生涯を約束した主婦どうし。ネコが貢いだタチに捨てられる

テレフォン人生相談 2021年12月14日 火曜日

今井 「お付き合いっていうのは、所謂浮気しているってパターンになるわけですね?」
相談者 「はい、そうです」

エロい。
上手いんだろうなあ‥
指と舌で‥イク‥

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女50歳 夫46歳 長女19歳 次女15歳 10年交際中の女43歳

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
もしもし?

今井通子:
はい

相談者:
&#△%

今井通子:
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
女性との恋愛問題でお聞きしたいんですけども。

今井通子:
ん?どういうことでしょ?

相談者:
あたしも女性なんですけど、ん、まあ、相手も女性の方。

今井通子:
はい

相談者:
あの、んま、彼女・・がいるんですけど、その人お、が、ま、今回別れたいという話・・で、

今井通子:
あー、はい

相談者:
それをわたしが飲み込むことができないという・・

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
あなたおいくつ?

相談者:
50です。

今井通子:
相手の方は?

相談者:
43です。

今井通子:
お付き合いは何年ぐらい?

相談者:
10年です。

今井通子:
10年?

相談者:
はい

今井通子:
一緒にもう、生活されてる?

相談者:
いや、あたし家庭があるのでえ、

今井通子:
ああ、はいはい

相談者:
向こうも、向こうにも家庭があります。

今井通子:

相談者:
ただ、彼女は・・体は女子、ですけど、

今井通子:
はい

相談者:
心は男性っていうんですか?

今井通子:
あ、は、は、は

相談者:
うん、そういう性が違う・・うん、はい

今井通子:
うん、性同一性障害だということね?

相談者:
ということを当人は言ってますね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
うん

今井通子:
まず、あなたご主人おいくつ?

相談者:
46

今井通子:
お子さんいらっしゃんの?

相談者:
はい。子どもがあ、娘が19

今井通子:
はい

相談者:
で、下が娘で15

今井通子:
はい。お2人?

相談者:
はい

今井通子:
相手のほうの方は?

相談者:
も、旦那さんがいますね。
旦那さんが・・50半ばですね。

今井通子:
はい。55、6歳ね。

相談者:
で、子どもが、15の・・んー、13ですね。

今井通子:
男女は?

相談者:
女子、男子ですね。

今井通子:
お仕事はなさってるの?、あなた、じ・・

相談者:
パートで。
あたしもパート。

今井通子:
あ、パート?

相談者:
彼女もパートですね。

今井通子:
あ、パート?はい

相談者:
はい

今井通子:
お付き合いっていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
所謂・・

相談者:
はい

今井通子:
浮気しているってパターンになるわけですね?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
はい。それで・・10年浮気してました。

相談者:
はい

今井通子:
男性側の・・役を、していた、相手の方が・・「やめたい」と、言い出した。

相談者:
ん、はい

今井通子:
理由はなんですか?

相談者:
・・え、うーん、ま、性格がまるっきり真逆、という、ところが一番大きいと思うんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
あたしは、割と真面目な、硬い性格で、向こうは楽観的な、すごい性格で、

今井通子:
はい

相談者:
その中で揉めることが多くって、

今井通子:
はい

相談者:
かあのじょ(彼女)が浮気みたいなことっていうのも・・5年前にあったりして、

今井通子:
なるほど。

相談者:
それを、ま、乗り越えて・・来たところではあるんですけど。、それにプラスして、やっぱ金銭・・面がすごくルーズで、

今井通子:
うん

相談者:
金銭面の援助もかなりしたんですよ。

今井通子:
うん

相談者:
あたしのほうが。
でえ・・あたしがやっぱり・・文句を言う・・

今井通子:
うん

相談者:
不平不満を言うことが多かったり、

今井通子:
うん

相談者:
ま、お金を貸してえ、たりする部分でも、
「お金かかるから」そういう・・ね、「食事とか行かないほうがいいんじゃないの?」とか、そういうふにあたしが細かく・・小言を言うことが・・多いみたいなっていうか・・

今井通子:
うん

相談者:
で、それに、相手側が嫌んなって来たっていうとこですね。

今井通子:
・・なるほどね。

相談者:
&#△
借金とかもあたしが払って、肩代わりしたり、もしてるんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
そういうのもあったりして、
まあ少し、お金の、悩みを消してあげようと思って、

今井通子:
うん

相談者:
あの、彼女の・・家とかを・・ま、安いあれなんですけど、購入してあげたりしちゃったんですよあたしが。
「死ぬまでやっていこうね」っていう約束で家を買ったんですけど、

今井通子:
ちょっと待って!
その家っていうのは、彼女のあなたの家っていう意味?

