あのお、わたしい、の

柴田理恵:
はい

相談者:
姉と、

柴田理恵:
はい

相談者:
ちょっと喧嘩あ、みたいになってしまって、

柴田理恵:
はい

相談者:
姉から

柴田理恵:
うん

相談者:
数日前に、

柴田理恵:
うん

相談者:
「怖い」とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
ん「残念だ」、て言われたことが・・ショックで、

柴田理恵:
はい

相談者:
それで・・いつもそういうこともなかったので、

柴田理恵:
うん

相談者:
どう、し、たもんかと思って・・うん、ちょっと相談したいなと思って、

柴田理恵:
はい

相談者:
しまし、た。

柴田理恵:
分かりました。
えっとあなた今おいくつですか?

相談者:
56歳です。

柴田理恵:
はい
お姉さまおいくつですか?

相談者:
59歳です。

柴田理恵:
はい
えっと、お2人共ご結婚なさってるんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
はい

相談者:
してます。

柴田理恵:
えっとあなたの、旦那さんはおいくつですか?

相談者:
わたしは旦那さんはいません。

柴田理恵:
あ・・お1人、ごめんなさいね。

相談者:
いいえ

柴田理恵:
えっとお、お子さんはいらっしゃいますか?

相談者:
はい
えーと、3人

柴田理恵:

相談者:
男の子がいます。

柴田理恵:
はい

相談者:
33歳

柴田理恵:
はい

相談者:
25歳

柴田理恵:
はい

相談者:
23歳です。

柴田理恵:
はい・・じゃあ、あなた離婚、なさったんですかね?

相談者:
はい、わたしは2回ほど離婚しております。

柴田理恵:
あーそうですか。はい

相談者:
はい

柴田理恵:
で、えっとお姉さんのほうは、

相談者:
はい
旦那さんがいて、

柴田理恵:
うん

相談者:
子どもさんが、

柴田理恵:
うん

相談者:
3人おられます。

柴田理恵:
あ、そうですか。

相談者:
はい

柴田理恵:
えっと、お父さんお母さんはお元気なんですか?

相談者:
はい。わたしと同居していて、

柴田理恵:
うん

相談者:
父が90歳で、

柴田理恵:
はい

相談者:
母が85歳で。えー、健康なんですが、

柴田理恵:
うん

相談者:
父は、えーと、去年、介護施設から退院して、増築した家に、

柴田理恵:
うん

相談者:
同居しています。

柴田理恵:
あの、お姉さんのほうじゃなくて、あなたのほうに、

相談者:
はい

柴田理恵:
お父さんお母さんと一緒に暮らしてらっしゃるんですね?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
うん
お子さん達は、あのお、それぞれ独立なさってるんですか?

相談者:
それぞれ、自分たちの働く場所でアパートを借りたりして、

柴田理恵:
うん

相談者:
今は長男・・と、

柴田理恵:
うん

相談者:
一緒にいます。

柴田理恵:
あ、長男さんだけが一緒にいて、あとはそれぞれアパートに?

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
ん、む、弟さん達はね?

相談者:
はい

柴田理恵:
ふうーん
2人きょうだいですか?お姉さんと。

相談者:
はい、そうです。

柴田理恵:
んふうん・・ずっと仲良く・・してらしたんでしょ?

相談者:
はい

柴田理恵:
うーん
なんで喧嘩しちゃったんですか?

相談者:
わたしはあの、契約を取る仕事をしているんですが、

柴田理恵:
はい

相談者:
そのお客さんを、

柴田理恵:
うん

相談者:
姉の友達、を紹介していただいたんです。姉から。

柴田理恵:
あはい、はい、はい

相談者:
お客さんになってくれた友達夫婦・・

柴田理恵:
うん・・うん

相談者:
とわたしも仲良くさせてもらってたんですけれど、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
同じ会社の契約のイベント・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「内容の確認とかをするイベントに誘われた」と言って、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの・・わたしの家から飛行機で1時間ぐらいのところに・・姉や、そのお友達は住んでるんですけれど、

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
そちらのほうでの、イベントに行くっていうこと、を、姉に連絡をしたようで、

柴田理恵:
うん

相談者:
そのことで、その・・友達の・・人が、悩んでいて、
行って、契約をしたらどうなるんだろうか?っていう迷いの・・メールを姉がいただい、ていて、

柴田理恵:
うん

相談者:
それをわたしに転送して来たので、

柴田理恵:
うん

相談者:
そこからがちょっと、わたしい、が、

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっと怒ったんですね。

柴田理恵:
うん

相談者:
その・・「直接わたしが対応するよ」っては言ったんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
それとは別に、姉に・・
「なんでそうなるんだろうな?」って言って、「なんかちょっとムカつく」(含み笑い)とかっていう言葉を使ってしまったんですね。