相談者:
いやいや違います。
彼女が・・ご家族で暮らす家です。

今井通子:
あー、なるほど。

相談者:
あれですけど、そえ、&#・・

今井通子:
これは何?、あなたが、買ってあげたの?

相談者:
そこの話し合いっていうのも何回もしました。

今井通子:

相談者:
あの、返済するって言い方・・で、何回も・・話し合いもしましたけど、最終的には、まあ、ま、あたしが現金を出して、そのまま・・「返済はなしで・・死ぬまで仲良くやってこうね」って言い方、ん、でした。

今井通子:
そうすると名義は彼女なの?

相談者:
そうです、そうです。

今井通子:
・・そうすると・・

相談者:
うん

今井通子:
ご主人相当、お金持ち?

相談者:
・・ご主人がお金持ちっていうわけではないですけれども、あの、まあ

今井通子:
じゃあ、あの、あなた自身がなんか・・遺産相続かなんかで、

相談者:
そうです。そうです。

今井通子:
かなりお金持ってる?

相談者:
そうです。そうですね。はい

今井通子:
あー、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
だって・・ある意味他人ですよね?

相談者:
そうです、そうです。

今井通子:
他人に・・安かったとはいえ・・

相談者:
はい

今井通子:
家の値段が10円20円ってことはないから。

相談者:
(苦笑)そうですよね。

今井通子:
うん

相談者:
わ、1千万以上ですね。

今井通子:
うん、でしょうね。

相談者:
うん、ま、彼女のためになればと思ってしたことだったんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
ま、それ、ま、その前からたぶん、彼女は気持ちはなかったんだと思います。今思えば。
だけど、ま、目の前に、大金というかね?そういうので・・乗せられてしまえば、じゃあ、もう一度、こっちで、頑張ってみようと思ったところだとは思うんですけど、そのあと(鼻をすする)やっぱりうまくは行かなかったってとこですね。

今井通子:
うーん

相談者:
一緒にはいてくれても気持ちがなかった気がします、すごく。

今井通子:
なるほど。

相談者:
うん

今井通子:
ご主人とはうまく行ってますか?

相談者:
うまくは行ってないです。

今井通子:
ん(苦笑)

相談者:
子どもが・・いるので、

今井通子:
ええ

相談者:
やっぱりそこお・・を捨てるわけにもいかないので、

今井通子:
うん

相談者:
ま、ある意味、我慢して、お互い我慢して、

今井通子:
うん

相談者:
いい意味でも我慢して、形、を、壊さずには行ってます。
ただ、内容的には壊れてます。

今井通子:
・・あらま

相談者:
うん

今井通子:
・・分かりました。
それで、今日の悩みがあ・・

相談者:
あたしは、やり直したいっていう気持ちい、が、どうしても消せないんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
それを消して、今このまんま、なんの連絡も取らずに、別れたほうがいいんですよね?っていう、そのほうがあたしは幸せになれるんですよね?っていう・・

今井通子:
うん。幸せになれるんですよね?っていう、よね?の部分を・・なれるんですかね?っていうか・・

相談者:
(苦笑)

今井通子:
ご質問ですよね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、心についてのエッセイストとしてお馴染みのマドモアゼル愛先生がいらしてますので(笑)。

相談者:
(笑)はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

マドモアゼル愛:
はい・・はい・・はい

相談者:
お願いします。

(回答者に交代)


「生涯を約束した主婦どうし。ネコが貢いだタチに捨てられる」への11件のフィードバック

  1. 見た目同性不倫カップルか。
    やっぱりいるんだなぁ。楽しそうだし、なかなかバレないだろうし、いいなぁ。

    家買ってあげるっていうスケールの大きい貢ぎ方もいい。ミミっちい話が多い昨今、気持ちよく読みました。新しい不倫相手を見つけるのは、異性より同性の方が難しそう。だからこそ盛り上がる?