柴田理恵:
あーあー、うーん

相談者:
ん・・ただ・・ちょっと・・もう、剣幕の電話で、

柴田理恵:
うんうん・・

相談者:
「なんでそんなに頭に来るんだ」っていう、ふうに言われ、

柴田理恵:
ふんーん

相談者:
「もう、残念だ」って言われ、

柴田理恵:
うん

相談者:
「この間もそうだった」、「あのときもこうだった」って1年半ぐらい前から、あなたの言葉・・とかが、すごくキツくなって来ていて、

柴田理恵:
うーん

相談者:
「怖くなってきていたんだ」っていう・・

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
ふうに・・言われて。

柴田理恵:
うーん

相談者:
・・そういうふうに思ってたのかと思ったらちょっとなんかショックになってしまって・・

柴田理恵:
うん、うん、うん、うん

相談者:
すごくそういう威圧感を与えるような言葉とか態度をしてしまうんであれば、

柴田理恵:
うん

相談者:
気をつけなきゃいけないし、

柴田理恵:
うーん

相談者:
考え方を変えれば、何か・・わたしに行動の変わるようなことができるのかとか。

柴田理恵:
うん

相談者:
それで不安になって、相談したいと思ったんです。

柴田理恵:
ふーん、なるほどねえー。

相談者:
はい

柴田理恵:
ま、だから・・やっぱりそのお・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
姉妹となるとね?・・割とお・・他人よりは、

相談者:
ええ

柴田理恵:
こう、ズケズケとものを言ってしまう・・しまいがちですよね?

相談者:
突然だったので、びっくりしちゃって(苦笑)い・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
いるので・・

柴田理恵:
うん

相談者:
1年半ぐらい前から、父と母がわたしと同居するようになってから、

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっとお、口調がキツくなって来てたっていうように姉は感じてたようなんです。

柴田理恵:
うん、ふん、ふん、ふーん

相談者:
でも少しは思い当たることは、あります。

柴田理恵:
うーん、どういうことがですか?

相談者:
うん・・あのお、母親が、ちょっと性か、く(性格)がキツくって、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしとは実はあまり合わな、かったんですけれど、

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
姉のところに実は2、3年いたんです。父と母が。

柴田理恵:
あ、はい、はい、はい

相談者:
最初は

柴田理恵:
うん

相談者:
それで、そこでもちょっと折り合いが悪くって。姉とも。

柴田理恵:
あ、お母さんが?

相談者:
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
それで、すごく喧嘩をしたりとかもしてて、

柴田理恵:
うん

相談者:
そのときの話とかをわたしが、聞いてあげたりもしてたんですけど、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
今度は自分も(含み笑い)その立場になって、

柴田理恵:
うん

相談者:
姉に愚痴ったりしたときがあって。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
そのときに、

柴田理恵:
うん

相談者:
「クソババア」とか(含み笑い)

柴田理恵:
うん

相談者:
結構キツい、ことも、

柴田理恵:
うーん

相談者:
姉もそう言ってましたが、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしもなんかそんなことを言っても、聞いてもらえる・・

柴田理恵:
うん

相談者:
もんだって

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
なんかちょっと思ってて(苦笑)。

柴田理恵:
うん

相談者:
そんなふうに話したこともあったので、

柴田理恵:
うん

相談者:
だんだんそういうのがエスカレートしちゃっていたのも、すごく耳障りになって来ていたんじゃないかなあとも・・

柴田理恵:
あーあ

相談者:
も、思います。

柴田理恵:
ま、似た者、きょうだいだね?

相談者:
(苦笑)ええ

柴田理恵:
へへへ(苦笑)

相談者:
そうかもしれない(苦笑)

柴田理恵:
お母さんもキツくて、

相談者:
ええ

柴田理恵:
あなたもしっかりしてて、

相談者:
ええ

柴田理恵:
お姉ちゃん、も、しっかりしてて。フフ(笑)

相談者:
ええ、フ、フ、フ(苦笑)そうですねえ。

柴田理恵:
ええ、そうですよ。

相談者:
うーん

柴田理恵:
ね?、とにかくあなたは、

相談者:
はい

柴田理恵:
お姉さんと、仲直りをしたいわけですよね?