  2. 同性同士って異性より拗れやすい
    しかもネコの家まで買うはやりすぎ。

    まさにネコに捨てられたってのを自覚して
    家の最近払えと弁護士相談して、違いの
    家庭破壊するまでバトルしてほしいんだが

    その勇気もなさそうだね。

    尽くして〜泣き濡れて〜そして逢いたくて〜

    テレサ・テンの世界は昭和も令和も
    異性でも同性でも変わらない

  3. いくらなんでも家買い取るはやりすぎ

    何乙女こいてるんだ
    声からしてタチと思ったらネコって

    まさにネコが捨てられただよ
    かわいさ余って憎さ一万倍くらい
    報復しなよ。弁護士雇ってさ

    遺産あるんでしょ
    老後の密やかな楽しみで新しい女作る
    くらいのスケールで報復しなよ

    でも、しなさそうだな

  4. LGBTがらみだけに、正直なところ驚かされた一方、これも時代の流れなんだなあと強く感じさせられたのが今回の正直な感想になるでしょう。
    マラソンランナー有森裕子さん元夫のゲイ騒動を思い出したほどですが、ジェンダーレス時代が確実に到来しているんだなあ、と強く感じました。
    明日最終回の4コマ漫画をドラマ化した『恋です!』は障がい者の恋を物語にしましたが、いずれジェンダーレスも本格ドラマ化されるのかなあ?
    JUJUさんが歌うテーマ曲「こたえあわせ」を聴きながら、どれが恋愛の正しい答えなのか、訳が分からなくなってしまったのも本音なんです。

  5. 同性愛関係なく赤の他人に家を買うなんて異常。そんな事したら対等で居られなくなって終わり。ていうかお相手一家もよく住む気になったな…余程な事情があったんだろうが…。
    愛先生の、お金を上げれば喜ぶと思うのは失礼、は名言。

  6. 19歳15歳の娘さんは大丈夫かな?成人してないのに、関心、悩みは違うと思います。金有りすぎて不幸になったって、愛さんの指摘。人生いろいろかな、

  7. 相談者がレズビアンだからセンセーショナルに聞こえるけど、実際は「遺産を愛人に溶かして結局ふられた、お金はあるけど壊れた家庭の住人(しかも未練たらたら)」なわけで、相談者がおっさんだったら目も当てられない話
    赤の他人に家まで貢ぐ母親を、子どもたちはどんな目で見てるんだろう

    察するに、相談者は子供のころから経済的には苦労しなかったけど、あまり感動も熱意もなく空虚に育ってきて、お金を使うこと(+衝動的な愛欲)でしか生きてる手ごたえを感じられない人だったんじゃなかろうか
    「お金で幸せになれないの?」って言葉がすっと出てくるあたり、闇を感じる

    だとすれば、他人と情のこもった付き合いはできないだろうし、夫婦も親子関係もうまくいかないだろうから、寂しさは募る
    だからこそ、ようやく捕まえたこの愛人に未練たらたらで執着するのかも知れない
    「人間は寂しさの処理で人生を間違えます」(by加藤先生)

    それよりなにより、愛人に家プレゼントとか、国税の人が絶対黙っちゃいない
    1,000万円以上なら贈与税の税率は40%超。大丈夫か?

  8. こんな事してて旦那や子供が気づかない訳ないでしょう、家族にも捨てられちゃうよ

  9. 相手は「心は男性」みたいなこと言ってたけど、それで男性と結婚して子供も普通にいるって変じゃない?
    相談者みたいにバイならともかく。
    最初から金づるとして騙されていたとしか思えないんだが…。

    1. 同性愛者が色んな事情で異性と結婚してたり子どもがいるのは全然珍しくないですよ。昔は今ほどカミングアウトやLGBTが一般的じゃなかったから余計に。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。