相談者:
はい、それと、

柴田理恵:
うん

相談者:
どういうふうに、

柴田理恵:
うん

相談者:
したら、そういうことが起きないように、なるか?というか・・

柴田理恵:
うん、うん、うん

相談者:
自分の・・無意識でやったことって、

柴田理恵:
うーん

相談者:
どうすれば気づくことができるかな?っていう・・対策というか(苦笑)。

柴田理恵:
あーあ

相談者:
ンフ(苦笑)なんかそういうことを・・

柴田理恵:
無意識の対策(苦笑)、そうかあ

相談者:
(苦笑)

柴田理恵:
難しいですよね、そういう人間関係は。うーん

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃあ、ちょっと先生に訊いてみましょうか。

相談者:
はい、お願いします。

柴田理恵:
はい
えー、今日の回答者の先生は、弁護士の野島梨恵先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
先生お願いします。

相談者:
お願いしまあす

(回答者に交代)


「ビジネスに協力してくれたお姉ちゃんに八つ当り。堰を切ったような反撃にシュン」への12件のフィードバック

  1. イベント付の勧誘というと
    大手ネズミ講を思い浮かべました。
    大事なご友人をお客さんとして紹介してもらっておいて
    ムカつくとは、50代とは思えない言葉選び。
    というか、お客さんがお姉さんの方に連絡をしているってことは
    加入に後ろ向きだからではないのか?(遠回しに入りたくないと言っている)

  2. 柴田さんも野島弁護士もちょっと心配していた感じも正直していますが、とにかく平穏に事態が収まればいいかなあという感じは強くしています。
    もしもちさんが指摘するネズミ講みたいなものなら、それは犯罪行為になってしまいますから、司直介入とならないうちに足を洗って欲しいです。

  3. たったこれだけの情報でねずみ講を疑うのはさすがに勘ぐりすぎでは…

  4. 紹介制度で買う商品というのは、商品に人間関係まで付いてきそうで嫌ですね。

  5. 保険かなと最初思ったけれどなんか違う感じがしてきて心配。
    保険なら隠さず保険って言えると思うが、職種をはっきり言わなかったから何かちょっとヤバそう!
    それに飛行機で一時間離れた地域の人と契約❓
    えー😨普通なら地元で契約でしょう?
    契約されたご友人お姉さんに相談したっていいじゃない?別に。何が悪いの?飛行機で一時間離れている友人の妹より仲良しのお姉さんに相談したって何が悪いの?
    相談者は顧客を失う不安から、姉に
    怒りをぶつけてとうとう姉妹喧嘩に
    なって相談に見えた。
    働くことは大切だけども、身近な人間関係を壊すような仕事は、
    (きっと契約成立でお金がたくさん入って来るような仕事っぽいけど)
    辞めた方が良さそうに思う。

    1. このお姉さんと友人あまり仲良しの
      友人でもないね!おそらく。
      実の妹が某らの契約取る仕事をしているとはいえ本当に大事に思ったり信頼している友人には勧めないと思う。万が一友情が壊れてしまうような事になる場合もあるし。今正にそんな感じ。
      ご主人に反対されて断りたかったお姉さんの友人。
      (もしかしたらバカ高い補正下着?私も従姉からしつこく勧められて一時ちょっと気まずくなった❗)
      私はこの姉妹もう修復難しいと思う。
      遠くに住む姉に顧客を紹介してもらわなければならないほど地元で
      契約取れないというならこの仕事
      無理なんではないでしょうか?

        1. 想像力豊かすぎワロタ

          想像出来ないほど意味不明でよく分かりにくいですが、
          どういう意味でしょうか❗
          想像力豊かすぎで
          あなたに迷惑かけたんでしょうか❓
          ワロタ ああ (笑い)ということ?
          感じ悪い❗

          1. 妄想だけで長々と相談者を悪し様に書く方が感じ悪いと思いました

  6. 相談者は身内のことを「していただいた」とか「おられます」とか、敬語の使い方おかしい。

  7. 「ありゃせん」
    トピ主さま、名古屋ゆかりの方と見た
    なんかうれしい😆

  8. 営業をやってるみたいだけど、じっくりねっちり信頼関係築くことが基本の営業において、安易にカッとなる性質は致命的。姉に紹介してもらう事情もそのあたりなのか。私事ながら我が旦那と、その弟(義弟)とのやり取りを彷彿とさせた。こちらは疎遠になってる。義弟の自営業を旦那が営業担当という形で助力していたのだが、旦那が地道に築いた顧客へ義弟が一足飛びに勝手に値段交渉してしまう。やがてマウント態度すら義弟は見せるようになり、疎遠。義弟の会社は安易な値下げが祟って廃業。旦那の方は、ネット情報で実弟の動向を把握する程度であり、疎遠を続けるとのこと。助力を踏みにじられた怒りと、そして、遺産相続で大金を掠め取ったにも関わらず廃業する程のセンスのなさにも呆れているので。相談者の方も、和解は無理な気がする。怒りで自縄自縛に陥る人間とは、付き合うのは兄弟姉妹でも無理。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。